映画「幸せのレシピ」は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

おいしそうなレシピがたくさん登場することで話題の映画「幸せのレシピ」は、とても人気のある映画です。ラブストーリーでもある幸せのレシピをぜひ見てみたい、そう思っている人もいるでしょう。気になる話題の映画を、動画配信サイトで無料で見ることができます。幸せのレシピをまだ見たことがない人、これから見てみたいという人に、幸せのレシピはどの動画サイトで無料で見ることができるのか、また、映画の感想も含めご紹介します。

↓↓ビデオマーケットで初月無料無料トライアル中!↓↓
 ※ソフトバンクまとめて支払いでの決済を除く

幸せのレシピをビデオマーケットで見てみる


幸せのレシピは人生を変えるスパイスがいっぱいの映画!

映画「幸せのレシピ」は、ドイツ映画の「マーサの幸せレシピ」をアメリカのハリウッドでリメイクした作品です。この映画は、ある女性がセラピストとの会話からスタートします。セラピストから「なぜここに来たのか」と問われると、「オーナーの命令だからよ」とそっけなく、心ここにあらずの返答をする女性、その女性こそ主人公の「ケイト」なのです。ケイトは、ニューヨークマンハッタンの人気レストランで料理長をつとめる女性シェフ、頑固で融通がきかない堅物な性格です。人との付き合いが苦手で、お店のスタッフとも仕事だけの付き合いしかできず、ぎくしゃくしてしまうこともあります。

ケイトは仕事ひとすじで、料理を作ることに対しては手を抜かないし、信じることができるのは自分だけだと思っているのです。だから、誰にも頼らず1人で完璧に料理をこなしてきました。味の評判はよくリピーターも多いのですが、他の人を寄せ付ない性格がたまにきずです。真っ直ぐすぎる性格は、ときに、歯止めがきかない行動をとってしまうのです。レストランに来た知ったかぶりの客を、「通りの先にホットドッグの屋台があるわ、あなたにはソコがお似合いね」と追い返してしまうこともありました。しかし、この堅物なケイトですが、ある出会いをきっかけに、がらりと人生がかわっていきます。

それは、姉の死をきっかけに、引き取ることとなった姉の娘「ゾーイ」と、副料理長として雇われた「ニック」の存在です。ゾーイとニックの出会いから、自分の心に変化がおとずれ、今までの人との向き合い方や自分自身を見つめなおすことになりました。そして、この出会いによって、だんだんと人に寄り添うことを学んでいきます。それはやがて人を愛するということを知る、そして、自分を必要としてくれる人たちに対しての愛も知っていくのです。

さらに、幸せのレシピの映画には、おいしくて美しい料理がたくさん登場します。ケイトが作る料理のレシピは、ストーリーの展開とともに、美しく彩られていて、料理のレシピも物語になくてはならない主役の1つです。1人の女性が、自分の人生におとずれた出来事を通して幸せな自分へと導いていく、それは、今まで踏み出したくても勇気が持てなかったことでもあります。心あたたまるラブストーリーでもあり、料理映画ともいえるでしょう。

料理長ケイトを演じたのは「キャサリン・ゼタ・ジョーンズ」、姉の娘ゾーイは「アビゲイル・ブレスリン」、副料理長のニックは「アーロン・エッカート」が演じています。ハートウォーミングな物語とおいしそうなレシピは、見たあとにお腹いっぱいにしてくれることでしょう。また、キャサリン・ゼタ・ジョーンズの美しさも必見です。幸せのレシピは、無料で動画配信をしているサイトもありますので、今すぐチェックしてください。

幸せのレシピの見どころは?おすすめする3つのポイント

おすすめポイント1:グルメ好きにはたまらないケイトのレシピ

この映画のおすすめポイントは、なんといってもおいしそうな素晴らしいレシピのかずかずではないでしょうか。ケイトが作る完璧な料理は、物語の大切なポイントなのです。まじめな性格ゆえに、料理に対しての情熱が半端ではない、だからこそ美しい料理ができあがります。自分の料理は自分自身でもある、だからこそ人には任せておけない、ケイトは妥協を許しません。不器用な性格でまじめで一生懸命で、人との付き合いが苦手です。でも、仕事にかける情熱は誰にも負けません。

