映画「ジュラシック・パーク」は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

「ジュラシック・パーク」は、スティーヴン・スピルバーグ監督によるSFアクション映画です。恐竜をそれまでにないリアルさで描いたことで空前の大ヒットとなり、続編も制作されているため、タイトルを聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

公開されたのは1993年ですが、以降も長年にわたってファンに愛され続けている名作です。そんな「ジュラシック・パーク」の動画を無料で観られる動画サイトはあるのでしょうか。ここでは、ジュラシック・パークがヒットした理由を分析する感想と、配信されている動画サイトについてご紹介します。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ジュラシックパークをU-NEXTで見てみる


どんな映画?

「ジュラシック・パーク」は、マイケル・クライトンのSF小説をスティーヴン・スピルバーグ監督が映像化した作品です。「もし現代に恐竜がよみがえったら」という、多くの人が夢見るシチュエーションを、圧倒的な技術力と表現力で描ききりました。1993年の公開当時、まだまだ発展途中の技術だったCG(コンピューターグラフィックス)を取り入れ、リアルな恐竜を表現したことで多くの観客を魅了したのです。

この作品の目玉は、なんといっても「恐竜」という「誰もが知っているのに未知の生物」との遭遇です。「誰もが驚く、まやかしや小細工のないものを作りたい」という信念を抱く大富豪・ハモンド氏は、多額の資金を投じ、クローン技術で恐竜をよみがえらせることに成功しました。

南海の孤島に研究所を作り、いずれその島を恐竜の動物園「ジュラシック・パーク」としてオープンすることを夢見ています。しかし、準備の段階でスタッフが恐竜に襲われ、命を落とす事故が発生してしまいました。ハモンド氏は、なんとか専門家にジュラシック・パークの安全性を証明してもらいたいと奔走します。

そこで白羽の矢を立てられたのが、この物語の主人公である古生物学者・アラン・グラント博士です。グラント博士はとにかく恐竜が大好きで、映画の冒頭では砂漠での発掘作業に没頭しています。子ども嫌いで、機械との相性が悪いと公言する少々へんくつな一面がありつつも、恐竜の研究にかける情熱は本物です。

ジュラシック・パークの視察を依頼されたときも、最初は乗り気ではありませんが、多額の発掘調査費用を提示されると手のひらを返すようにあっさりと引き受けます。こんなにも恐竜を愛しているグラント博士が、いざジュラシック・パークに乗り込み、動いている恐竜を目にした瞬間のシーンは、この映画における最初のクライマックスではないでしょうか。

感動、畏怖、驚愕といった複雑な感情が入り乱れるその瞬間は、映画を見ている観客にも同じ感覚を呼び起こさせる名シーンです。

ジュラシック・パークの体験ツアーに出かけるのは、三人の博士とハモンド氏の二人の孫です。一行は自動運転の車に乗り込み、高圧電流の流れる柵越の向こうに恐竜の姿を探しますが、うっそうとしたジャングルが広がるばかりで少しずつ退屈してきます。

しかし、ツアーの終盤、予期せぬトラブルにより車が動かなくなってしまい、一行は足止めをくらってしまいます。すでにあたりは夕闇に包まれ、何も見えません。実はこのとき、電気系統のトラブルから、柵に通っているはずの高圧電流もすべてストップしていたのです。そんな柵など、恐竜にとってはもはや怖いものではありません。

ティラノサウルス・レックス(T・レックス)といった危険な肉食恐竜が、人間たちのエリアへと侵入し始めていたのです。人間と恐竜の命をかけたアクション、手に汗を握るスリル満点の展開、たた凶暴なだけでなくやさしさやかわいらしさも感じさせる恐竜たち、そして人間の成長を、この作品は余さず描いています。

幅広い世代が楽しめるエンターテイメント作品として世界中で絶賛され、この1作目の大ヒットを受けてシリーズ化もされました。そのうえで、単なるエンターテイメントにとどまらず、バイオテクノロジーやクローン技術を一気に身近なものとして感じさせる科学的な側面も持っています。

