映画「アイアンマン3」は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

海外ドラマ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を代表するキャラクターがアイアンマンです。アイアンマンの単独主演作としては完結編になるのが「アイアンマン3」。本作では、CGを駆使した迫力のアクションから、主人公の心の葛藤を描くドラマまでもりだくさんの内容です。アメコミ映画ファンもそうでない人も熱く楽しめるでしょう。この記事では、「アイアンマン3」の感想や配信中の動画を無料で見る方法を紹介していきます。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

アイアンマン3をU-NEXTで見てみる


アメコミ映画の面白さを凝縮!大ヒットの「アイアンマン3」はどんな内容?

ヒーロー集団「アベンジャーズ」のリーダー格である、アイアンマンことトニー・スタークの成長を描いた映画が「アイアンマン3」です。本作では、スタークが初めて自分の心の弱さを向き合います。これまで不敵な態度がトレードマークだったスタークですが、最強の敵を相手にして完全に自信を喪失してしまいます。

しかも、スタークは過去の戦闘が原因で「パワード・スーツ依存症」に陥りました。スーツがなければ何もできなくなったスタークがどのように危機を乗り越えるのか、動画に注目しましょう。

もちろん、「アイアンマン」シリーズで定番となったシーンは本作でも健在です。パワード・スーツの装着シーンは大迫力ですし、クライマックスには過去最大のスケールが用意されています。このエンターテイメント性がアメコミ映画の醍醐味であり、ファンを増やしているゆえんでしょう。スタークとペッパーのラブストーリーも気になります。

スタークは、ついにペッパーとカップルになりますが、彼の前に一夜をともにした女性、マヤが現れます。しかも、マヤはスタークを敵視する男、キリアンの味方でした。美女2人による恋のさや当てが、シリーズに新しいテイストをもたらしています。

なお、「アイアンマン3」はMCUの盛り上がりにも後押しされ、シリーズ最高の興行収入を記録しました。世界中で12億ドルもの収入を挙げ、批評家からも上々の評価を得ています。本作で人間的に大きく前進したスタークは、その後のMCUで「兄貴分」としてのキャラクターを確立します。昔の自己中心的だった男から、真のリーダーに生まれ変わるのです。特に、スパイダーマンに対する包容力は、本作の試練がなかったら身につかなかったかもしれません。

ちなみに、「アイアンマン3」は違法サイトでもアップロードされていますが、これらで視聴するのは犯罪です。また、画質も決して良くありません。ハリウッド最高峰のCG技術を隅々まで堪能するためには、合法的な動画サイトで視聴するのが賢明です。

アクション以外にも見どころ満載!「アイアンマン3」の大きな魅力3つ

大きなスケールで描かれるアクションシーン

MCUの見せ場といえば、大興奮のアクションシーンです。人気ヒーローたちが躍動する姿が見事なCGで描かれていましたが、「アイアンマン3」はシリーズ最大級のスケールが待ち受けていました。まずは、ローディが装着する新型スーツ「アイアン・パトリオット」の格好良さです。主役を食うほどの鮮やかなデザインで、ローディは大活躍します。

もちろん、スタークも負けてはいません。物語の設定上、スタークは社長業をほったらかしてスーツの開発に打ち込んでいます。

その結果、スタークはさまざまな用途のスーツを開発し、敵に備えるのでした。こうした数々のスーツはクライマックスの戦闘シーンで大量投入されます。スタークは、スーツをそれぞれ遠隔操作で操りながら、暴走するキリアンを止めようとします。パワード・スーツの大群が夜空を舞う姿は壮観だとすらいえるでしょう。そのほかにもスターク・インダストリーズが襲撃されるシーンやキリアンの変身後など、見せ場は満載です。世界中の映画館を感動させた映像体験を、動画サイトから手軽に味わいましょう。

自分の弱さを乗り越えようともがくスターク

「アイアンマン3」でトニー・スタークは精神的に不安定な状態へと陥ります。「アベンジャーズ」におけるチタウリとの戦いで、スタークは死を覚悟する瞬間がありました。また、想像を絶するような敵が世界には潜んでいることも知ります。これまで自信満々に生きてきたスタークだからこそ、自分の弱さを知ってからは反動が来ました。彼は戦闘状態でなくてもパワード・スーツを常備しなければパニックを抑えられなくなったのです。

