違いがわかる!Hulu(フールー)と Netflix(ネットフリックス)を比較しよう!

サービス比較

複数の動画配信サービスがあるので、初めて契約を考えている人は迷ってしまうかもしれません。動画配信サービスは、デバイスとオンライン環境があればどこでも楽しめるのがメリットです。動画配信サービスには、それぞれサービス内容に特徴があります。

自分に合ったサービスを知るために、人気の動画配信サービスであるHulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)を比較して、サービス内容の違いを説明していきましょう。

↓↓Huluで2週間無料トライアル中!↓↓

Huluの公式サイトへ

Hulu(フールー) とNetflix(ネットフリックス)の違いは?表で比較しよう!

まずは、Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)の基本的な違いを確認しましょう。料金プランや無料トライアル期間などに、大きな違いがあります。

サービス名 Hulu(フールー) Netflix(ネットフリックス)
値段
(基本料金・PPVの有無)
税抜き金額933円
(税込金額1007円)
PPV作品なし
ベーシック税抜き金額800円(税込金額864円)
スタンダード税抜き金額1200円(税込金額1296円)
プレミアム税抜き金額1800円(税込金額1944円)PPV作品なし
作品数 5万本以上 非公開
特典
(その他付帯サービス)
なし なし
無料トライアル 2週間 31日間
ダウンロード
機能
あり なし

Hulu(フールー) とNetflix(ネットフリックス)の配信タイトルの特徴は?

動画配信サービスを選ぶうえで重要なのが、配信タイトルや配信内容です。Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)ではどのような点が異なるのか、それぞれの特徴を細かく見ていきましょう。

海外ドラマならHulu(フールー)

動画配信サービスのなかでも人気のHulu(フールー)には、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、Hulu(フールー)が得意とする作品ジャンルや、配信スピードについて説明していきます。

新作配信までのスピード

アメリカ発の動画配信サービスとあって、Hulu(フールー)は海外ドラマの配信スピードが早いのが特徴です。また、日本テレビの子会社が国内向けサービスを提供しているため、日本テレビ系列番組の配信スピードも早いです。

ただし、韓国や中国、台湾など、アジア系の新作ドラマは、配信までに時間がかかります。新作映画の配信スピードも遅めです。新作映画やアジア系ドラマをいち早くチェックしたい人にとっては、少々ストレスが溜まるかもしれません。

作品ジャンル

海外ドラマの配信数は非常に多く、充実しています。有名作品はもちろん、アメリカのケーブルテレビHBOやFOXチャンネルなどの人気作品を数多く取りそろえています。日本テレビ系列のドラマやバラエティ番組なども配信数が多く、過去の作品を見返したい人にぴったりです。

一方、アジア系のドラマや映画は、ほかの動画配信サービスと比べると少ない傾向にあります。韓流ドラマや中国映画が好きな人にとっては、物足りないと感じる可能性があるでしょう。アジア系以外の海外ドラマが好きな人日本テレビ系列の番組をたくさん観たい人には、Hulu(フールー)はおすすめの動画配信サービスといえます。

オリジナルコンテンツならNetflix(ネットフリックス)

Netflix(ネットフリックス)の配信スピードや作品ジャンルには、どのような特徴があるのでしょうか。Hulu(フールー)との共通点がある一方、Netflix(ネットフリックス)にしかない特徴もあります。

新作配信までのスピード

Netflix(ネットフリックス)では、オリジナルコンテンツの制作に力を入れています。配信スピードや配信頻度が高く、Netflix(ネットフリックス)でしか観られないオリジナル作品が豊富です。オリジナルコンテンツの新エピソードも定期的に配信しています。

ただし、海外ドラマの新作や続編ドラマの新シーズンの配信については、Hulu(フールー)より遅い傾向にあります。Hulu(フールー)もそこまで早くはありませんが、新作配信のスピードはNetflix(ネットフリックス)のほうがさらに遅いです。

作品ジャンル

Netflix(ネットフリックス)は、コンテンツの数も充実しています。海外の作品はもちろん、日本で制作された国内向けの作品も続々と登場しています。アニメの新作オリジナル作品も豊富です。オリジナルコンテンツを楽しみたい人には、Netflix(ネットフリックス)がおすすめです。

一方、海外や日本のドラマ、映画などの作品数は、公表されていないもののHulu(フールー)よりも少ない傾向にあります。視聴する作品にこだわりがない人にとっては十分な数かもしれませんが、海外、国内問わず作品を網羅したい人にとっては物足りなく感じるでしょう。

Hulu(フールー) とNetflix(ネットフリックス)の料金プランを比較!

