アニメを見るならコスパが最高のdアニメストア!アプリ使用方法や利用できないときの対処法までを徹底解説

アプリの使用方法 dアニメストア

動画配信サービスといっても数多くの会社があるので、どれを選べば良いのか迷うこともありますよね。結論からいえば、自分が見たい動画のジャンルに合わせて動画配信サービスを選ぶのが良いです。そして、主にアニメを視聴する人なら、アニメ専門の動画配信サービスである「dアニメストア」が最も合っているといえます。「dアニメストア」はNTTドコモが提供するサービスですが、ドコモユーザーでなくても利用することが可能です。

この記事では、アニメが好きな人に「dアニメストア」をおすすめする理由について、くわしく解説します。たとえば、月額料金や配信されているアニメ作品数などを他のサービスと比較した結果、「dアニメストア」が最もコストパフォーマンスが良いです。それに、動画再生時に便利な機能が充実している点も、「dアニメストア」のメリットでしょう。

しかし、「dアニメストア」の利用を始めてしばらくの間は、機能をうまく使いこなせない場合もあるかもしれません。そこで、アプリの使用法やトラブルシューティングについても、この記事で具体的に解説します。

アニメを多く配信している3サイトを徹底比較!

アニメを多数配信している代表的なサイトには「dアニメストア」「バンダイチャンネル」「U-NEXT」があります。この3つを比較しましょう。

まず、「dアニメストア」と「U-NEXT」は有料会員登録の前に31日間の無料お試し期間を設けています。一方、「バンダイチャンネル」は、無料で視聴できる作品と有料登録しなければ視聴できない作品に分かれていることが特徴です(有料会員登録して視聴できる作品を無料お試しで視聴できる設定はありません)。

次に、有料会員登録をした場合の月額料金ですが、高い順に、「U-NEXT」の1990円、「バンダイチャンネル」の1000円、「dアニメストア」の400円となります。

それから、視聴できる動画数が多い順は、「バンダイチャンネル」の3185作品、「U-NEXT」の2645作品、「dアニメストア」の2400作品です。ところで、動画配信サービスには「見放題」と「レンタル」の2種類があることをご存じでしょうか。

「見放題」とは、月額料金だけで何十本でも無制限に視聴できる作品のことです。一方、「レンタル」とは、月額料金とは別に課金することによって一定期間に限り視聴できる作品のことです。動画配信サービスのコストパフォーマンスを比較するなら、「見放題」と「レンタル」の比率もチェックする必要がありますよね。

「バンダイチャンネル」は視聴できる作品数が多いものの、「見放題」が1026作品・「レンタル」が2159作品と、「レンタル」しなければ見られない作品のほうが多いです。「U-NEXT」は、「見放題」1628作品・「レンタル」1017作品となっています。ところが、「dアニメストア」は、2400作品が「見放題」です。

つまり、月額料金だけで視聴できる作品数としては、「dアニメストア」が圧倒的に多いことがわかります。

もう1つチェックしておきたいのは、「どんなアニメ作品を見られるのか」ということですよね。まず、「dアニメストア」はアニメ専門チャンネルのため、ドラマや映画などアニメ以外のジャンルの動画を見ることはできません。しかし、アニメなら旧作から現在放送中の新作までそろっています。

次に「バンダイチャンネル」ですが、こちらもアニメに特化したチャンネルです。中でも「ガンダム」シリーズがすべて「見放題」となっているところは、「ガンダム」ファンにとっては大きなメリットでしょう。しかし、画質はあまり良いとはいえません。一方、「U-NEXT」は新作アニメ映画や現在放映中のアニメ作品の独占配信をしているところが強みですが、ほとんどは「レンタル」での視聴となるようです。

よって、3つのアニメ動画配信サービスの中で最もコストパフォーマンスが良いのは、月額料金が最も安いのに2400作品が「見放題」である「dアニメストア」ということになります。”

「dアニメストア」と「dTV」はどこが違うの?