さらに、生命の神秘や倫理、高度なテクノロジーを実現させた人間の思い上がりまでもしっかりと描写し、観客に問いを投げかけてくる作品でもあります。子どもの頃に観て楽しかったという人も、もう一度改めて観てみてはいかがでしょうか。映画の根底に流れるテーマは深く、大人の目線でも楽しめるはずです。

また、ジュラシック・パークの楽しみ方は、映画だけにとどまりません。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)にはこの映画をモチーフにしたアトラクションやレストラン、ショップが設置され、映画の雰囲気をじかに味わうことができます。動画を見たあとにアトラクションを体験すれば、よりいっそう恐竜の世界を楽しめるのではないでしょうか。

おすすめポイント3つ紹介

「ジュラシック・パーク」は1993年に公開された映画ですが、公開から年月を経た今でも色あせない魅力にあふれています。この動画をおすすめする理由を3つご紹介します。

おすすめポイント1:恐竜との出会いに感動

子どもはもちろんのこと、大人でも「恐竜が大好き」という人は少なくないでしょう。恐竜はおよそ2億2,500万年前という太古の昔から地上に君臨し、最盛期には地球上のあらゆる場所に生息していた生きものです。化石からわかる姿形や巨大さもさることながら、未だにはっきりと解明されていない絶滅の理由などから、多くの人々の関心を集めています。

そんな人々が一度は抱くであろう「本物の恐竜を見てみたい」という思いを、この映画は見事に表現してくれました。なかでも、主人公が生まれて初めて恐竜を見たその瞬間、視聴者もその衝撃を一緒に味わうことができるのです。ジュラシック・パークに登場する恐竜は、ブラキオサウルスやティラノサウルス・レックス(T・レックス)、トリケラトプスといった図鑑で見てきた恐竜たちばかりです。

彼らが歩き、吠え、食べ、呼吸するそのリアルな映像がもたらす感動は、この作品ならではのものでしょう。このあとに続くジュラシック・パークのシリーズでは、CGや撮影技術の進歩により、さらにリアルになったたくさんの恐竜が暴れ回ります。しかし、純粋な恐竜との出会いを見たいのであれば、この「ジュラシック・パーク」が最適ではないでしょうか。

おすすめポイント2:子どもの頃の思いを忘れない大人

主人公たちは、研究所で恐竜誕生の秘密を知ることとなりますが、そこで今まさに卵から孵ろうとしている恐竜の赤ちゃんと出会います。卵の殻を破ろうとしている赤ちゃんに愛おしそうに声をかけ「もう少しだ、がんばれ」と応援するのは、財団の創設者・ハモンド氏です。彼も主人公のグラント博士も、子どもの頃から恐竜が大好きで、大人になってもその気持ちを持ち続けているのです。

グラント博士は子どもが嫌いで、恐竜をばかにする子どもに恐竜の爪を見せ「恐竜はこれで君の内臓を切り裂く」とおどすような大人気ない一面もあります。しかし、それも恐竜への愛のあらわれだとすれば、人間味にあふれた愛おしいキャラクターに見えてくるのではないでしょうか。この作品には、恐竜を金儲けの道具として見ているキャラクターも登場します。

しかし、主人公をはじめとする多くの大人たちは、たとえ恐ろしい目に遭っても、子どもの頃と変わらず恐竜が大好きなのです。そんな色あせない思いを胸に抱き続ける彼らだからこそ、ストーリーのなかで生き生きと輝くのではないでしょうか。

おすすめポイント3:個性豊かな恐竜たち

この動画では、グラント博士をはじめとする視察団の一行は恐竜の脅威から逃げ続けることとなります。人間側の主人公がグラント博士なら、恐竜側の主人公は堂々たる風格のT・レックスでしょう。するどい牙の並ぶ大きな口、一度聞いたら忘れられない吠え声、獲物をやすやすとかみ砕くアゴなど、その存在感は圧倒的です。

