映画「カーズ2」は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

カーズ2 アニメ

大ヒットを生んだ「カーズ」の続編であるカーズ2は、前作を超えたアクション映画に仕上がっていると評判です。そのため、「映画館での公開を逃してしまったけれど、カーズ2を見てみたい」と感じている人も多いでしょう。また、すでに見た人の中にも、もう一度見たいと感じている人も見られます。

そんなカーズ2は、動画配信サイトで無料で見ることができるのでしょうか。そこで、今回はカーズ2の動画を配信しているサイトを紹介し、無料で見る方法や映画の感想を詳しく紹介します。

↓↓ビデオマーケットで初月無料無料トライアル中!↓↓
 ※ソフトバンクまとめて支払いでの決済を除く

カーズ2をビデオマーケットで見てみる


カーズ2ってどんな映画なの?

車が主人公のスパイアクションアニメ

「カーズ2」は、大人気だった前作「カーズ」の続編として、ピクサー映画からリリースされた映画です。それまでピクサー映画は「トイ・ストーリー」シリーズしか長編映画の続編を撮ってきませんでした。そのため、カーズ2はトイ・ストーリー以外で初となる続編長編作です。この作品のメガホンをとったのはジョン・ラセターとブラッド・ルイスの2人であり、共同監督として肩を並べています。

カーズの続編として描かれてた作品ですが、前作とは異なる点があります。というのも、前作で主人公を努めた「ライトニング・マックィーン」ではなく、その親友の「メーター」を中心に描かれているのです。メーターの天然キャラが存分に生かされたストーリー展開であり、マックイーンとの友情もテーマにとして描かれます。ふんだんに盛り込まれたアクションシーンや、潜入捜査といったスパイ要素も楽しめるスパイアクション映画です。

日本も舞台に!世界中を駆け回って繰り広げられる展開

動画配信サイトで人気のカーズ2は、日本・フランス・イタリア・イギリスといった世界各地を舞台にストーリーが展開していきます。作品を制作するにあたり、日本では銀座・新宿・渋谷のロケハンが行われました。劇中では東京タワー、皇居、富士山、歌舞伎座、国技館などが登場します。また、日本のシーンではPerfumeの「ポリリズム」が劇中歌として使用され、ファンを魅了したのです。そのおかげで、日本では前作を8億円も上回る興行収入を記録しています。

ピクサー25周年の記念すべき作品

カーズ2は前作から5年ぶりに制作された映画です。また、ピクサー映画設立25周年を記念した作品でもあります。前作のカーズもピクサー映画の20周年の年に公開されていますので、カーズシリーズがピクサー映画にとって特別な作品であるといえるでしょう。ラセター監督においても、カーズ2を前作とは違うものに仕上げたいという強い意気込みを持っていました。そういった理由から、前作の田舎を舞台にした作品から一転し、世界中を駆け回る一代エンターテイメントムービーに仕上げています。ピクサー映画の25周年にふさわしい豪華な内容は必見です。

これを知ったら見たくなる!カーズ2のおすすめポイント3つ

おすすめポイント1:ジブリ作品と関係が?キャラクターにサツキとメイが登場

カーズ2では、東京国際空港の受付カウンターで働く双子の姉妹として「メイとサツキ」というキャラクターが登場します。この名前は、スタジオジブリの作品として世界的に有名な「となりのトトロ」に登場するキャラクターと同じです。なぜなら、スタジオジブリとカーズ2の間は親密な関係性があるからです。まず、カーズ2を監督したジョン・ラセターは、ジブリ作品をリスペクトしている人物であることが知られています。ストーリーに行き詰った時には、ジブリ作品を見て新たな発想を得ることもあるのです。

また、ジョン・ラセターは2002年に公開された「千と千尋の神隠し」以降、英語版のジブリ作品の制作に携わっています。さらに、2009年に公開されたジブリ作品の「崖の上のポニョ」では、ジョン・ラセターが英語吹き替え版の監督を努めているのです。そのうえ、ジブリ作品の配給やプロモーションまで担当しています。スタジオジブリの宮崎駿監督も、ピクサーでの公演など、ピクサー映画と長きに渡って交流を続けてきました。このような世界的な2大アニメスタジオの交流によって、カーズ2におけるメイとサツキのキャラクターは生み出されています。

