U-NEXTをTV画面で楽しみたい!簡単でお得な方法は?

U-NEXTをTV画面で楽しみたい!簡単でお得な方法は? U-NEXT
月額料金 1,900円(税別)1,200円分のポイント付与(毎月)
無料トライアル期間 31日間(無料トライアルのみの利用もできる!)
作品の充実度 洋画・邦画の品ぞろえが豊富/FOXチャンネルリアルタイム配信/国内ドラマ見逃し・見放題作品豊富/韓流・アジアドラマ人気作品多数配信/アニメ作品は劇場版も幅広く配信/77誌もの雑誌読み放題も利用できる!

 U-NEXTをTVの大画面でじっくり見よう!

  • U-NEXTは14万本もの動画をTVで見ることができる!
  • U-NEXTをTVで見る方法は全部で9つもある!
  • U-NEXTをTVで見るデバイスによっては接続方法がちがう!
  • U-NEXTをTVで見るためにお得で簡単な方法もある!

 

無料で31期間動画を楽しむ↓

無料でU-NEXTを始めるならこちら

※無料期間のみの利用も可。解約は簡単

TVでも視聴できる!U-NEXTのサービスとは?

U-NEXTは、作品数14万本以上の日本最大級の動画配信サービスで、映画に限らず、多くのドラマやアニメ、雑誌の読み放題まで豊富なサービスが特徴です。まずは、U-NEXTで具体的にどのようなサービスが楽しめるのかについて詳しく紹介します。

U-NEXTの動画配信の特徴

U-NEXTの動画配信数は14万本です。これは他社の動画配信サービスに比べると圧倒的な配信数であり、数ある映画やドラマ、アニメを中心に多くの動画を楽しむことができます。

また、新作配信スピードも圧倒的に速いため、いち早く新作映画などを視聴することができます。つい最近まで公開されていた映画が、U-NEXTでもう見ることができる、ということも多いのです。

また、映画に限らずドラマ数も非常に充実しています。特に、最新海外ドラマを配信するFOXチャンネルのリアルタイム配信の視聴ができることで、多くのユーザーから支持されています。

U-NEXTのサービス内容

U-NEXTの月額料金は1990円(税抜)です。他社と比べるとやや高い印象もありますが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質的には料金の半分以上がポイントで支給されることになり、とてもお得です。

また、ジャンルが豊富な動画作品以外にも、雑誌読み放題サービスや、ポイントを映画チケット料金に充てることができる」といった付加サービスも充実しており、自分に合った楽しみ方ができます。

そして、U-NEXTでは、31日間の無料トライアルがあるのも大きな特徴です。初回は完全に無料で31日間試すことができ、この無料期間中にも追加料金なしで動画をTVで楽しむことができます。U-NEXTがどのようなサービスなのか知りたい場合は、まずは無料トライアルに加入して試してみると良いでしょう。

U-NEXTをTVで見るために必要な条件

ここからは、U-NEXTをTVで見るための条件について解説していきます。U-NEXTはパソコンやスマホからでも視聴できますが、やはりTVの大画面で動画を見た方が、臨場感もあって楽しめるでしょう。まずは、TVで見るための必要条件を1つずつ解説していきます。

HDMIの入力端子がTVについている

U-NEXTをTVで見るには、利用するデバイスや状況にもよるものの、必要な端末とTVをつなぐ必要があります。この、端末とTVがやりとりをする通信規格が「HDMI(エイチディーエムアイ)」と呼ばれるものであり、HDMIの入力端子がTVについていることが、必須条件となります。

ただし、最近は、インターネットに接続して動画配信サービスを視聴できるスマートTVと呼ばれるTVもあります。U-NEXTに対応しているスマートTVであれば、ケーブルを繋がなくてもそのままの環境で動画を視聴することができます。

これからTVを買い替えるという場合は、動画を見る際に手間が掛からないスマートTVを検討してみてもいいでしょう。

インターネット環境がある

U-NEXTの動画をTVで見るには、インターネット環境が必要です。U-NEXTは、インターネット回線を通じて配信される「動画配信サービス」であるため、インターネット環境がないとサービスの利用はできません。

