ゲイの菜食主義青年役で林遣都の魅力が全開!『にがくてあまい』

にがくてあまい おたのしみ

こんにちは!公式ライターの愛です。

今回ご紹介するのは、大河ドラマ『麒麟がくる』の帰蝶役で一気に注目度が高まった川口春奈さんと、『おっさんずラブ』などで大人気の林遣都さんが一風変わった男女関係を繰り広げる作品。

小林ユミヲさん原作の同名の漫画を実写化した『にがくてあまい』です。

『にがくてあまい』あらすじ

広告代理店に勤める江田マキ(川口春奈)は美人で仕事もできるが、プライベートでは、汚部屋に暮らし、男運にも恵まれない日々。

ある晩、行きつけのバーで出会った高校教師の片山渚(林遣都)とひょんなことから一緒に暮らすことに。イケメンの渚にときめくマキだったが、彼はゲイだった。

同居条件として、自分が作る食事を残さず食べることをマキに課す渚。菜食主義で肉を使わない渚の料理に野菜嫌いのマキは困惑するが、彼の作る野菜料理はとても美味しかった。

喧嘩をしつつも、一緒に食事をして二人は絆をはぐくみ、やがてマキは野菜嫌いの原因となった家族と向き合うことに――。

ゲイの青年を演じる林遣都がとにかく魅力的!

この作品の見どころはなんといっても、林遣都さん。イケメンで名門高校の教師というハイスペック男子だけれど、実はゲイで菜食主義者、そして、心の奥に傷を抱えている渚を、とても魅力的に演じています。

同性愛者を演じるのは、決して簡単ではないと思うのですが、その点で林さんの演技はただただ見事というしかありません。

何より、渚は男性と女性で接するときの視線、表情が同じようでいて全然違う。いいと思う男性を見る目つきはまさに恋する乙女で、ときめいているのがひしひしと伝わってきます。

相手が異性か同性かなど関係なく、恋したことがある人ならば、きっと渚に共感できるはず!

さらに、マキと心を通わせていくときの包み込むような慈愛深い笑顔や、台所で料理するときの手つきのきれいさなど、劇中での表情や所作に常にみずみずしい美しさがあり、思わず目がいってしまう。

林遣都という役者の演技力はもちろんのこと、チャーミングなところが遺憾なく発揮されているので、彼のファンの方なら楽しめること間違いなしで、ファンではなかった人も思わず引き込まれてしまうでしょう。それほどにこの作品で彼は輝きを放っています。

欠点もあるヒロインを清楚にさわやかに演じた川口春奈

にがくてあまい

この物語の主人公のマキは、一見、美人で仕事もできるキラキラ女子。

しかし、住んでいる部屋は汚く、食事は栄養補給ゼリーと決してほめられない生活を送り、そのくせ、自分のイメージにこだわってつい見栄を張ってしまうなど、いろいろとダメな感じが見え隠れする素顔の持ち主です。

最初のうち、彼氏がいるかのようにとりつくろったり、渚が名門校の教師とわかったとたんに態度を変えたりするマキに、筆者は若干イラっとするところもありました。

渚に対して、ゲイでもいずれ落とせるんじゃないか…とどこか甘く見ているふしがあるのも、どうかと思ってしまいましたね。

とはいえ、演じた川口春奈さんの清楚さやときおり見せるお茶目なコミカルさのおかげで、マキはわがままだったり見栄っ張りだったりするところはあれど、どこか憎めない女性に。

そして、渚の作る食事を食べて少しずつ素直になっていくとともに、徐々にかわいらしさや純粋さがにじみ出てきて、川口さんの嫌味のない等身大の演技で、欠点がありつつもさわやかなヒロインに仕上がったといえます。

川口春奈さんといえば、2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』で急きょ織田信長の正室・帰蝶役をつとめることになり話題を呼びましたが、この帰蝶も夫・信長のために策をめぐらす狡猾なところがあるのが不思議と下品にならない、凛とした姫君。この品の良さを失わない清楚なしなやかさが、女優・川口春奈の魅力なのかもしれません。

野菜と食事とほどける心の物語

本作で重要なカギとなるのは野菜、そして、食事です。

家族との苦い思い出が原因で野菜嫌いになってしまったマキ。そして、渚も実はつらい過去を抱えている。そんな二人が食事を通して、お互いの心のほつれた糸をほどいていきます。

渚が作る食事で疲れた心を回復させていくマキ。自分の手料理を美味しそうに食べるマキに心を開いていく渚。

一緒に料理を食べて心をわかちあっていく二人の関係は、恋愛のように甘々ではないけれど、苦さを受けとめていくと甘みがあるのが徐々にわかっていく、まさに野菜のような味わいがある。

90分強と尺は若干短いですが、食べ物の美味しさ、人と人が心を通わせるドラマをきちんと描き、涼やかにじんわりと心に響く作品です。

なお、この作品に登場する野菜料理の数々、実際すごく美味しそうなのですが、小林ユミヲさんの原作漫画では映画にも登場する料理のレシピが掲載されています。映画を見て渚の作るメニューが食べたくなったら、原作漫画もおすすめなのでぜひあわせて楽しんでほしいです。

田下愛
ライター:田下愛
映画と文房具、音楽を愛するライター。取材、インタビューなど多忙な仕事に奮闘中。趣味はヴァイオリン。

『にがくてあまい』が無料で見れる動画配信サービスはこちら

動画サービス 配信 料金 無料期間
Hulu 月額933円 14日間
U-NEXT 月額1990円 31日間
Amazonプライムビデオ 月額500円 30日間
Netflix 月額800円 30日間無料
FOD 月額888円 初回1ヶ月間
dTV × 月額500円 初回31日間
dアニメストア × 月額400円 初回31日間
TELASA × 月額562円 初回30日間
Paravi × 月額925円 30日間