映画「カーズ」は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

カーズ 海外ドラマ

映画「カーズ」が動画配信サービスで配信中です。カーズは、ウォルトディズニーピクサーが2006年に公開したアニメーション映画です。2006年公開の映画ですが、映像がとても綺麗で現在のアニメーション映画と比べても遜色なく見ることができます。

カーズは大人気シリーズの1作目であり、本作の他に続編が2作品公開されています。そんなおすすめの映画「カーズ」の感想と動画配信サイトを使って無料で見る方法についてご紹介します。

↓↓ビデオマーケットで初月無料無料トライアル中!↓↓
 ※ソフトバンクまとめて支払いでの決済を除く

カーズをビデオマーケットで見てみる


カーズは仲間の大切さを教えてくれる映画!

カーズは、一匹狼の天才ルーキーであるライトニング・マックィーンが大切な仲間との出会いを通して成長していくカーレーシングアニメーション映画です。ディズニーピクサーがMr.インクレディブルの次に作成した大人気映画となります。2011年にはカーズの2作目である「カーズ2」、2017年には3作目である「カーズ/クロスロード」が公開されています。

他にも、スピンオフの作品が作成されています。作中に人間は一切登場せず、車が話したり遊んだりと人間のような生活をしている世界が舞台です。主人公であるマックィーンはレーシングカーですが、中に人間は乗っておらず自分の意思で走ります。レーシングカーであるのと同時にレーサーでもあるのです。

レース自体がストーリーの中心ではなく、マックィーンの成長や人とのつながりがストーリーの中心となります。レースに詳しくなくても車好きでなくても楽しむことができるおすすめの作品です。登場する車はどれも人間味にあふれていて、仕草や表情は人間そのものです。姿が車である登場人物たちを人間のように感じさせるディズニーピクサーのアニメーション技術は本当に素晴らしいとしか言いようがありません。「こちらへどうぞ」という言葉を使わずに表現することは人間であれば手の平を表にし、誘導する方向に向ければ簡単ですが、車で表現することは簡単ではありません。しかし、カーズでは「こちらへどうぞ」も車の身振り手振りでしっかりと伝わる表現力です。車の外見が持つ硬さをやわらげ、本来の車の可動域を超えた動きを不自然に感じさせないなどの工夫が施されています。

さまざまな工夫により、車が生きる世界の映画のはずが、人間が生きている世界と重なって見える映画です。人間が持つ願いや悩み、思いやりを車に置き換えることで、よりわかりやすく伝わるようになっています。本当に面白い作品なので時間が空いたときに手軽に見られる動画配信サービスでもチェックしてみてください。

カーズが面白い映画な理由!3つのポイント

おすすめポイント1:キャラクターの個性が豊か!

登場人物が全て車であるため、キャラクターの区別をつけるのが難しそうに思えますが、それぞれの個性が強く区別が容易です。まず、レーシングカーやレッカー車、トラックに高級車や軽自動車などさまざまな個性を持った車が登場します。パトカーは速度違反を取り締まり、消防車は水を出すなど車の役割をしっかり守っているためキャラクターが理解しやすいです。カーズのキャラクターは、車としての個性に加えどこか共感してしまう人間性も持ち合わせています。キャラクターの正確に一貫性があるため「こういう性格の人いる!」など親近感を覚えやすいです。それぞれのキャラクターが自分のテーマを持っており、主人公であるマックィーンは関わるキャラクターから少しずつ大切なことを教わります。登場人物一人ひとりの抱える状況が非常に生々しいことも作品の特徴として挙げられます。主人公であるマックィーンは、レースで勝つことが全てで心を許せる友人がいません。他には、都会での華やかな生活に疲れたキャラクターや圧倒的な人気を誇っていたが一度の挫折で元には戻れなくなってしまったキャラクターがいます。マックィーンと対称的なキャラクターは錆びだらけの車体ですが仲間がいる幸せなキャラクターです。さらに、移動時間を10分短縮するために作られた高速道路によって車通りがなくなり、廃れて地図から消されてしまった町が出てきます。現代の人間社会の中で共感できる内容がキャラクターに強く反映されています。

おすすめのポイント2:レース中のマックィーンが最高にかっこいい!