厨房での仕事ぶりは常に真剣で、他を寄せ付けないところがあります。そんなケイトを見ていると、自分と重ねてしまうところがあるかもしれません。一生懸命仕事にかける情熱が空回りして、周囲とうまくいかない、1人孤独に泣くこともあります。不器用で融通がきかないケイトと失意のゾーイの距離を縮め、2人がニックに心をひらきはじめたのも料理レシピのおかげです。ケイトが厨房で作るおいしそうなレシピは、この映画の鍵となるでしょう。

皿の盛り付けについても美しく演出されていて、グルメ好きにはたまらない映像が登場します。そして、幸せのレシピの動画を見ていると、「このレストランに行きたい」「おいしいものが食べたい」と思わずにいられません。

おすすめポイント2:ケイトの心に変化をもたらした出会いとは

人生にはいろいろな出会いがあり、出会いがきっかけで心に変化がおとずれることがあります。ケイトはある出会いをきっかけにして、今までと違う自分を発見していきます。ある日、ケイトの姉が交通事故で亡くなってしまいました。残された姉の娘9歳の「ゾーイ」を、ケイトが引き取ることになるのです。人との付き合いが苦手なケイトが、いきなり子供を育てていく、そんなことができるはずもなく、四苦八苦の毎日が続きます。

ゾーイとの接し方がわからないケイトは、しばらく休暇をとりゾーイと過ごすことになるのです。しかし、あまり距離が縮まるこはありませんでした。ケイトは休暇を終えて、久しぶりに職場に行くと、厨房には見知らぬ男性がいたのです。それは、副料理長として雇われた「ニック」でした。ニックとの出会いがさらにケイトの心を変えていくのです。

おすすめポイント3:ケイトとニックの恋はハッピーエンドで終わるのか

ケイトは久しぶりに復帰した職場で、副料理長として雇われたニックと出会います。ニックはケイトとは正反対の性格で明るく陽気、厨房での振る舞いは、オペラを流しながら料理を作り、いつもにこにこ笑っているのです。かなりのお調子者で、他のスタッフとも楽しそうに仕事をしています。ニックはケイトの凄腕を知り、その素晴らしいレシピを学べることに光栄だとケイトに告げるけれど、ケイトはそんなニックが気に入らないのです。

ケイトはあるとき、ニックが作ったまかないのパスタを口にします。パスタの味は悪くない、ケイトはだんだんとニックの味を認めていくのです。そんなケイトは相変わらずゾーイとの関係に悩む日々でした。ベビーシッターは役に立たない者ばかりで、まったくあてになりません。結局ベビーシッターはあきらめて、職場にゾーイを連れていくことになりました。ゾーイの心の傷は思ったよりも深く、ケイトが作る食事を口にしようとしませんでした。

ニックはそのことを耳にすると、厨房にいるゾーイの前でパスタを作り始めます。そして、自分が作ったパスタをゾーイに食べさせることに成功するのです。ゾーイが久しぶりにおいしそうに食べる姿を見て、ケイトはニックにそっと感謝するのでした。この瞬間が、ゾーイとケイトがニックに心をひらきはじめる瞬間なのです。ここから、3人の距離が徐々に縮まり、ゾーイを通してケイトとニックの間に恋が芽生えます。ケイトは今まで感じたことがない感情と、ニックへの愛情を深めていくのでした。

幸せのレシピはこんな人たちにも楽しんで欲しい!

食べ歩きが好きな人や料理を作るのが好きな人

幸せのレシピは、料理好きな人におすすめの映画です。美しい料理と盛り付けは食欲をそそるでしょう。料理映画は、料理を作ることが好きな人や、グルメが好きで食べ歩きが趣味の人に人気があります。料理のレシピや、お皿に盛り付けられた肉や魚介類の色とりどりの様子を見たいのです。また、レストランの雰囲気やインテリアなど、店内の様子も見て楽しめます。この映画の中のレストランは、ニューヨークのマンハッタンの中で1、2を競うほどおいしいと評判のレストランです。アメリカの高級なレストランの料理が体感できるのはうれしいですね。美しい料理を目で見て楽しめるところは、料理映画のよいところです。

飲食店ではたらく人や海外の料理に興味がある人

料理が登場する映画は、現在飲食店で働いている人にとってはとても魅力的な映画です。厨房の様子や、ケイトが料理を作るときの、手元の細やかな動きが何度も写ります。あわただしい厨房の様子は、見ていてスピード感があり臨場感があるのです。食材は何を使い、どのような味付けなのか、ソースはどんな材料を使っているのか、動画を見ると想像がつくでしょう。お皿に盛り付けをするシーンでは、美しい食器や食材について「これは使える」と参考になるかもしれません。

