お家バレンタインにおすすめ映画『バレンタインデー』、あの王道ラブコメのトリビア満載だった

バレンタインデー 洋画(海外映画)

2月14日のバレンタインデー。今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、お家で過ごそうと考えている人も少なくないはず。

お家で手作りチョコに挑戦してみたり、いつもより豪華なチョコを買ってみたり…そんなお家バレンタインには、映画『バレンタインデー』もおすすめ。

本作は、『プリティ・ウーマン』や『ニューイヤーズ・イヴ』などで知られるゲイリー・マーシャル監督作品で、10組のそれぞれのバレンタインデーを描いている。

また本作は、あまり知られていない隠されたネタもたっぷりなので、ぜひ鑑賞前にチェックしてみてほしい。

あらすじ

花屋のオーナーであるリード(アシュトン・カッチャー)は同棲中の恋人モーリー(ジェシカ・アルバ)にバレンタインデーの朝にプロポーズ。「YES」と返事をもらったリードは、ウキウキ気分で出勤する。

リードの親友であるジュリア(ジェニファー・ガーナー)は、医者の恋人ハリソン(パトリック・デンプシー)とバレンタインデー当日を一緒に過ごせないことに落ち込むが、リードに背中を押され多忙な彼に会いに行くことに。

一方、飛行機ではバレンタインデーに一晩だけロスに滞在を許された軍人のケイト(ジュリア・ロバーツ)と、ビジネスマンのホールデン(ブラッドリー・クーパー)がたまたま隣同士の席になり、会話を弾ませる。

またあるアパートメントの一室では、田舎者のジェイソン(トファー・グレイス)がリズ(アン・ハサウェイ)と一夜を共にするが、リズは鳴り止まない電話に急かされるようにジェイソンのもとを去ってしまう。バレンタインデー当日にデートに誘えなかったジェイソンは後悔する。

ビターからスウィートまで! それぞれのバレンタインデーラブストーリー

バレンタインデー

本作で描かれるラブストーリーは、全てがスウィートなものではない。

バレンタインデーに孤独に悲しむキャラクターや、パートナーの浮気を知ってしまうキャラクター。なぜかバレンタインデーを毛嫌いするキャラクターも。

小学生の淡い恋心や、長年連れ添ってきたお年寄りのカップルも描かれており、さまざまなキャラクターが織りなすストーリーは、いろんな人が共感できる内容となっている。

ラブコメ好きにはたまらないトリビア満載

ジュリア・ロバーツといえば、『プリティ・ウーマン』で知られているが、本作と監督が同じということもあり、『プリティ・ウーマン』に関するトリビアが満載なのだ。

例えば、本作でアン・ハサウェイ演じるリズがディナーデートをするホテルは、『プリティ・ウーマン』にも登場する。

また、エンドロール前にはジュリア演じるケイトが車の中で「ここで買い物をしたことがある?」と聞かれるシーンが。これにケイトは「一度だけ買い物をしたことがある。“大きな間違いだった。大失敗だわ”」と話すのだが、このフレーズは『プリティ・ウーマン』のビビアンが買い物するセリフと全く同じなのだ。

ちなみに、本作に高校生のグレース役で登場しているエマ・ロバーツは、ジュリアの姪だ。このようにジュリア・ロバーツや彼女の王道ラブコメ『プリティ・ウーマン』好きにはたまらない小ネタがたくさん。

いろんなチョコレートを用意して、ぜひ本作のさまざまなバレンタインデーの恋模様を楽しんでほしい。『プリティ・ウーマン』好きなら、本記事で紹介したトリビアもぜひチェックしてみて。

トキエス
ライター:トキエス
映画ライター。兵庫県出身。サスペンス・スリラー作品記事をメインに執筆。趣味は海外映画のロケ地巡り。

『バレンタインデー』が無料で見れる動画配信サービス

バレンタインデーは多くの動画配信サービスで配信中です。

動画サービス 配信 料金 無料期間
Hulu 月額1,026円 14日間
U-NEXT 月額2,189円 31日間
Amazonプライムビデオ ◯(有料) 月額500円 30日間
Netflix 月額990円 30日間無料
FOD × 月額976円 2週間
dTV 月額550円 初回31日間
dアニメストア × 月額440円 初回31日間
TELASA ◯(有料) 月額618円 15日間
Paravi × 月額1,017円 2週間

予告編