U-NEXTの公式サイトでは、推奨環境が、有線または無線での速度で実測2Mbps以上となっています。しかし、この環境は最低限の推奨環境であるため、ストレスなく見られるよう万全を期すなら、これより速い方がいいでしょう。ネット環境が高速であればあるほど、スムーズに動画を視聴することができるからです。

詳しくは後ほど説明しますが、U-NEXTの動画をTVで見るには、接続するデバイスによってWi-Fi環境が整っていることが必須条件となります。ちなみに、U-NEXTが販売している専用デバイスのU-NEXT TVに接続する場合などは、有線での接続が可能であるため、Wi-Fi環境は必要ありません

U-NEXTをTVで視聴する方法

TVでU-NEXTを見る方法は複数あります。Amazonが提供するデバイスを使ったり、スマートTVを利用したりと、TVからU-NEXTの動画を見る方法は、なんと9つもあるのです。ここからは、TVでU-NEXTを視聴する9つの具体的な方法と、メリット・デメリットについても詳しく紹介します。

Fire TV stick・Fire TV STICK 4K

U-NEXTをTVで見る一番おすすめの方法として、Fire TV stickを使う方法があります。これは、Amazonが販売するスティック型のコンパクトなデバイスであり、準備や使用方法がとても簡単です。

Fire TV stickの接続には、 Wi-Fi環境が必要ではあるものの、TVのHDMI端子に直接挿すだけで設置が完了するため、他に必要な機器もなく簡単に使い始められます。具体的な設置方法は後で詳しく説明します。

また、 Fire TV stickは簡単に使えるだけではなく、U-NEXT以外にもAmazonプライムビデオHulu、Netflixなど、豊富な種類の動画サービスをTVで視聴できるというメリットがあります。(他サービスも利用したい場合は、個別で登録して、それぞれ月額料金を払う必要があります)価格も約5000円程度と安く、Amazonなどで購入することができます。

また、ユーザーの好みの動画を学習し、事前にバッファリング。見たい動画をすぐ再生することができるASAP機能を搭載しています。さらに、NewモデルのFire TV Stickなら、Alexa対応音声認識リモコンが付属しており、TVの電源・音量操作・ミュートボタンなど、音声によって対応するTVの操作が可能になっています。

そして、Fire TV stickには、Fire TV Stick 4Kという、さらにプロセッサがパワフルなデバイスがあります。Fire TV Stick 4Kは、動画の視聴や操作もFire TV stickよりスムーズで、4K Ultra HD、Dolby Vision、HDR、HDR10+、Dolby Laboratoriesにも対応しています。

価格は7000円程度とやや高くなりますが、対応しているTVがあるのなら、こちらのほうがさらに美しい画像を楽しむことができるでしょう。

ちなみに、以前は4Kに対応したAmazon Fire TVというモデルがありました。しかし、現在はAmazon Fire TV Stick 4Kで対応できるようになったため、販売していません。Amazon Fire TVを購入したい場合は、中古商品から選ぶことになります。

では、Fire TV Stickのメリットとデメリットについて見てみましょう。

【メリット】

  • Amazon プライムビデオなど他の動画配信サービスにも対応できる
  • 初期費用が安い
  • コンパクトなので持ち運びに便利
  • 設置が簡単
  • 機能面が充実している
  • 「Amazon Fire TV Stick 4K」なら4Kに対応している

【デメリット】

  • Amazon Fire TV Stick 4Kにすれば4K対応であるが価格が2000円ほど高くなる(7000円程度)
  • 基本的にWi-Fiが必要であるが、ない場合は有線LANが必要となる(有線LANをつなげば通信スピードが出るため、スポーツ中継の視聴などに適している)

それぞれ良し悪しはあるものの、価格が安い点や、他社の動画配信サービスも視聴できることを踏まえると、Fire TV stickは最もおすすめできるデバイスです。

 Chromecast・Chromecast ultra

Chromecast(クロームキャスト)は、Googleが開発したメディアストリーミング端末です。これを使うことにより、TVに挿すだけでU-NEXTの動画をTVで視聴できるようになります。