そんなスタークをペッパーたちは心配そうに見守りますが、問題は彼自身が自力で乗り越えるしかありませんでした。動画を見る人はスタークの無様な姿にショックを受けるでしょう。しかし、同時に彼をより深く愛せるようになります。どんなに天才で恵まれた環境に身を置いていても、スタークは1人の人間でした。

本作で、スタークは視聴者の共感を今まで以上に集めるキャラクターへと変わったのです。苦悩するスタークが浮上するきっかけになったのは、アイアンマンを愛する少年との出会いでした。少年は純粋にスタークを尊敬しており、「自分も科学者になりたい」と願っています。自分が人々の希望であると理解したスタークが、初めて誰かのために戦う様子をしっかりと目に焼きつけましょう。

物語を盛り上げる豪華なキャスティング

「アイアンマン3」には、ロバート・ダウニー・ジュニアやグウィネス・パルトローといったおなじみの面々に加え、豪華なキャストが抜てきされています。まず、悪役であるキリアンを演じたのはガイ・ピアーズです。端整なマスクでありながら狂気に満ちた演技を得意としており、復しゅうの鬼を見事に体現しています。

キリアンのパートナー、マヤにはレベッカ・ホールが抜てきされました。美貌と演技力をかねそなえ、公開当時は若手女優の代表格でした。キリアンに協力しながら、スタークにも共感を覚えている複雑な心情を見事に演じきっています。

極悪テロリスト・マンダリンは、ベン・キングズレーが貫禄たっぷりに表現しました。とはいえ、マンダリンにはある秘密があり、キングズレーが見せる2面性にも注目です。意外なところでは、ジョン・ファヴローが本作では俳優専任で参加しています。

ファヴローは「アイアンマン」の前2に監督として参加しましたが、自身の都合上、3作目の監督は断りました。そのかわり、スタークの警備主任・ハッピーとしての出番が増やされています。スタークの会社を守るために体を張る姿には、多くのファンが心を打たれるでしょう。

プラモや子供が好きな人は必見!「アイアンマン3」はこんな人こそ楽しめる

プラモデルやフィギュアが好きな人

本作でトニー・スタークは、ラボに引きこもりパワード・スーツを作り続けます。ずらりと並んだパワード・スーツは豪華絢爛であり、男性は心が躍るでしょう。プラモデルやフィギュアを収集する趣味がある人は「アイアンマン3」を非常に楽しめるはずです。

大人になれば周囲や家族の目があり、プラモデル作りには熱中できなくなっていく人もいます。その点、巨額な財産をすべて好きなことに注ぎ込めるスタークは男性の憧れともいえるキャラクターです。ラボで作業に没頭するスタークに、自分を重ねる男性は多いでしょう。

スタークのように生きたいと思っている人からすれば、本作のラストは賛否両論になる可能性があります。しかし、逆にいつかは卒業しなければいけない趣味だからこそ、精一杯楽しめるのだとも本作は教えてくれます。無数のパワード・スーツを同時に見られる作品は本作が最後なので、一瞬たりとも動画を見逃さないようにしましょう。

昔はあった自信をなくしてしまった人

スタークのように、成功を重ねてきた人ほど挫折に弱い傾向があります。たとえば、「初めて学校のテストで悪い点数をとってしまった」「自分に自信があった人が初めて異性にフラれてしまった」などの経験をした人は、人並み以上に激しく落ち込んでしまうでしょう。

本作のスタークもまさに同じ状態です。チタウリとの戦いで恐怖心を植え付けられ、キリアンによって敗北感を味わわされます。スタークほどの天才でも、失敗したときは立ち直れないほどやる気を失ってしまうのでした。

