映画「ホーム・アローン2」は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

クリスマスを舞台にした大ヒット映画「ホーム・アローン」の続編である「ホーム・アローン2」は、前作をしのぐほど面白いという感想もある名作コメディです。主人公ケビンが家族と離れ、得意のトラップを駆使して悪人と戦うというストーリーは前作にならい、舞台をニューヨークに移して大きくスケールアップしました。

ケビンが仕掛けるトラップも、今作ではさらにダイナミックになっているので見どころ満載です。そして、いまやアメリカの超大物政治家となったあの人もカメオ出演しています。ここでは、ホーム・アローン2のあらすじやチェックすべき見どころ、動画無料配信サービスなどでの配信状況について紹介します。

↓↓Huluで2週間無料!↓↓

ホーム・アローンをHuluで見てみる

大ヒット作の期待の続編!ホーム・アローン2はこんな映画


ホーム・アローン2は、1990年にアメリカで公開された「ホーム・アローン」の続編となる映画です。2018年現在でもクリスマス映画の定番となっているこのシリーズ1作目は、全世界で4億7,668万ドルの興行収入を記録する大ヒット作となりました。当時10歳だった子役マコーレー・カルキンを、一躍大スターにのし上げた作品としても有名です。

そんな大ヒット作の2作目として1992年に公開されたホーム・アローン2も、期待にたがわぬ大ヒットを記録し、興行収入は3億5,899万ドルとなりました。世界的な大ヒット作となったこの2つの映画は、現在でも数々の動画サービスで配信されています。

『ホーム・アローン』

『ホーム・アローン』は、家族旅行に置き去りにされてしまった主人公ケビンが、自宅に張り巡らされたトラップを駆使して2人組の泥棒を迎え撃つというストーリーでした。8歳とは思えない秀逸な罠を張り巡らせるケビンの賢さと行動力や、ピタゴラ式にヒットしていく数々のトラップの爽快感に、見ている側が夢中になってしまう名作と言える映画です。

合わせて総勢14人にもなるケビンの家族や親戚は、優しいママや意地悪なお兄ちゃん、だらしないおじさんなど、一人ひとりが魅力的なキャラクターを持っています。また、短気で頭の切れるハリーと、少し間抜けな相棒のマーヴの泥棒コンビも、悪役でありながら思わず感情移入してしまう憎めないキャラクターです。

ドナルド・トランプ氏が出演!?2作目『ホーム・アローン2』

『ホーム・アローン2』では、おなじみの家族や親戚との家族旅行ではぐれてしまったケビンが、再度一人ぼっちになってしまいます。それも、目的地のフロリダから遠くに離れたニューヨークで迷子になってしまうというスケールの大きさです。前回はなじみのある自宅での一人ぼっちでしたが、今回は右も左もわからない大都会ニューヨーク。

それでも落ち込むことなく、持ち前の賢さで大人たちを翻弄しニューヨーク観光を満喫するケビンの姿は、1作目と同様に笑いを誘い、感心させられるでしょう。

ケビンがニューヨーク観光をエンジョイしている頃、刑務所から脱獄したハリーとマーヴの泥棒コンビも偶然ニューヨークに到着してしまいます。ケビンに恨みを持つ2人の泥棒にじわじわと追い詰められ、家に帰りたいと願うケビン。しかし、ホームレスの女性との触れ合いやおもちゃ店のオーナーとの出会いにより、再び2人の泥棒と対決することを決意するのです。

前作では、ケビンは自分の家を泥棒から守るため一人ぼっちで戦いましたが、今回は、見ず知らずの子供たちを助けるために危険な大人たちに立ち向かいます。ホーム・アローン2は、大ヒット作のスケールを大きくした続編というだけでなく、10歳になった主人公ケビンの成長の物語でもあるのです。

ホテルのシーンでは、なんとアメリカ大統領であるあのドナルド・トランプ氏がカメオ出演している場面もあります。これは、撮影に使用されたホテルが、不動産王であるトランプ氏の所有するホテルであったという関係によるものです。

トランプ氏の出演シーンは5秒ほどと短いものですが、主人公ケビンと会話を交わす姿は、確かに現在のトランプ氏の面影が残っています。プロの俳優に引けを取らないその演技力は、ぜひチェックしたいポイントです。