主人公のマックィーンのレースシーンがとてもかっこいいです。マックィーンがたくさん走っているレーシングカーをごぼう抜きしていくシーンは特に爽快です。マックィーンはレースが始まる前に「集中、集中、僕は速い。レースで勝つのはただ1台。でも、勝つのは朝飯前。朝飯?そういえば朝飯食べたっけ?食べときゃ良かった。いや、集中。僕は誰よりも速いライトニング、イナズマ」とユニークを混ぜながらも一番になるために自己暗示をかけており、とても人間味を感じます。ただ速い車なのではなく、どこか応援したくなるような一面を持っているマックィーンが活躍するシーンは見ていて本当にかっこいいです。ストーリーの始まりのレースでは、他のレーシングカーを抜きさる方法や表情に天才ルーキー感があふれ出ています。恐いもの知らずで、常識破りのレースをしていて憧れを抱く程かっこいいです。それに比べ、ストーリー最後のレースでは、作中の出会いで得てきた成長をマックィーンから感じることができます。さらに、作中で得た仲間に教わったことその助けを一つ一つ使いレース中の苦難を乗り越える姿は、序盤とは一味違いかっこいいです。序盤のマックィーンでは襲い掛かる苦難を乗り越えることが不可能であったことを実感します。

おすすめポイント3:大人も子供も物語から得られるものがある

おすすめポイント1で紹介したとおり、カーズに登場するキャラクターは人間味にあふれていることが特徴です。車の形では表現が難しい人間の身振り手振りや微妙な表情の変化もしっかりと伝わります。そんなキャラクター達の思いや願い、気持ちの変化に共感できる部分や学べる部分があり、見る人によって感じることが違うというのもポイントです。アニメーション映画だから子供しか楽しめないといったことはなく、大人こそしっかり見てみると現在の自分や過去の自分、周囲の人に重なることがあります。大人と子供が心から一緒に楽しめる映画はなかなかありません。また、動画配信サービスであればカーズを見終わった後、続けてすぐに続編の2作品を見ることができるので長く楽しむことができます。

特にカーズをおすすめしたい!カーズを見て欲しい人の特徴

親子で一緒に見たい人

子供に大人気のピクサー映画なので子供は楽しめます。続編が2作品公開されていることも人気の裏づけです。また、ストーリーがしっかりしているため、大人も楽しむことができます。親子で一緒に視聴したあとカーズの話で盛り上がることも可能です。さらに、自分勝手なマックィーンが人の優しさに触れて人とのつながりの大切さを知っていくストーリーなので子供の教育にも良い作品となります。

子供がまだ小さいのであれば、今のうちに一度一緒に視聴し、何年か後にもう一度見てみるのもカーズの楽しみ方の1つです。小さい頃は楽しいアニメーション映画として見ていても、数年後には何か感じるものが増えていて、小さい頃とは違った反応が見られるかもしれません。親としては子供の心の成長を実感できる貴重な機会となります。人とのつながりのあたたかさがテーマの映画を親子で見ることは、親子関係や子供の心を豊かにする大切な時間になると思います。

目標に向かって努力している人

主人公のマックィーンはピストンカップという大きなレースで優勝することが目標でありそのために頑張っています。マックィーンが偶然出会う仲間たちは廃れてしまった町の復興が願いです。作中には目標に向かっているキャラクターが多く登場し、上手くいかなかったり気がかりなことがあったりしても試行錯誤しながら努力しています。目標に向かって努力している人であれば、共感や勇気を得ることができカーズをさらに楽しめます。また、カーズは一匹狼として仲間を大切にせずピストンカップを目指していたマックィーンが大切なものを知っていくストーリーです。

自分とマックィーンを照らし合わせ、自分に足りないものや持っているものを再確認できる機会にもなります。子供であれば、マックィーンがする経験や成長は勉強やクラブ活動、家族や友人への接し方に直に関係することです。大人であれば、複雑な人間関係や社会状況により悩み惑わされることが多い中で、本当に大切なものは何か考え直すきっかけになります。また、主人公マックィーンの成長だけでなく、他のキャラクターにも学ぶことがたくさんあります。動画配信であれば休憩時など空いた時間で見ることが可能なのでぜひ見てみてください。

