真にナイフを突きつけるのは誰?ノーブルでスリリングな極上ミステリー『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密 おたのしみ

こんにちは!ライターの愛です。

今回は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が贈る極上ミステリー『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』をご紹介します。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』あらすじ

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

Photo Credit: Claire Folger

人気ミステリー作家・ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)の85歳の誕生日に、彼が暮らすニューヨーク郊外の屋敷でお祝いのパーティーが開かれる。しかし、その翌朝、屋敷でハーランは遺体となって発見される。

事件から一週間後、名探偵として知られるブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)が屋敷を訪れた。誕生日当日、屋敷にいたハーランの親族たちや看護婦、家政婦らを相手に捜査をすすめるブノワだったが、事件を追ううちにそれぞれの家族の抱える複雑な事情も明らかになっていく。

果たして、事件の真犯人は誰なのか――。

<容疑者一覧>
・リンダ:ハーランの長女(ジェイミー・リー・カーティス)
・リチャード:リンダの夫(ドン・ジョンソン)
・ランサム:リンダとリチャードの息子(クリス・エヴァンス)
・ウォルト:ハーランの次男(マイケル・シャノン)
・ドナ:ウォルトの妻(リキ・リンドホーム)
・ジェイコブ:ウォルトとドナの息子(ジェイデン・マーテル)
・ジョニ:ハーランの亡き長男の妻(トニ・コレット)
・メグ:ジョニの娘(キャサリン・ラングフォード)
・ワネッタ:ハーランの母(K・カラン)
・マルタ:ハーランの専属看護婦(アナ・デ・アルマス)

アガサ・クリスティーを彷彿させる品の良いミステリー

ミステリーは、ノーブルさを失わないものであってほしいと思います。
※ノーブル=高貴、育ちのよさという意味。

ミステリーは、そもそも怖いもの。殺人が起こり、場合によっては殺人鬼や人を殺すことを悪いとも思わないモラルが破綻した人物が登場し、どうしようもない残酷なことが展開していくこともある。それだけに、物語の中に品のよさ、エレガントさがないと、それはただただえぐい、つらいものになりかねないと思うのです。

『シャーロック・ホームズ』の生みの親であるアーサー・コナン・ドイルやミステリー作家のアガサ・クリスティーらはおそらくそのことを熟知していたのでしょう。彼らが書いた物語の多くは、残酷でありながら知性と品のよさが感じられるノーブルな作品に仕上がっていて、だからこそ、今日まで多くのファンに愛されてきています。

ライアン・ジョンソン監督がアガサ・クリスティーに捧げるスタイルで作ったという『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は、まさにかのミステリー女王を彷彿させるミステリー作品です。

物語の舞台となるのは、ミステリー作家のハーラン・スロンビーが暮らす豪邸。屋敷の中は、不思議な雰囲気の人形や、「刃の館」の名の通りのいくつものナイフなどが置かれていて、ちょっと不気味な雰囲気を醸し出していますが、それらも含めて、屋敷の調度品の数々は精巧な美しさとアンティークな情緒を感じさせます。

映画の冒頭で屋敷の映像を見たときすぐにアガサ・クリスティーらが描いてきた上品なミステリーを踏襲した作品なのだと確信しました。実際、ハーランの屋敷から始まったどこか品のある雰囲気が、映画をおもに支配していて、おかげで、物語から上品な雰囲気が失われることはなかったです。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

Photo Credit: Claire Folger

シビアに見ると、本作に登場する人物の多く、特に資産家のハーランの一族たちは、一見、上流階級らしく振舞いながらも一癖二癖もある人物ばかり。

被害者であるハーランの莫大な財産を狙っていたり、財産が絡んだときに態度を豹変させたり、陰でこっそりやましいことしていたりと、上品とは言い難いことをしている輩が少なくはないのですが、それでも、物語の雰囲気に品のよさがあるおかげで、最後まで安心して楽しむことができました。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

Photo Credit: Claire Folger

本作を鑑賞したとき、「古き良きミステリーの香りがするミステリーらしいミステリーを見た」という感じがすごくありました。アガサ・クリスティーの小説のファンの方はもちろんのこと、テレビドラマの「名探偵ポワロ」や『相棒』などが好きな人なら間違いなく楽しめるはずです。

ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンスら豪華キャストの名演も見どころ!