また、素早いハンターのように獲物をつけ狙う肉食恐竜・ヴェロキラプトルも、人間にとって驚異の存在となっています。ディロフォサウルスは、小型で一見かわいく見える恐竜ですが、映画のなかでは猛毒を吐いて獲物を仕留める恐竜としてデザインされました。彼らは「恐竜は人間の生活や命を脅かす凶暴な生きもの」というイメージのままに暴れ回ります。

しかし、すべての恐竜がただおそろしい存在として描かれている訳ではありません。たとえば、大型の草食恐竜であるブラキオサウルスは、主人公たちに安心感を与える存在として登場します。そのやさしい眼差しは、恐竜とも心を通わせることができるのではないかと思わせてくれるほどです。恐竜たちにも個性を持たせ、それをしっかりと表現・演出しているからこそ、リアリティを感じられるすばらしい作品となったのでしょう。

楽しめるのはどんな人?

恐竜が大好きな人

「ジュラシック・パーク」のなかでは、恐竜たちも重要なキャストです。スティーヴン・スピルバーグ監督は、CGのほかアニマトロニクス(生物の形をしたロボットを使って撮影する技術)などを駆使して映画のなかに恐竜をよみがえらせました。そのリアリティは、時代を経ても色あせることなく、観る人に衝撃と感動を与えてくれます。

恐竜好きであれば、この作品の象徴的な存在であるT・レックスばかりでなく、悠然と草を食べるブラキオサウルスや水辺に集まるパラサウロロフスにも感動を覚えるのではないでしょうか。病気のトリケラトプスも心配になってしまうことでしょう。この作品に出てくる恐竜は、単なる人間の脅威ではなく、ひとつの生命として尊重されています。

そのため、一方的に悪者にされ、人間の都合で消されるようなことはありません。人の管理下にあるペットではなく、生命力にあふれる生きものとして描かれているので、恐竜が大好きという人にぴったりです。

冒険とスリルを味わいたい人

視察団の一行は、予期せぬトラブルにより恐竜が暮らす島で逃げまどうことになります。見つかれば自分たちがエサにされてしまうかもしれないというスリル満点のシチュエーションを、力を合わせたり機転を利かせたりしながらくぐり抜けていくのです。恐竜がどこから出てくるのか、どうやって逃げればいいのかは誰にもわかりません。

なかでも、グラント博士は、二人の子どもたちを守りながら木に登ったり崖から降りたりと大活躍します。人間が危機を乗り越えていく冒険物語が好きな人にとっては、たまらない展開ではないでしょうか。また、この動画には、恐竜が映っていないシーンでもその恐怖を味わえるような演出がたくさんあります。

水面に広がる波紋や茂みがガサガサと揺れる音、泥に残された巨大な足跡、どこからか聞こえてくる鳴き声など、さまざまな要因が緊張感を高めてくれるので、観ているあいだはずっとドキドキ感を味わえます。さらに、いざ恐竜たちが姿を見せて襲ってくるシーンはスリル満点。ドスンドスンと足音を響かせ、大きな口を開けて迫ってくるT・レックスのインパクトは絶大です。

家族で映画を楽しみたい人

「ジュラシック・パーク」は全編を通してたいへんわかりやすいストーリーとなっています。映画をあまり観ない人でも理解しやすく、また、主要なキャストには二人の子どもたちもいるため、大人のキャストだけで話が進んでいくということもありません。

次々と出てくるリアルな恐竜、恐怖に負けることなく勇敢に前に進む子役など、子どもが観ても夢中になれる要素が揃っています。動画視聴サイトによっては、声優による吹き替え版を観られる場合もありますので、字幕を読むのが苦手という子でもハラハラドキドキの冒険を楽しめるのではないでしょうか。

