かわいいおじさんが最強な『マイ・インターン』は、「わたしの家政夫ナギサさん」ロスに最適!

マイ・インターン 洋画(海外映画)

多くのファンに惜しまれながら、先日ついに最終回を迎えた人気ドラマ「わたしの家政夫ナギサさん」。

あまりの人気ぶりに、その後の二人を描いた特別編が急遽放送されましたが、心の中に「わたナギ」ロスを感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「わたナギ」ロス解消にオススメな、2015年日本公開の映画『マイ・インターン』を、ご紹介したいと思います。

『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイと名優ロバート・デ・ニーロの共演に加え、ある日突然、自分よりも年上の男性に仕事やプライベートをサポートされることになったヒロインの姿が、今見返すと「わたナギ」の世界観を先取りしていたことに気付かされる本作。

気になるその内容と見どころとは、いったいどのようなものなのでしょうか?

ストーリー

ニューヨークに拠点を置く人気ファッションサイトのCEOを務めるジュールス(アン・ハサウェイ)は、仕事と家庭を両立させながら多忙な毎日を送っていた。

ところがある日、会社の福祉事業の一環として雇われたシニア・インターンのベン(ロバト・デ・ニーロ)が、ジュールスのアシスタントとして配属されることに。

自分よりも40歳年上のベンに、初めは偏見を抱いていたジュールスだったが、ベンの心のこもった仕事ぶりと的確な助言に助けられたことで、次第に二人は心を通わせていく。そんな時、ジュールスは仕事とプライベートの両方で思わぬ危機を迎え、大きな選択を迫られるのだが・・・。

予告編

ズバリ、見どころはここ!

ヒロインのジュールスは、ファッションサイトのCEOと家庭の主婦の両立で多忙な日々を送る女性として登場します。その忙しさは、社員からの誕生日プレゼントが積み上げられた自分の机を片付ける暇が無かったり、広いオフィス内の移動に自転車を使うほど!

そんな中、会社の福祉事業の一環としてインターン採用されたベンが、彼女の直属のアシスタントとして配属されるのですが、なんとべンは彼女よりも40歳年上の70歳という、人生の大先輩。

父親のような年齢の部下に対する先入観や偏見に加え、自分で全てをコントロールしたいジュールスは、ベンに仕事を与えないまま放置してしまうのですが、ジュールズが一番困っていたプレゼントの山を、彼が黙って片付けておいてくれたことから、次第に彼女もベンの誠実な仕事ぶりや有能さを認めるようになっていきます。

そんな中、ひょんなことからジュールスの運転手役をベンが引き受け、オフィス以外の私生活を共有するようになったことで、二人の信頼関係もより深まっていくのです。

マイ・インターン

この映画で重要なのは、やはりロバートデニーロ演じるベンの誠実なキャラクターでしょう。
前職では、かなりのキャリアを積んでいたにも関わらず、決して過去の栄光を語ったり自分の年齢を言い訳にせず、新人として素直に仕事や同僚に向き合っていくその姿勢は、こういう大人になりたい!観客にそう思わせるほど。

例えば、ジュールスがジャケットに付けてしまった醤油のシミ抜きから、忙しくて食事の時間が取れない彼女のため、スープを買って用意しておくなど、相手に寄り添って常に最適な行動を取るベンの誠実な仕事ぶりは、正に働く女性にとっての強い見方と言えるのです。

加えて、豊かな人生経験から導き出される、ベンの数々の名セリフは必見!

実際本編中でも、「正しい行いは、迷わずやれ」といったベンの何気ない一言が、後に仕事と私生活両方の重大な決断を迫られたジュールスを救うことになるのですが、その他にも「ハンカチは貸すためにある。女性が泣いたときのための、紳士のたしなみだ」との名言には、この映画をきっかけにハンカチを持ち始めた男性も多いのでは?

監督自身がインタビューで、恋愛抜きの男女の友情を描きたかったと答えている通り、普通なら出会うことのない二人が仕事上の関係として出会うことで、年齢やキャリア、性差といった固定観念に囚われない新たな関係性を築く姿が、観客に癒しと希望を与えてくれる、『マイ・インターン』。

コロナ禍の中、人と人の距離感や関係性が見つめ直されている今の状況だからこそ、ぜひ多くの方に観て頂きたい作品です!

最後に

ファッションサイトのCEOとして活躍するヒロインが、40歳年上の男性アシスタントとの交流を通して、仕事や結婚生活を見直していく姿を描いた、この作品。

こうしたヒロインからの視点だけでなく、長年勤めた会社を定年退職し妻を亡くしたベンが、再び他人と関わり人の役に立つ生活を送るために、70歳にしてジュールスの会社のインターンに応募する姿には、年齢を重ねることが決してマイナスのイメージではなく、好奇心をもって新たな世界に挑戦するのに年齢は関係ない、そんなメッセージが込められているのです。

現役時代は有能なビジネスマンだったベンが、自分の娘ほどの年齢のジュールスに対して、決して出しゃばることなく、しかし的確なアドバイスやサポートによって、彼女の人生を豊かなものに変えていく展開は、まさに「私の家政夫ナギサさん」の世界に通じるもの。

加えて、相手に対して偏見や先入観を持たず、常に一歩引いて相手を見守るベンの姿勢が、大人の男性の余裕や包容力を感じさせる点も、この映画が幅広い観客層に人気を呼んでいる理由と言えるでしょう。

“かわいいおじさん”の魅力である、一歩引いた距離感や年下の女性に対する敬語に加え、名優ロバート・デ・ニーロ演じる理想のおじさん像が存分に堪能できる作品なので、「わたナギ」ロスを感じている方にこそ、全力でオススメします!

滝口アキラ
ライター:滝口アキラ「シネマズPLUS」公式コラムニスト、雑誌「昭和40年男」ライター。専門は映画コミカライズ研究。

『マイ・インターン』が無料で見れる動画配信サービス

動画サービス 配信 料金 無料期間
Hulu 月額933円 14日間
U-NEXT 月額1990円 31日間
Amazonプライムビデオ 月額500円 30日間
Netflix 月額800円 30日間無料
FOD 月額888円 初回1ヶ月間
dTV × 月額500円 初回31日間
dアニメストア × 月額400円 初回31日間
TELASA ◯(吹替のみ) 月額562円 初回30日間
Paravi × 月額925円 30日間

わたしの家政夫ナギサさん

わたしの家政夫ナギサさんはParaviで独占配信しています。
Paraviは月額925円で30日間無料でお試しできます。

Paraviで動画を楽しむ↓

わたしの家政夫ナギサさん

※無料期間のみの利用も可。解約は簡単

© Warner Bros. Entertainment Inc.