豪華キャストが話題になっている本作。アカデミー賞、エミー賞、トニー賞の三冠に輝いたクリストファー・プラマー、『ワンダとダイヤと優しい奴ら』などで知られるベテラン女優・ジェイミー・リー・カーティス、『マイアミ・バイス』『刑事ナッシュ・ブリッジㇲ』のテレビシリーズの人気俳優・ドン・ジョンソンら映画ファン、海外ドラマファンにはおなじみの名優たちがミステリーを盛り上げます。

しかし、中でも注目は、やはりこの二人。名探偵ブランを演じるダニエル・クレイグとハーランの長女夫妻の息子のランサムを演じたクリス・エヴァンスです。

『007』のジェームズ・ボンド役でおなじみのダニエ・クレイグが演じる名探偵ブランは、ホームズやポワロさながらにスーツで英国紳士風に決めていますが、アメリカ南部出身という設定で、どこか素朴さも感じさせるキャラクター。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

Photo Credit: Claire Folger

つかみどころがないけれど、どこかユーモラスで人間味も感じさせる探偵を見事に演じたダニエル・クレイグ。ショーン・コネリー以来の最高のボンドとも称された『007』シリーズからの卒業を昨年表明している彼ですが、『ナイブズ・アウト』は続編の話もすでに上がっているらしく、どうやら早くも新たなハマり役に出会えた模様です。

そして、ハーランの孫で一族の異端児の放蕩息子・ランサムを演じたのが、クリス・エヴァンス

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

Photo Credit: Claire Folger

エヴァンスといえば、代表作はなんといっても“キャプテン・アメリカ”ことスティーブ・ロジャースですが、本作で演じるのは、正義の戦士とは真逆の自分勝手な放蕩息子。傲慢そうだったり、人をバカにしてみたり、キャプテン・アメリカでは考えられないようなワイルドな表情をいろいろと見せています。

昨年公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』をもってキャプテン・アメリカ役からの卒業を表明しているエヴァンス。こちらも、早くも新境地を開拓してこれからますます役柄が広がっていきそうな予感です。
 

予測がつかないスリリングなミステリー 真犯人は誰?

ミステリーとは、その名の通り、ミステリアスでスリリングなものであってほしいと思います。

登場人物たちの証言や、場面展開をもとに、誰が真犯人なのか予想してハラハラしながら…というのがミステリーの楽しさですが、『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は、見ていて真犯人が誰なのかが途中まで全然予想がつかなかったです。

探偵ブランが捜査を重ねていく中で、容疑者たちを取り巻く環境が明らかになり、犯人であってもおかしくない、心の中でナイフを突きつけていたに違いない輩が何人もいることがわかっていく。それと同時に、犯人が誰なのかはどんどんわからなくなっていきます。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

Photo Credit: Claire Folger

「動機はあるにはあるけれど、殺すには少し薄いかも。いやでも…」と一人一人の状況を考察してみたり、優しそうに見えるキャラクターに「いや、でも、こういうタイプが黒幕だったりするんだよな…」と疑ってみたり、真犯人の見当がつかずに頭を抱える中、さらに予想外のことが起きて、いつしか釘づけになって見守っていくばかり。

そして、最後に驚きの真実が明らかになったとき、ああ、そういうことだったのか…と絡まった糸がほどけるように、すっきりしていく感覚がありました。

見ているうちにどんどん予測がつかなくなり、謎が解けたときに胸がすく思いがする…という点でも非常によくできたミステリーに仕上がっている『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は、現在、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中

ミステリー作家の邸宅で起こった殺人事件の真相、知りたい人は、ぜひ、劇場で真犯人が誰なのかを確かめてみてください。

真にナイフを突きつけるのは、いったい誰?

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

Photo Credit: Claire Folger

公式サイトはこちら

田下愛
ライター:田下愛
映画と文房具、音楽を愛するライター。取材、インタビューなど多忙な仕事に奮闘中。趣味はヴァイオリン。

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』1.31(金)公開/60秒予告(ナレーション:中村悠一)

Motion Picture Artwork © 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.