西島秀俊らヤクザが大活躍!痛快世直しコメディ『任侠学園』

任侠学園 おたのしみ

こんにちは!公式ライターの愛です。

今回ご紹介させていただくのは、9月27日から公開、今野敏さん作の小説を、木村ひさし監督がメガホンをとり、西島秀俊さん、西田敏行さんのダブル主演で映像化した『任侠学園』です。

『任侠学園』あらすじ

「阿岐本組」は、カタギには手を出さないことをモットーに、地元のため、人のために働く義理と人情にあふれたヤクザ組。しかし、社会奉仕が大好きな組長・阿岐本雄蔵(西田敏行)が次から次に厄介事を引き受けてしまうので、NO.2の日村(西島秀俊)ら組員たちは常日頃からそれに振り回されてばかり。

今回、阿岐本組に持ち込まれた依頼は、経営が傾きかけた高校の建て直し。学校にあまりいい思い出がないだけに気が進まない日村だったが、仕方なく稔(伊藤淳史)ら子分をつれて学園へ向かう。

しかし、そこに待っていたのは、事なかれ主義の教師たちに、喧嘩をするちひろ(葵わかな)ら生徒たち。理事になった日村たちは、果たしてこの学校を救うことができるのか――?

西島秀俊、西田敏行他、安定感抜群の強者役者が勢揃い

本作『任侠学園』は、キャスト陣の安定感がとにかく半端ないです。

ベテランに中堅、若手まで、芝居のうまい強者の役者さんが揃っていて、その確かな芝居を楽しむことができます。

まず注目はなんといっても、近年、実力派俳優として映画にドラマに大活躍の西島秀俊さん。西島さんがヤクザをやると聞いただけで、これは必見!ぜひ観たい!と思いました。ヤクザをやるには若干マスクがソフトすぎはしないかな…という懸念が正直あったのですが、大画面で目にした、阿岐本組の若頭・日村の険しい表情やドスのきいたセリフはただただお見事!ちょっとカタブツで融通がズレたところもあるけれど、人情の大切さをきちんと知っていて包容力もある兄貴分にしっかりとなりきっていました。

そして、「おやっさん」こと阿岐本組のボス・雄蔵を演じたのは西田敏行さん。言うまでもなく…かもしれませんが、もうこれ以上にこの役がはまる人などいない…というほどのはまり役でしたね。大親分らしい貫禄と凄味があり、でも困っている人を見過ごせないお人好しで、どこかお茶目で憎めないところもある愛すべき大ボス。しかし、やはりヤクザ組の組長を演じた中尾彬さんと並んでいる姿はひたすらこわかった(笑)。超ベテラン俳優の二人が揃うと威圧感が二倍になって圧倒されそうでした!

なお、西田敏行さんは、今回、東京スカパラダイスオーケストラとコラボして、劇中の挿入歌「また逢う日まで」を歌っているのですが、これがまた非常にいい! 「もしもピアノが弾けたなら」などのヒット曲を放ち、歌手としても活躍されている西田さんが渋く高らかな声で歌詞を大切に歌い上げるボーカルがなんとも心を揺さぶります。

映画『任侠学園』 「また逢う日まで」PV

その他にも、日村の片腕的存在で、身体は小さく、ちょっと抜けたところもあるけれど、ここぞのところでは気合の入った組員ぶりを見せる稔役の伊藤淳史さん、サングラスをかけて一見ちょっと怖そうだけど実は料理が上手な健一役の池田鉄洋さん、金髪でチャラそうだけれど、心は熱い真吉役の佐野和真さん、大人しいけれどIT系の知識にめっぽう強い徹役の前田航基さんら阿岐本組の面々に、トラブル続きの学校の中でおどおどしている校長役の生瀬勝久さん、学校の父母会代表の一見上品な紳士、しかし中身は相当に腹黒い小日向を演じる光石研さんなど、魅力にあふれる役者たちが集結した本作。

見ていて、終始、彼らの見事な芝居に感心したり、コミカルな姿に笑ってしまったりするばかりでしたね。実力十分の多彩なキャラクターたちが織り成すドラマは楽しめること、本当間違いなし!です。

そして、ある意味「予想通り」という感もある安定した演技をするキャストが多い中、いい意味で裏切られたのが、物語の実質的なヒロイン・沢田ちひろを演じた葵わかなさん。主役を演じた朝ドラ『わろてんか』では、笑い上戸の楽天的な女性を演じ、CMなどでも明るくキュートな笑顔を見せている彼女ですが、今回演じたちひろは、ひねくれ者で喧嘩も平気でする高校の問題児

これまでのイメージを覆す反抗的な役柄でしたが、ちひろの抱える孤独感が影のある表情からひしひしと伝わってきた。日村たちと接していくうちに少しずつ心がほぐれていくさまも自然に演じていて、女優としての新たな可能性を感じさせてくれました。

痛快コメディの奥から熱いメッセージが響く作品

学校を経営不振から救おうとする日村ら阿岐本組の奮闘ぶりを肩肘はらずに楽しめる本作。しかし、ライトなコメディの奥に、確かなメッセージがこめられているのも感じました。

日村たちが建て直しを頼まれた学園は、教師も生徒もみなあきらめて無気力になってしまっている。特に生徒たちは、本当はやりたいことがあるのにやれない…というもどかしいフラストレーションを抱えつつ、思春期のエネルギーを持て余しています。

そんな彼らの背中を押すのが、学校の理事となった日村です。

そもそもは中卒で学校が大嫌いだったという日村ですが、若かりしころにおやっさんに救ってもらったときの自分を思い出してなのか、無気力な生徒たちをなんとかしようといつしか彼なりに親身になっていき、ちひろたちにあきらめないで踏み出す大切さを伝えていきます。

個人的には、日村がちひろを奮い立たせようとして口にした言葉が非常に心に響き、自分自身に対して喝を入れてもらったように感じましたね。

若者たちのため、地元のために世直しに励む正義のヤクザたちを笑いあり涙ありで描いた『任侠学園』。見た人はその面白さに大笑いしてスカッとするのはもちろんのこと、さらに熱いメッセージに勇気をもらえる人も絶対にいると思います。

はちゃめちゃでちょっと間抜けで、でも正義感にあふれた阿岐本組の活躍っぷり、ぜひ楽しんでくださいね!

「任侠学園」公式サイトはこちら

田下愛
ライター:田下愛
映画と文房具、音楽を愛するライター。取材、インタビューなど多忙な仕事に奮闘中。趣味はヴァイオリン。

映画『任侠学園』予告