しかし、そのまま何もしないでいたら状況は変わりません。「アイアンマン3」を見て、思い切りスタークのふさぎ具合に感情移入した後で、彼の復活もしっかり見届けましょう。スタークは、ヒーローに大切なものは精神力だということに気づきます。人生においても「次は絶対に失敗しない」という気持ちがあれば、何度でも立ち上がれるはずです。「アイアンマン3」はポジティブ思考になるきっかけを与えてくれる映画です。

子供好きの人

「アイアンマン3」にはハーレーという少年が登場します。タイ・シンプキンスという子役が演じているキャラクターですが、この少年が非常にキュートです。子供好きの視聴者はハーレーのとりこになってしまうでしょう。打算や計算で動いてしまうスタークと違って、ハーレーは純真な目をアイアンマンに向けてくれます。彼が正義を信じる心を持っていたことで、スタークは自分の人生を省みるのでした。

映画に限らず、子供は大人の生き方に影響を与えてくれます。すさんだ生活を送ってきた人も、子供の前ではまともに振る舞おうと努力するでしょう。また、忙しい毎日でストレスがたまっていても子供が心を癒してくれます。スタークもまた、ハーレー少年によってこれまでの価値観を大きく変化させました。子供が好きでたまらない人は、ともすればスターク以上にハーレー少年から笑顔をもらえる可能性があります。

映画「アイアンマン3」の配信サイトは?動画の無料視聴はできるか

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV
dアニメ ×
auビデオパス
Amazonプライムビデオ
Paravi
動画配信サーチ
HuluやUnextなどの動画配信サービス無料比較サイト

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

アイアンマン3をU-NEXTで見てみる

映画「アイアンマン3」はさまざまな動画サイトから配信中です。無料で見るならU-NEXTの31日間体験が効率的です。

※ネタバレ注意!「アイアンマン3」の細かいあらすじ紹介


以下、動画で見られる「アイアンマン3」のネタバレを含むあらすじです。

1999年、トニー・スタークはスイスで植物学者のマヤと知り合います。すると、スタークの前にキリアンという生物学者が現れ、「アドバンスド・アイデア・メカニックス(A.I.M.)」という組織についてスタークにプレゼンしたいと持ちかけました。スタークは、応じたもののマヤとの夜に約束を忘れてしまいます。屈辱を受けたキリアンの中で、スタークへの遺恨だけが芽生えました。

その後、スタークはパワード・スーツを開発し、世界の平和を守るアイアンマンとして一躍有名になっていました。スターク・インダストリーズの経営も好調で、秘書のペッパーとも結ばれ、すべては順風満帆です。しかし、スタークには不安がありました。

「アベンジャーズ」におけるチタウリとの戦いで、巨大な敵の存在を知ったスタークは恐怖に押しつぶされそうになっていたのです。スタークは、片時もパワード・スーツを手放せなくなります。そして、会社の経営をペッパーに任せて、自分はパワード・スーツの量産に没頭していました。

スタークがラボに引きこもっている間にも、アメリカに新たな脅威が出現します。テロリスト・マンダリンによって爆破テロが繰り返されており、操作にあたるローディを悩ませていました。その頃、ペッパーの前にキリアンがやって来ました。かつてのみずぼらしい姿からは想像できないほどキリアンは洗練された経営者になっていました。

A.I.M.は政府からも援助を受けており、人間の脳を進化させる「エクストリミス」という研究を行っていました。キリアンは、「スターク社と提携したい」と申し出ますが、キリアンに不穏な空気を感じたペッパーは拒絶します。

キリアンの様子を不審に感じた警備主任のハッピーは、キリアンの部下を尾行しました。すると、部下はホームレス相手に謎の薬を投与しました。ホームレスは体内から爆発し、周囲に甚大な被害を招きます。ハッピーもまた重傷を負い、病院に運ばれました。

怒りに震えるスタークは、マスコミを通じてマンダリンに宣戦布告します。そして、自らマンダリンを倒すための捜査を始めました。そんなスタークの前にマヤが現れます。マヤは、連続爆破テロについて重要な情報を握っていました。ところが、マンダリンのヘリがスタークの家を襲撃し、設備を破壊しつくします。パワード・スーツを利用してペッパーとマヤを逃がしたスタークは自らも離脱し、テネシー州の片田舎に不時着しました。

