ベストセラー小説が原作の『ワールド・ウォーZ』はとっておきのゾンビ映画

洋画(海外映画)

ワールド・ウォーZ』は2013年に公開されたアメリカ映画。

主演はかの有名は大物ハリウッド俳優のブラッドピット、大人気監督であるマーク・フォースターがメガホンを取っています。ワールド・ウォーZは簡単にいうとゾンビ映画ですが、家族愛をしたテーマも取り上げられ、女性や子供でも見やすい映画に仕上がっています。手に汗握るアクションシーンも多く、見始めると最後まで目が離せません

ここでは『ワールド・ウォーZ』のあらすじやその感想、動画配信サイトで無料で見る方法などを詳しく紹介します。

1分でわかる!公式ライター・トキエスによる映画解説

ゾンビ映画といえば、インディーズ作品として作られることが多い。日本で言う『カメラを止めるな!』のように、無名の俳優が起用され、ゾンビ映画出演がきっかけで人気を博したりすることも。しかし、ベストセラー小説が原作の『ワールド・ウォーZ』は、ハリウッドが誇る名俳優、ブラッド・ピットを起用したゴリゴリのハリウッド映画だ。

主人公は元国連捜査官のジェリー(ブラッド・ピット)。家族を乗せて運転していた車が渋滞にはまってしまう。そして突如、前方から爆発音が聞こえ、瞬く間に周囲はパニック状態に。その状況の中で、ジェリーは凶暴化していく人々を目撃。のちに脅威のウィルスが世界規模で感染拡大しているのを知ったジェリーは、感染の原因を突き止めるように国連から調査を依頼される。

普通のゾンビはのろのろ動くイメージがあるが、本作の感染者は、高速ダッシュするし、ハイジャンプも披露する。骨折など関係なく即立ち上がり、全力疾走で人間たちを襲う。私は鑑賞中、ハラハラドキドキ感を思う存分味わった。まるでお化け屋敷とジェットコースター、両方から得られるスリルを混ぜ合わせたような最強のスリル。一人でもよし、カップルでもよし、友達同士でもよし。どんなシチュエーションでも楽しめる、とっておきのゾンビ映画だ。

トキエス
ライター:トキエス
映画ライター。兵庫県出身。サスペンス・スリラー作品記事をメインに執筆。趣味は海外映画のロケ地巡り。

↓↓Huluで2週間無料トライアル中!↓↓

ワールド・ウォーZをHuluで見てみる

最新鋭の画像を駆使したパニックホラー『ワールド・ウォーZ』!

たくさんの登場人物が出てくるのが魅力

『ワールド・ウォーZ』は、ストーリーの前半と中盤、後半に分かれて主要人物が異なっています。一般的な映画では、主人公を取り巻く5~6人の人物が話を作っていくことが多いでしょう。しかし、『ワールド・ウォーZ』の場合、ストーリー全体を通じて10人以上の主要メンバーが登場します。いずれもストーリーのカギを握る人物であり、主人公のジェリーと関係を深めながらゾンビとの戦いに挑んでいくのです。

映画の場合、あまりにも登場人物が多いと、ストーリーの内容が分かりにくくなることもあります。しかし、『ワールド・ウォーZ』はそうした心配もありません。理由としては、登場する主要人物がゾンビに噛まれて死んでしまったり、その場面だけのキーマンであったりするからです。「前半に登場した人物が再び後半に出てくる」ということがあまりないので、映画の内容はとても分かりやすくなっています。そのため、子供から大人まで多くの人が楽しめる映画です。

また、登場してくる人物は、子供から老人、欧米人やヒスパニックなど、さまざまな人種の人がキーマンとなっています。世界中が大パニックになるような感染症が発祥した場合、世界中の人々が協力しながら現実に立ち向かう必要があるのです。

人々の愛にあふれたパニックホラー

『ワールド・ウォーZ』はパニックホラー映画に位置付けられますが、ただ怖いだけでなく、人間同士の深い愛情も描かれています。まず、ジェリーと妻、子供たちという家族愛がテーマになっている作品です。恐ろしい感染症からどうやって家族を守り抜いていくべきか、ジェリーの葛藤や行動にも注目すべき動画でしょう。また、そんなジェリーを支える妻の存在は優しく、直接ゾンビと対決することはないものの、妻の存在というのがいかに大きいかが分かります。

