映画「オーシャンズ11」は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)
2001年に公開され、大ヒットとなったアクション映画「オーシャンズ11」。ラスベガスにあるカジノを舞台とした痛烈なアクションムービーとして世界中で愛され、後編が何本も作られるほどの人気を誇ります。物語の初めから終わりまでエンターテイメント性の高いオーシャンズ11は、見どころが満載の作品です。

公開から10年以上もの年月が流れているものの、人気の耐えることのないオーシャンズ11をもう一度見たいという人も多いでしょう。ただ、オーシャンズ11の動画は無料でも配信されているのでしょうか。そこで今回は、オーシャンズ11の魅力をたっぷりと説明し、無料配信の情報と映画を見た感想を交えて紹介します。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

オーシャンズ11をU-NEXTで見てみる


「オーシャンズ11」の魅力

マイルドでかっこいいクライムサスペンス

ダニー・オーシャン率いる犯罪のスペシャリスト集団として知られるオーシャンズの、シリーズ第1作目として公開された「オーシャンズ11」は、クライムサスペンス映画として2001年にアメリカで公開されました。

60年代の映画である「オーシャンと十一人の仲間」をリメイクしたこの作品では、フランク・シナトラに代わりジョージ・クルーニーがダニー・オーシャンを演じています。監督は「トラフィック」「マジック・マイク」でメガホンをとったスティーブン・ソダーバーグであり、サスペンス映画でありながらも、殺戮シーンや銃を使ったシーンを一切使わない方法で話を盛り上げているのが特徴です。

これまでのハリウッドのサスペンス映画では当たり前であったシーンをあえて登場させないことで、マイルドな犯罪映画を成立させたと世間の注目を集めた作品でもあります。

何も考えずに楽しめる娯楽映画

オーシャンズ11の人気に伴い、オーシャンズ・シリーズとして続編が作られるようになりました。2005年に2作目として「オーシャンズ12」が、2007年には3作目の「オーシャンズ13」が公開されています。さらに、2018年には女性版の「オーシャンズ8」も公開され大変な話題を呼びました。

それぞれの作品において綿密な強盗計画が繰り広げられ、鮮やかに敵をだましていくのがオーシャンズ・シリーズの魅力です。その第1作目であるオーシャンズ11では、時折見られるコメディタッチの描写に引き込まれる観客も多くいました。

複雑な背景などがなく、泥棒が計画して見事に盗み遂げるといった単純なストーリー展開は、一言でいうとわかりやすく、エンターテイメントの高い作品として評価されています。何も考えなくても最後まであっという間に進んでいきますので、見終わったあとに「楽しかった」と感じられる作品です。

911との関係性から監督のヒット作へ

完成した作品からはカットされてしまいましたが、制作当時のオーシャンズ11には、ニューヨークのカジノビルが大爆発を起こし、倒壊する場面が含まれていました。しかしながら、作品が公開される前に911同時多発テロが起こったのです。オーシャンズ11でカジノビルが倒壊するシーンはニューヨークの高層ビルが爆破されてしまうシーンを想像させてしまうことから、そのシーンはカットされることになりました

そのため、ラスベガスの架空ホテルである「サナドゥ」に設定が変更されるといったアクシデントもあった作品です。しかし、それが功を奏したのか、製作費約85億円のオーシャンズ11は、全世界で約450億円といった興行収入を納めています。監督であるスティーブン・ソダーバーグ最大のヒット作でもあり、彼の代表作にまで成長しました。

イケメン揃いのオーシャンズは見応え十分

オーシャンズ11では、ダニー・オーシャンを含めた11人の男性が大泥棒としてチームを組んでいます。それぞれが何かの専門家であり、仲間と協力して大金を盗み出すのがストーリーの柱として使われます。ただ、この11人はハリウッドのなかでもイケメンで構成されていますので、どのシーンを見ていてもかっこいい男性が登場します。

まず、オーシャンズのリーダー的な存在であるダニー・オーシャンを演じる「ジョージ・クルー二―」は大人の色気たっぷりのカッコよさを見せてくれます。オーシャンズのサブリーダー的存在のラスティ・ライアンは、甘いマスクが魅力のイケメン俳優の一人として知られている「ブラッド・ピット」です。