また、撮影に使われたプラザホテルのスイートルームはセットではなく、本物のプラザホテルの部屋となっています。そのため、映画公開後はケビンが宿泊したスイートルームに予約が殺到しました。また、2017年にはプラザホテルが「Live Like Kevin」という、映画の中のケビンと同じ過ごし方ができる宿泊パッケージを発表しています。

これはホーム・アローン2仕様の部屋に宿泊できるうえ、アイスクリームのルームサービスやホーム・アローンシリーズのDVDがセットになっているものです。オプションではリムジンツアーも用意されており、まさにホーム・アローン2のファンのためのプランと言えるでしょう。ホーム・アローン2を見たあとに宿泊すれば、映画の世界を何倍も楽しむことができますよね。

ホーム・アローン2をもっと楽しめるおすすめポイント3

おすすめポイント1:1作品目よりも複雑な人物相関

前作、ホーム・アローンでケビンに関わる主な登場人物は、ケビンの家族、親戚一家、ハリーとマーヴの泥棒コンビ、近所の老人と、身近な人がほとんどでした。しかし、ニューヨークに舞台を移したホーム・アローン2では、おなじみの家族や親戚、泥棒コンビだけでなく、さまざまな特徴のある人物がケビンと関係しているのです。

ホテルスタッフだけでも、ケビンを疑いの目で見つめ追い詰めていく接客係や、チップを欲しがってケビンに翻弄されるベルボーイ、あらぬ性癖の疑いをかけられる警備員など、一人ひとりのキャラクターが際立っています。

また、ケビンと友情を交わす怖しい姿の鳩おばさんや、おもちゃ屋の優しい謎の紳士など、ケビンの心の成長にかかわる人物たちもそれぞれが魅力的です。このように、人物相関が複雑になったことで、ホーム・アローン2は単なる「ケビン対泥棒」とは一線を画す映画となりました。コメディとして秀逸なだけでなく、10歳の少年の心の成長も描いたハートフルな名作となったのです。

おすすめポイント2:ケビンのトラップがより複雑で大ダメージに!

前作、ホーム・アローンでケビンのトラップに次々とかかった経験のあるハリーとマーヴは、警戒レベルを最大にしてケビンを捕えようと追いかけます。そのため、ホーム・アローン2でのケビンのトラップは、前作よりも複雑かつスケールが大きくなっているのです。

前作と違い、明りの紐やドアノブに少し触っただけでは発動せず、2人の気が緩んだところでトラップが一気に襲い掛かります。前作では、最も危険と言えるトラップはガスバーナーでの炎上ですが、ホーム・アローン2はそれだけでは済みません。

爆発、感電、さらなる炎上、高所からの落下など、フィクションだとわかっていても、うすら寒くなってしまうような、ダイナミックなトラップが勢ぞろいしているのです。

改装中の家が戦いの場面になっており、工具やペンキや鉄骨には事欠かないのも、トラップの規模が大きくなっている要因です。2人に襲い掛かるペンキなどの液体の量も前作の比ではありません。

前作では、ケビンがハリーとマーヴにつかまらないかどうかがハラハラするポイントでしたが、今作ではそれに加え、泥棒2人にも感情移入してハラハラしてしまいます。そういった意味で、ホーム・アローン2は前作と比較して2倍エキサイティングな作品に仕上がっていると言えるかもしれません。

おすすめポイント3:前作よりも大きなスケールと映像美!

ホーム・アローン2の大きな見どころは、ストーリーだけでなくその映像美にもあると言えるでしょう。ニューヨークに到着したケビンが観光する街の様相、鳩おばさんのいるセントラルパーク、ゴージャスなプラザホテルのシーンなどは、見ている側もクリスマスのニューヨークを観光している気分にしてくれます。

ケビンが自由の女神の写真を撮る場面で立っているのは、当時のワールド・トレード・センターのツインタワーの上となっており、これは貴重な見どころと言えるのではないでしょうか。また、プラザホテルにてドナルド・トランプ氏が登場する短いシーンは、知っている人だけがニヤリとできる見どころです。

孤独な鳩おばさんとケビンが心を通わせあうカーネギー・ホールのシーンは、その美しさがこの交流をいっそう神聖に演出しています。また、母親ケイトがケビンを見つけるロックフェラーセンターのきらびやかなクリスマスツリーは、母子の再会をさらに感動的なものとしてくれるでしょう。

動画の画面いっぱいに飛び交う鳩たちは、終盤で大事な役目を果たすだけでなく、クリスマスの夜の清廉さをゴージャスかつロマンチックに演出してくれます。自宅に置き去りにされた前作も、ケビンの住む街のクリスマスの情景が彼の心情を描写していました。

しかし、ここまでダイナミックでゴージャスな美しさは、舞台がスケールアップしたニューヨークだからこその見どころです。

↓↓Huluで2週間無料!↓↓

ホーム・アローンをHuluで見てみる

ホーム・アローン2を楽しめるのはどんな人?

