新年に希望を持つための一本『ニューイヤーズ・イブ』

新年に希望を持つための一本『ニューイヤーズ・イブ』 海外ドラマ

早いもので今年ももう終わり。今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、いつもとは違う静かな年末を過ごす人が例年よりも急増していると思う。

「おうち時間を充実させたい」「パーティーには行けないが、年末気分を味わいたい」という方のためにおすすめなのが『ニューイヤーズ・イブ』。

2011年の映画だが、年越しに大切なことを教えてくれる一本となっている。

舞台はあの有名なニューヨークタイムズスクエアのカウントダウン

本作の舞台は、ニューヨーク。ニューヨークの年末といえば、タイムズスクエアで毎年開催されている大晦日イベントがかなり有名。筆者も2011年に本作をみて、2012年の年越しに足を運んだが、朝から並ぶ超過酷な場所取りを経験した。

そんな有名な大晦日イベントを舞台に、アシュトン・カッチャー、ロバート・デ・ニーロ、キャサリン・ハイグル、リア・ミシェル、ザック・エフロン、サラ・ジェシカ・パーカーなど豪華キャストが集結し、8つのドラマを繰り広げていく。

それぞれのカウントダウンまでの思い

タイムズスクエア協会の副会長であるクレア(ヒラリー・スワンク)は、タイムズスクエアボールのイベント「ボール・ドロップ」に力を費やしてきており、本番当日に心配と焦りと不安で気分が落ち着くことができない様子。

一方、レコード会社の秘書を務めるイングリッド(ミシェル・ファイファー)は、「やりたいことリスト」を作成し、実行するために会社を辞め、自分宛にきたパーティーの招待状と引き換えにバイク便の若者ポール(ザック・エフロン)に協力してもらう。

そして病院では、妊婦のテス(ジェシカ・ピール)とグレース(サラ・ポールソン)は出産間近の状態で足を運び、ベッドでは重症のスタン(ロバート・デ・ニーロ)が「ボール・ドロップ」を見たいと懇願する。

やり残したことをやり遂げるには「まだ時間がある」

今年の目標を達成できなかった人にとって年末は、「もう時間がない」と諦めてしまうことも多いはず。しかし、本作のイングリッドは諦めず、ポールの知恵を借りて、大晦日の日、たった1日だけで「やりたいことリスト」をかなえていく。

「バリに行きたい」「ティファニーで朝食を食べたい」「命を救いたい」――。どれも1日は不可能なリストだが、ポールのアイデアによって、次々と叶えていく姿はとても心躍らされる。大晦日の1日に、何かやり残したことを振り返り、目標を達成するために工夫を練りたくなる、そんなシーンが盛り沢山だ。

アクシデントに見舞われたクレアのインタビューが心に響く

クレアが指揮を取っていた「ボール・ドロップ」だが、なんと故障してしまうハプニングが。現場報告として、メディアにクレアが話すシーンがあるのだが、とても心に響く。

彼女は「ニューイヤーズにシャンパンを開けて祝う前に、一度立ち止まって、すぎた年を振り返り、思い出しましょう。成功も失敗も」と話す。「新しい年はあなたにチャンスをくれます」と続けるこのスピーチは、年末の誰の心にも響くことだろう。ぜひ彼女のセリフに耳を傾けてみてほしい。

「新年を迎える準備は本当にできているのだろうか」と今年一年をじっくり振り返りたくなる一本

ぜひおうち時間を使って、本作を鑑賞してみて欲しい。そしてぜひ来年の目標を立ててみてはいかがだろうか。

トキエス
ライター:トキエス
映画ライター。兵庫県出身。サスペンス・スリラー作品記事をメインに執筆。趣味は海外映画のロケ地巡り。

『ニューイヤーズ・イブ』が無料で見れる動画配信サービス

動画サービス 配信 料金 無料期間
Hulu × 月額933円 14日間
U-NEXT 月額1990円 31日間
Amazonプライムビデオ ◯(有料) 月額500円 30日間
Netflix × 月額800円 30日間無料
FOD × 月額888円 初回1ヶ月間
dTV 月額500円 初回31日間
dアニメストア × 月額400円 初回31日間
TELASA × 月額562円 初回30日間
Paravi × 月額925円 30日間

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。