動画配信サービスを利用するにあたり、気になるのが契約時や月々に支払う料金でしょう。Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)の料金プランはどのような内容になっているのか、比較しながらそれぞれの特徴を説明します。

Hulu(フールー) の料金

ここでは、Hulu(フールー)の料金プランについて解説します。Hulu(フールー)の料金プランはシンプルでわかりやすいのが特徴です。海外の映画やドラマ、日本テレビ系列の番組が好きな人は、しっかりチェックしていきましょう。

月額料金

Hulu(フールー)の月額料金は、税抜き金額で933円、税込金額で1007円です。Hulu(フールー)に登録して2週間は無料トライアル期間なので、料金はかかりません。料金が発生するのは、Hulu(フールー)に登録してから15日目、無料トライアル期間が終了してからです。

Hulu(フールー)の場合、締め日や支払日を固定していません。たとえば、1日に登録をした場合、無料トライアル期間はその月の14日まで、料金が発生するのは15日からです。3日に登録をした人は、無料トライアル期間は16日までで、17日から料金が発生します。契約したその日から料金が発生する仕組みになっており、毎月何日に契約をしても料金は同じです。契約日によって無料トライアル期間が短くなる心配もありません。

料金に関する注意点

契約中は特に問題はありませんが、解約時は注意が必要です。Hulu(フールー)では料金の日割り計算ができません。契約期間が10日から翌月9日までの場合、20日に解約をしたとしても1カ月分の料金がかかってしまいます。逆に、いつ解約手続きをしても料金が発生する1カ月間は変わらず視聴可能です。解約手続きを忘れると自動更新になるため、解約を決めたらなるべく早めに手続きを済ませましょう

また、Hulu(フールー)にはPPV作品がありません。PPV作品とは、追加料金を支払うと視聴可能になるサービスのことです。Hulu(フールー)で配信されている作品は、月額料金内ですべて見放題です。たとえば、Hulu(フールー)で観たい作品があるもののずっと契約するつもりはない、という場合は、無料トライアル期間に動画を視聴して無料トライアル期間内に解約すれば、料金はかかりません。

Netflix(ネットフリックス)の料金

一方、Netflix(ネットフリックス)の料金プランは、Hulu(フールー)とは大きく異なります。Netflix(ネットフリックス)の特徴は、料金プランが3つに分かれている点です。それぞれ、具体的に見ていきましょう。

月額料金

Netflix(ネットフリックス)の場合、月額料金は同時視聴が可能な台数や画質によって異なります。もっとも安いベーシックプランは税抜き800円、税込864円です。画質は標準のSD、同時視聴できる台数は1台となっています。

スタンダードプランは、税抜き1200円、税込1296円で、HDの高画質で視聴ができます。同時視聴できる台数は2台です。もっとも料金が高いのはプレミアムプランで、税抜き1800円、税込1944円となっています。超高画質の4K画像、同時視聴台数4台という点が魅力です。

ただし、4K作品は配信数が少なく、すべての作品が4Kで視聴できるわけではありません。また、ベーシックプランは大型テレビで視聴した際に、画質の荒さが気になるケースもあるでしょう。Hulu(フールー)同様、Netflix(ネットフリックス)もPPV作品は存在しないため、すべての作品を月額料金内で視聴できます

料金に関する注意点

Netflix(ネットフリックス)で料金が発生するのは、1カ月の無料トライアル期間が終わったあとです。料金プランの変更はいつでも可能ですが、どのプランに変更するかで適用日が変わります。現在のプランから上位プランへ変更する場合は、手続きを行えばすぐに適用になります。

逆に、下位プランに変更する場合は、次回の起算日前日までは現状プランのままです。下位プランで視聴可能になるのは、次回起算日になってからです。起算日が5日の場合は、4日までは現状プランのままで5日から下位プラン適用となります。

また、Hulu(フールー)同様、Netflix(ネットフリックス)では料金の日割り計算は行っていません。解約手続きをしても1カ月間は料金がかかります。視聴も変わらず可能なため、解約を決めたら早めに手続きをすると良いでしょう。

Hulu(フールー) とNetflix(ネットフリックス)では機能に違いがある?