ところで、NTTドコモが提供している動画配信サービスには「dアニメストア」の他に「dTV」もあります。この2つを比較してみましょう。

まず、月額料金ですが、「dアニメストア」は400円、「dTV」は500円です。次に、配信されているジャンルと作品数を比較します。「dアニメストア」はアニメのみで「見放題」2400作品が配信されているのに対し、「dTV」はアニメ以外にも映画やドラマ、ライブ映像などが配信されており、視聴できる作品数は全ジャンルで12万作品です。

また、「dアニメストア」で配信されている動画は昔のOVA作品やライトノベルのアニメ化作品など、幅広いジャンルのアニメがそろっています。特に、KADOKAWAメディアファクトリーアニメのラインアップが充実しているといえるでしょう。それに比べて「dTV」で配信されているアニメ作品は、ファミリー向けの作品や一般向けの作品が多いです。

ですから、「アニメだけでなく、いろいろなジャンルの作品を見たい」という人や「親子で一緒に見られるようなアニメを中心に見たい」という人には、「dTV」のほうが向いているかもしれません。一方、「とにかくアニメが大好き」「幅広くアニメを見て、名作や傑作を発見したい」という人なら、「dアニメストア」を利用したほうが満足度は高いようです。

また、「映画やドラマとアニメ、両方とも幅広く見たいので、どちらかに決めにくい」という人は、両方とも契約するという方法もあります。2つ契約しても月額900円なので、他の動画配信サービスと比べても安く利用することが可能です。

詳しく知りたい方

「dアニメストア」で視聴できる動画の種類とは?

「dアニメストア」では、アニメ作品の他にも「見放題」で視聴できるコンテンツが充実しています。たとえば、人気の高い声優さんのライブビューやアニソン動画、2.5次元舞台作品も配信されていますし、中にはOVAを見られる作品もあるのです。「アニメ作品だけではなく、アニメに関するものならなんでも好き」という人にとっては、一カ所で趣味を広げていけるのも「dアニメストア」のメリットといえます。

ただし、アニメ作品のすべてを「dアニメストア」で視聴できるわけではありません。過去に制作されたアニメ作品の数は膨大ですし、これから新しく公開されるアニメの数も増えていくので、中には配信対象にならない作品も出てくるでしょう。

しかし、「配信リクエスト」を出すことができるので、もしも見たい作品が見つからなかった場合にはリクエストしてみると良いです。

便利な機能紹介!

多機能であることも「dアニメストア」の長所です。パソコンで視聴するときは6段階の倍速再生機能を使用できますが、それぞれの再生速度は0.5倍・0.75倍・1.0倍・1.25倍・1.5倍・2.0倍となっています。この機能を使えば、好きなシーンはスローで再生し、飛ばしたいシーンを見るときや時間がないときは高速で再生するなど、時間を節約することが可能です。

シリーズ作品を一気に見たいときに便利なのが、連続再生機能です。1話を見終わる度にシリーズ一覧画面から話数を選択して再生する作業は、話数が多いシリーズ作品では面倒なものですよね。連続再生機能を使えば、そんな不便を解消できます。加えて、シリーズ作品を連続再生するときに2話目以降のオープニングをスキップできる機能も便利でしょう。

ただし、オープニングスキップ機能を使うためには、再生画面を閉じずに同じシリーズ作品を連続再生する必要があります。また、オープニングの前に本編が始まるタイプの作品では、オープニングスキップ機能を使えません。

パソコンで他の作業をしながらアニメを流しておきたいという人には、バックグラウンド再生も便利な機能です。動画再生ウィンドウの大きさを自由に変えることもできるので、作業を妨げず、並行してアニメ作品などを楽しめます。

自分のおすすめを整理したい人に便利なのが、お気に入りの作品を任意でリストに登録できる「マイリスト」機能です。これから見たい作品を登録するのも良いですし、視聴して気に入った作品をリストアップするのも楽しいでしょう。

1つのリストに最大50作品まで登録が可能で、全部で20件のリストを作成できるので、テーマごとにリストを分けることもできます。また、「マイリスト」はSNSに共有・投稿できるので、おすすめ作品を友達やフォロワーに見せて交流することも可能です。

「dアニメストア」のデザインを自分好みにカスタマイズできる「きせかえ」機能も、ちょっとした楽しみになるでしょう。カスタマイズ前の画面はオレンジがテーマカラーになっています。デザインを変えたい場合は、「ユーザー設定」から「きせかえテーマ」を選択し、バラエティに富んだきせかえテーマの中から好きなものを選んで設定することが可能です。

