とてつもない恐怖の中に感動と笑いアリの “ハイブリッドホラー”『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

it おたのしみ

ホラー作家の“頂点”スティーヴン・キングの傑作小説が原作の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』。

あの『エクソシスト』を抜き、ホラー史上No.1となったこの作品は、全世界で社会現象を巻き起こした。そしてあの恐怖から2年、『IT/イット』が遂に完結する! 史上No.1のホラーエンターテイメント『IT/イットTHE END “それ”が見えたら、終わり。』は、現在大ヒット上映中だ。

前作とはまた違った怖い魅力たっぷりの本作は、なんと恐怖の中に笑えるシーンや涙できるシーンがある。一言で「ホラー映画」と片付けてしまってはもったいない!そんな良作を今回はご紹介する。

気になるあらすじは?

前編で、1989年の夏に米メイン州の小さな田舎町デリーで起きた連続児童失踪事件にピリオドを打ったルーザーズ・クラブの仲間たち。しかし27年たったある日、デリーで不審な事件が再び続発。

ルーザーズ・クラブは久しぶりに集結する。イギリスに住むビルは映画業界で脚本家として活躍。ベバリーはファッション業界で働き、リッチーはコメディアンとして人気を博す。さらに、太っちょキャラクターのベンは、見違えるほどのイケメンとなり建築家として成功していた。

そしてエディは保険会社のビジネスマンとして仕事に忙殺されているなど、かつて負け犬と呼ばれたメンバーたちは立派に成長していた。

久しぶりに中華料理店の円卓を囲んで和気あいあいとした雰囲気の彼らだったが、町に戻ってくることで、忘れていた恐怖の過去が鮮明によみがえる。IT=“それ”ことペニーワイズが、27年の時を経て再び現れたのだ。

対峙するために、大人になったルーザーズ・クラブの仲間たちは、今度こそすべてを終わらすことを決意する。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のここが面白い!

本作は、 “続編”と勘違いされやすいが、実は “続編”ではなく “後編”なのだ。前作との2部作で、2つ合わせて一つの素晴らしいホラーが完結する。

また、「悪魔祓い」や「呪いの家」「ゾンビ」など、単純化しやすいホラーというジャンルに彩りを加えたのが本作の凄いところ。

なぜならとんでもなく怖いシーンが溢れる中、ふんだんに笑えるポイントを盛り込んでいるからだ。その “笑い”がいい休憩にもなるため、本編が160分超にも関わらず飽きることなくエンドロールを迎えることができるのだ。

また、最後には子どもの頃に忘れていた思い出を振り返らせてくれるような感動ドラマもある。本作のように、笑えて泣けるホラーなんて今まで見たことがない。まさにハイブリッドなホラーなのだ。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』監督のこだわりが凄い!

本作のメガホンをとったのは、前作に引き続きアンディ・ムスキエティ監督

ホラー映画『MAMA』で長編監督デビューした彼は現在、世界で大人気の漫画『進撃の巨人』をハリウッド映画化することでも注目を浴びている実力派監督である。そんな監督が本作でこだわったのは、さまざまな姿で登場する “それ”(IT)のシーンだという。

もちろん、ビル・スカルスガルドが演じるペニーワイズのシーンはとんでもなく恐ろしいのだが、それ以外にも老婆が登場するシーンは、単純な恐怖ではなく、つばを飲むほどの不気味さを醸し出している。

ちなみにペニーワイズを演じたビル・スカルスガルドは、モデルをこなすほどの超美形。そんなビルを見事恐ろしいペニーワイズに変身させたのはメイクアップアーティストの実力やビルの怪演だけではなく、監督の映画の撮り方にもある。

彼は照明の位置も役者の顔の位置もすべて綿密に設定し、恐怖のシーンを作り出している。そんなこだわりが詰まったシーンは、全て目をそらしたくなるほど怖いのだが、ぜひ目をそらさずに観てほしい!

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』公式サイトへ

トキエス
ライター:トキエス
映画ライター。兵庫県出身。サスペンス・スリラー作品記事をメインに執筆。趣味は海外映画のロケ地巡り。

映画を見る前に前編(前作)をおさらいしよう!

it

前編の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、auビデオパス、dTV、amazonプライムビデオで配信可能です。

amazonプライムビデオではレンタル100円で視聴することができます。

 

amazonプライムビデオですぐに観る

 

動画サービス 配信 料金 無料期間
Hulu 月額933円 14日間
U-NEXT × 月額1990円 31日間
Netflix × 月額800円 30日間無料
FOD × 月額888円 初回1ヶ月間
dTV ❍(有料300円) 月額500円 初回31日間
dアニメストア × 月額400円 初回31日間
auビデオパス 月額562円 初回30日間
Amazonプライムビデオ ❍(レンタル100円) 月額500円 30日間
Paravi × 月額925円 30日間

※2019年11月14日現在

ITロスになったら、こちらもチェック!