おすすめポイント2:新たに登場する7台のキャラクター

カーズの続編であるカーズ2では、前作でおなじみのメーターやマックィーン、サリーの他にも新しいキャラクターが7台も登場します。そのなかには、日本出身のルマンレーサーである「シュウ・トドロキ」や、世界ラリー選手権のレーサーであるフランス出身の「ラウル・カルウレ」が見られます。さらには、ブラジル出身の「カーラ・ヴェローゾ」などの国際色豊かなキャラクターが含まれているのです。

劇中では2台のスパイキャラがマックィーンとメーターを助け、悪役キャラと戦うシーンが映し出されます。この悪役のうち、無愛想なAMCグレムリンは「グレム」、おんぼろのAMCペーサーは「エイサー」という名前です。グレムとエイサーが巻き起こす大騒動に「ホリー・シフトウェル」と「フィン・マックミサイル」がスパイヒーローとして活躍します。この7台によって前作から見事なパワーアップを果たしたカーズ2は、エンターテイメント性を向上させ、観客を魅了する作品に仕上がっているのです。

おすすめポイント3:あらゆるもののクルマ化が止まらない

前作のカーズでも、あらゆるものを「カーラファイ=クルマ化」してきたジョン・ラセター監督ですが、カーズ2でも徹底してあらゆるものがクルマ化されています。なかでも、今作では、レースが行われる年を代表する建造物までもがクルマ化されているのが特徴です。まず、イギリスでのレースでは、ロンドンの有名なセントポール大聖堂のドーム型の屋根が車のデフ・ギアケース型として登場します。ビッグベンは「ビッグ・ベントレー」として登場し、実物の2.5倍もの大きさで描き出されているのです。

また、イタリアの舞台となったポルト・コルサは架空の港町ですが、イタリアのポルトフィーノやフランスのニースがモデルとなって作られました。ポルト・コルサ・マリーナはクルマ化されたカジノであり、クラシックなイタリアンカーとして描かれています。さらに、フィアット500トッポリーノ形の岩の家に建てられているというこだわりも見られるのです。

細部にまでこだわりぬいて世界的に有名な建造物をクルマ化したカーズ2は、見ているだけで世界中を旅している気分に浸れます。動画配信サイトでも、あらゆるもののクルマ化が楽しめますので、ジョン・ラセター監督のこだわりを探してみるのがいいでしょう。

こんな人はカーズ2を楽しめる!

トイ・ストーリーが好きな人

ピクサー映画が制作する作品は、作品同士のオマージュやトリビアが数多く存在することで知られています。そのため、ピクサー映画の大ヒットシリーズとして知られる「カーズ」シリーズと「トイ・ストーリー」シリーズの間にも、いくつかのトリビアがあるのです。まず、カーズ2でも主要な登場人物であるマックィーンはボディに「95」という番号が与えられています。この番号は「トイ・ストーリー」が公開された1995年から撮られているものです。さらに、マックィーンのはいているタイヤは「ライトイヤー」で、トイ・ストーリーの人気キャラクターであるバズ・ライトイヤーから名付けられています。

この2つの作品においてトリビアがたくさんある理由は、カーズ2の監督を務めたジョン・ラセターにあります。ジョン・ラセターが監督としてデビューした作品は「トイ・ストーリー」だったのです。さらに、車好きの監督が自身の思いを込めて作り上げたのがカーズシリーズですので、2つのシリーズは監督にとっても思い入れの深い作品であるといえるでしょう。そのため、カーズ2にもトイ・ストーリーの流れが組み込まれています。

ルイス・ハミルトンのファン

カーズ2に登場するワールド・グランプリでは、各国のレーシングカーが参戦しています。そんなレーシングカーの声は、有名なレーサーカメオ出演しているのです。アメリカ代表のジェフ・ゴルベットはNASCARのドライバーとして知られるジェフ・ゴードンが担当しています。それだけでなく、イギリス代表として登場する「ルイス・ハミルトン」の声は、F1レーサーのルイス・ハミルトン本人が務めているのです。また、ルイス・ハミルトンの車体の配色も本人によって考え出されました。そのため、シックなメタルブラックのボディカラーはハミルトンらしい仕上がりを見せています。ルイス・ハミルトンのこだわりが詰まったカーズ2は、ハミルトンファン必見の作品でしょう。