「dアニメストア」に登録手順

ここまで読んで、「dアニメストアに登録してみたい!」または「31日間の無料お試しをしてみたい!」と思った人も多いのではないでしょうか。それでは、「dアニメストア」に登録する手順を説明します。途中から、ドコモユーザーとそれ以外の人では手順が異なる点に注意が必要です。

まず、「dアニメストア」サイトをパソコン、またはスマートフォン・タブレットのブラウザで表示してください。すると、トップページに「今すぐ無料お試し」または「初回31日間無料トライアル」というバナーが表示されるので、クリックします。次の画面で、「dアカウントをお持ちの方」の「ログイン」ボタンが表示されたら、dアカウントを既に持っている場合はそこをクリックし、あとは画面の指示に従って入力していけばOKです。

同じ画面内に「dアカウントをお持ちでない方」という項目もあります。ここからドコモユーザーとそれ以外の人では手順が違ってきます。ドコモユーザーの場合は「ドコモのお客様」をクリックし、携帯電話番号とネットワーク暗証番号、認証用の「文字の確認」に表示された文字を入力してください。この段階でdアカウントが発行され、あとは画面の指示に従って進むだけです。

ドコモユーザーでない場合は、「ドコモ以外のお客様」をクリックすると、dアカウント作成画面が表示されます。この画面ではメールアドレス・パスワード・性別・生年月日を入力しますが、FacebookやGoogle+、Yahoo!Japanのアカウント情報を引用して手軽に登録することも可能です。その場合は「各サービスの登録情報から引用する場合はこちら」のリンクをクリックします。

次の手順は、クレジットカードの登録です。「dアニメストア」の支払いに使用するクレジットカードの番号・有効期限・セキュリティーコードの入力が必要となります。その次の画面で登録内容と利用規約を確認したら、「上記の利用規約/注意事項に同意する」にチェックを入れて「次へ進む」をクリックしてください。

すると、登録したメールアドレスに確認メールが届くので、記載されている「ワンタイムキー」を「dアニメストア」の画面に入力し「申し込みを完了する」をクリックします。これでドコモユーザーでない人の「dアニメストア」登録が完了です。

登録が完了したら、「dアニメストア」のトップページからログインしてみましょう。このときに入力するのが、dアカウントIDとパスワードです。

「dアニメストア」の動画ダウンロード機能の使い方

「dアニメストア」は他の動画配信サービスと同様に、パソコンやスマートフォン・タブレット・Fire TVやAndroidTV・Chromecastを使用したテレビなど、複数の端末で視聴できます。また、スマートフォン・タブレットのアプリには端末に動画をダウンロードできる機能が付いており、ダウンロード画質も「HD画質」「すごくきれい」「きれい」「ふつう」の4段階から選択が可能です。

作品のエピソードページにあるダウンロードボタンをタップ、または、作品ページのエピソード欄の項目を横にフリックし、画質を選んでダウンロードします。画質を選ばない場合は「すごくきれい」がデフォルトです。この機能によって、時と場所を選ばず気軽にアニメを見られるようになります。また、ダウンロード機能は無料お試し期間中でも利用が可能です。

オフラインでの再生方法は、再生に使うアプリによって少し異なります。「dマーケットアプリ」で再生する場合は、メディアプレーヤーを起動し、見たい作品を選択します。一方、「dアニメストアプリ」で再生する場合は、オプションメニューボタンから「ダウンロード済リスト」をタップし、見たい作品を選択します。

ところで、端末にダウンロードした動画には48時間の制限時間があります。つまり、ダウンロードしてから48時間を経過すると「ライセンス切れ」状態となり、視聴はできません。しかし、ライセンスを再取得すれば、再び48時間は視聴できるようになります。Android OS 4.4以上の場合、30件まで一括でライセンス再取得が可能です。

ダウンロードができない時の対処方法

動画のダウンロードがうまくいかない場合は、以下の4点をチェックしてみましょう。

まず、通信環境に問題がある場合はダウンロードを試みている端末に電波障害や通信制限が発生していないか確認してみましょう。できれば、Wi-Fi環境でダウンロードするのが理想的です。
次に、「dアニメストアプリ」または「dマーケットアプリ」を最新版にアップデートしてみてください。バージョンが古いとダウンロードに失敗することがあります。