さらにきりっと引き締まったカッコよさを持つ「マット・デイモン」などありとあらゆる種類のイケメンが揃っていますので、動画サービスでもイケメンだらけの映画として人気があります。そんなイケメンたちが軽やかに絶対に不可能だと言われる金庫をいとも簡単に破るのがオーシャンズ11です。かっこよくて爽快で、誰もが憧れてしまう映画であると言えるでしょう。

ここが見どころ!3つのポイントを紹介

おすすめポイント1:豪華なキャスティング

動画配信サービスでも人気のオーシャンズ11は、非常に豪華なキャスティングが魅力です。まず、オーシャンズ11の主人公であり、悪党をこらしめるオーシャンズのボスは「ジョージ・クルーニー」が演じています。年間20億円以上も稼ぐと言われているハリウッドきっての売れっ子俳優であるジョージ・クルーニーを起用したこの作品は、彼なしでは成功しなかったとまで言われているのです。

また、オーシャンズのサブリーダーを務める「ブラッド・ピット」はアカデミー賞に3度もノミネートされている実力化の俳優でもあります。ブラッド・ピットは甘いマスクだけでなく高い演技力でも観衆を魅了しています。

さらに、カジノでディーラー役を演じているのがコメディアンとしても人気の「バーニー・マック」です。2008年に彼が急死したことから世界から笑いが減ってしまったと嘆かれるほど愛されてきた人物でもあります。そのほかにも「マッド・デイモン」やベン・アフレックの弟としても知られる「ケイシー・アフレック」など非常に豪華な顔ぶれです。それに加えて、ヒロイン役には「ジュリア・ロバーツ」が選ばれ、オーシャンズに華を添えています。

どの俳優も非常に個性的であり、それぞれがキャラクターとしてしっかり肉付けされているのもオーシャンズ11の魅力であると言えるでしょう。一人ひとりの個性が十分に活かされ、互いにいい味を生み出している作品です。

おすすめポイント2:音楽がとにかくかっこいい

オーシャンズ11の格好良さは、ハラハラするアクションシーンやイケメンたちだけではありません。この映画は音楽にも徹底的にこだわりをみせ、オシャレでかっこいい音楽が劇中を彩っています。テンポのいいジャズのような大人の音楽が、映画の至る所で使用されますので、シリアスなシーンを除いたほとんどのシーンで音楽が楽しめる工夫がされているのです。

オーシャンズ11の音楽を担当したのはDJとして活躍している「デイビット・ホルムズ」という人物で、ハードボイルドでありながらのノリの良いジャズがオーシャンズのダンディさにぴったりとハマります。映画ファンだけでなく音楽ファンも虜にする映画とも言われるだけあって、デイビット・ホルムズの音楽センスの良さが高く評価される作品に仕上がっています。

おすすめポイント3:監督とキャストとの信頼関係がスゴイ!

オーシャンズ11は製作費約90億円で製作された映画です。約90億円と聞くとものすごい金額だと感じてしまうかもしれませんが、テス役を演じたジュリア・ロバーツは、映画「エリン・ブロコビッチ」で数々の賞を総なめにした直後であり、当時のギャラは20億円を超えていたと言われています。ジュリア・ロバーツ一人の出演料が映画製作費4分の1に迫るほどです。

ただ、ここにはハリウッドの深い人情話があるのです。ジュリア・ロバーツに名声を与えたエリン・ブロコビッチはセクションエイトという映画制作会社が制作しました。この会社は、エリン・ブロコビッチの監督を務めたスティーブン・ソダーバーグとジョージ・クルーニーが共同経営しています。そのため、アカデミー女優として成功したジュリア・ロバーツとの間に強い信頼関係が結ばれていたのです。

そういった理由からジュリア・ロバーツは安いギャラで出演を引き受けたと言われています。ジョージ・クルーニーが台本に20ドルを挟んでジュリア・ロバーツに渡し「君は20ドルでこの仕事を引き受けるんだって聞いたよ」と冗談交じりに話したというエピソードも残っているのです。

ジョージ・クルーニーやマッド・デイモンは、映画の興行収入の8%をあとで支払ってもらうという条件のもと、わずかな前金だけで出演したとも言われていることから、スティーブン・ソダーバーグの人徳や映画製作の手腕は俳優たちから信頼されていたとも言えるでしょう。「ソダーバーグなら」といった強い信頼関係のなかで、豪華なキャスティングによるオーシャンズ11の夢のプロジェクトが動き出したのです。