落ち込んでいる人

カーズに登場するキャラクターは、思いどおりの状況に置かれていない場合が多いです。それでも人への優しさを大切にし、前向きに支えあって生活しています。主人公が挫折を乗り越える物語は多いですが、カーズのストーリーでは主人公のマックィーンよりも他のキャラクターが挫折を経験している場合が多いです。必ずしも優れている訳ではない脇役たちが、時に挫折に負け、時に挫折を乗り越えようとする姿はかっこいいです。自分一人に挫折を乗り越える力がなくても、人とのつながりを大切にすることで乗り越えられたり、違った答えを出せたりすることを教えられます。何かで落ち込んでいる人がこの映画を見れば、前向きな気持ちになれたり勇気が湧いたりしてくるかもしれません。

カーズは無料で見られるの?動画配信サービス比較

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT ?別途料金
Netflix ×
ビデオマーケット ?別途料金
フジテレビオンデマンド ×
dTV ?別途料金
dアニメ ×
auビデオパス ?別途料金
Amazonプライムビデオ ?別途料金
Paravi ?別途料金

↓↓ビデオマーケットで初月無料無料トライアル中!↓↓
 ※ソフトバンクまとめて支払いでの決済を除く

カーズをビデオマーケットで見てみる

カーズのあらすじを紹介!※ネタバレを含むので注意

ピストンカップの始まりからラジエータースプリングスに出会うまで

物語はピストンカップという大規模なレースから始まります。主人公のライトニング・マックィーンはレース界に突然現れた無名の新人です。デビューした年にピストンカップで優勝すれば史上初の快挙となります。主人公に対抗する車が2台おりキングとチックです。キングは、ダイナコ石油という最大のスポンサーのもとで何年も活躍した有名なレーシングカーです。今回のピストンカップで引退することを表明しています。チックは実力者ではありますが、キングに敗れ続けておりいつも2番手のベテランです。マックィーンは突如現れた新人ルーキーであるためファンが大勢おり大人気でした。

マックィーン、キング、チックの3台がダントツで速くピストンカップを争っていました。レース中、マックィーンはチックの妨害を受け後順位へ下がってしまいました。そこで、マックィーンはレース途中にタイヤ交換を行うはずのピットインをせずに走り続けました。マックィーンはクルーチーフをクビにしていたため、それを止める者はいませんでした。ピットインの時間を短縮したマックィーンは再び優勝争いにくい込みます。さらに、次のピットインもせずに走り続けたマックィーンは1位でゴール付近までいきますが、ゴール目前でタイヤがバーストしキングとチックに追い上げられました。マックィーンは何とか走り続けゴールしますが同時にキングとチックもゴールし3台同着となり、カルフォルニアに場所を移した一週間後の再レースで優勝を決めることになります。

レース後もピストンカップで優勝することだけが人生の全てと考えるマックィーンは仲間を大切にしませんでした。キングの引退後ダイナコ石油をスポンサーにつけたいマックィーンとチックは、先にカルフォルニアに着いてダイナコ石油と仲良くなった方が契約に有利と考えます。そこで、マックィーンは自分をカルフォルニアまで運んでくれるトラックのマックを夜通し走らせカルフォルニアに先に着こうとしました。しかし、マックは居眠り走行をしてしまい、ドアの誤作動でルート66にマックィーンを置いていってしまいます。その後、地図から消えた町ラジエータースプリングスに迷い込み事故でメイン道路を破壊してパトカーであるシェリフに捕まりました。

マックィーンの心の変化

ラジエータースプリングスで捕まったマックィーンは、道路の補修を命じられました。世間では行方不明とされているマックィーンは、早くカルフォルニアにいってダイナコ石油に近づくため脱走を試みます。しかし、ラジエータースプリングスの住人に阻止され脱走は失敗に終わりました。そこで、ドック・ハドソンにレースを持ちかけられ、勝てれば帰って良いと条件を出されます。マックィーンはハドソンに敗れ、道路の補修をすることになりました。