動画配信サービスを利用する際、その機能性によって快適に視聴できるかどうかが変わります。Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)の機能の違いを比較して、それぞれの使い勝手を見ていきましょう。

画質

Hulu(フールー)では、フルHD(1080p)での視聴が可能です。画質は「低」「中」「高」「最高」「自動(推奨)」の5段階で、動画画面の設定アイコンから選択できます。画質が悪いときは「最高」に変更すれば美しい画質になりますが、インターネット環境によっては通信速度が遅くなるケースもあるでしょう。

Netflix(ネットフリックス)の画質は、プランごとに変わります。フルHD(1080p)で視聴するなら、スタンダードかプレミアムプランでの契約が必要です。最高画質の4Kはプレミアムプランのみですが、視聴作品が限られるうえ、インターネット環境によっては通信が止まってしまう可能性もあるので注意しましょう。

ダウンロード機能

多くの動画配信サービスにダウンロード機能がついているなか、Hulu(フールー)のみ対応していなかったのがこれまでのデメリットでした。しかし、2018年7月より、満を持して機能を追加、ダウンロード保存及びオフライン再生に対応するようになりました。ダウンロード可能本数は、1つのアカウントにつき25本までです。ダウンロードの保存期間は30日、オフラインでの視聴期限は48時間後までです。

Netflix(ネットフリックス)でも、Hulu(フールー)と同様、追加料金なしでダウンロードできます。海外、国内のドラマ、オリジナルコンテンツなど、あらゆるジャンルの作品をダウンロードできますが、動画の保存期間は番組によってまちまちです。短い作品は48時間、長い作品だと7日間保存可能です。期限が切れるとダウンロードページに「有効期限が切れました」とのメッセージが表示されます。

アプリ

Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)には、iPhoneとAndroidの専用アプリがあります。海外のドラマや映画、国内ドラマ、アニメなど、さまざまなコンテンツをスマートフォンで視聴できるので、電車での移動時間が長い人は、ぜひダウンロードしておきたいところです。

Hulu(フールー)の場合、「ログインせずに使う」ボタンから使用すると、会員登録をせずに視聴できるコンテンツがあります。また、Netflix(ネットフリックス)ではAndroid版に限り、ダウンロードしたアプリでの会員登録が可能です。アプリから会員登録した場合も、1カ月の無料トライアル期間あります。

同時視聴

同時視聴とは複数のデバイスで同時に視聴できるサービスのことで、多くの動画配信サービスで提供されています。好みや世代によって観たい番組は異なるケースが多く、家族や友人とアカウント共有したい場合に便利です。ただ、Hulu(フールー)には同時視聴の機能がついていません。同じ時間帯に別々の番組を観たい人にとっては、デメリットになります。

一方、Netflix(ネットフリックス)は料金プランによって異なります。ベーシックでは同時視聴はできません。スタンダードでは2台、プレミアムでは4台まで同時視聴が可能です。複数の人とアカウント共有をしたい場合は、Netflix(ネットフリックス)のほうが向いています。

ペアレンタルロック

ペアレンタルロックとは、子どもが見るにはふさわしくない内容の動画を制限する機能のことです。Hulu(フールー)の場合、初期設定で親プロフィールとキッズ専用が分かれています。プロフィール選択でキッズ専用を選ぶと、子ども向けの作品のみを視聴できるようになります。親プロフィールには暗証番号を設けて、子どもが選べないようにしておけば大丈夫です。

Netflix(ネットフリックス)の場合は、一般設定であらかじめ4桁のパスワードを設定しておくだけで、子どもが観られる番組を制限できます。年齢制限のかかった作品を選んだ場合にパスワードの入力を要求されますので、パスワードを子どもに知られないよう、しっかり管理しましょう。

Hulu(フールー) とNetflix(ネットフリックス)でテレビでの視聴方法に違いは?

インターネット回線の動画をテレビで視聴するためには、専用デバイスを用意する必要があります。Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)では、どのようなデバイスが必要なのか説明していきましょう。

スマートテレビで視聴する


スマートテレビとは、インターネット接続ができるテレビのことです。Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)では、対応しているメーカーが異なります。Hulu(フールー)に対応しているのは、SONYの「BRAVIA」、Panasonicの「VIERA」、SHARPの「AQUOS」です。

Netflix(ネットフリックス)では、SONY、Panasonic、TOSHIBA、FUNAI、SHARP、LFなどのスマートテレビで視聴できます。ただ、Netflix(ネットフリックス)の2018年審査基準では、LGとSONYのスマートテレビを推奨しています。また、それぞれのモデルによって対応可能かどうか異なるため、選ぶスマートテレビによって確認するようにしましょう。