また、バッテリー残量が少ない場合や低電力モードにしている場合、それがダウンロードできない原因になることもあるため、満タンまで充電してからダウンロードしてみましょう。
それから、同時に複数のアプリを起動している場合、それがダウンロードの障害になることもあります。他のアプリを終了させてからダウンロードしてください。

支払い方法を登録できないの対処方法

「dアニメストア」の支払い方法を変更する場合、「Mydocomo」内の「ドコモオンライン手続き」から「ご契約内容確認・変更」に進み、「おすすめサービス」一覧の最下部にある「クレジットカード番号」欄の「変更」ボタンをクリック(タップ)します。その後のページでエラーが出る場合、下記の3点をチェックしてみてください。

まず、対応しているクレジットカードかどうかを確認しましょう。「dアニメストア」で対応しているカード種類は、VISA・MASTER CARD・JCB・AMEXのみです。海外のクレジット会社が発行しているカードは登録できません。

次に、入力したクレジットカード番号が間違っていないか、念入りにチェックしてみましょう。最後に、通信環境が良くない場合や「Mydocomo」がメンテナンス中の場合も、支払い方法を変更できない場合があります。メンテナンス情報は「Mydocomo」内の「サイトメンテナンス情報」に掲載されるので、確認してみてください。

詳しく知りたい方

登録やログインができないときの対処方法

IDとパスワードを忘れてしまった場合は、「ID/パスワードの確認・再発行」の手続きをします。手続き方法はドコモ回線の有無や端末により、さまざまです。また、IDやパスワードを変更したい場合は、dアカウントのサイトにアクセスし「ID/パスワードの確認・変更」手続きをオンラインで完了できます。

IDとパスワードが何度もロックされてしまうケースもよくあります。この場合、端末にIDやパスワードを保存するアプリやソフトがインストールされており、そこに間違ったパスワードが保存されていることが原因です。すなわち、自動的なログインが何度も試行されて失敗した結果、dアカウントのIDやパスワードがロックされてしまいます。

対策としては、端末にインストールされているすべてのアプリやソフトの設定で自動的なログインを停止するか、アプリやソフトに保存されているID・パスワードを削除してください。その後、dアカウントのID・パスワードのロック解除を行います。

また、ログインができない場合によくある原因は、全角で入力していたり、大文字と小文字を間違えていたりすることです。半角で大文字・小文字を区別して正しいID・パスワードを入力しなければログインできません。

その他、2段階認証が設定されている可能性もあります。2段階認証とは、IDとパスワード入力の他にモバイル端末上でのログイン可否の選択やセキュリティーコードの入力を追加して、より安全にログインするための仕組みです。同じブラウザから接続する場合には2回目の2段階認証は省略されますが、ブラウザが変わると同じ端末であっても追加情報の入力が要求されます。その場合は、前回dアカウントにアクセスしたときと同じブラウザからログインを試みることで解決するかもしれません。

動画が視聴できないときの対処方法

まず、端末や「dアニメストアプリ」「dマーケットアプリ」がフリーズしている可能性があるので、再起動を試しましょう。次に、端末のOSや「dアニメストアプリ」「dマーケットアプリ」を最新バージョンにアップデートしてください。キャッシュの削除も有効です。

それから、インターネット回線が不安定になっている場合にも動画の視聴はできなくなります。インターネット接続機器の配線を確認したり、モバイル端末の場合は電波障害などが起きていないか確認したりしましょう。できれば、Wi-Fi環境で視聴することが望ましいです。また、複数の端末で同時に視聴するとエラーになるケースがあるため、推奨されていません。

その他、テレビで視聴する場合、テレビ視聴用の機器が正常に動作していない可能性があります。念のため、テレビ視聴用機器が「dアニメストア」推奨機器(Amazon Fire TV・Fire TV Stick・AndroidTV・Chromecast・Nexus Player)かどうかも確認しましょう。あるいは、動画再生に利用する端末が「dアニメストア」推奨端末でないのかもしれません。

「dアニメストア」内の「よくある質問」から「対応機種一覧」を確認してみてください。それから、パソコンにポップアップブロックがかかっている場合も動画を再生できないため、解除する必要があります。最後に、「dアニメストア」がメンテナンス中の場合や、海外から「dアニメストア」にアクセスしている場合も、動画を視聴できません。