満身創痍のスタークをかくまってくれたのは、アイアンマンに憧れるオタク少年のハーレーでした。スタークを尊敬するハーレーと友情を育みながら、スタークは爆破テロの実態を探っていきます。そして、キリアンがテロに深く関わっていることを突き止めるのでした。トニーは、ローディと連絡をとりマンダリンのアジトを急襲します。

ところが、そこにいたのは、美女をはべらして鼻の下を伸ばしている老人でした。顔つきはマンダリンですが、とても凶悪テロリストには見えません。

スタークに詰問された老人は、すぐに真実を告白し始めました。彼はキリアンに雇われた俳優であり、本名をトレヴァー・スラッテリーといいました。爆破テロはすべてキリアンが仕組んだ陰謀であり、彼はテロに対抗しようとした各国政府にエクストリミスの技術を売ることを狙っていたのです。

しかし、真相を知った2人はキリアンに拘束されてしまいます。キリアンは自らもエクストリミスによって超人化していました。そして、マヤもキリアンの協力者の1人だったと判明します。

しかし、あくまでも人類のためにエクストリミスを研究していたマヤはキリアンにとって邪魔者になっていました。また、マヤ自身もキリアンと手を切りたいと思うようになっていました。スタークはマヤを必死で説得しますが、無情にもキリアンはマヤを射殺します。

キリアンは、スタークの復しゅう心を糧にはい上がってきた男でした。そして、スタークも手にかけようとしますが、飛来してきたパワード・スーツにはばまれます。テネシーの少年、ハーレーがスタークのスーツを修理してくれていたのでした。スタークとローディは難を逃れ、キリアンとの最終決戦に向けて体勢を整えます。

スタークの気がかりは、キリアンに捕まったペッパーの安否でした。ペッパーはエクストリミスの実験台にされていました。エクストリミスは体質に合わなければ人体を破壊してしまいます。愛する女性と世界を守るため、スタークはキリアンに挑みます。

キリアンは大統領を誘拐し、ペッパーとともにタンカーへと幽閉していました。そこには大量の警護がついています。そこで、スタークは自分が量産してきたパワード・スーツをすべて投入し、2人を救出しようと試みます。スーツはすべて自動操縦で動いており、人間の警護たちは相手になりません。

たちまちスタークたちは大統領を救いますが、キリアンは自ら反撃をしかけてきました。炎を操るキリアンに対し、スタークたちは苦戦を強いられます。そして、キリアンはスタークの目の前でペッパーを高所から突き落としました。我を失ったスタークとキリアンの一騎打ちが始まります。

スーツを駆使してキリアンを追い詰めるスタークでしたが、執念深いキリアンに止めを刺すことはできません。逆に、キリアンに装着していたスーツを破壊され、スタークが絶体絶命に陥ります。スタークを助けたのは死んだと思われたペッパーでした。

エクストリミスを取り込んだペッパーはキリアンと同じく超人化しており、高所からの落下にも耐えられたのです。不意打ちでキリアンを倒した後で、スタークは残ったスーツをすべて爆破します。まるで、花火のように美しく散っていくスーツを2人は感慨深く眺めるのでした。

一連の事件でスタークは真の強さとはパワード・スーツに頼ることではないと気づきました。ペッパーも治療を受け、常人へと戻ります。スタークはアイアンマンとしてではなく、普通の人間としてスターク・インダストリーズをやり直そうと心に決めました。そこには、かつての自己中心的な男ではなく、真のヒーローの姿がありました。

悪役にも大スターが!「アイアンマン3」の主な登場人物とキャスト

【トニー・スターク(アイアンマン)役】ロバート・ダウニー・ジュニア(Robert Downey Jr.)