マックィーンは道路補修の合間にハドソンとレースをしたコースに行き練習をします。しかし、うまくいかず、偶然現れたハドソンが助言をしますが、マックィーンが受け入れることはありませんでした。ラジエータースプリングスに滞在中、最初は距離を置こうとしていたレッカー車のメーターやポルシェのサリーと仲良くなり、マックィーンは徐々にラジエータースプリングスの住人に心を許していきます。マックィーンは、ハドソンの倉庫で偶然優勝カップを見つけ、ドック・ハドソンがシーズン最多勝、ピストンカップでレースの帝王と呼ばれた伝説のハドソン・ホーネットであることを知りました。ラジエータースプリングスの住人は誰も信じませんでしたが、マックィーンはハドソンになぜ突然レース界から消えたかを問います。

ハドソンはレースでクラッシュし、修理後レースに戻ろうとしたが誰も受け入れてくれなかったことを明かしました。それに比べ、ラジエータースプリングスの住人は思いやりにあふれていると心の内を明かします。マックィーンは、ハドソンに「自分以外の誰かのために何かしたことがあるか?」と問われ心に変化が起きました。

マックィーンの恩返しとラジエータースプリングスとの別れ

道路を補修し終わり自由の身となったマックィーンは、すぐにカルフォルニアに向かうことを止め、ラジエータースプリングスの住人への恩返しを始めました。お世話になった住人1台1台に恩返しをし、また住人もそれに応えます。そんな最中、行方不明中のマックィーンのもとにマスコミやマックが現れました。大勢のマスコミの勢いに圧されラジエータースプリングスの住人に別れの言葉も言えずにマックィーンはトラックに乗せられカルフォルニアに連れて行かれます。ラジエータースプリングの住人はとても悲しみますが、マックィーンの居場所をマスコミに教えたのはハドソンでした。サリーは、ハドソンが自分からレースを遠ざけたいだけの自分勝手な行為だと非難します。

ピストンカップでの再戦

マックィーンは、無事ピストンカップ再レースに出場しますが、ラジエータースプリングスのことが忘れられず、レースに集中できずキングとチックに遅れをとります。しかし、レース中にラジエータースプリングスの住人が現れ、ハドソンがクルーチーフとしてマックィーンに声をかけました。マックィーンは調子を取り戻し、キングとチックに追いつきます。マックィーンはチックの妨害を受けますが、ラジエータースプリングスの住人の助けにより好調な走りを見せ逆転しました。

マックィーンは1位で独走中、チックが追いつこうとし、邪魔なキングをクラッシュさせます。キングは走行不能になりました。キングのクラッシュに気が付いたマックィーンはゴール寸前で止まります。その間にチックが追いつきゴールしてピストンカップの優勝を逃してしまいました。しかし、マックィーンはピストンカップの優勝を捨てクラッシュしたキングのもとに行きます。クラッシュしたキングの姿を過去にクラッシュして引退したハドソンに重ね、キングを後ろから押してゴールさせようとします。

以前のマックィーンなら気に留めることはありませんでしたが、ラジエータースプリングスの住人との出会いで本当に大切なものに気が付くことができました。マックィーンは賞賛され、目標であったダイナコ石油からスポンサー契約を申し出られますが、今まで支えてきてくれたスポンサーを大切にしたいと契約を断ります。その後、マックィーンはチームの本拠地をラジエータースプリングスに移し、再び町を地図に載せる恩返しを果たしました。あらすじでネタバレした部分も多くなりましたが、カーズは何度見ても楽しめる作品ですのでぜひ動画をご覧ください。

魅力が多い!カーズの主要な登場人物キャストを紹介!