Chromecastは、スマートフォンやパソコンなどからコントロールする必要があります。基本的にスマートフォンと連携させてからの操作が必要なので、初期設定に5分適度かかる場合もあるでしょう。

Chromecastの価格は、5000円程度であり、スマートフォンやパソコンを持っていれば、Fire TV Stickと同じように低コストで視聴することが可能です。Chromecastは、大手電機店やGoogleストア、楽天などで購入することができます。

ただし、AmazonのFire TV Stickが競合製品であることもあって、Amazonが運営するAmazonプライムビデオには対応していません。Chromecast には、4K Ultra HDの映像をストリーミングすることができるChromecast Ultraという端末もあります。画質は非常にキレイですが、価格はChromecastの2倍であり、10000円程度掛かります。

Chromecastのメリット、デメリットは次のようになります。
【メリット】

  • 初期費用が安い
  • 持ち運びに便利
  • スマホをリモコンにできる

【デメリット】

  • 初期設定が分かりにくい
  • Amazonプライムビデオに対応していない
  • Chromecast Ultraにすると価格が高い

Amazonプライムビデオが見られないというデメリットはありますが、持ち運びのできる小さなデバイスなので、あまり場所を取りたくないといった人にもおすすめです。

スマートTV

スマートTVは、U-NEXTに対応している機種であれば、TVのメニューから起動するだけで簡単にU-NEXTを見ることができます。以下は2019年6月時点での、U-NEXTに対応しているスマートTVの種類です。

  • ソニー(ブラビア)
  • TOSHIBA (REGZA)
  • シャープ(アクオス/アイシーシーピュリオス)
  • Panasonic (VIERA)
  • LG Electronics (LG Smart TV)
  • HITACHI (WOOO)
  • 船井電機 (FUNAI)
  • ハイセンスジャパン(Hisense)
  • PIXELA 4K Smart TV

TVの購入をする際は、U-NEXTに対応しているスマートTVかどうか、U-NEXTの公式サイトを確認するようにしてください。スマートTVのメリット、デメリットは以下のようになります。

【メリット】

  • 対応モデルがあれば他の機種を接続する必要がない
  • 対応モデルが増えてきている

【デメリット】

  • 価格が高い

すでに対応テレビを持っている人は、それを使ってすぐU-NEXTを視聴することができるので、新しい機器を購入する必要はありません。また、スマートTVのU-NEXT対応モデルは徐々に増えてきているため、これからTVを購入する予定がある人は検討してみるのもよいでしょう。

ブルーレイレコーダー

U-NEXT対応のブルーレイレコーダーがあれば、U-NEXTをTVで簡単に視聴することができます。しかも、視聴にはブルーレイレコーダーのリモコンがあれば操作できるため、複数のリモコンを手元に置く必要がありません。

TVの録画や番組表もブルーレイレコーダーで対応できるため、操作は簡単です。まだU-NEXTに対応しているブルーレイレコーダーは少ないのですが、対応モデルを持ってさえすれば、他の機器を購入しなくて済みます。

以下は2019年6月時点での、U-NEXTに対応しているブルーレイレコーダーです。

  • ソニー (ブルーレイディスクプレイヤー)
  • ソニー(ホームシアターシステム)

ソニー(コンポーネントオーディオ)対応シリーズの正確な品番は、U-NEXT公式サイトを参照するようにしましょう。
また、ブルーレイレコーダーのメリット、デメリットは次のようになります。

【メリット】

  • U-NEXTの動画だけでなく、ブルーレイやDVDの視聴、番組録画などもできる
  • 機器の接続が不要

【デメリット】

  • 対応しているモデルが少ない
  • 新たに購入する場合、初期費用が高い

ブルーレイレコーダーもスマートTV同様、対応機種をすでに持っている、という人は、コストをかけず簡単にTVでU-NEXTを視聴することができるためおススメの方法です。

ゲーム機

U-NEXTの動画は、対応しているゲーム機があれば、TVに接続してU-NEXTを視聴することもできます。しかも、有線での接続が可能であるため、Wi-Fi環境がなくても動画が楽しめるのです。

