動画配信サービスならdTV!ドコモじゃなくてもクレカじゃなくても登録OK!

支払い方法 ドコモとクレカ以外 dTV

見逃してしまった映画や、もう一回観たいあのドラマ、どこで観たらいいか分からないということはありませんか。動画配信サービスがたくさんありすぎて迷ってしまう、ということもあるでしょう。しかも、TVはもちろんスマホでも、どこでも自由に動画を観たいという人にピッタリのサービスがあります。ドコモが運営する「dTV」は、日本全国を網羅するネットワークを配備するドコモだからこそできた、スマホに強い動画配信サービスです。

しかも「dTV」の動画配信サービスは、ドコモユーザーでない人でも利用できるのです。他社スマホを利用している人も試してみる価値が大いにあります。気になる支払いも、クレジットカードがなくても登録する方法があります。いつでもどこでも、好きなときに動画を観ることができる「dTV」。そのサービスについて、詳しく見てみましょう。

↓↓dTVで初回31日間無料トライアル中!↓↓

dTVの公式サイトへ

いつでもどこでも視聴可能なdTV!まずは初登録の人限定の無料お試しを

まず、「dTV」とはどのようなサービスかを紹介します。dTVは、大手移動体通信事業者であるNTTドコモが提供する動画配信サービスです。「スカパー!」や「Hulu」、「ケーブルテレビ」など、多くの動画配信サービスが存在しますが、ドコモの強みである、全国に広がる通信網を駆使したスマホでの動画配信が、dTVの最大の特徴といってよいでしょう。

dTVは月額500円(税抜)で、12万タイトルの映画やドラマを好きなだけ視聴することができます。また、dTVを視聴できる環境はスマホ、テレビ、パソコン、タブレットなどがあります。これまで、移動などで動画を観れない場合は録画などで対応してきたことも、dTVならば移動しながら視聴することができ、時間を有効に使うこともできるでしょう。

使い勝手のよいdTVですが、申し込む前に、実際にそのサービスを体験してみたいと思う人が多いでしょう。dTVには、初回31日間無料お試しというサービスが用意されているので、そのサービスで体験してみるのがおすすめです。

さらに特筆すべきは、無料お試しはドコモユーザーだけではなく、他社スマホ利用者でも体験可能なことです。無料お試しに申し込みできるのは、dTVに申し込むのが初めての人全員が対象なのです。

逆に、無料お試しに申し込みできないのは「これまでdTVに申し込んだことがある人」です。例外として、無料お試し期間が7日間であった時期に申し込んだ人に限り、現在行われている31日間無料お試しキャンペーンにも再度申し込みできます。ドコモユーザーも他社キャリアユーザーも、この機会にdTVの動画配信サービスを体験してみましょう。

無料期間は登録した日から31日間。だけど月初めから始めた方がトク?

ドコモユーザーだけではなく、他キャリアユーザーも無料お試しが可能なdTVですが、無料お試しができるのは、初回で、かつ最長31日間と決まっています。

この31日間というのは、厳密には初回登録日から31日間の期間を指します。具体的に何日からという定めがないので、無料お試しの申し込みをして初回登録した日から31日間のカウントがされますが、登録するタイミングによっては、その後継続して有料会員になった場合に損をしてしまうことがあるのです。

dTVの課金スケジュールは、いつ入会しても、毎月1日から月末31日までの1カ月分の料金の徴収ということになっています。たとえば初回登録日が15日の場合、無料お試し期間は翌月の16日までということになります。

その後、有料会員となりそのまま継続した場合は課金が発生しますが、お試し期間終了の17日に課金されるのではなく、この場合はお試し終了月翌月の1日に課金されるのです。課金されるのは毎月1日です。

日割り計算はされないため、もしそのまま継続して有料会員になる場合や、万が一、退会し忘れた時のことを考えると、登録日は月初である方が得だということです。

また、dTVは月額定額サービスのため、お試し期間修了後有料会員になった場合に、同月内に何度入会、退会を繰り返しても月額利用料金は500円(税抜)で2倍に課金されることはありません。

しかし、月の途中などで退会しても、利用日数に応じた返金はありませんので注意しましょう。この無料視聴可能な約一カ月の間、さまざまな映画やドラマなどがたっぷり視聴できるメリットがあるほか、月単位の自分の行動に応じた視聴スケジュールも確認することができます。どのようなタイミングでどの程度視聴できるかを試す期間でもあるので、無料お試しの31日間を有効に利用するとよいでしょう。

詳しく知りたい方

無料お試しに必要なものは?まずはdアカウントと支払い情報を用意

では、実際にdTVへの無料お試し申し込みを行ってみましょう。まず、ここで重要になるのがdアカウントです。dアカウントとは、NTTドコモが提供するサービスを利用する場合、ログインに必要な独自IDのことです。

dアカウントの特徴として、ドコモのスマホやタブレットなどのユーザーはもちろん、ドコモユーザー以外の人も、dアカウントを持つことができ、ドコモが提供するさまざまなサービスを活用することが可能です。dアカウントについて詳しくは、後で説明します。