そして、大きな災害などに見舞われると、多くの都市では強奪などのトラブルが発生します。『ワールド・ウォーZ』でも、ジェリーの子供をはねのけて物を取ろうとする大人がいたり、避難地域ではこれ以上人を入れるなといった反対意見が出たり、トラブルが多発するのです。本当の敵はゾンビではなく、人間同士の争いかもしれません。しかし、その反面ジェリー一家がゾンビに襲われそうになったときに助けてくれる人や、市民を命がけで守る兵士など、人間を助けてくれるのは人間でしかないことも分かります。このように『ワールド・ウォーZ』では、人々の愛情や絆といったテーマも丁寧に描かれている作品です。ただのホラー映画ではなく、人間同士のつながりがどう展開されていくのかにも注目です。

最新鋭の迫力画像にも注目

『ワールド・ウォーZ』が公開されたときは、その迫力あるCG画像が非常に話題となりました。CMで流された動画は、ゾンビが人の束になって襲い掛かってくるという恐ろしいものでしたが、その見たこともない映像には、当時多くの人がくぎ付けになりました。また、ひ弱な少年が大群のゾンビに襲われそうになるシーンがあります。結局ゾンビたちは少年を無視して走り去るのですが、頭を抱え込んだ少年のわきを大群のゾンビが走り去るシーンは世界中で話題になりました。こうしたシーンでは実際の撮影では数人しかおらず、あとはCG画像を駆使して何万人ものゾンビを作り上げたそうです。さすがハリウッド映画の大作というだけあって、予算をかけて画像を丁寧に作り上げています。

また、撮影はアメリカをはじめイスラエルなど、各国にわたって行われました。ゾンビの恐ろしさはどの場所でも怖いのですが、その国ならではのゾンビ演出がされており、とくにイスラエルでの迫力ゾンビシーンは圧巻です。ゾンビ映画が好きな人はもちろん、見たことがないような迫力あるシーンを楽しみたい方にも、『ワールド・ウォーZ』はおすすめです。

『ワールド・ウォーZ』は、アクション、サスペンス好きの人にもピッタリ!

アクション好きな人にはピッタリの映画!

『ワールド・ウォーZ』は、全体的に非常にストーリーテンポの良い作品です。冒頭の渋滞シーンを見たら最後、次々に襲い掛かってくる怒涛の展開に最後まで目が離せません。この作品は、走る、飛ぶ、戦うといったアクションシーンはそれほど多くはないのですが、基本的に「どう逃げるか」がポイントになっています。家族を抱えてゾンビからどう逃げるか、何万もの大群ゾンビからどうやって逃げるか、音を出さないようにゾンビから逃げるなど、手に汗握るシーンが多いです。そのためアクション好きの人にはピッタリの内容になっています。逃げることは人間の本能でもあるので、戦ったり飛んだりするよりも、リアルにスリル感を楽しむことができるでしょう。

サスペンス好きな人にもおすすめ

『ワールド・ウォーZ』は、サスペンス要素も含まれています。主人公のジェリーはゾンビから逃げながら「どうしたらゾンビから身を守れるのか」ということを常に考えています。もと国連職員ということもあり、ゾンビに襲われつつも冷静な考えを持っています。たとえば、ゾンビに噛まれた人はおよそ12秒でゾンビになってしまうことなど、街中がパニックになるなかでも見つけ出します。そして、逃げまどいながらも、ゾンビには襲われない人物も発見していくのです。

傍若無人に人間を襲うと考えられていたゾンビですが、彼らは特定の人物には興味がないことが分かってきます。また、ジェリーは命からがらゾンビから逃げつつ、返り血が口に入ってしまうシーンがあります。通常なら吐き出して終わりですが、体内にゾンビの血が入ったことで危険を察知し、ジェリーは自殺を試みたりするのです。このように、ストーリーではところどころに、ゾンビ対策へのヒントが隠されています。ゾンビにとって何が弱点なのか、どうしたら彼らを欺くことができるのか、サスペンス好きな人にとっても考えながら動画を楽しむことができるでしょう。