コメディ映画が好きな人

ホーム・アローン2は、前作の魅力を十分に受け継いだコメディ映画です。気軽に見られるコメディであることはもちろん、主人公ケビンが仕掛けるピタゴラ的なトラップの数々は、見る人を引き込んでしまうような複雑な仕掛けに満ちています。

また、前作と同様、テレビの音声を使って大人たちを思いのままに操る音声トラップも健在です。ホーム・アローンシリーズのトラップは、ただ面白いというだけでなく、興味深い心理戦であることが大きな魅力となっています。

さらに、ケビンのトラップがハリーとマーヴの泥棒コンビにクリーンヒットするさまも、思わず笑ってしまうシーンの連続です。罠にかかってきれいに宙を飛び、痛みに泣き叫び、激しく悪態をついてまた罠にかかる2人の姿は、もはや芸術と言えるでしょう。

今回のトラップの見どころは、ハリーとマーヴがトラップの存在をはじめから警戒しているところです。ケビンが罠を張る子どもであることを知っていて、その罠を回避しようといちいち警戒し、それでも裏をかかれて引っかかってしまうという高度な心理戦は目が離せません。

もちろん、テレビの音声を使ったトラップにかかる他の大人たちの反応も見逃せません。ケビンの思い通りにひざまずいて許しを請い、間抜けなせりふを言わされて右往左往する姿は、コメディファンの心をきっと満足させることでしょう。

ハートフルな映画が好きな人

ストーリーの冒頭で「家族なんていなくなってしまえ」と願うケビンの心は、家族以外の人との触れ合いで変化していきます。子ども病院に売り上げを寄付するおもちゃ屋の紳士との出会いは、ケビンに自分のものを弱い人に分け与えることを教えました。

人との触れ合いをおそれるホームレスの女性をケビンが励ますセリフは、まるで彼本人に語り掛けているようです。人を励ます立場になることで、理不尽な目に遭っても人に対して心を開き続けることの大切さを、ケビンは改めて学んだと言えるでしょう。

戦いを終えたあとに母親を恋しがるシーンは、子供らしい弱さとさみしさが伝わってきてほろりとさせられてしまいます。ついに母親と再会するシーンも、クリスマスならではの美しい情景で見る人を感動させるものです。

ホーム・アローン2がハートフルと言えるのは、悪役のハリーとマーヴのキャラクターがどこか憎めないものであることも一因でしょう。刑務所のクリスマスプレゼント交換に参加できずショックを受けるマーヴのかわいらしさも、ほほえましくハートフルと言えるかもしれません。

家族で映画を楽しみたい人

「クリスマスの定番ファミリー・コメディ」と評されるホーム・アローンシリーズですが、その一因には、このシリーズが家族の物語であることが挙げられます。「ホーム・アローン」でも「ホーム・アローン2」でも共通しているのは、主人公が理不尽な家族に嫌気がさし「家族なんていなくなってしまえ」と願うところです。

その願い通りに主人公のケビンは一人ぼっちになり、最初は一人の生活を満喫します。しかし、家族以外の人と触れ合ううちに、自分の行いを反省し、相手を許し、家族が必要であることを学ぶのです。

この作品で描かれるのは、家族全員のいざこざ、兄弟のいざこざ、親子のいざこざという、誰しもが経験しがちな心のすれ違いです。叔父家族も含めたマカリスター一家は大家族であり、全員が何かしらの不満を持っています。主人公ケビンは末っ子のため、上の兄弟から邪険にされやすい存在です。いたずらっ子のケビンは、兄弟たちの立場に立てば生意気でうっとおしい存在でしょう。

また、子供を心配するあまりの、母親ケイトの無謀で強引な行動は、子どもを持つ母親なら多くの人が共感できるものかもしれません。マカリスター一家の心情は、家族の誰しもが共感できるように描写されています。家族は時に理不尽でうっとおしいこともある考える人もいますが、それでも大切な存在であるということを学ぶケビンの姿は、家族で見るにぴったりな動画です。

ホーム・アローン2を無料で見られる動画サービスは?

