「3人の時間を大事に」YOSHI、菅田将暉、仲野太賀が揃って登壇!「タロウのバカ」公開記念舞台挨拶

おたのしみ

9月8日、映画『タロウのバカ』公開記念舞台挨拶が東京・テアトル新宿にて開催されました。

キャストのYOSHIさん、菅田将暉さん、仲野太賀さん、豊田エリーさん、植田紗々さん、そして、大森立嗣監督が出席したイベントの模様を今回はたっぷりお届けします!

ネットの賛否両論の感想に「狙い通りだな」

「タロウのバカ」は、戸籍もなく学校に行ったこともない少年・タロウ(YOSHI)が、仲間のエージ(菅田将暉)、スギオ(仲野太賀)と自由奔放な日々を過ごしながら、生と死の狭間の厳しい現実を疾走していく物語。

この日は、タロウ役のYOSHIさん、エージ役の菅田将暉さん、スギオ役の仲野太賀さんとメインキャストの3人の仲間が揃って登壇しました。
 

 
舞台挨拶冒頭で、菅田将暉さんは「映画の反響もちょうどいい感じに賛と否がフィフティー・フィフティーぐらいって噂を聞いて絶好調だなと思っています」とコメント。

メガホンをとった大森立嗣監督も「賛否が程よくあって、ネットの記事とか投稿を見て一喜一憂している。

否があっていいって頭では思うんだけど、身体は『なんでだよ!』というのがややありつつ(笑)、仕方ないよね。でも、意見が聞こえることがすごくうれしい」と、作品への思いを語りました。
 

 
本作が俳優デビュー作となる主演のYOSHIさん。こちらもネットで毎日作品の感想を見ているそうで、自身の演技への評価について、「すごいよ。賛否両論が。『こいつは生意気だ』とか『こいつはタメ語だ』とか。すいませんって感じなんですけれど」と話しつつ、菅田さんと一緒に「狙い通りだな」とうなずきあいました。
 

YOSHI、泣くシーンで「心の決心が大変」。ただし、一番泣いていたのは…?

撮影で大変だったことは?を聞かれて、YOSHIさんがあげたのは泣くシーン。

「泣くっていうのは一番ダサいことだなと思っちゃっている自分がいて、けれど、タロウになったときにいろいろなことあって、『ここで泣かなきゃいけないんだ。俺は』という心の決心が一番大変でした」とのこと。

 
菅田将暉 YOSHI

 

泣くシーンに苦労するYOSHIさんをほぐすために、現場で一緒にサッカーや野球をしたという菅田さんは、当時の撮影を「スムーズだったけどね」と振り返ります。

ところが、「でも、将暉が一番すごかった。目に”湖”ができてたの」とYOSHIさんが暴露。現場で一番泣いていたのは、なぜか菅田さんだったそうです。

泣いたことについて菅田さんは「この子(YOSHI)がね。一生懸命泣こうとがんばっているわけですよ。集中したいけど集中できなくて」と理由を明かしつつ、奮闘していたYOSHIさんを「かっこよかった」と賞賛し、YOSHIさんも「あの日は特別だった。スペシャルな感じだった。ありがとうございます。」と感謝していました。

仲野太賀「3人のグループ感が奇跡的だった」

菅田将暉
 
本作でエージを演じるにあたって、「大事にしないといけなかったのは、3人の時間」と語った菅田さん。

「一瞬の青春というか、心の底からカメラの前で笑うことなんてまあないから、それができたのがこの映画の個人的な熱いところ」だと話し、エージが銃を手にしてのタロウ、スギオとのシーンも「楽しかった」と話しました。

ただ、これに対してYOSHIさんと仲野さんからは「俺たち、つらかったよね。マジで」「頼むから早く終わってくれって…」と不満の声が続出。
 
仲野太賀
 
とはいえ、つらいことがありつつも、作品作り自体はとても充実していたようで、その後、仲野太賀さんも「楽しかったですね。将暉は前から知っていたけれど、その関係性の中にYOSHIという偉大な新人が登場して、3人のグループ感がすごく奇跡的だったと思う」と話しました。

YOSHI「体でFeelして見てほしい」

今回、なんと人生初の映画の舞台挨拶登壇だったという豊田エリーさん。

 
豊田エリー
 
育児放棄するタロウの母親を演じたことについて、「自分も子供がいるので、精神的にきついところもあったんですけれど、自分はたまたま恵まれているだけで、いつ、誰にでも起こりうるようなことだと思うので、勝手なイメージで「育児放棄するような人」みたいな感じにはしたくなくて、考えていた」と役作りの苦労を明かしました。
 
仲野太賀 植田紗々
 
スギオが想いを寄せる洋子を演じた植田紗々さん。「援助交際やピアノを弾くシーンなどチャレンジすることが多かった現場。でも、スギオさんに引っぱっていただいてすごく楽しかった」とのこと。

植田さんのコメントに「おっと?」という反応を示したのはYOSHIさん。

仲野さんは「YOSHIが将暉と遊んでいる間にいろいろやってんのよ。こっちはこっちで…いい時間でした、とても」と笑顔に。

その後、「何すかしてんだよ!」と突っ込まれたり、客席から笑いが起こったりする中でも、仲野さんは、「スギオにとってとても重要な好きな人だったので、植田さんとの時間は短かったけれど、濃かった。

この2人(タロウとエージ)に見せる表情とは違うところで、スギオの違う葛藤というか、大事にしていきたいと思っていた」と語り、植田さんも「とても濃密な時間でした」と応えていました。

とにかくメインキャスト3人の息が合っていて、笑いが絶えず、仲よしぶりが伝わってきた舞台挨拶。

最後、YOSHIさんは、映画について「大変なこともあったけれど、本当に毎日楽しく、みんながファミリーのような現場だった。
とにかく考えず、体でフィールして、うおーっ!ていう力で見てほしいです」と呼びかけていました。

『タロウのバカ』は、テアトル新宿ほか全国で公開中です。
 

菅田将暉 YOSHI 仲野太賀

 

田下愛
ライター:田下愛
映画と文房具、音楽を愛するライター。取材、インタビューなど多忙な仕事に奮闘中。趣味はヴァイオリン。

映画『タロウのバカ』予告編

(c)2019「タロウのバカ」製作委員会