飲食店の厨房で料理を作っている人にとっては、映画から何かヒントを得たいと思うでしょう。あるいは、サーバーにとっては、「ワインのチョイスはこれがいいな」と想像を膨らませて見るかもしれません。海外の料理に興味を持っている人もいるでしょう。飲食店で働いている人にとっては、とても興味深い映画ではないでしょうか。

恋愛をしたくてたまらない人や恋愛進行形の人

不器用なケイトがゾーイとニックに出会ったことによって、だんだんと愛を知っていきます。人との関わりが下手、だから孤独になってしまう、そんなケイトの心を開いたのはニックの人柄でした。自分とは正反対の性格なのが、実はケイトには救いになったのです。それはゾーイにとっても同じでした。ニックの明るい性格と気さくな性格がゾーイの心をも開いていったのです。ゾーイの変化を目の当たりにしたケイトは、次第にニックを信頼していきます。そして、ニックもケイトの一生懸命で不器用なところに惹かれ、お互いに愛情が芽生えはじめました。

ニックに対して素直に愛情を示すことができず勇気がでないケイト、しかしゾーイが2人を引き寄せるのです。愛を確かめ合った2人、このままうまくいくのかと思ったところで、試練がおとずれます。ちょっとしたボタンの掛け違いで、ケイトとニックの間に不穏な空気が流れ始めました。ニックはレストランを辞めることになり、サンフランシスコのレストランに行くことになるのです。このことを知ったゾーイはショックを受け、家出をしてしまいます。うまくいかない3人の関係、ケイトは自分にとって大切なのは何かということに気づきはじめるのです。そして失いかけた愛を取り戻します。

幸せのレシピの動画を今すぐ無料で見たい!配信サイトをチェックしよう

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV ×
dアニメ ×
auビデオパス ×
Amazonプライムビデオ
Paravi ×

↓↓ビデオマーケットで初月無料無料トライアル中!↓↓
 ※ソフトバンクまとめて支払いでの決済を除く

幸せのレシピをビデオマーケットで見てみる

幸せのレシピをもっと知りたい!あらすじをご紹介【ネタバレ注意】


幸せのレシピのあらすじのご紹介です。ここから先はネタバレが含んでいます。ニューヨークのマンハッタンの人気レストランで料理長として働くケイトは、不器用で人付き合いが苦手な女性、堅物で頑固そして融通がきかないのが困りものです。店のオーナーはケイトを心配し、セラピーに通うよう命令します。しかし、ケイトはセラピストに対して心を開くことはありません。ケイトが信じているのは自分自身だけなのです。そんなある日、ケイトの姉が交通事故で亡くなってしまいます。姉の9歳の娘「ゾーイ」が1人残されてしまいました。

ゾーイにもしものことがあったときには、ゾーイの面倒をみてほしいと記された姉の手紙を見つけ、ケイトはゾーイを引き取る決心をします。姉の死を受け入れられないケイトは、1人厨房にこもり泣き崩れるのです。そんな様子を見ていたオーナーのポーラは、ケイトにしばらく休暇を取るように促します。急に家族が増えてしまったケイト、しかも子育てをするはめになってしまったのです。想定外のできごとにケイトはどうしてよいのかわからずにいました。

ゾーイもケイトに心をひらくことをせず、引きこもる毎日です。おいしい頭つきの料理を作っても、ゾーイはまったく口にしませんでした。ゾーイは母を失った失意のどん底にいたのです。そんなゾーイの悲しみを知りながらも、今まで1人で誰とも心を通わせることもなくすごしてきたケイトは、ゾーイに寄り添う術を知りませんでした。休暇を終え、ケイトはベビーシッターを雇い、レストランに復帰することにしたのです。久しぶりに店に行くと、そこには見知らぬ男性がいるではありませんか。オーナーが雇った副料理長の「ニック」でした。

ニックはケイトとは正反対で明るい性格です。厨房にはオペラを流し、楽しそうに料理をするかなりのお調子者のニックは、ケイトに、一緒に仕事がしたかったのだと伝えます。なぜなら、ニックはケイトが作るサフランソースのレシピを学びたかったのです。しかし、ケイトはニックを受け入れられないでいました。ある日、ニックは自分が作った賄いのパスタをケイトに食べさせます。ケイトは、ニックのパスタがおいしいと感じたのです。次第にニックの味を受け入れ、認めるようになりました。