【ライトニング・マックィーン役】声優 オーウェン・ウィルソン(Owen Wilson)/土田大

レース界に突如現れた無名のルーキー。車体は赤で95番。デビューした年にピストンカップで優勝して史上初の快挙を目指しています。大人気でファンも多いが本当の親友と呼べる仲間はいなくピストンカップの会場に招待する友達もいませんでした。ストーリーの序盤では、レースで勝つことが人生の全てと考えており、他のことを気に留めず、レースで勝てば良いと考えていました。ラジエータースプリングスでの出会いでマックィーンの心は大きく動き、本当に大切なものとは何かを考えます。

ストーリーの後半では、ピストンカップで優勝することより大切なことに気がつきます。レーシングカーであるため、サイドミラー・クラクション・ヘッドライトがついていません。サイドミラーがないためバックを苦手とし、クラクションの代わりにごう音のエンジン音を使うシーンがあります。また、ヘッドライトの代わりにステッカーを貼っているため、サリーにはステッカー君と呼ばれています。サリーのことが好きであり、サリーと恋人になります。

【メーター役】声優ラリー・ザ・ケーブル・ガイ(Larry the Cable Guy)/山口智充

全体がさびたレッカー車でお調子者の性格。ラジエータースプリングスでレッカー業者として働く住人。左のライトとボンネットが欠けています。作中で20年前になくしたボンネットを見つけるがすぐに崖の下に落としてしまいます。ラジエータースプリングスが廃れる前は車体がまださびておらず水色でした。作中で牛として扱われるトラクターをクラクションで驚かせてひっくり返すトラクター転がしが趣味です。最初からマックィーンを気に入り親友となりました。

バックではマックィーンも驚くほどの走行テクニックを持っており、メーターが教えたバックはレース中にチックの妨害を受けたマックィーンを助けることになります。ヘリコプターで空を飛ぶのが夢で、ストーリーの最後にはマックィーンがダイナコ石油にお願いしメーターの夢をかなえます。壁のない屋根と柱だけの家に住んでいます。お調子者ですが、マックィーンとサリーが話せるようにマックィーンをレッカーするなど気の利く一面も持っています。ドライブで訪れた滝の前の橋を通る際に見せた美しさがマックィーンの心に残り魅了しました。

【サリー役】声優ボニー・ハント(Bonnie Hunt)/戸田恵子

きれいなポルシェ。ラジエータースプリングスでコージー・コーン・モーテルというコーン型の宿泊施設を経営している住人。ラジエータースプリングスに来る前は、都会で弁護士として華やかな生活を送っていました。生活に疲れ気晴らしにルート66を走行していたところ故障してしまいラジエータースプリングスで修理を受け、住人の優しさと広大な景色にひかれそのまま居つきました。栄えていた頃のラジエータースプリングを知らず、復興させようと尽力しています。また、レーシングカーであるため、ドライブをしたことがないマックィーンにドライブの楽しみ方を教えます。

【ドック・ハドソン役】声優ポール・ニューマン(Paul Newman)/浦山迅

過去ピストンカップを3連覇し、シーズン最多勝を獲得・レースの帝王と呼ばれた伝説のレーシングカー。ラジエータースプリングスでは医者と裁判長を務める住人。レース中にクラッシュし、修理してレース界に戻ったが受け入れられなかった過去を持っています。それ以来レース界に戻らない戒めとして自分のクラッシュが書かれた新聞を部屋に貼り、レースを遠ざけてきています。最初にマックィーンを見た時もすぐに町から追い出そうとしました。

引退後かなりの期間があいた今でもレーステクニックは衰えていません。マックィーンの居場所をマスコミに教え、マックィーンをラジエータースプリングスから出しました。サリーにマックィーンを遠ざけたのはみんなのためでなく、レースから遠ざかりたい自分のためだと指摘され、考え直しピストンカップの会場を訪れました。マックィーンのクルーチーフとなり、マックィーンのレースを支えることとなります。ハドソンがピストンカップに姿を現した際、伝説のハドソン・ホーネットが帰って来たと観衆が盛り上がりました。

どの登場人物もストーリーの中で大きな役割を持ちます。カーズの動画を見る際は特に注目してみてください。

おすすめ映画!カーズの作品情報を紹介

原題:Cars
公開年:2006年
監督:ジョン・ラセター
脚本:ジョン・ラセター
※本ページの情報は2018年12月時点のものです。