車好きの人

カーズ2には非常にさまざまな車がキャラクターとして存在しますので、車好きなら見逃せない作品です。まず、架空の車と設定されているマックィーンのモデルは、ダッジ・バイバーやチャージャー、ジボレー・コルベッドなどのアメリカ車とファンの間で噂されています。その一方で日本車のマツダ・RX-8説もささやかれているのです。これに対して監督のジョン・ラセターは平べったいNASCARのレーシングカーにストックカーとローラ、フォード、GT40といった曲線美のあるル・マンレーシングカーを組み合わせて創造したと語っています。

架空の車であってもベースとなるモデルは存在しますので、その組み合わせを想像するのも車好きには楽しみのひとつです。また、陽気で優しい性格のメーターはインターナショナル・ハーベスター L-170がモデルとなっています。鮮やかなブルーが印象的なサリー・カレラは2002年型のポルシェ911カレラをモデルとして描かれました。動画でもカーズ2に登場する車の車種を確認しながら楽しめますので、車ファンには見逃せない作品に仕上がっています。

カーズ2の動画も無料で見るのは可能?一番お得に今すぐ見る方法

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT ○別途料金
Netflix ×
ビデオマーケット ○別途料金
フジテレビオンデマンド ×
dTV ○別途料金
dアニメ ×
auビデオパス ○別途料金
Amazonプライムビデオ ○別途料金
Paravi ○別途料金

↓↓ビデオマーケットで初月無料無料トライアル中!↓↓
 ※ソフトバンクまとめて支払いでの決済を除く

カーズ2をビデオマーケットで見てみる

ネタバレもアリ!カーズ2のあらすじを紹介

エンターテイメント性が高くなったカーズ2では、ハラハラする内容が次々に登場します。そこで、カーズ2のあらすじを紹介していきましょう。後半にはネタバレも含んでいますので、動画配信サイトで続きを知りたい人は注意してください。

前作カーズのその後から物語は始まる

ピストン・カップに優勝したライトニング・マックィーンは、その後のレースでも次々に優勝し、ラジエーター・スプリングスに戻ります。そこで、親友メーターと再会を果たしたマックィーンは、その晩恋人のサリーとディナーデートに出かけます。サリーとのディナーの際、テレビで石油王マイルズ・アクセルロッドが登場する番組を見るのです。GPSなしの世界1周中に遭難したマイルズ・アクセルロッドは、自然燃料を抽出して生き延びたことで、自らを電気自動車に改造していました。

そして、再生可能なクリーン燃料である「アリノール」を開発し、アリノールを広めるためにワールドグランプリを開催するというのです。番組中でイタリア代表のフランチェスコ・ベルヌーイがワールド・グランプリへの出場を宣言します。その際、ライトニング・マックィーンの出場もあおりました。マックィーンが罵倒されたことで腹を立てたメーターは、マックィーンの出場を宣言するのです。マックィーンはメーターもピットクルーとして参加させ、ワールド・グランプリへと向かうことになりました。

東京での第1レース前に起こる不可思議な事件

ワールド・グランプリの第1レースが開催される東京に到着したマックィーンたちは、東京の夜のネオン街や芸者や歌舞伎などを楽しみます。これまで見たこともない新しい文化に興奮したメーターは、大はしゃぎをしてトラブルを起こすのです。そんなメーターに頭を悩まされるマックィーンとは裏腹に、メーターはわさびをピスタチオ・アイスと思って食べるなどの大騒ぎを続けます。

そんな中、メーターはアクセルロッド卿がマックィーンにインタビューをしている場に遭遇しました。しかし、その場でオイルをもらしてしまうのです。メーターはマックィーンからトイレに行くように指示されます。そのトイレの個室から出たところで、アメリカの諜報員であるロッド・トルク・レッドラインに会うのです。そこでロッドはワールド・グランプリに隠された陰謀の重要なデータをメーターの車体にこっそり託します。