ブルーレイプレイヤーで視聴する


テレビで動画配信サービスを視聴するなら、ブルーレイプレイヤーでも可能です。Hulu(フールー)の場合は、SONYとPanasonicの「DIGA」に対応しています。SONYもPanasonicも2014年以降に発売されたブルーレイプレイヤーに対応していますが、モデルは限定されます。ダウンロードすると、30日間保存が可能です。ただし、オフラインの場合は保存期間は48時間となります。

Netflix(ネットフリックス)の場合も、利用できるのはSONYとPanasonicのブルーレイプレイヤーです。ダウンロードした動画は、番組によって保存期間が異なります。もっとも期間が短い番組は48時間、期間が長い番組は7日間の保存が可能です。

ストリーミング機器をつなげて視聴する


ストリーミング機器とは、インターネットに対応していないテレビにつなぐと、インターネットの利用ができるようになるデバイスのことです。ほかの方法よりもリーズナブルにテレビでの動画視聴ができるようになります。Hulu(フールー)に対応しているストリーミング機器は、Apple TV、Amzon Fire TV、Amzon Fire TV stick、chromecast、Nexus Player、Air stick、AQUOSココロビジョンプレーヤーなどです。

Netflix(ネットフリックス)の場合は、Apple TV、chromecast、Amzon Fire TV、Amzon Fire TV stick、Nexus Playerなどです。

ゲーム機で視聴する


ゲーム機とテレビを接続して動画を視聴することもできます。Hulu(フールー)に対応しているゲーム機は、PlayStation 3、PlayStation 4、Wii Uです。一方、Netflix(ネットフリックス)に対応しているのは、PlayStation 3、PlayStation 4、Wii U、X BOX 360、X BOX ONEで、Netflix(ネットフリックス)のほうが対応機器は若干多くなっています。

該当するゲーム機を持っている人は、動画配信サービスのためにわざわざ専用デバイスを購入する必要がありません。いつでもテレビの大画面で好きな番組が楽しめるでしょう。

Hulu(フールー) とNetflix(ネットフリックス)のメリットとデメリット

動画配信サービスにはそれぞれ異なる特徴があり、その分メリットとデメリットにも違いがあります。Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)のメリットとデメリットはどのような点なのか、具体的に説明していきましょう。

Hulu(フールー)

動画配信サービスを選ぶときは、良い面だけではなく悪い面にも目を向けて、総合的に選ぶと自分に合ったサービスが見つかります。まずは、Hulu(フールー)のメリットとデメリットから確認していきましょう。

メリット

Hulu(フールー)の主なメリットは4つあります。1つ目は、PPV作品がなく、すべての動画が見放題である点です。追加料金は発生せず、支払うお金は月額料金のみで済みます。そのため、料金形態がシンプルでわかりやすくなっています。

2つ目は、海外のドラマや日本テレビ系列の番組が豊富な点です。日テレファンにとって、観たい番組を見つけやすいのが魅力です。

3つ目は、フルHDの美しい画質で視聴できる点です。好きな動画をいつでも、ストレスを感じることなく楽しめます。

4つ目は、アプリの使い勝手が良い点です。トップ画面には配信している番組の画像が並んでおり、好きな動画を直感的に選べます。気になる動画はマイリストに入れておけば、時間のあるときに視聴することも可能です。

デメリット

Hulu(フールー)の主なデメリットは3つあります。1つ目は、複数のデバイスで同時視聴ができない点です。1人での使用が前提なら特に問題はありませんが、家族で動画配信サービスを楽しみたい場合は、少々不便が生じます。

2つ目は、最新映画の配信が遅い点です。時間がなくて映画館に行く時間がないケースもあるでしょう。最新映画をすぐ観たい人にとっては、配信されるまでの時間は長く感じるかもしれません。

3つ目は、日本語吹き替えの作品が少ない点です。役者のそのままの演技を観たいので日本語字幕が良い、という人は問題ありません。ただ、日本語吹き替えのほうが観やすい、と感じている人にとっては、視聴したい番組の選択肢が狭くなる可能性があります。

Netflix(ネットフリックス)

Hulu(フールー)と比べたときに、料金プランや配信内容に大きな違いのあるNetflix(ネットフリックス)。一体、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。具体的に解説していきましょう。