 

サービス アニメ配信 料金 無料期間
Hulu × 月額933円 14日間
U-NEXT 〇(有料) 月額1990円 31日間
Netflix × 月額800円 30日間無料
ビデオマーケット 〇(有料) 月額500円 初月無料
FOD × 月額888円 初回1ヶ月間
dTV 〇(有料) 月額500円 初回31日間
dアニメストア × 月額400円 初回31日間
auビデオパス 〇(有料) 月額562円 初回30日間
Amazonプライムビデオ 〇(有料) 月額408円 30日間
Paravi × 月額925円 30日間

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。

『ホーム・アローン』はいくつかの動画配信サーチで配信されていますが、お得に視聴するならHuluがおすすめです。U-NEXT、dTV、Amazonプライムビデオなどで視聴する場合は有料作品の為、課金する必要があります。

しかし、Huluだと課金せずに『ホーム・アローン』視聴できます。またHuluでは2週間の無料トライアルをおこなっているので、『ホーム・アローン』シリーズだけ視聴したいという方は無料で視聴できる為おすすめです。

↓↓Huluで2週間無料!↓↓

ホーム・アローンをHuluで見てみる

スケールアップしたホーム・アローン2のあらすじを紹介※ネタバレ注意

※このあらすじは、動画「ホーム・アローン2」のストーリー途中までのネタバレを含んでいます。

あらすじパート1

10歳になったケビン・マカリスターは、家族と親戚の総勢14人でクリスマスを過ごしにフロリダへ旅行する前日、兄とのいざこざがきっかけで家族と険悪な雰囲気になってしまいます。屋根裏に追いやられたケビンは、皆に謝るように勧める母親に「去年のように一人になりたい。またそう願ってやる」と吐き捨てるのでした。翌日、一家はそろって寝坊してしまい、慌ただしく空港へ出発します。

その混乱のなか、ケビンは父親の荷物を持ったまま空港で家族を見失ってしまい、マイアミ行きと間違えてニューヨーク行きの飛行機に一人で乗りこんでしまいました。一人ニューヨークに降り立ち、願いが叶ってしまったことに呆然とするケビン。しかし、すぐに気を取り直してニューヨークの名所を楽しみます。

セントラルパークを歩くケビンの目に留まった建物は、以前にテレビのCMで見たプラザホテルでした。ホテルを眺めるケビンのそばに、大量の鳩を連れた怖いおばさんが現れ、ケビンはおびえて逃げてしまいます。

プラザホテルでは、ケビンはうまく父親のふりをしてスイートルームに宿泊したり、リムジンをレンタルしたりなど、ゴージャスにニューヨーク観光を満喫しました。ケビンを恨むハリーとマーヴの泥棒2人組が刑務所から脱獄し、ニューヨークにたどり着いていることも知らずに。

一方、ホテルのスタッフは父親のいるふりをするケビンを疑い始めていました、クレジットカードを照合したところ、ケビンのカードは盗難カードとして届けが出ていることが判明します。ケビンの両親が、息子の居所を見つけたい一心で盗難届を出していたのです。その頃、ケビンは街で一番のおもちゃ屋であるダンカンさんの店にいました。

この店のクリスマスの売り上げは、すべて子ども病院に寄付することを知るケビン。ケビンは雪かきをして貯めた自分のお小遣いを店に寄付するのでした。

あらすじパート2

おもちゃ屋を出たところで、ケビンは不運にもハリーとマーヴの泥棒コンビに遭遇してしまいます。ニューヨークの街を逃げまどい、ホテルのスタッフに助けを求めますが、ケビンをカード詐欺の犯人と思っているスタッフも総出となってケビンを追い詰めます。

得意の音声トラップを使って追っ手をまいたケビンは、再び泥棒2人につかまり、そこで2人が今夜ダンカンさんのおもちゃ屋を襲撃することを知るのでした。2人を罠にかけて逃げたものの、行くところもなく、ケビンは夜のニューヨークを一人さまよいます。危ない目に遭い続けたケビンを助けたのは、あの鳩を連れた怖いホームレスのおばさんでした。