「dアニメストア」アプリが重いときの対処方法

「dアニメストアプリ」の動作が重いときや起動できない場合は以下の方法を試してみましょう。

まず、「dアニメストアプリ」を最新バージョンにアップデートします。そして、「dアニメストアプリ」をインストールした「App Store」や「Google Playストア」の「詳細」タブを開き、使用端末のOSのバージョンに対応しているかを確認してください。それから、使用端末のOSも最新バージョンにアップデートします。

あるいは、インターネット接続設定を変更すると改善する場合もあります。Wi-Fi設定を開き、現在接続している無線LANやWi-Fiスポット以外に変更してみましょう。あるいは、現在接続している無線LANやWi-FiスポットのDNSを「8.8.8.8」に変更し、「DHCPリースを更新」を選択します。そして、機内モードのオン・オフを繰り返してみてください。
または、「dアニメストアプリ」の再起動も試してみる価値があります。

「dアニメストア」に対応しているデバイス一覧を紹介!

「dアニメストア」はマルチデバイス対応が魅力ですが、対応デバイスと非対応デバイスがあるため、自分の端末が対応しているかどうか確認してください。

まず、iPhoneではiOS9.0~11.3、AndroidではOS4.4~8.1が対応バージョンです。動作確認済み機種は「dアニメストア」の「よくある質問」内にある「対応機種一覧」に記載されています。
次に、パソコンの場合は、動画再生ソフトによって対応端末の条件が異なります。Silverlightで視聴するなら対応OSはMicrosoft Windows 7 SP1、対応ブラウザはIE11です。

また、SilverlightのバージョンはMicrosoft Silverlight 5以上が必要とされています。なお、CPU・メモリの最小スペックはSilverlightのシステム条件によりますが、GPU搭載のパソコンで利用すれば、よりスムーズな視聴が可能です。

一方、HTML5プレーヤーで視聴する場合は対応OSがMicrosoft Windows 7 SP1・Windows 8.1・Windows 10・macOS X 10.10以上とされています。また、対応ブラウザはIE11・Chrome最新バージョン・Microsoft Edge・最新バージョンのFire Foxです。かつ、すべてのブラウザで、CookieとJavaScriptの使用が必須条件となります。

テレビで視聴する場合は、Fire OS 5.2以上のFire TVとAndroid OS 5.1以上のAndroidTVが正式な対応デバイスです。なお、動作確認済みの機種は「対応機種一覧」に記載されています。

詳しく知りたい方

「dアニメストア」のおすすめ利用法をデバイス別に紹介!

スマートフォンやタブレットで利用することが多い人は、Wi-Fi環境であらかじめ動画をモバイル端末にダウンロードしておき、オフラインで再生するのがおすすめです。そうすればデータ通信量がかさむことも、電波状況が悪い場所でストリーミング再生が安定しないストレスを感じることもありません。また、バッテリーの消費も抑えられます。

「dアニメストア」の動画をテレビの大画面で見たい人や家族や友達と一緒に見たい人は、メディアストリーミング端末の利用がおすすめです。メディアストリーミング端末とはWi-Fiを使って動画配信サービスの映像をテレビに受信させる機器のことで、Amazon Fire TV Stickなどがあります。

パソコンで視聴することが多い人におすすめの使用法は、パソコン版でしか使えない多機能をフルに活用することです。たとえば、ストリーミング再生の最中でも画質を自由に変更できるので、念入りに見たいシーンは高画質に切り替え、それ以外のシーンは低画質に設定して視聴できます。その他、6段階の倍速機能やバックグラウンド再生機能を自由自在に駆使して、効率的に動画を視聴してみましょう。

多機能でコストパフォーマンスが最高の「dアニメストア」を楽しもう!

「dアニメストア」は月額400円と動画配信サービスの中でも低価格ながら、幅広いジャンルのアニメ2400作品が見放題で、コストパフォーマンスは非常に良いといえます。また、アニメを見るときに便利な機能も多く、マルチデバイス対応やダウンロード機能によって時と場所を選ばずにアニメを楽しむことが可能です。アニメが好きな人は一度、無料お試しをしてみる価値がありますよ!