メリット

Netflix(ネットフリックス)の主なメリットは4つです。1つ目は、画質や同時視聴できる台数によって料金プランが選べる点です。スマートフォンのみで動画視聴をする人はSD画質のベーシックでも十分です。親と子どもでアカウント共有したい人は、スタンダード以上のプランが良いでしょう。用途によって選び方を変えられるのでとても便利です。

2つ目は、観たい動画がすぐに見つかる点です。Netflix(ネットフリックス)には、利用状況によって視聴者が好む番組をピックアップしてくれるレコメンデーション機能がついています。Netflix(ネットフリックス)で視聴を重ねるほどに、レコメンデーション機能による利便性は高くなっていくでしょう。

3つ目は、海外のドラマや映画が豊富な点です。4つ目は、日本語吹き替えの作品が多い点です。字幕派も吹き替え派も、ストレスを感じることなく視聴できるでしょう。

デメリット

Netflix(ネットフリックス)の主なデメリットは4つあります。1つ目は、日本の映画やドラマ、バラエティ番組が少ない点です。邦画や日本のTV番組が好きな人にとっては、物足りないラインナップに感じるかもしれません。

2つ目は、見放題の動画にメジャー作品が少ない点です。もともと、オリジナルコンテンツが充実している分、メジャー作品の配信が少ない傾向にあります。

3つ目は、オリジナルコンテンツ以外の動画は配信スピードが遅い点です。2つ目と3つ目のデメリットを見ると、Netflix(ネットフリックス)がいかにオリジナルコンテンツに注力しているかがわかります。

4つ目のデメリットは、4K画質に対応している作品がそれほど多くない点です。4K画質の作品目当てにプレミアムを選んだ場合は、料金ほどのメリットを感じられない可能性があります。

Hulu(フールー) とNetflix(ネットフリックス)どちらがおすすめ?

Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)の特徴やメリットなどがわかってきました。それでは、両者の動画配信サイトはどちらのほうがおすすめなのか、具体的な作品名を挙げながら解説していきましょう。

こんな人にはHulu(フールー) がおすすめ

まずは、Hulu(フールー)のほうがおすすめの人について説明していきます。自分が観たいジャンルの番組があるかどうか、ぜひ、チェックしてみましょう。

海外ドラマが好きな人

アメリカの海外ドラマが好きな人は、Hulu(フールー)がおすすめです。最近配信されている作品をいくつか紹介しましょう。大人気のモンスタードラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」は、魔法の世界に生きる人々が織りなす群像劇です。

2017年には第7シーズンが放映されており、製作者側は2019年の第8シーズンで完結するとしています。また、「ウォーキング・デッド」は、2010年から放送されているアメリカのホームドラマで、日本でも人気を博しています。「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」もアメリカのTVシリーズで、アメリカの近未来を舞台とした社会派ドラマです。

日本テレビの番組が好きな人

日本テレビ系列でかつて放送されていた番組を視聴したい人も、Hulu(フールー)がおすすめです。「サバイバル・ウェディング」は、大橋弘祐の長編恋愛小説が原作です。波瑠や吉沢亮などの人気俳優が織りなすラブコメディが見どころです。

中間管理録 トネガワ」は、ヤングマガジンに掲載されていたマンガが原作です。インパクトのあるナレーションに「ざわ…ざわ…」という擬音の演出がなんとも印象的です。「有吉の壁」は、有吉弘行がMCのお笑い番組です。不定期放送ながら、若手芸人に対する無茶振りが人気を博しています。

バラエティ番組をたくさん見たい人

Netflix(ネットフリックス)と比べると、Hulu(フールー)のほうがバラエティ番組が充実しており、オリジナルのバラエティ番組も制作されています。新作や人気のオリジナルバラエティを紹介しましょう。「宮川大輔×ケンコバ『あんぎゃー』」は、宮川大輔とケンドーコバヤシの絶妙トークで大爆笑必至のバラエティ番組です。

鬼三村 ~ダメ後輩達よ、面白くあれ!!~」は、鬼と化したさまぁ~ずの三村マサカズが後輩芸人を育成します。「あなたの街のイチオシ美少女グランプリ」は、大手プロダクションのホリプロが企画するプロジェクト番組です。

リアルタイムやライブ動画も見たい人

Hulu(フールー)にはリアルタイム配信もあります。FOXチャンネルやナショナルジオグラフィックチャンネル、日テレNEWS24などがリアルタイム配信を行っています。毎年1月2日、3日に行われる箱根駅伝や、プロアメリカンフットボールリーグの優勝決定戦であるスーパーボウルなどのライブ中継も注目番組の1つです。