対応している機種は、PlayStation(R)4PlayStation(R)4 Proのみです。もし家庭にPS4があるのなら、そのゲーム機を使ってU-NEXTの動画を視聴することができます。

【メリット】

  • ゲーム機を持っていればコストがかからず手軽に設定できる
  • LANケーブル(有線)で接続できるためWi-Fi不要

【デメリット】

  • 新たに購入する場合は価格が高い
  • 対応している動画配信サービスが少ない

PS4を接続しての視聴は便利ですが、動画配信を見るためだけの目的であれば、他のデバイスを利用したほうが初期費用はかかりません。ゲーム機を使ってU-NEXTの動画を見る方法は、PS4を購入する予定がある、または、すでにPS4を持っている、という人におススメです

パソコン

自宅にあるパソコンをTVにつなぎ、U-NEXTの動画を視聴することも可能です。この場合、基本的にはHDMIケーブルでTVとパソコンをつなぐため、TVとパソコン、それぞれにHDMI出力端子が搭載されている必要があります。

対応できるパソコンの処理能力やOSは以下の通りです。

  • OS:Windows 7 SP1以上
  • Mac OS X 10.5.7以上
  • Windowsのブラウザ:Google Chrome 12以上、Internet Explorer 10.0以上、Microsoft Edge、Firefox 12以上
  • Macのブラウザ:Safari 4以降、Firefox 12以降

【メリット】

  • 自宅にパソコンがあれば、HDMIケーブルの数千円で設定することができる。

【デメリット】

  • デスクトップパソコンの場合、長いケーブルが必要となるため、コストが高くなる。/li>

U-NEXTの利用者には、パソコンで動画を視聴している人も多いでしょう。普段使っているパソコンをうまく利用すれば、TVで視聴することも可能です。

U-NEXT TV

U-NEXTには、U-NEXT TVという専用デバイスもあります。これを使うことにより、動画を見るだけではなく、カラオケや音楽サービスも楽しむことができます。

U-NEXT TVは、最初から4KやHDRにも対応しているため、非常に高画質です。動画の作品によっては、生で見るような臨場感が楽しめるでしょう。音声認識リモコンがついているので、作品名や俳優名など、いくつかのキーワードを話すだけで簡単に検索することができます。

また、Bluetoothリモコンなので、デバイスはどこにでも設置できるメリットもあります。

【メリット】

  • U-NEXTのカラオケや音楽サービスにも対応できる
  • LANケーブル(有線)で接続できるためWi-Fi不要
  • 音声認識リモコン搭載。設定が簡単

【デメリット】

  • U-NEXTとYouTube以外の動画配信サービスに対応していない
  • 他のストリーミング機器と比較して価格が高い

U-NEXT TVは、有線での接続が可能であり、Wi-Fi(無線)環境がなくても利用することができます。U-NEXTを利用する場合には、設定が簡単で機器の接続も必要ないため便利です。ただし、ChromecastやFire TV Stickと比較すると、価格はおよそ1万円と高めです。購入は、U-NEXTの公式ホームページからいつでも買うことができます。

 Nexus Player

Nexus Player(ネクサスプレイヤー)は、GoogleがAndroid TVを視聴するために販売したデバイスです。これを使うことにより、TVでU-NEXTやYouTubeなどの動画配信サービスを視聴することができます。

また、ゲームなどのアプリを楽しむことも可能です。Nexus Playerは2014年に発売されたデバイスであり、現在は販売を終了しています。

ただし、すでに持っている人であれば、TVに接続して簡単にU-NEXTの動画を楽しむことができるでしょう。

【メリット】

  • ゲームやアプリをTVで楽しむこともできる
  • すでに持っている場合はコストがかからず設定できる

【デメリット】

  • すでに販売中止であるためアップデートできない
  • 販売中止であるため新たなサービスの対応に期待できない

Nexus Playerは、いまでも中古品として購入することができます。しかし、すでに販売中止になっている商品なので、アップデートがされることもないでしょう。これから購入するということであれば、別のデバイスを選んだ方が良さそうです。