家族で一緒に観るときに気になるのは、子どもに見せたくないシーンがあるかどうかです。まず、残虐なシーンについては少ないと言えるでしょう。恐竜に追いかけられるシーンはかなり多いのですが、襲われるシーンはかじられて振り回される程度の描写に抑えられています。一番ドッキリするのは、パークスタッフの腕だけが見つかる場面かもしれません。

次にラブシーンについてですが、これはほぼ皆無です。主人公のグラント博士とヒロインのサトラー博士は恋人同士ですが、それを感じさせるような描写もハグをする程度です。全体的にハラハラするというよりもワクワクする映画ですので、冒険が好きな子どもにぴったりではないでしょうか。

また、クローンやDNAといった専門的な用語が飛び交うシーンもあり、恐竜やバイオテクノロジーの勉強にもなります。ストーリーのなかでグラント博士は「恐竜は鳥類に進化した」と主張しますが、周囲にはほとんど受け入れられません。しかし、映画が撮られた頃とは違い、それは新しい常識として世間に広まっています。「ジュラシック・パーク」を観ることで、進化論やバイオテクノロジーといった知識の学びのきっかけになるかもしれません。

動画配信サイト比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT
Netflix
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV
dアニメ ×
auビデオパス
Amazonプライムビデオ
Paravi ×
動画配信サーチ
HuluやUnextなどの動画配信サービス無料比較サイト

「ジュラシック・パーク」は人気作品なだけあって多くの動画サイトで配信されています。定額制サービスのお試し期間などを利用することで、無料で楽しむことも可能です。

ジュラシックパークをU-NEXTで見てみる

あらすじを解説※ネタバレ注意

動画のあらすじをご紹介します。ネタバレがありますので、知りたくない場合は読まないようにお気をつけください。

古生物学者と新しい「動物園」

古生物学者のアラン・グラント博士と、その助手であり恋人でもある古植物学者のエリー・サトラー博士は、モンタナ州で恐竜の化石の発掘調査を行っていました。ある日そこにやってきたのは、ハモンド財閥の創設者であるジョン・ハモンド氏でした。

発掘調査のスポンサーでもあるハモンド氏は、グラント博士に「新しく作った動物園の安全性を証明するため、視察に同行してほしい」と依頼します。最初は渋るグラント博士でしたが、高額な報酬に心を動かされ、サトラー博士とともに承諾することとなりました。

孤島に到着したグラント博士一行は「JURASSIC PARK」という文字と恐竜のイラストが描かれた車に乗り込みます。移動の途中草原にさしかかり、そこでグラント博士は信じられないものを目撃。それは、大地を揺るがしながら歩く超巨大恐竜・ブラキオサウルスでした。この孤島は「生きている恐竜」を展示するためのテーマパークだったのです。恐竜が目の前で動いている光景に、グラント博士は言い知れぬ感動を覚えます。

恐竜は先端技術の申し子だった

グラント博士とサトラー博士、さらに数学者のマルコム博士、ハモンド氏の顧問弁護士ジェナーロ氏からなる視察団一行は、島のビジターセンターで恐竜が現代に誕生した秘密について知ります。それは、恐竜の血を吸った蚊を琥珀のなかから見つけ、その体内に残る恐竜の血液からDNAを採取するという驚くべき技術だったのです。

DNAの欠損部分をカエルのDNAで補うことで、計画通り恐竜はよみがえりました。パークの研究者は「生まれる恐竜はすべてメスなので繁殖はしない」と安全性を強調しますが、マルコム博士は「100%などない、生命をおさえつけることはできない」と否定的な意見を述べます。

エサは牛一頭!凶暴な肉食恐竜

センターの特別なケージでは、ヴェロキラプトルという俊敏で凶暴な肉食恐竜が飼育されていました。生きた牛が跡形もなく食らい尽くされる様子を見て、グラント博士は不安げな表情を浮かべます。ツアー出発の時間となり、視察団はハモンド氏の二人の孫とともに自動運転機能を備えた2台のツアー専用カーで出発します。