オーケストラが流れるカーネギー・ホールの天井裏で、2人は静かにお互いの人生について語り合います。人間関係に傷つき続け、人と触れ合うのをおそれるおばさんに「ハートだって使わなくちゃ持っている意味がない。勇気を出さなくちゃ」と励ますケビン。

自分も一人でいるよりやっぱりみんなと過ごしたい、でも悪いことばかりしてきたと吐露するケビンでしたが、おばさんの「だったら良い行いで悪い行いを消しなさい」という言葉に、人を助けるために戦うことを決意するのです。

その頃、盗難カードが使用された情報を得たマカリスター一家もニューヨークに到着し、ケビンの母ケイトは皆が止めるのも聞かず、一人危険な夜のニューヨークでケビンを探していました。その日の夜中、閉店までダンカンさんの店に隠れていたハリーとマーヴの泥棒コンビは、売上金を鞄に詰めていました。

そこへ、現れたケビンが石を投げ込み、けたたましい警報音が鳴り響きます。売上金を盗む計画が失敗したハリーとマーヴは、怒り心頭でケビンを追いかけ、住宅街の家の一軒に迷い込みました。それは、改装中で住人がいないケビンの親戚の家であり、ケビンはこの家に「クリスマス作戦」と名付けて得意のトラップをいくつも張り巡らせておいたのです。

脱獄して一旗あげたいハリーとマーヴに対して「子どもたちのクリスマスを奪わせたりしない」と決意するケビン。一人ぼっちのケビンの戦いがはじまります。

おなじみのあの人も!ホーム・アローン2の登場人物とキャスト

ホーム・アローン2の動画の主な登場人物をご紹介します。

【ケビン・マカリスター】 マコーレー・カルキン(Macaulay Culkin)

ホーム・アローン2の主人公。家族旅行の前日に「家族なんていなくなってしまえ」と願い、一人ぼっちでニューヨークに降り立つことになってしまいました。前作、ホーム・アローンで対決した2人組の泥棒とニューヨークで遭遇し、彼らの盗難計画を阻止するため、再び手製のトラップを駆使して戦うことを決意します。

【ハリー・ライム】ジョー・ペシ(Joe Pesci)

前作、ホーム・アローンでケビンと戦って敗れ、刑務所に収監されることとなった泥棒の一人です。相棒のマーヴを引っ張るリーダーシップがありますが、短気なため暴走しやすい一面もあります。クリスマスの夜には銀行に預けられなかった売上金が店に残ることに目を付け、おもちゃ屋の売上金を盗むという計画を立てます。

【マーヴ・マーチャント】ダニエル・スターン(Daniel Stern)

前作でケビンに敗れ、刑務所に収監された泥棒のもう一人です。少し間抜けですがスリのテクニックは天才的で、人の持ち物を瞬く間に盗み取ってしまいます。世間から「水撒き強盗」や「くっつき強盗」など、特徴ある名前で呼ばれたいというのが願望です。背が高く、そのせいでケビンの落下物の罠にかかりやすいという特徴があります。

【鳩おばさん】ブレンダ・フリッカー(Brenda Fricker)

セントラルパークにいて、いつもたくさんの鳩に囲まれているホームレスのおばさんです。その姿は不気味で表情もおそろしく、彼女を初めて見たケビンは驚いて逃げ出してしまいました。本当は、夜の街で途方に暮れていたケビンを助けてくれる優しい心の女性です。愛した男性に捨てられたことから人間不信に陥っていましたが、ケビンと心を通わせることにより徐々に変化していきます。

【E・F・ダンカン】エディ・ブラッケン(Eddie Bracken)

ニューヨーク一番のおもちゃ屋のオーナー。子ども好きで、クリスマスの売り上げは毎年すべて子ども病院に寄付しています。自分のお小遣いを寄付したケビンに、店にあったクリスマスツリーのキジバトのオーナメントをくれました。ハリーとマーヴの泥棒コンビに店の売り上げを盗まれそうになりますが、店に残された手掛かりから、その企みを阻止したのがケビンであると知ることになります。

絶対おすすめ!ホーム・アローン2の作品情報

原題 Home Alone 2 Lost in New York
公開年 1992年
制作総指揮 マーク・ラドクリフ
ダンカン・ヘンダーソン
リチャード・ベイン
監督 クリス・コロンバス
脚本 ジョン・ヒューズ

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。

↓↓Huluで2週間無料!↓↓

ホーム・アローンをHuluで見てみる