意外!?親子で見ても楽しい

『ワールド・ウォーZ』は、ジャンル的にはパニックホラーとなりますが、小学校高学年程度の年齢であれば楽しむことができます。R指定といった縛りもなく、濡れ場シーンなどもありません。また、ゾンビ映画といえば、銃で頭を撃ちぬいたり、首を切り落としたりと、ショッキングなシーンが多い動画もあります。『ワールド・ウォーZ』でも多少そのようなシーンはあるものの、殺人を楽しむといった猟奇的なテーマはありません。むしろ襲い来るゾンビから逃げるのがテーマなので、とくに、男の子は好きそうな動画でしょう。展開が早く、子供が見ても理解しやすいストーリーになっています。おどろおどろしいホラーシーンはほとんどないため、ホラー初心者の方にもおすすめです。ストーリの終盤では、ジェリーの判断が的確であり、スカッとするシーンが待っています。ぜひ家族や友人、親子で『ワールド・ウォーZ』を楽しみましょう。

『ワールド・ウォーZ』を無料で見れる配信動画サービスはこれだ!

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT
Netflix
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV
dアニメ ×
auビデオパス ×
Amazonプライムビデオ
Paravi ×

○:条件次第ですべて無料
△:別途課金が必要
×:未配信

※本ページの情報は2019年3月時点のものです。

↓↓Huluで2週間無料トライアル中!↓↓

ワールド・ウォーZをHuluで見てみる

作品について、さらに詳しく↓↓

ただのゾンビ映画じゃない!『ワールド・ウォーZ』の魅力とは

真相には触れていませんが作中のストーリーについて触れているため、これから鑑賞する人はご注意ください。

『ワールド・ウォーZ』のおおまかなあらすじは、「Z」と呼ばれるゾンビ化した人々が人間を襲い、噛まれた人間もゾンビとなって人々を襲うといったストーリーです。そう聞くと、ありきたりのゾンビ映画にも聞こえますが、『ワールド・ウォーZ』はちょっと違います。まず、主役に世界的にも有名なブラッドピットが抜擢され、世界が感染症パニックになるといった壮大なスケールの映画です。現実的にはゾンビは存在するものではありませんが、感染症という恐ろしいものは現実にも存在します。サーズやエボラ出血熱といった、飛沫感染によってうつされてしまうものは現在もあり、それが発祥した国では少なからずパニックが起きているでしょう。

『ワールド・ウォーZ』はゾンビ化した人が襲い掛かってくるので、さらに恐ろしい感染症といえますが、未来でもこうした病原菌が絶対に発祥しないとはいえません。この映画は人類が滅亡するほどの感染症が流行りだしたとき、人々はパニックになり、差別、強奪といった問題が起こるという警鐘をならしています。また、『ワールド・ウォーZ』は当時の最新鋭のCGを使った撮影方法も話題となりました。ゾンビが結集して人間梯子を作るようなシーンがあるのですが、人がリアルに積み重なっていく様子はなんとも薄気味悪く、怖いけれど映像に食い入って見てしまうでしょう。

しかも『ワールド・ウォーZ』で登場してくるゾンビは、いかにもハロウィーンに登場するような血だらけのゾンビということはありません。感染症にかかって肉体が死んでしまったゾンビがリアルに動いており、実際にゾンビがいたらこのような状態になるのだと想像できます。そして、『ワールド・ウォーZ』はパニックホラーでありながら、それほどグロテスクなシーンは出てきません。

ゾンビに襲われそうになったときに、思わずのけぞってしまうシーンもありますが、ホラー映画が苦手な人でも十分に楽しめる内容になっています。全体的にテンポよく進む映画になっており、見る人を飽きさせません。無料作品として放映している動画配信サービスも多いので、まだ見ていない方はぜひ『ワールド・ウォーZ』を動画で楽しんでみてください。

ネタバレなし!『ワールド・ウォーZ』が見たくなる細かいあらすじ

ここからは『ワールド・ウォーZ』のあらすじを紹介します。ネタバレは含まれていないので最後まで安心してお読みください。

主人公のジェリーは元国連職員です。昔は激務で忙しい生活を送っていたものの、現在は家族と平穏な暮らしをしています。ある日ジェリーは妻のカリン、長女のレイチェル、次女のコニーを学校に送るために車を運転していましたが、ひどい渋滞に巻き込まれてまったく動けなくなっていました。どうしたのかと車を降りて様子を見ると、突然目の前で大きな爆発が起こります。見回すと、そこには人が人を襲う異常な光景が広がり、その襲われた人もまた立ち上がって別の人を襲っていたのです。