子ども嫌いのグラント博士は渋い顔ですが、恐竜が住む区域に入ると熱心に周囲を見回し始めました。恐竜のいるエリアとツアーカーが走る道路のあいだには高圧電流の流れる柵が張り巡らされ、安全そうに見えます。

しかし、なかなか恐竜は現れません。一行のテンションは急降下。途中、病気のトリケラトプスとその治療にあたっている獣医を見つけ、一行は車を降りてしまいます。グラント博士は「子どもの頃から一番好きだった恐竜だ」とつぶやき、トリケラトプスに愛おしそうに頬ずりをして抱きしめます。

「有毒な植物を食べたかもしれないから獣医と残る」と言い出したサトラー博士を残し、生きている恐竜を間近で見て触ったという興奮が冷めやらぬまま、一行はツアーを続行することになりました。

暴風雨、そしてスタッフの裏切り

日が暮れ、島に接近する暴風雨の影響で雨まで降り出し、ツアーも終盤です。その頃コントロールセンターでは、システムエンジニアのデニス・ネドリーがとあるプログラムを走らせて姿を消します。ネドリーは恐竜の胚の横流しを企む悪党で、わざと警備システムを停止させて盗みを働いたのです。

まんまと盗み出すことに成功し外に出るも、暴風雨のため道に迷い、ティロフォサウルスに襲われ命を落とすネドリー。コントロールセンターではネドリーが仕込んだプログラムを解除できず、柵の高圧電流も切れ、島は制御不能に陥ってしまいました。

自由になった恐竜

パークのシステムがダウンしてしまったため自動運転のツアーカーもストップし、嵐と暗闇のなかで一行は途方に暮れていました。しかも、車が止まってしまったのは、T・レックスが生息する区域です。何が起こったのかわからないまま車中で過ごしているうちに、高圧電流の柵が破られていることに気づきます。

最強の肉食恐竜といわれるT・レックスが目の前に迫り、一行はパニックに陥りました。ジェナーロ弁護士は丸のみにされ、子どもたちを助けようとしたマルコム博士は行方不明になり、グラント博士は子どもたちを連れて逃げ出します。

恐竜の世界で生き延びる方法は?

グラント博士と子どもたちは、恐竜エリアを横切ってセンターを目指しますが、そこは原始の世界でした。三人は大木の上で一夜を明かします。そこから見えるのは、長い首を伸ばして葉っぱを食べるブラキオサウルスでした。朝、ブラキオサウルスが葉を食べる音で目を覚ましたグラント博士と子どもたちは、やさしい目をしたブラキオサウルスとの短いふれあいを楽しみます。

センターを目指す途中、グラント博士は恐竜の卵の殻を見つけ、センターの外で恐竜が繁殖していることを確信します。メスしか生まれないはずの恐竜がどうやって繁殖したのか?その答えは、カエルのDNAでした。とあるカエルはメスだけを隔離すると、一部がオスになるのです。ジュラシック・パークでは、人類の想像を超えた生の営みが、すでに現実のものとなっていました。

皆を助けなきゃ!勇敢に立ち向かうヒロイン

別行動をとっていたサトラー博士は、恐竜監視員のマルドゥーンとともにマルコム博士を救出しますが、マルコム博士は足に重傷を負っていました。ほかのメンバーを見つけられないまま、今度は自分たちがT・レックスに見つかってしまい、必死のカーチェイスを繰り広げます。なんとかセンターまで逃げたものの、そこではシステムがダウンしたという悪い知らせが待っていました。