こんな人におすすめ

戦うシーンが苦手な人

ハリウッドのアクション映画やサスペンス映画にはどうしても拳銃が登場することが多く、迫力のあるシーンが何度も出てきます。ただ、拳銃で打ち合いをするといった生々しいシーンが好きではないという人も多いでしょう。そんな人におすすめなのが「オーシャンズ11」です。

オーシャンズ11はサスペンスでありながらも銃を使わずに盛り上げるというのが裏コンセプトとして織り込まれています。オーシャンがテリーに捕まるシーンでも、オーシャンが殴られる姿ではなく、殴られている音や声だけで表現されているのです。それだけで十分に緊迫感は伝わってくるのは演出の見せる技とも言えるでしょう。

迫力のあるシーンがなくても、コメディタッチでストーリーが展開していきますので飽きることもありません。アクションではなくストーリー展開で見せる映画として人気があり、テンポもよく見応えが十分に感じられます。戦うシーンがないことで親子でも安心して見られると高い評価を得ています。

ブラッド・ピットのファン

オーシャンの右腕として活躍するラスティ・ライアンを演じるブラッド・ピットは、これまでセクシーでかっこいい役をたくさん演じてきました。ただ、本人はその容姿のせいで、これまでイケメンの役ばかりを与えられてきたことに悩んでいたのです。俳優としての成長を目指すブラッド・ピットは、オーシャンズ11では殻を破ることに挑戦しています。

オーシャンズ11でのブラッド・ピットはむしゃむしゃもりもり、時には子供のような食べ方でいつも何かを食べている姿が目に付くでしょう。

食事シーンというのはカメラ写りも良くないことと、俳優がクリアに話せないことで実際に食べているシーンを避けて撮影が行われることが多くみられます。

それをあえてブラッド・ピットは挑戦し、無造作に食べ続けていくことでこれまでのかっこいいブラッド・ピットを脱ぎ捨てたと言われているのです。ハンサムだけど俳優としては演技力に欠けると言われ続けてきたブラッド・ピットは、何をしても格好いいというイメージを捨てるため、あえて食べることを選んだとも言われています。

そういった理由からも、オーシャンズ11ではこれまでと違った無造作で自然なブラッド・ピットを楽しめますので、ブラッド・ピットファン必見の作品であると言えるでしょう。

ファッションに興味がある人

イケメン俳優たちの個性が光るファッションもオーシャンズ11の魅力のひとつであり、ファッション誌の一部を抜き取ったような姿を動画で楽しめます。そのため、ファンションに興味がある人におすすめの映画であると言えるでしょう。

ブラッド・ピットのスーツの着こなしは高い評価を得ています。派手なシャツを組み合わせた個性的なスーツスタイルや、薄いブルーのシャツに深いグリーンのネクタイを組み合わせるなど、コーディネートの参考にしたいものばかりが登場します。

また、印象の異なるものを上手に組み合わせることで、エレガントなスタイルにもまとめ上げられているのです。そのため、見ているだけで上級のオシャレテクニックが学べる作品にも仕上がっていると言えるでしょう。ブラッド・ピットのスタイルは結婚式やパーティなどに招待された際にも使えるものばかりですので非常に参考になります。

また、スーツのほかにも、赤茶色のシングルレザージャケットでカジュアルに決める姿や、サテンのドレスシャツでラグジュアリーな姿など個性的なスタイルも楽しめます。そのほかにも、サングラスとの組み合わせも非常にクールで、オーシャンズ11のオシャレリーダーとしての存在感を見せています。

個性的なブラッド・ピットに対して、ジョージ・クルーニーはグレーかブラックの渋いスーツ姿で登場します。シンプルな組み合わせが非常にダンディであり、普段スーツを着ている人にも取り入れやすいスタイルであるとも言えるでしょう。非常にセクシーなスタイルは、ネクタイを外しただけでパーティにも活躍するスタイルに早変わりします。

そのほかにも、シックなスーツに合わせられている時計など、センスの光る小物の組み合わせも非常にオシャレです。

感想・レビュー

映画「オーシャンズ11」はどうでしたか?