相次ぐ不可解な事故

レースが始まると、レーサーたちは次々と原因不明の事故に見舞われます。この事故の原因は、アリノールではないかとの声が会場から上がるようになりました。そこで、レースの陰謀について調査をすすめていたイギリスの諜報員であるフィン・マックミサイルと見習いのホリー・シフトウェルが動き出します。フィンとホリーはたまたま出会ったメーターに合言葉を尋ねたところ、偶然にも合言葉を答えられたのです。そのため、メーターをスパイと勘違いしてしまいます。

ただ、フィンとメーターが話をしているとき、運が悪くもレース中でした。メーターはレース中のマックィーンとの無線をつないだままの状態で、ホリーに「外にいろってことか」と返事をしてしまいます。それを聞いたマックィーンは、「外にいろ」という自分への指示と勘違いするのです。それが原因となり、マックィーンは第1レースの勝利を逃してしまいます。負けたことでメーターを責めてしまうマックィーンは「君のせいで負けた」という言葉をメーターに浴びせました。落ち込んだメーターは、置き手紙をして先に帰ることを決意します。しかし、空港で、またもやフィンに呼び止められたのです。

そこで、フィンからこのワールド・グランプリに隠された陰謀について聞かされます。それを聞いたメーターは、東京での第1レース中に起こったレーサーたちの事故が「ザンダップ」率いる「ペッパー・ファミリー」によるものだと知るのです。メーターはフィンたちに協力することを決めました。

イタリアで開催された第2レース

イタリアのポルト・コルサで開催された第2レースでも、アリノールを使用したレーサーたちの故障が相次ぎます。そのため、次のレースではアリノール以外の燃料の使用が許されまました。しかし、マックィーンは最後までアリノールを使うことを宣言するのです。そのことによって、マックィーンはペッパー・ファミリーの標的となってしまいました。ペッパー・ファミリーの会議に潜入したメーターは、そのことを知り、マックィーンに伝えようとします。しかし、メーターは、フィンやホリーと一緒にペッパー・ファミリーに捕まってしまうのです。

ロンドンの最終レース※ネタバレ注意

最終レースとなるロンドンのレース中、マックィーンは電磁波を浴びせられてしまいます。しかし、なぜか故障はしませんでした。そんなとき、ビッグベンの中に閉じ込められていたメーターとフィンとホリーは何とか脱出に成功し、マックィーンとの再会を果たします。しかしながら、メーターの身体に爆弾が取り付けられているという内容の通信が飛び込んでくるのです。マックィーンを巻き込まないため、メーターはマックィーンから走って離れようとします。

ただ、メーターと仲直りしたいマックィーンはメーターを追いかけたのです。そんな2人をペーパー・ファミリーはまとめて始末しようと考えていました。それでも、フィンやホリー、ラジエーター・スプリングスの仲間によってペッパー・ファミリーは倒されてしまうのです。そこで、ザンダップにメーターに取り付けられた爆弾の解体方法を聞き出しますが、爆弾を設置した「ビッグ・ボス」でしか介助ができないことがわかります。

そうこうしているうちに、メーターは古いイギリスの車に関する知識から、東京のパーティーで起こったオイル漏れ事件はメーターのせいにされたことを見破りました。さらに、メーターはアリノール社のCEOであるマイルズ・アクセルロッドがビッグ・ボスだということを突き止め、一連の事件が解決するのです。

真実が明かされて終わる感動のラスト※ネタバレ注意

事件を解決したメーターは、イギリスの女王からの称賛を受けることになりました。さらに、陰謀によってたくさんの事故が起こってしまったワールド・グランプリを仕切り直すため、ラジエーター・スプリングスでレースが開催されます。推理力を高く評価したフィンからスパイになることを誘われるメーターでしたが、メーターはラジエーター・スプリングスに残ることを決めるのです。

ただ、これまでのレースで標的となり、電磁波を浴びながらもマックィーンがなぜ故障しなかったのかという疑問が浮かび上がります。それは、マイルズ・アクセルロッドを信用できないと感じていたマックィーンの友人のサージが、燃料をこっそりと入れ替えていたのでした。そんな友達の優しさにマックィーンは救われていたのです。