Apple TV

U-NEXTでは、2019年4月19日から、以前よりユーザーから要望が多かった、Apple TVに対応できるようになりました。Apple TVにU-NEXTアプリをダウンロードし、Airplayを利用することによって、U-NEXTがTVで見られます。

Apple TVを利用した視聴方法は、まず、U-NEXTアプリをインストールする必要があり、Apple TVとスマートフォン、タブレットは、同一のWi-Fiネットワークに接続されている必要があります。iPhoneやiPadをリモコン代わりとして操作もできるので便利です。

【メリット】

  • iPhoneやiPadをリモコンにできる
  • iPhoneやiPadがあれば初期設定が簡単
  • Airplayとミラーリングの安定度が高い
  • 有線LANにも対応している

【デメリット】

  • 価格が高い(17000円~23000円程度)

Apple TVは、基本的にiPhoneやiPadユーザーが対象です。価格が高いので、U-NEXTの動画を見るためだけに購入するのはおすすめできませんが、Apple TVがあれば、音楽やYouTubeなども楽しめるなど多様な使い方もできるでしょう。

U-NEXTをTVで視聴するための接続手順

ここまで、U-NEXTをTVで見る方法を9つ紹介してきました。ここからは、紹介したなかでも、とくにおすすめしたい方法について詳しく説明します。具体的な接続手順についてもいくつか紹介するので、U-NEXTをTVで見るときの参考にして下さい。

 Fire TV Stickを接続してU-NEXTをTVで見る手順

U-NEXTをTVで見る方法はたくさんありますが、総合的に見て最もおすすめなのはAmazonの「Fire TV Stick」を使った方法です。

ちなみに、AmazonでFire TV Stickを購入した場合、アカウント設定をされた状態で届きますので余分な手間が省けます。それでは、Fire TV Stickの接続手順を詳しく見ていきましょう。

ここでは、すでにAmazonアカウントは設定されている状態として、流れを紹介します。

  1. Fire TV StickのケーブルをTVのHDMI端子に接続する
  2. Fire TV Stickのケーブルをコンセントに繋ぐ
  3. Wi-Fiでインターネット接続をする
  4. U-NEXTアプリをインストールして初期設定、登録をする。

Fire TV Stickのケーブルは付属品であるため、別途購入する必要はありません。また、Wi-Fiのパフォーマンスを改善したい場合は、TVとFire TV Stickの間に付属のHDMIケーブルを繋いで下さい。映像や音声が止まるといったノイズを改善することができます。

そして、U-NEXTへの初期登録は、あらかじめパソコンやスマートフォンから登録をしておいた方が良いです。Fire TV Stickはリモコン操作となるので、文字などが選びにくく、登録しにくいためです。

また、U-NEXTはAmazon経由で登録をすることも可能です。しかし、Amazon経由での登録は、U-NEXTの人気サービスである書籍や雑誌の利用ができません。そのため、やはりパソコンやスマホから直接U-NEXTへ登録するのがおすすめです。

【HDMI端子対応TV】
HDMI端子対応HDTV、60/50Hz、1080pまたは720pに対応したHDMIケーブル、日立、JVC、LG、三菱、NEC、パナソニック、フィリップス、パイオニア、サムソン、シャープ、ソニー、東芝等のHDCP対応モデルなど

TV端子

Chromecastを接続してU-NEXTをTVで見る手順

Chromecastも、安く購入でき、場所も取らないデバイスなのでおすすめできます。しかし、Fire TV Stickに比べると、初期設定がやや複雑です。では、Chromecast を使ったU-NEXTをTVで見る手順について見ていきましょう。

  1. Fire TV Stickと同じようにChromecastをTVのHDMI端子に接続する。
  2. chromecastをコンセントに繋ぐ。
  3. Googleホームが必要であるため、ダウンロードをする。
  4. Googleアカウント設定をする。
  5. Wi-Fi設定をする。
  6. U-NEXTアプリをダウンロードする。
  7. U-NEXTアプリを開いて視聴する。