本作「アイアンマン3」において、トニー・スタークは今までとまったく違う面を見せます。彼は「アイアンマン」では会社のために戦い、「アベンジャーズ」では最後まで正義のために戦うことを渋っていました。そんな男が、初めて他人のために戦うのです。「アイアンマン」シリーズは、スタークの成長譚だったともいえます。

序盤でスタークは、パニック症候群に悩まされ、日常生活にすらスーツを必要としていました。今までスタークが強さだと信じてきたものは、財産や科学技術にすぎなかったのです。スタークは恋人のペッパーやハーレー少年から真の強さを教えてもらいます。ラストシーン、新しい人生に向かう晴れやかな表情のスタークはこれまでで一番魅力的です。

【ヴァージニア・ポッツ(ペッパー)役】グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)

シリーズを通してヒロインの立ち位置を務めてきたペッパーですが、どうしても「添え物」の印象は否めませんでした。「アイアンマン」とはトニー・スタークの物語であり、周囲の人間は彼の引き立て役にまわらざるをえなかったからです。しかし、本作のペッパーは違います。序盤からスタークにかわって会社を仕切る様は女性ファンからしてもしびれるでしょう。

また、スタークが戦闘に赴くたび心配するしかなかったペッパーも、本作では見どころが与えられています。悪役のキリアンさえ油断していたとき、彼女がどのように反撃するかは注目ポイントです。なお、スタークとペッパーの気になる今後は、そのほかのMCU作品でも語られていくので要チェックです。

【アルドリッチ・キリアン役】ガイ・ピアース(Guy Pearce)

シリーズ最強の敵といえるキリアンは、戦闘能力と知力をかねそろえているので手がつけられません。しかも、正々堂々とぶつかってくるのではなく、首謀者をでっちあげたり人質をとったりしてきます。彼がここまで卑劣な登場人物になったのは、スタークへの復しゅ心からです。スタークからすると、ささいな出来事が、キリアンのプライドをズタズタにしてしまいました。動画を見る人も、ふだんの行いは省みるようにしましょう。

キリアン役のガイ・ピアースは1994年の「プリシラ」で注目されたオーストラリア人俳優です。その後も「メメント」「ハート・ロッカー」などの傑作に出演しており、業界からもファンからも高い評価を得ています。

【マヤ・ハンセン役】レベッカ・ホール(Rebecca Hall)

美貌の学者、マヤは良心と悪の間で葛藤する登場人物です。彼がキリアンに近づいたのは、エクストリミスを世界に広められると信じたからでした。しかし、キリアンはエクストリミスを悪用し、彼を恐れるマヤは仕方なく協力を続けます。なお、マヤはスタークが過去に関係を持った女性でもあり、ペッパーのライバルとしても存在感を見せます。

演じるレベッカ・ホールはウディ・アレンやクリストファー・ノーランといった名匠からも寵愛(ちょうあい)を受けている演技派です。中でも2010年の「ザ・タウン」で演じたヒロイン役が多くの映画ファンの涙を誘いました。本作以降も「ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密」などの主演作に恵まれており、映画界で安定した活躍を見せています。

【トレヴァー・スラッテリー(マンダリン)役】ベン・キングズレー(Ben Kingsley)

極悪非道なテロリスト、マンダリンの正体は誰にも知られていない俳優でした。彼は女たらしで酒好き、才能もそれほどない男です。しかし、たまたま彼を見かけたキリアンが「おおげさなところがいい」としてマンダリンに抜てきされたのでした。マンダリンのアジトをスタークが襲ったとき、豪遊しているトレヴァーが出てくるのは本作でもっともコミカルなシーンだといえるでしょう。

演じるベン・キングズレーは「サー」の称号を持つイギリスの名優です。1982年「ガンジー」でアカデミー賞に輝いた後も、話題作からのオファーが絶えません。2000年代以降はハリウッド大作への脇役出演も目立つようになりました。

スタッフも前作から変更!「アイアンマン3」の作品情報

原題:Iron Man 3

公開年:2013

製作総指揮:ルイス・デスポジート、スタン・リー、チャールズ・ニューワース、ラルス・P・ウィンザー、ジョン・ファヴロー、ダン・ミンツ、ヴィクトリア・アロンソ、スティーブン・ブルサール

監督:シェーン・ブラック

脚本:ドリュー・ピアース、シェーン・ブラック