驚いた一家はなんとかその場を逃げ切ります。しかし、ジェリーはそこで襲われた人がおよそ12秒でゾンビのように変異することを冷静に判断していました。その後、コニーの喘息を抑えるために薬局へ向かいますが、そこでも客がゾンビ化して暴徒となっていました。スーパーマーケットなどは食材を求める人が押し寄せ、物が盗まれています。ジェリー一家が住む街は壊滅状態になってしまったのです。

そんなとき、国連事務次長のティエリーから連絡が入り、ジェリーは現場への復帰を要請されます。はじめは渋っていたジェリーですが、このままでは家族の命も危ないこと、人類が滅亡する危機だということを知らされ、現場に復帰することを決めました。話している状況でさえゾンビに襲われる危険があるため、ティエリーはヘリコプターで迎えに行くことを約束します。その場所の屋上で発煙筒にて合図をするのですが、その場も次々とゾンビが襲い、ジェリー一家は命の危険にさらされてしまうのです。

そんな一家を救ったのが、アパートに住むスパニッシュ系の家族でした。夫妻は英語が理解できませんが、息子のトミーは英語が話せるため、通訳が可能です。助けてくれたお礼に、ジェリーはスパニッシュ系の家族も一緒にヘリコプターに乗せようとします。しかし、ゾンビに追いつかれ、結果的に助かったのは息子のトミーだけでした。

その後一家とトミーはティエリーのヘリコプターに乗り、大西洋に浮かぶ国連指揮艦空母アーガスに乗り込み、ことなきを得ます。ジェリーは現場に復帰することを条件に、ティエリーによって家族に船室を割り当てられました。国連はゾンビに対抗するためのワクチンづくりに励んでおり、有能な研究者であるファスバック博士の補佐をジェリーは命じられます。特殊部隊とともに小型飛行機に乗り込んだジェリーは、ゾンビ発祥の地である韓国に向かいました。しかし、雨の夜に給油のために降り立った部隊は、ゾンビに襲われて彼らもまたゾンビになってしまうのです。その様子に驚いたファスバック博士は、驚いて転倒し、そのはずみで銃が暴発して、亡くなってしまいます。

博士の死により、頼みの綱のワクチン開発ができなくなったジェリーは、失意のなか現地の兵士たちと合流します。韓国にいた米兵たちは、多くの人がゾンビ化した要因を知っていました。ある村に行った医師が帰ってきたところ、突然黒い液体を吐き始めて暴徒化し、次々に人を襲ってゾンビが増えていったのが原因だったのです。また、ゾンビの活動を阻止するのは、頭を撃つか焼き払うこと、そしてゾンビは音にも反応することもジェリーは学びます。

その後、ジェリーはエルサレムに向かいます。エルサレムは早めにゾンビの存在を知り、高い壁を作ってゾンビからの襲撃から市民を守っていると聞いたからです。韓国を飛び立つ際も、音を立てないよう警戒していたジェリーですが、思いがけないトラブルによりゾンビに襲われます。命からがら逃げたジェリーたちは、エルサレムのアタロット空港に無事にたどり着くことができました。

エルサレムでは、頼もしい女兵士であるセガンに付き添われ、高い壁を作ったとされるユルゲンという人物に会いに行きます。ユルゲンはインドから「不死身のものと戦っている」という情報を得て、高い壁を築いたと話しました。高い壁によってエルサレムの人はゾンビに襲われることなく、一見平穏な暮らしをしているかに見えます。しかし、突然、市民の一人がマイクを使いイスラムの祈りを唱え始め、興奮した人々が一斉に祈りだしたり踊りだしたりしました。音にゾンビが反応することを知っていたジェリーは焦りますが、興奮した人々を鎮静化させることはできません。予想通りこの騒音が壁の外にいるゾンビたちを刺激しはじめ、壁一体にゾンビが集まり始めました。