Chromecastを使う時に必要なアプリはGoogleホームです。Googleホームをダウンロードしたら、Googleアカウントを設定して進んでいきます。Googleアカウント設定やU-NEXTアプリのダウンロードなど必要な手順が多いため簡単に済ませたい人は、Fire TV StickやU-NEXT TVがおススメです。

ゲーム機を接続してU-NEXTをTVで見る手順

ゲーム機を接続して視聴する方法は、他の方法と比べると比較的簡単です。そのため、家にU-NEXT対応のPS4があるのなら、ゲーム機を利用した接続方法がおススメです。ゲーム機(PS4)を接続してU-NEXTをTVで見る方法は、以下の通りです。

  1. PS4を起動し、ホーム画面から「PlayStation Store」を選択する。
  2. U-NEXT用の公式アプリケーションを「アプリ」→「アプリトップ」から探す。
  3. U-NEXTアプリを見つけたら、選択してダウンロードする。
  4. ダウンロードが完了するまでに多少時間がかかる。完了したら、アプリを起動する。

PS4を接続してU-NEXTを見る場合、ゲームコントローラーを使って操作ができるのでとても便利です。早送りやスキップ機能なども、コントローラーで簡単に選択できるので、子供でも操作しやすいでしょう。

U-NEXT TVを接続してU-NEXTをTVで見る手順

U-NEXTに特化した利用目的であれば、専用機器であるU-NEXT TVがおすすめです。U-NEXT以外の動画サイトは興味がないなど、U-NEXTのヘビーユーザーであれば、最初からU-NEXT TVを導入し、簡単便利に動画を楽しみましょう。U-NEXT TVを接続してU-NEXTをTVで見る手順は以下の通りです。

  1. U-NEXT TVの端末をTVに接続する。
  2. 端末本体の色が白の場合は、HDMIケーブル→LANケーブル→ACアダプターの順番に繋ぐ
  3. 端末本体の色が黒の場合は、HDMIケーブル→LANケーブル→電源ケーブルの順番に繋ぐ
  4. TVの電源を入れ、リモコンの入力切り替えボタンで接続したHDMI入力に切り替える
  5. 有線かWi-Fi接続でネットワーク設定をする。(Wi-Fi接続をする場合は、LANケーブルを外す)

U-NEXT TVの場合、ケーブルをつなぐ順番がポイントです。ただし、端末本体の色を確認し、順番を間違えなければ、まず問題なく動画を楽しむことができるでしょう。

Apple TVを利用してU-NEXTをTVで見る手順

Apple TVは、価格が1万7000円から2万3000円程度と、他のデバイスに比べて値段はやや高いです。しかし、iPhoneやiPadと併用して利用すると、設定が簡単であり、動作が安定しているといったメリットがあります。

また、iPhoneやiPadとApple TVを同じWi-Fi環境で利用することによって、スマホ画面をそのままTVの大画面に表示するミラーリング機能を利用することが可能です。Apple TVを利用してU-NEXTを見る手順は以下の通りです。

  1. Apple TVのメインメニューを開き「App Store」を選択する
  2. U-NEXTを検索して、U-NEXTアプリをインストールする
  3. Apple TVのトップページにU-NEXTアプリが表示される

Air playを有効にする方法は以下の通り

【ios10の場合】

  1. コントロールセンター「Air Playミラーリング」をオフにする
  2. コントロールセンターを左へスワイプし、「Apple TV」を選択

【ios11の場合】

  1. 「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」の順番に選択「Apple TV Remote」を追加
  2. コントロールセンターの画面ミラーリング」を止める
  3. コントロールセンター「Apple TV Remote」を選択

ちなみに、コントロールセンターのApple TV Remoteで操作が可能なのは、「Apple TV 4K」と 「Apple TV (第4世代)」だけです。第3世代より前のApple TVの操作は、Apple Storeから「Apple TV Remote App」をダウンロードする必要があります。

U-NEXTをTVで見るための注意点

U-NEXTをTVで見るためには、いくつかの注意点もあります。インターネット環境が整っていなかったり、専用のケーブルを買い忘れたりすると、どれだけ良いデバイスがあっても、うまく動画が見られないケースがあります。ここからは、U-NEXTをTVで見る際の、注意点と対策などについて詳しく紹介します。