魅力的なキャラクターがいっぱい!カーズ2の主な登場人物とキャストを紹介

【ライトニング・マックィーン役】声優オーウェン・ウィルソン(Owen Cunningham Wilson)、(日本語吹き替え)土田大

カーズシリーズの主人公として描かれるライトニング・マックィーンは、「95」のゼッケンをつけた真っ赤なレーシングカーです。前作のカーズにはなかったヘッドライトが取り付けられています。また、ボンネットにはピストン・カップとハドソン・ホーネットのペイントが施されるといった改良が加えられているのです。

第1レースでメーターからの無線を信じて道を開けてしまったことが原因で負けてしまったマックイーンは、メーターを責めてしまいます。ピットクルーとうまくいかないことで孤立してしまうマックイーンは、仲間たちによって大切なことに気づくことができました。才能と自信にあふれていたマックイーンが必要としていたことが、映画の中で見つかるのです。劇中では、「カッチャオ!」の口癖を持つマックイーンの心の変化が見られます。

【メーター役】声優ラリー・ザ・ケーブル・ガイ(Larry the Cable Guy)、(日本語吹き替え)山口智充

カーズ2でメインキャラクターとして活躍するメーターは、マックイーンの親友です。正直で天然な性格のメーターは、あちこちで騒ぎを起こしてマックイーンを困らせます。そんなとき、フィンとホリーによる勘違いからメーターはスパイに協力することになるのです。メーターの名推理によって事件は解決するのかという点も本作ではキーポイントとして描かれています。

【フィン・マックミサイル役】声優マイケル・ケイン(Michael Cain)、(日本語吹き替え)大塚芳忠

イギリスの諜報員を務めるフィン・マックミサイルは、スパイ仕様の車です。水上や水中でも航行が可能であり、前後にグラップリング・フックやミサイル発射装置、マグネット爆弾、ホログラフによる変装装置を兼ね備えています。ワールド・グランプリの開催中に何らかの陰謀が画策されていることを感じ取り、世界中で開催されるレースの調査に乗り出しました。しかし、東京のパーティーに参加した際に出会ったメーターを、アメリカのスパイと勘違いして調査の協力を求めるのです。

フィン・マックミサイルの車体はアストンマーティン・DB4をベースに、BMW・507やボルボ・P1800が組み合わされ、「314FMCM」のナンバーがつけられています。これは声優を務めたマイケル・ケインの誕生日である「3月14日」が由来です。

【ホリー・シフトウェル役】声優エミリー・モーティマー (Emily Mortimer)、(日本語吹き替え)朴?美

見習い諜報員としてフィン・マックミサイルのサポートをしているのがホリー・シフトウェルです。東京で活動しているホリーは、マニュアルに載っている方法通りにしか活動ができません。しかし、ホログラフの立体ディスプレイや電気ショックなどの隠し武器、さらにはテレスコープ用のアームなどといった想像を絶するスパイ武器を使いこなすことができるのです。また、飛行装備も兼ね備えていることから飛ぶこともできます。そんなホリーのモデルとなった車は、ジャガー・XJ220です。

【サリー・カレラ役】声優ボニー・ハント(Bonnie Hunt)、(日本語吹き替え)戸田恵子

カーズ2で恋愛模様が描かれる登場人物はサリー・カレラです。サリーはマックイーンの恋人であり、ラジエーター・スプリングスの敏腕弁護士として活躍しています。腕利きのサリーは、ラジエーター・スプリングスを立て直すため、ホテル「コージー・コーン・モーテル」のオーナーも務めている実業家でもあるのです。

ある日、マックイーンはサリーとのデート中に見かけたテレビでワールド・グランプリが開催されることを知ります。テレビで罵倒されたことで出場を躊躇するマックイーンでしたが、ワールド・グランプリへの出場の後押しをしたのはサリーでした。マックイーンの心の支えとなるサリーは、マックイーンからの圧倒的な信頼を得ているのです。そんなサリーのモデルとなるのは2002年型のポルシェ911カレラで、サリー・カレラの名前の由来にもなっています。

カーズ2の作品情報もしっかりチェック

原題:Cars 2
公開年:2011年
監督:ジョン・ラセター、ブラッド・ルイス(共同監督)
脚本:ベン・クイーン

※本ページの情報は2018年12月時点のものです。