具体的な方法ですが、まず、ドコモユーザーの場合は、dアカウントのID/パスワードを準備しましょう。さらに、継続し有料会員となった場合の支払い方法を入力する必要があるので、その方法を決めておきます。ドコモ払いあるいは、クレジットカードかデビットカードのいずれかで選択が可能です。
他社キャリアユーザーの場合も、dアカウントのID/パスワードが必要です。

しかし、他社キャリアユーザーの場合、dアカウントを持っていない場合が少なくないでしょう。そういう場合でも、無料お試しに先駆けて取得する必要はありません。dアカウントは、無料お試し申し込みの段階で作成することができるため、入力前の時点でdアカウントを取得していなくても問題ないのです。そして、支払い方法の事前入力のために、クレジットカードあるいはデビットカードの情報を用意しておきましょう。

支払い情報を要求される理由は?クレジットカードがない場合はどうする?

無料お試しサービスの申し込み時に、どうして支払い情報が必要なのかと思う人も少なくないでしょう。31日間の無料お試し期間中は、もちろん何回視聴しても無料であることには変わりません。無料お試し期間内に、無料お試しサービス解約の申し出があった場合にはそのまま課金なくサービス停止となります。

しかし、お試し期間中に解約の申し出がなかった場合は、そのまま継続となり、課金対象となります。そうした決まりがあることから、無料お試しであっても、仮としての支払い情報の入力が必要になるのです。お試し期間後を待たずに途中退会した場合も、課金されることなく退会となるので、課金の心配をする必要はありません。

また、申し込み時に必要となる支払い方法は、全部で3種類あります。ドコモユーザーであれば「ドコモ払い」が、ドコモユーザーでない場合は「クレジットカード」、さらに、クレジットカードがない場合は「デビットカード」を選ぶことが可能です。

ドコモユーザーは、すでに設定済みのドコモ払いがおすすめでしょう。クレジットカードはさまざまなブランドに対応しています。

また、デビットカードとは、銀行キャッシュカードなどを利用し、即時銀行から引き落としを行うカード決済のことです。多くの銀行キャッシュカードがデビットカード対応されていますが、デビットカードの種類によって、使えるものと使えないものがあるようです。また、NTTドコモの公式ホームページでは、デビットカードは使用可能と明言されていないこともあり、できるだけクレジットカードを使用した方が確実といえるでしょう。

詳しく知りたい方

ドコモユーザーは要チェック。dアカウントのID/パスワードの確認方法とは

dアカウントは、ドコモのスマホやパソコン向けのさまざまなサービスと、dアカウントログインに対応したサイトを利用する際に必要なIDです。ドコモは飲食・ショッピングでの利用金額に応じて貯まるdポイントなど、dアカウントでログインして利用する多くのサービスを提供しています。

ドコモユーザーであればdアカウントをすでに持っており、dポイントなどを貯めて携帯サービスに充てるなど活用している人も多いでしょう。しかし、他の多くのIDやパスワードも利用する中、dアカウントのIDとパスワードを忘れてしまった、ということもあるでしょう。そのような場合にはどうすればよいでしょうか。

まずは、スマホなどから「dメニュー」にアクセスしましょう。そのトップページから「Mydocomo(お客様サポート)」へ移り、お客様サポートから「メール・パスワードなどの設定」を選びます。さらにdアカウントメニューを選ぶと、画面上部にIDと電話番号が表示されます。パスワードが分からない場合には、「基本設定」の中の「ID/パスワードの確認・ロック解除」で確認しましょう。

ドコモユーザーにとって、dアカウントのIDとパスワードは、dポイントを使用する際や毎月の使用量の確認など、多くの場面で利用する大切な情報です。しっかり管理するとともに、IDとパスワードを忘れたときの探し方をメモしておくとよいでしょう。

さあ無料お試し登録をしてみよう!そのステップを確認

実際にdTV無料お試しを始めるに当たっては、デバイスごとに操作ステップが異なります。ここでは、代表的なパソコンとスマホの、それぞれの申し込み方法について説明します。

まず、パソコンから申し込む場合を紹介しましょう。始めにdTVの「31日間無料お試し」ボタンをクリックします。ドコモユーザー以外でdアカウントを持っていない場合は、「ドコモ以外のお客様」のボタンをクリックし、dアカウントを取得します。登録するメールアドレスやパスワードなどの個人情報、クレジットカード情報を入力し、dアカウントの申し込みを行ってください。

その後、入力内容と利用規約が表示されるので、「上記の利用規約/注意事項に同意する」のチェックボックスにチェックを入れ、「次へ進む」をクリックします。登録したメールアドレスのメールボックスをチェック後、dTVの画面はそのままの状態で、dTVから届いたメール本文に記載された「ワンタイムキー」を控えておきます。dTV画面に6桁の数字のワンタイムキーを入力し、「申し込みを完了する」ボタンをクリックすれば、申し込みが完了します。