リアルタイム配信で2018年に話題になったのは、同年9月16日に引退をした安室奈美恵の「Documentary of Namie Amuro “Finally”」でしょう。インタビュー映像や舞台の裏側など、引退までのエピソード動画が配信されています。

Huluの公式サイトへ

こんな人にはNetflix(ネットフリックス)のほうがおすすめ

Netflix(ネットフリックス)は、どのような人におすすめなのでしょうか。Hulu(フールー)との違いを思い出しながら、Netflix(ネットフリックス)の配信番組をチェックしていきましょう。

質の高いオリジナルコンテンツを楽しみたい人

Netflix(ネットフリックス)の特徴といえば、オリジナルコンテンツです。ほかの動画配信サービスでは観られないオリジナルコンテンツを視聴したい人にはおすすめです。オリジナルコンテンツとして人気なのは、「ストレンジャー・シングス」や「ベター・コール・ソウル」などです。

「ストレンジャー・シングス」はアメリカのTV番組で、エミー賞も受賞しています。「ベター・コール・ソウル」もアメリカのドラマで、同じアメリカのドラマシリーズ「ブレイキング・バッド」のスピンオフシリーズです。まるで、映画のような迫力映像やストーリーを楽しみたい人にはピッタリです。

日本語吹き替えで見たい人

海外ドラマや映画を日本語吹き替えで視聴したい人は、Netflix(ネットフリックス)のほうがおすすめです。日本語吹き替えのメリットは3つあります。1つ目は、子どもと一緒に作品を楽しめる点です。特に小さい子どもの場合、文字を目で追うより、セリフが耳で理解できたほうが作品に集中できます。

2つ目は、楽に視聴できる点です。字幕を追うと目が疲れてしまうので、リラックスして観たい人には、日本語吹き替えがおすすめです。3つ目は、好きな声優の声が聴ける点です。シリーズ物のドラマの場合、1人の声優が継続して同じ役者に声をあてます。観続けるうちに「この役者の声はこの声優」という印象がつくケースもあるのではないでしょうか。

新しい番組を発掘したい人

多くの作品から自分の観たい番組をサクサク見つけたい人は、Netflix(ネットフリックス)がおすすめです。Netflix(ネットフリックス)にはレコメンデーション機能がついています。Netflix(ネットフリックス)で今まで視聴した作品や視聴時間、視聴デバイスなどから、その人が観たいであろう番組をピックアップしてくれます。

配信動画の数はかなり多いので、番組探しに疲れた人、新しい番組を発掘したい人などに便利な機能です。視聴したあとに評価をすれば、ピックアップされる番組がより自分の好みに近いものになるでしょう。

Hulu(フールー) とNetflix(ネットフリックス)の特徴を比較して選ぼう!

動画配信サービスを選ぶなら、好きなジャンルの作品が多く配信されているサービスを選ぶのがポイントです。海外のドラマや映画が好きならHulu(フールー)、ほかのサービスでは提供していないオリジナルコンテンツが観たいならNetflix(ネットフリックス)がおすすめです。料金プランや同時視聴できる台数などの機能面も含めて、自分に合った動画配信サービスを検討しましょう。

Hulu(フールー)対応スマートテレビ

ソニー SONY 49V型 4K対応 液晶 テレビ ブラビア KJ-49X9000E (2017年モデル)

ブラビア KJ-49X9000EAmazonで見てみる

パナソニック 65V型 4K対応 有機EL テレビ VIERA Ultra HD プレミアム対応(Tuned by Technics) 2番組同時裏録対応 TH-65FZ1000

パナソニック 65V型 TH-65FZ1000をAmazonで見てみる

シャープ 4K対応液晶テレビ AQUOS 4T-C60AM1

シャープ 4K対応液晶テレビ AQUOS 4T-C60AM1をAmazonで見てみる

Netflix対応スマートテレビ

LG 43V型 4K 液晶テレビ 直下型LED IPSパネル 2倍速相当 外付けHDD録画対応(裏番組録画) Wi-Fi対応 1ウェイ2スピーカー 20W 43UK6300PJF

LG 43V型 4K 液晶テレビ 直下型LED 20W 43UK6300PJFをAmazonで見てみる

ソニー SONY 43V型 4K対応 液晶 テレビ ブラビア KJ-43X7500F (2018年モデル)

SONY 43V型 4K対応 液晶 テレビ ブラビア KJ-43X7500FをAmazonで見てみる