百花繚乱!ギラギラにギリギリを生きた男の人生~『人間失格 太宰治と3人の女たち』

人間失格 太宰治と3人の女たち おたのしみ

こんにちは! 公式ライターの愛です。

今回は、蜷川実花監督が作家・太宰治の人生を大胆に映像化した『人間失格 太宰治と3人の女たち』をご紹介します!

『人間失格 太宰治と3人の女たち』あらすじ

太宰治 小栗旬
 

人気作家・太宰治(小栗旬)。妻・美知子(宮沢りえ)と二人の子供たちと暮らしながらも、彼を慕う静子(沢尻エリカ)や美容師で若き未亡人の富栄(二階堂ふみ)ら愛人たちとの恋愛に身を任せていく。

病気に身体を蝕まれながらも、酒と女に溺れた生活を続ける太宰。しかし、編集者の佐倉(成田凌)や、不貞行為を繰り返されながらも夫の才能を信じる妻の美知子から叱咤されて、ついに自分にしか書けない人間に失格した男の物語を書こうとするのだった――。

ギラギラに溺れて生きる太宰治の艶と儚さ

藤原竜也 小栗旬
この物語に登場する太宰治は、愛人や酒に溺れてスキャンダラスに生きるギラギラした男だ。

身重の妻・美知子がいるにも関わらず、自分に恋焦がれる女性たちが求めるままに応じて、恋愛し続ける太宰。酒を飲んで遊び享楽的に生き、いつか地獄に落ちるのを待っているかのようでありながら、一方で生きることへの未練もどこかに見え隠れする。

自堕落な生活を続けていくうちに、やがて太宰は追い込まれていく。愛人たちから執着され、身体は病に侵されていき、周りには彼をののしる者も現れる。

しかし、そんな中でも太宰の作家としての本能は生き続けているのか、やがて、彼は自身にしか書けない作品を書こうとしていく。

蜷川監督がこの役をできるのは絶対に彼しかいないと思ったということで、主演をつとめた小栗旬。確かに見事にはまったキャスティングで、蜷川監督が描き出すビビッドで幻想的な百花繚乱の世界で太宰として生きる姿には華と艶、そして儚さがあり、同時に作家としてもがく生々しさが伝わって来た。

太宰をめぐる美しく華やかな女性たち

豪華キャストが話題となっている本作。太宰が愛した3人の女を演じた女優たちの華やかさも見どころの一つだ。

宮沢りえ
 

太宰の正妻・美知子。『ヴィヨンの妻』のモデルになったといわれる彼女は、一見、旦那の火遊びを見て見ぬふりしてじっと耐える貞淑な女性だが、ストーリーが進む中で、どの女性よりも気丈な姿を見せる。

近年、実力派女優として活躍する宮沢りえが演じる美知子は凛として潔い美しさがあり、太宰が誰よりも本当に愛していたのは実は彼女だったのかもしれない…と感じさせるところがあった。
 
沢尻エリカ
 

「愛されない妻より、ずっと恋される愛人でいたい」と太宰の愛人になる静子を演じたのは沢尻エリカ。

太宰の執筆のために自分の日記を提供し、太宰の子どもを欲しがり、天使のような小悪魔のようなどこかつかめないところもある静子をしなやかに演じていて、物語の中でひときわ美しく咲く華のある存在だった。
 
二階堂ふみ
 

太宰の最後の女となる富栄。眼鏡をかけた知的でおとなしやかな女性だが、太宰と出逢って恋をして、いつしか「一緒に死にたい」と願うほどに彼を愛しぬいていく。

演じた二階堂ふみは、3人の中で最年少だが、物静かな女性の内に秘められた深い情熱を力いっぱいに演じ、最も体当たりの演技を見せてくれたと感じた。

ギリギリの狭間で生きた太宰治の人生

本作は事実を元にしたオリジナル作品ということで、もちろん実際の太宰治とは異なる部分も多々あるに違いないが、作品を見終わったあと、私は太宰治という作家の人間らしい生々しい存在感を感じて彼がより近い存在に思えてきた。

家族を裏切り、愛人に溺れて、わがままにさまよい、どこからどう見ても最低な男である本作の太宰治。

けれど、戯れに身を任せて自滅しそうになる狭間でもがいて作家として書こうとする姿は、これもまたある種の傑作を生み出す者の生きざまなのか…と心に響くものがあった。

ギラギラしながらギリギリの狭間を生きた男・太宰治。

”人間失格”な人生であったのかもしれないが、それもまた一興か。

「人間失格 太宰治と3人の女たち」公式サイトはこちら

田下愛
ライター:田下愛
映画と文房具、音楽を愛するライター。取材、インタビューなど多忙な仕事に奮闘中。趣味はヴァイオリン。

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』主題歌入り本予告

(c)2019『人間失格』製作委員会