そして、ケイトが帰宅すると1人寂しく部屋に閉じこもるゾーイの姿があったのです。ベビーシッターはすでに帰宅してしまい、誰もいませんでした。みかねたケイトは、ベビーシッターは雇わず職場にゾーイをつれていくことにしたのです。あいかわらずゾーイは、ケイトの料理をなかなか食べてくれません。ニックはそのことを知り、厨房にいるゾーイの目の前で、自分が作ったパスタをおいしそうに食べはじめます。スタッフに呼ばれたニックは、パスタをゾーイに渡しその場を離れると、ゾーイはそのパスタを夢中で頬張り始めるのです。

ケイトはその様子を見て、ニックに「ありがとう」とそっと伝えるのでした。ある日、臨月のスタッフが破水をしてしまいます。ケイトはてんやわんやになり、ゾーイを学校に迎えにいくことを忘れてしまいました。ゾーイはそんなケイトが許せない、ゾーイの態度にケイトも腹が立ってしまい、けんかをしてしまいます。自分の態度に反省をしたケイトは、ゾーイに謝り、1つだけ何でもいうことを聞いてあげると伝えたのです。ゾーイの願いは、ニックと自宅で一緒に料理を作ることでした。

ニックは快く受け入れ、ケイトの自宅を訪れたニックは、ゾーイと2人でピザを作り始めます。楽しい食事をした3人は、距離がいっきに近づいた瞬間でした。ケイトはニックに惹かれはじめているけれど、なかなか素直になれず、自分の気持ちを伝えることができずにいたのです。ある日小学校から、ゾーイが授業中居眠りをしていること、レストランで手伝いをしていることは問題だと忠告を受けます。ゾーイは児童福祉施設に入ることになるだろうと言われたのです。

ケイトはゾーイに店に連れて行くことができなくなったと話しますが、ゾーイは納得がいかずショックを受け落ち込みました。夜中に1人母親のビデオを見ているゾーイ、そんなゾーイの姿を見たケイトは、ゾーイにそっと寄り添います。翌日2人はずる休みをしてしまいました。1日楽しく過ごした2人は、やっとお互いの距離が縮まったのです。そして、ケイトとニックもぐっと距離を縮めます。それは、ニックが兼ねてからケイトのサフランソースのレシピを学びたいと言っていたことにありました。

ニックは自分で作ったサフランソースをケイトの自宅へ持っていき、ケイトにレシピを当ててもらうのです。ケイトはもちろん当ててしまいます。サフランソースが2人の距離を縮め、その日2人は結ばれるのです。そんな2人を見て何やら感じ取ったゾーイは大喜びし、家族のような3人の関係はこのまま続くと思われました。しかし、ケイトの勘違いからニックと再び距離ができてしまうのです。ある日、ケイトは、オーナーがニックを店の料理長にしたいということを知ります。

ケイトはニックに裏切られた、料理長の座を狙っていたのだと勘違いしてしまったのです。ニックはポーラからの申し出を断っていました。そのことをしらないケイトはニックを責め、ニックは店を辞めてしまうのです。ゾーイはニックともう会えないことを知り、家出をしてしまいます。途方に暮れたケイトはニックに助けを求め、2人でゾーイを探すのです。ゾーイが行きそうな場所、それは母親が眠る墓地でした。ケイトは自分自身を責めます。このことがケイトを新たな一歩を踏み出させたのです。

サンフランシスコのレストランでシェフをすることとなったニックに、お祝いのメッセージを送るケイト、しかし気分は晴れません。そんな中、レストランに来ていた客が何やらクレームを言いだしたのです。ケイトが完璧に焼き上げたレア肉に対して、焼き加減が悪いと言い出しました。その瞬間ケイトは何かがふっきれたかのように、そのクレームを言っている客に反撃したのです。そして、慌てるポーラを尻目にケイトは店を出て行きました。

ケイトは、大切なものが何なのかようやくわかったのです。さて3人の行方はというと、ハッピーエンドで終わるのか気になるところですね。動画を見終わったあとに、きっとほっこりとした暖かいものが残ることでしょう。

幸せのレシピの注目したい登場人物とキャストたち!