とても良い

  • ・内容が難解でなく、考える必要がない。スナック菓子などを食べながら観られるエンターテインメント映画。(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
  • ・10分で作中に引き込まれた。キャラクターの魅力だけでなく、映像の展開にもワクワク感が刺激され、上映後すぐに続編を期待した映画だった。(40代/男性/個人事業主/既婚)
  • ・初めて見たオーシャンズシリーズでした。どきどき画面にくぎ付けの2時間でした。(20代/女性/正社員/独身)
  • ・ドリームチームとはまさにこのこと。かれらの一員になれたらどんなに楽しいだろうかと妄想した一作。日本人キャストで上手にリメイクしてほしい。(50代/女性/個人事業主/独身)

良い

  • ・ 出ている出演者も有名で、とても面白い。ストーリーもみやすく、流れもよい。(20代/女性/パート・アルバイト/既婚)
  • ・とにかく出演者が豪華で、ハリウッド映画ならではの華やかさがあってあまり深く考えなくともエンタテイメントとして楽しめます。マッド・デイモンがまだ若くて、頼りなさげな役を演じているのが今見ると新鮮です。(30代/女性/パート・アルバイト/独身)
  • ・豪華キャストでスリル満点、最後まで見ていてあきずにすかっとする映画だと思う(60代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
  • ・ブラッド・ピットが大好きで誰よりもカッコイイと思っていたのですが、ジョージ・クルーニーに完全に食われている作品。(30代/男性/正社員/既婚)

ふつう

  • ・豪華なキャストを活かせていないように感じたから。(40代/男性/正社員/独身)
  • ・ジュリア・ロバーツが好きで見たのに、あまりいい役ではなかったのが残念。難攻不落の金庫といいながら、いとも簡単に侵入できるところに唖然…まぁ全体的には普通な印象の映画でした。(50代/男性/個人事業主/独身)
  • ・ジョージ・クルーニーさん、ブラッド・ピットさん、 ジュリア・ロバーツさんなど、たいへん豪華な俳優陣がキャストに名を連ねたことで、公開時は話題になりました。内容も非常に華やかで、特にピットさんがとてもかっこいいのが印象的です。(30代/男性/個人事業主/独身)

悪い

  • ・個人的にはキャスト負けしてる気がします。昔の作品のリメイクですが、作品の内容に悪い意味での古さを感じてしまいました。(40代/男性/正社員/独身)
  • ・有名俳優を使えばストーリーがビミョーでも観客動員が増やせると思った映画。好みの俳優が出ていないのであれば見なくてもいい。そういう意味でアベンジャーズと同じ印象。(40代/男性/正社員/独身)
【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2018年08月27日~2018年09月10日
■有効回答数:300サンプル

動画配信サイト比較

サービス 配信
Hulu
U-NEXT 〇 31日間無料
Netflix
ビデオマーケット 〇 初月無料
フジテレビオンデマンド ×
dTV 〇 31日間無料
dアニメ ×
auビデオパス 〇 30日間無料
Amazonプライムビデオ 〇 30日間無料
Paravi ×
動画配信サーチ
HuluやUnextなどの動画配信サービス無料比較サイト
オーシャンズ11は非常に人気の映画ですので、さまざまな動画配信サービスから配信されています。有料の動画配信サービスが多いものの、登録してから30日間は無料で視聴できるところも多く、登録するとお得にオーシャンズ11を楽しめます。

オーシャンズ11をU-NEXTで見てみる

ネタバレ注意!あらすじを紹介


ここからはネタバレを含みますので注意してください。

あらすじパート1:物語はオーシャンが出所するところから始まる

強盗で刑に服していたオーシャン(ジョージ・クルーニー)が、4年の刑期を終えて外に来るところから物語は始まります。4年間の刑をもろともせず、オーシャンはすぐに昔の仲間であるにライアン(ブラッド・ピット)に新しい盗みの相談をしに行くのです。

あらすじパート2:集められたスペシャリスト集団

オーシャンの犯罪計画を聞いたラスティは、彼の人脈を活かしてさまざまな分野のスペシャリストたちを集めます。

頭脳明晰なカジノ・ディーラーであるフランク・カットン(バーニー・マック)や、資産家でかつてカジノを経営していた経歴を持つルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド)、爆発物や武器の専門家として名の知られているアジア人のバシャー・ター(ドン・チードル)、さらに泥棒界ではレジェンドとも評されるボビー・コードウェルの息子であり、スリの名人のライナス・コールドウェル(マット・デイモン)など能力の高い専門家たちがオーシャンのもとでドリームチームを結成します。