システムを正常に戻すためチーフエンジニアのアーノルドはいったん電源を含むすべてのシステムを切り、再起動に成功します。しかし、電力を戻すためには外部にあるブレーカーを入れなくてはいけません。すぐに終わると言ってアーノルドが向かいますが、いつまで待っても彼は戻ってこないのです。サトラー博士は意を決し、マルドゥーンとともにブレーカーのある小屋へと向かうことにしました。

まだまだ終わらない!恐竜がいるのは外だけじゃない

グラント博士と子どもたちは、命からがらセンターへとたどり着きました。しかし、システムが動いていないあいだに、センターで飼育されていた凶暴なヴェロキラプトルが柵を破って逃げ出していたのです。グラント博士は仲間を探しにいき、子どもたちは安心してご飯を食べ始めました。

しかし、そこへ2頭のヴェロキラプトルが現れ、子どもたちを追い回し始めたのです。無事合流したグラント博士とサトラー博士もセンターへ戻り、知恵を絞って逃げる人間と圧倒的なパワーで追いかける恐竜との、息もつかせぬシーンが繰り広げられます。

恐竜の王国で最後に勝つのは?

グラント博士たちは必死で逃げようとしますが、素早く凶暴な2頭のヴェロキラプトルに追い詰められてしまいます。絶体絶命のその瞬間、人間のピンチを救ったのはあのT・レックスでした。ヴェロキラプトルを大きな口でくわえ、軽々と持ち上げるその圧倒的な姿を尻目に、グラント博士たちは脱出に成功します。そしてひと言「このパークは承認できない」と言い放ちました。

魅力的な登場人物たち

「ジュラシック・パーク」の動画には、多彩なキャストが出演しています。ストーリーのメインとなる登場人物を紹介していきます。

【アラン・グラント役】サム・ニール(Sam Neill)

古生物学者で、発掘費用のためにプロジェクトに参加する主人公を演じるのは、サム・ニールです。シリーズ3作目の「ジュラシック・パーク3」(2001年公開)にも同じ役で出演しています。代表作に「ピアノ・レッスン」(1993年公開)などがあります。

【エリー・サトラー役】ローラ・ダーン(Laura Dern)

古植物の研究をしている女性で、アラン・グラント博士の研究助手であり、恋人でもあります。演じるローラ・ダーンは俳優の父と女優の母を持つ、演劇界のサラブレッドです。デヴィッド・リンチ監督の作品への出演が多く、「ブルーベルベット」(1986年公開)「ワイルド・アット・ハート」(1990年公開)などのキャストに名を連ねています。また、サム・ニールと同様に「ジュラシック・パーク3」にも出演しました。

【イアン・マルコム役】ジェフ・ゴールドブラム(Jeff Goldblum)

パークに否定的な意見を持つ数学者で、モニター客の一人としてツアーに参加します。演じるジェフ・ゴールドブラムは「ザ・フライ」(1986年公開)でハエと合体してしまう科学者を演じたことで一躍有名になりました。ジュラシック・パークシリーズには、2作目の「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」(1997年公開)、5作目の「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(2018年公開)にも同じイアン・マルコム役で出演しています。そのほかの代表作は「インデペンデンス・デイ」シリーズなどです。

【ジョン・ハモンド役】リチャード・アッテンボロー(Richard Attenborough)

「誰もが驚くものを作りたい」という信念からジュラシック・パークを創設した大富豪で、演じるリチャード・アッテンボローは、俳優のほか映画監督、映画プロデューサーとしても活躍した人物です。監督を務めた歴史映画「ガンジー」(1982年公開)は多くの話題を集め、アカデミー作品賞や監督賞などを受賞しました。

数々の名作を残したアッテンボローですが、2014年8月24日にこの世を去っています。2007年の監督作品「あの日の指輪を待つきみへ」が遺作となりました。

作品情報はこちら!

原題 Jurassic Park
公開年 1993年
原案 マイケル・クライトン
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 マイケル・クライトン、デヴィッド・コープ
製作 キャスリーン・ケネディ、ジェラルド・R・モーレン