また、スマホから申し込む場合の操作方法は、ドコモユーザー以外の場合のdアカウント取得方法も含め、基本的にパソコンの場合と同様です。なお、無料お試しへの申し込むができているかを確認するには、「契約状態/ご利用履歴」の「ドコモ決済情報を確認する」をクリックしましょう。ここには無料お試し期間を申し込んでいる場合に、残りの期間が表示されるため、無料お試しの申し込みができていることの確認ができるのと同時に、無料期間がいつまでなのかをチェックすることができます。

詳しく知りたい方

どこでも視聴可能にしたい!スマホのデバイス登録をしてみよう

dTVの大きな特徴の1つは、テレビはもちろん、パソコンやスマホ、タブレットといったモバイル環境での視聴も可能ということです。ゆっくり大画面のテレビでくつろぎながら映画やドラマを楽しむのもいいですし、移動中や自室で、誰にも邪魔されずにスマホやパソコンでの視聴もいいでしょう。いつでもどこでも好きなときに好みのスタイルでの視聴が可能なのは大きなメリットです。そうした視聴環境を整えるには、デバイス登録が必要となります。1つの契約で、5台までの利用が可能です。どこにいても映画やドラマを楽しむことができるのが魅力のデバイス追加は、ぜひ登録しておきましょう。

スマホでのデバイス追加操作はいたって簡単で、無料お試しの申し込みが終了したら、「デバイス登録」画面で「デバイス追加」を選び、追加したいデバイスを選択するだけです。仮に、追加時にすでに5台の上限を超えてしまっている場合は、表示画面の右側に表示される「×」マークをクリックし、不要なデバイスを削除しましょう。

また、パソコンやタブレットからもデバイス管理が可能です。公式サイトのツールバーの「アカウント」から「デバイス管理」を選びます。ここでは、どういったデバイスを追加しているのかといった確認や削除などができます。なお、気を付けないといけないのは、複数のデバイスを追加したからといって、同時視聴はできないことです。あくまで1つの契約につき同時間帯に1つのデバイスでの視聴が可能です。同時視聴した場合は、先に再生したデバイスが停止になり、後から再生したデバイスからの視聴に切り替わります。

詳しく知りたい方

無料お試し申し込み完了!dTVを120%楽しもう!

無料おためしやデバイス管理など、dTVを視聴するための準備が終了したら、あとは思う存分楽しみましょう。dTVの大きな特徴としては4つあります。

1つは12万本という、他の動画配信サービスを圧倒する膨大な数のコンテンツが見放題です。コンテンツの多さは、扱っているジャンルの幅の広さを表しているといっても過言ではありません。映画でもアクションからSF、ラブロマンス、コメディー、サスペンスなどさまざまなジャンルがありますが、それらの中でもさらに幅広く多数の動画を扱っていることから、12万本という数字になっているのです。ですから、自分が好きなジャンルや俳優だけで絞り込んでもまだ全然見切れないこともあるほどです。

2つめには料金の安さです。動画配信サービスの料金は、多くが1,000円前後といったところですが、dTVは驚きの500円(税抜)という月額料金です。これは破格の安さといってよいかも知れません。ブロードバンドなど、全国を網羅する通信網を持つNTTドコモだからこそできたサービスだといえるでしょう。

しかも、動画はスマホなどにダウンロードが可能です。通常ネットコンテンツだと、アクセスし視聴を終えるまで通信量がかかりますが、dTVはダウンロード再生が可能なので、その場合、視聴している時間の通信費はかかりません。Wi-fiなどでダウンロードしておいて、自分の好きな時間に好きな場所で通信量を気にせず、ゆっくり視聴することができるのです。

さらに、dTVならではのオリジナルコンテンツが充実していることも魅力の1つといえるでしょう。ほかでは観ることができないオリジナルコンテンツがなんと200本以上も揃っています。好きなタレントや俳優の、珍しいコンテンツに出会えるチャンスもあるでしょう。dTVにはサービスを120%楽しめる仕組みが整っているのです。

メリットたくさんのdTV。まずはその魅力を体験してみて!

映画やドラマを本当に楽しむために必要なのは、自分の好きな時間や場所で観ることができるという環境かも知れません。NTTドコモが提供するdTVは、「いつでもどこでも好きなだけ」好みのコンテンツを視聴することができる動画配信サービスです。dTVでは、常時12万本以上の映画やドラマなどが、時間を問わず見放題なうえ、スマホなどに動画をダウンロードすることが可能です。

しかも、月額500円(税抜)という、動画配信サービスとしては格安の料金設定が魅力です。ダウンロード視聴ができるので、視聴時間時の通信量を心配する必要もなく、コストパフォーマンスもよいというお財布にうれしい特徴も、大きなメリットの1つです。

さらに、1つの契約でスマホやパソコン、テレビやタブレットなど5台までのデバイス設定が可能です。このことにより、家ではテレビ、移動中はスマホ、カフェなどではタブレットと、どこでも視聴ができるのです。

このように使い勝手のいいdTVは、動画ファンの間で大きな注目の的となっています。dTVを実際に体験するために、31日間無料お試しを利用することをおすすめします。無料期間中に退会することもできるので、安心して申し込むことができます。まずは無料お試しに申し込み、dTVを31日間無料で楽しんでみましょう。