【ケイト・アームストロング】キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(Catherine Zeta Jones)

幸せのレシピの動画の登場人物を紹介していきます。ケイトは今まで何でも1人でやってきました。料理に対してもそうで、周囲のスタッフに任せることはしません。完璧主義者のケイトは、イライラしながらも全てをこなしてしまいます。厨房は唯一の自分の居場所、誰にも邪魔されたくない、そんなケイトはただ、真面目で真っ直ぐな女性なのです。料理が大好きでたまらない、その情熱がいろいろな料理にあらわれています。

完璧に仕上げる料理のかずかずは、マンハッタンの中でもおいしいと評判になり、人気のあるレストランになりました。ケイトの料理が食べたくてレストランに訪れる常連客もいるほどです。

【ニック・パーマー】アーロン・エッカート(Aaron Eckhart)

ニックは陽気でお調子者、いつもにこにこ笑顔なのが特徴です。周囲を楽しませる天才のニックは、ケイトの堅物で頑固な性格をときほぐしていきます。ニックの明るさと気さくさがケイトとゾーイの心をひらいていきました。2人にとっては救世主のような人です。もともとサンフランシスコのお店にシェフとしてスカウトされていたニックは、ケイトのサフランソースのレシピを学びたくて、スカウトを断り、ケイトと一緒に働くことにしました。ニックもまた、ケイトの料理のファンだったのです。

【ゾーイ】アビゲイル・ブレスリン(Abigail Breslin)

ゾーイはケイトの姉の一人娘で、わずか9歳で母を自動車事故で亡くしてしまいます。ゾーイは母の妹(叔母)のケイトに引き取られますが、母親を亡くした悲しみから、なかなか立ち直れませんでした。ケイトに対して心をひらくことができず、ケイトが作る料理を食べることもしなかったゾーイは、ニックと出会ってからかわりはじめます。ゾーイはニックの作ったパスタを食べたことをきっかけに、ニックに心を開きはじめたのです。

ゾーイは毎日厨房でケイトとニックと過ごすことで、次第に明るさを取り戻していきました。ゾーイにとっては母親を失った悲しさを忘れることができる時間です。ゾーイもケイトと同じように、厨房が自分の大切な居場所になっていきました。

【ポーラ】パトリシア・クラークソン(Patricia Clarkson)

ポーラはマンハッタンの人気レストランのオーナーです。ケイトはポーラに雇われているシェフで、ケイトの腕を信頼してはいるけれど、堅物な性格のため、周囲とのスタッフとうまくいきません。店の客にまで文句をいってしまうケイトを心配して、セラピーに行くよう命令します。料理の腕は一流だけど、性格がいまいち、そこを何とかしなければと考えたのです。ある日ケイトの姉が亡くなったことを知り、ケイトが厨房で1人泣き崩れる場面を見てしまいます。

ポーラはケイトに休暇を取るように促しますが、ケイトがいない間に副料理長のニックを雇ったのです。ケイトとは性格が全く違うニックですが、スタッフとの関係は良好でした。そんなニックは料理の腕もよく、次第にニックを信頼するようになります。ポーラは店の料理長になってほしいとニックに打診していたのです。しかしニックは受け入れることはありませんでした。そのポーラの行動がきっかけで、ケイトとニックの仲にひびがはいってしまいます。

最終的には、ポーラは2人を失うことになるのです。店のオーナーとしては、店のことを考えると仕方がない選択だったのでしょうが、今まで店のために尽くしてきたケイトを料理長から外すという点では、ポーラはこの物語の悪役だと言わざるを得ません。

【セラピスト】ボブ・バラバン(Bob Balaban)

この映画はケイトがセラピストとの会話からスタートします。セラピストは、ケイトの心の声を引き出そうとしますが、オーナーに命令されて来ているだけというケイトは、なぜセラピーを受けているのかも理解していない様子でした。セラピストは幾度となくケイトと面談をし、ケイトの話に耳を傾け、アドバイスをしていきます。そして物語の終盤、セラピストとこんなやりとりで締めくくるのです。ケイトが「人生の料理本があればいいのに、レシピが何をすればいいか教えてくれるのよ」と言うと「それは、誰よりあなたがご存知でしょう。自分で作ったレシピが最高だってね」とセラピストが応えます。

幸せのレシピの作品情報はこちら!

原題:No Reservations

公開年:2007年

製作総指揮:スーザン・カートソニス、ブルース・バーマン

監督:スコット・ヒックス

脚本:キャロル・フックス

※本ページの情報は2018年12月時点のものです。