全米初登場No.1ヒットを記録したホラー映画『ゲット・アウト』

洋画(海外映画)

映画『ゲット・アウト』について映画解説と観た感想をご紹介します。

1分でわかる!公式ライター・トキエスによる映画解説

全米初登場No.1ヒットを記録したホラー映画『ゲット・アウト』。第90回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞でノミネート、さらに脚本賞を受賞した。

そんな輝かしい実績を持つ本作、一言で表すなら「不気味」だ。

主人公は、黒人男性のクリス(ダニエル・カルーヤ)。恋人の白人女性ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の実家へ挨拶に行くことになり、複雑な思いで家を訪れる。しかしそこには黒人の使用人がいたり、白人ばかりが集まるパーティーで気味の悪いほど過剰に歓迎する人々にクリスは違和感を覚えていた。そしてそこから彼は、想像を絶する恐怖体験をすることになる。

本作はもちろん「不気味」な怖さが満載だが、その中にふんだんに笑いが盛り込まれているのもポイントだ。

スタンダップコメディアンとして活躍するリル・レル・ハウリーが演じるクリスの親友、ロッド。彼がちょくちょく笑いを生み出す。究極の恐怖のなかにあるロッドの笑いがちょっとした安心感を与えてくれる。そのためホラー映画が苦手な人にもおすすめできる作品だ。

前半は不気味なストーリーが展開し、後半は良い意味で荒々しく凶悪なシーンが多い。そのコントラストにも注目してぜひ楽しんでもらいたい。

トキエス
ライター:トキエス
映画ライター。兵庫県出身。サスペンス・スリラー作品記事をメインに執筆。趣味は海外映画のロケ地巡り。

↓↓dTVで初回31日間無料!↓↓

ゲット・アウトをdTVで見てみる

 

感想・レビュー

ミステリー/スリラー映画『ゲット・アウト』はどうでしたか?

とても良い

  • ・有名な俳優は出ていませんが、脚本がよくできていて見れば見るほど理解が深まり、何度でも楽しめる作品でした。(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
  • ・とても良いと言うより、とても怖かったです。特に効果音など恐怖感たっぷりでした。(40代/男性/正社員/独身)
  • ・何かがおかしいのに何がおかしいのかわからない、でも怖いことになっているのは確かなのに目が離せない作品でした。(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
  • ・恐怖。始まりから終わりまでずっと面白いだけど白人が黒人になりたがる意味はわからなかった(20代/女性/パート・アルバイト/独身)

良い

  • ・社会派の要素があり、じわじわと怖い映画でした。日本人が見ても感じるものはありますが、黒人(人種)差別を肌で感じている欧米人が見ると「わかるなこの感覚」ということになるのかなと思いました。(40代/女性/正社員/既婚)
  • ・新感覚スリラー映画でかなり見ごたえがあり、最後まで展開を予測することができないほど台本が洗練されている。またアメリカ社会の黒人を風刺しているともいえる、かなり後味が残る映画となっている。(10代/男性/学生/独身)
  • ・人種差別の問題が色濃く出ており、悪いところを直視する米国の社会性を、スリラー映画ではあるが、感じた。(50代/男性/無職/独身)
  • ・ミステリーと言うよりアメリカには未だにこのような黒人に対する人種差別があるのかと思わされる作品だった。(50代/男性/個人事業主/独身)

ふつう

  • ・怖いけど、普通です。面白いという意味ではあまりぴんとこなかったかな。(30代/男性/個人事業主/既婚)
  • ・ちょっと怖い感じがして映像があまり好きではない。(40代/女性/パート・アルバイト/既婚)
  • ・好きなタイプの映画ではなかったが、こういった映画が好きな人には楽しめる内容だと思う(30代/男性/正社員/独身)

悪い

  • ・少し怖さもあり、あまり好みではなかったです。(20代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
  • ・一人の人間の告白と心の動きを描いていて、興味深い内容だが見ているうちに飽きてくる。(50代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)

かなり悪い

  • ・この手のタイプが苦手なので。(40代/女性/パート・アルバイト/既婚)
【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2018年08月27日~2018年09月10日
■有効回答数:300サンプル