あらすじパート3:今回の計画はカジノの襲撃

オーシャンのもとに集まったドリームチームを前に、オーシャンによって今回の計画が説明されます。その計画というのは、ラスベガスにある3大カジノの「ベラージオ」「ミラージュ」「MGMグランド」のお金を盗み出すというものでした。3つのカジノのお金が集まる金庫を襲い1億5,000万ドルを盗み出すのです。カジノの金庫から大金を盗み出すため、スペシャリストたちが作戦を練ります。

あらすじパート4:お金だけじゃないオーシャンの本当の目的※ネタバレあり

カジノから大金を盗み出すことを目標に今回の作戦はすすめられていきますが、オーシャンがカジノを襲いたい本当の目的はお金だけではありませんでした。昔からの仲間であるライアンにラスベガスのカジノを襲う理由を聞かれてもなかなか答えられない背景には大きな秘密が隠されていたのです。

なんと、ラスベガスのカジノのオーナーであるベネディクトの恋人が、オーシャンの元妻であるテス(ジュリア・ロバーツ)であり、テスを取り戻したいというのも理由でした。1億5,000万ドルという大金を手に入れ、元妻も取り戻そうするオーシャンでしたが、作戦の決行を前にその話を聞いたチームからの反感を得てしまいます。その結果、オーシャンを作戦から外すというアイデアが生まれてしまうのです。

あらすじパート5:オーシャンは計画から外されてしまうのか※ネタバレあり

ライアンがオーシャンを計画から外す宣言をしたのち、オーシャンを外して計画はすすめられていきます。しかし、これはすべてを上手くいかせるためのライアンの作戦であったのです。それを知って仲間割れが起こらないよう、事前に手を回しているのも、さすがのキレもののライアンと言えるでしょう。

こうしてオーシャンズは計画通りに仕事を進め、金庫を爆破し大金を盗み出します。盗んだ大金でゆすられたベネディクトは警察に連絡をするのです。しかし、そこへ駆けつけたSWATはなんとオーシャンズが変装したものでした。見事な手口ですべての大金を騙し取り、オーシャンは念願のテスも取り戻すことに成功します。それでも、オーシャンは再び警察に逮捕されてしまいます。

あらすじパート6:これからオーシャンズ11はどうなる?※ネタバレあり

再び逮捕されてしまったオーシャンは、数カ月後に出所します。そこに迎えに来ていたのはライアンとテス、それからダニーの3人でした。こうして集まったオーシャンズのメンバーは、自分たちがまだ追われていることを知っています。さて、もう一度オーシャンズが集まったからには次の作戦が立てられるのでしょうか。

続編に期待が高まる終わり方でオーシャンズ11は幕を閉じます。ハラハラドキドキが最後まで続く展開は動画配信サイトでも非常に人気があり、続編も含めて注目され続けている作品です。

主な登場人物キャスト

動画配信でも楽しめるオーシャンズ11では、個性的なキャラクターの登場人物によってストーリーが盛り上げられていきます。

【ダニー・オーシャン役】 ジョージ・クルーニー(George Clooney)

今回の作戦の指揮者でもあるオーシャンは、詐欺師として裏稼業では有名な人物です。かつてインカの婚礼用仮面を盗もうとした際、失敗をしたため刑務所に入っていました。そのオーシャンが出所するところから物語はスタートします。

【ラスティ・ライアン役】 ブラッド・ピット(Brad Pitt)

オーシャンの右腕として活躍するライアンは人脈と経験が豊富で裏稼業でもかなりの有名人です。刑務所の前でハンバーガーを食べていたり、いつも甘いものを食べていたりと食いしん坊なイメージはありますが、頭のキレるイケメンとしてオーシャンズの信頼を集めます。

【ライナス・コールドウェル役】 マット・デイモン(Matt Damon)

伝説な泥棒の息子であり詐欺師のライナスはシカゴで「黄金の指を持つスリ」と呼ばれています。電車でサラリーマンの財布を狙うというつまらない生活に別れを告げ、父を超えるべくオーシャンズに参加します。

【フランク・キャットン役】 バーニー・マック(Bernie Mac)

前科持ちのカジノのディーラーであるフランクは、賭博委員会から身を隠すため、トランティックシティーのトランプ・プラザ・ホテル・アンド・カジノで働いています。今回の作戦ではカジノに潜入する役割を担います。

作品情報はこちら!

原題 Ocean’s Eleven
公開年 2001年
監督 スティーブン・ソダーバーグ
脚本 テッド・グリフィン