HDMIケーブルは別売りのケースが多い

各デバイスとTVは、HDMIで接続できる場合がほとんどです。例えば、パソコンからTVにつないでU-NEXTの動画を見る場合、HDMIケーブルが必要です。ただし、デバイスを購入する際は、HDMIケーブルと本体は「別売り」であることが多いです。

せっかく購入しても、HDMIケーブルがないためTVで見ることができない、ということもあります。そのため、デバイスを購入する際は付属品を確認しておく必要があるでしょう。

また、HDMIケーブルは、一般的に500円~1000円程度で購入できます。それぞれ長さには違いがあるので、あらかじめどの程度の長さが必要なのか考えて購入すると良いでしょう。

PS3には対応していない

U-NEXTは、Playstation4及び、Playstation4(PRO)があれば、ゲーム機を介してTVでの視聴ができます。しかし、「PS3には対応していない」ので注意しましょう。

PS3は高画質でオンラインゲームなどを楽しめる次世代ゲーム機として人気がありましたが、U-NEXTが対応しているゲーム機は、あくまでPS4のみです。また、Play station Vitaを利用してTVで視聴するサービスは、2018年6月で終了していますので注意しましょう。

快適に視聴するためにインターネット環境を確認する

U-NEXTをTVで快適に見るためには、安定したインターネット環境が必要です。U-NEXTの公式HPによると、U-NEXTをTVで見るためには、標準画質で下り速度1.5Mbps以上、高画質で下り速度3Mbps以上出ているインターネット回線が必要となっています。

また、TV側には、HDMI端子がついていることも必要な条件です。TVで視聴する際に動画が止まる、といったトラブルは、インターネット環境が問題であるケースも多いのです。

そのうえで、動画を快適に見るための対処方法としては、まず画質を下げることです。高画質ほどネット速度が必要なので、ネット環境が不安定な場合、高画質の動画は止まってしまうこともあるでしょう。

画質を下げることにより、動作がスムーズになることもあります。そして「電波の受信状態を改善」してみましょう。回線速度を上げてみたり、ネット回線のアクセスが混雑する時間帯の視聴を避けたりなど、少しの工夫で動画が見やすくなる可能性もあります。

また、デバイスのキャッシュを削除したり、デバイスを再起動したりといったことも試してみましょう。その他には、U-NEXTアプリ・ブラウザを最新に更新することで、これまで止まりがちだった動画がスムーズになることもあります。

対応しているスマートTVでもエラーが発生するケースがある

スマートTVでU-NEXTの動画を見るのはとても簡単ですが、対応しているスマートTVでも、エラーが発生することはあります。そのようなときは、次のような対処法を試してみましょう。

  • TVの電源をOFFにし再起動して再生してみる。
  • LANケーブルでネットワークに接続している場合、LANケーブルの抜き差しをしてから、再生をしてみる。
  • 無線LAN環境でネットワークに接続している場合、LANケーブルで接続して再生をしてみる。

スマートTVの場合、エラーの発生原因を突き止めるのが難しく、状況によってはメーカーに問い合わせる必要もあるかもしれません。また、U-NEXT側に問題があるケースが考えられる場合は、U-NEXT公式サイトの「メンテナンス・障害情報」で確認することができます。

U-NEXTでTVを見る方法は豊富!自分に合った方法を見つけよう!

U-NEXTをTVで見るための方法は実にたくさんあります。価格や機能面などで見た結果、総合的におススメなのはFire TV Stickです。

しかし、紹介した方法の中で、すでに自分が持っている機器があるのなら、それを使うのが一番便利です。既存のデバイスが使えるのなら、機器をそろえる手間もコストも掛かりません。

TVの大画面でU-NEXTを視聴できるメリットは大きいので、ぜひ自分に合った方法を見つけて、U-NEXTをTVで楽しみましょう。まだU-NEXTの登録をしていないという人は、31日間の無料トライアルがあるので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

無料で31期間動画を楽しむ↓

無料でU-NEXTを始めるならこちら

※無料期間のみの利用も可。解約は簡単