最初はただ集まっていたゾンビですが、そのうちゾンビ同士が積み重なり、人間梯子のような形で壁を乗り越えてきます。乗り越えたゾンビたちはどんどん人を襲い、次から次へと壁の内側に落ちてくるゾンビに人々はパニックになったのです。安全だったはずのエルサレムも、あっという間にゾンビの集団に埋め尽くされてしまいました。ジェリーと女兵士であるセガンは、必死になって逃げます。逃げながら、セガンは銃を撃ちゾンビを倒していきました。

そんななか、ジェリーは衝撃的な光景を目にします。ゾンビが今にも襲い来る所に、非常にひ弱な少年が立ち尽くしていました。あっという間に噛みつかれてしまうだろうと思った瞬間、ゾンビたちはひ弱な少年には目もくれず、走りすぎて行ったのです。なぜ、この少年がゾンビに襲われなかったのか、これがのちにジェリーにとって大きなヒントとなります。襲い来るゾンビからなんとか逃げ切ろうとするジェリーとセガンでしたが、セガンがジェリーを助ける拍子にゾンビから腕を噛まれてしまいます。ゾンビ化するのを防ぐため、ジェリーはセガンに思いがけない行動をするのです。

ストーリーは、ここから怒涛の展開を迎えます。腕をゾンビに噛まれてしまったセガンは果たして助かるのか、ジェリーはその後無事に家族と会うことができるのか。なぜ大量のゾンビが発生し、そのゾンビたちを抑える方法はあるのか、映画の謎は後半にギュッと濃縮されています。後半では、息詰まるフライトシーンや、ワクチン開発シーン、大事故に巻き込まれるジェリーたちの展開などもあり、これまた目が離せません。全体的にテンポよく進む映画なので、途中で飽きてしまうといったことがないのです。

次々に登場する主要人物たちの存在により、ジェリーの運命も大きく変わっていきます。また、多くの修羅場をくぐってきたジェリーは、経験を積むうちにゾンビに対抗できる方法を見つけ出します。この方法がなかなかうまくできており、多くの視聴者を納得させてくれるでしょう。ジェリーたちは、前半だけでもゾンビにたびたび襲われ、辛くも逃げ切ります。その逃げ切り方は見ている方にとって非常にハラハラさせられるものであり、なるほど、と思わずうなってしまうシーンの連続です。映画の結末を知りたい方は、ぜひ配信動画サービスをチェックしてください。

『ワールド・ウォーZ』のストーリーを決めてくれる登場人物たち

『ワールド・ウォーZ』は多くの登場人物が出てくることでも有名です。どの登場人物であれ欠けてしまうと、ストーリーが成り立たないといっても良いかもしれません。ここではとくに活躍する4人の登場人物を紹介します。

【ジェリー・レイン役】 ブラッド・ピット(Brad Pitt)

この映画の主人公であり、彼の行動によって人類が滅亡するか生き延びるか変わってきます。元国連職員であるジェリーは、もう危険な現場には戻らない、家族のために平穏な生活を送ると心に決めていました。しかし、街中がゾンビによる襲撃によってパニックになり、国連事務次長である友人のティエリーにも懇願され、危険な地帯へと足を踏み入れていきます。家族か、それとも人類か、同じような状況になったとき、果たして彼と同じような行動が取れるのか、見ている方は考えさせられるでしょう。

ジェリーを演じているのは、世界的にも有名なハリウッド俳優、ブラッド・ピットです。彼はこれまでさまざまな作品に出演していますが、本格的アクション映画はそれまで控えめであり、SF超大作といった映画にもあまり出ていませんでした。しかし『ワールド・ウォーZ』では激しいアクションシーンもこなし、家族を守るため奔走する姿を体当たりで演じています。ブラッド・ピットはこの作品により自身が持つ興行収入を抜きさり、名実ともにハリウッドスターとしての不動の地位を築き上げました。

【カリン・レイン 役】ミレイユ・イーノス(Mireille Enos)

優しいジェリーの妻であり、家族を守るため奮闘する女性です。ストーリーでは特にゾンビと戦うといったことはありませんが、夫や子供がピンチのとき、優しく手を差し伸べて陰ながらサポートしています。途中で親と引き離された子供を引き取ることになるのですが、自分の家族と分け隔てなく接する様子は、優しい母親としての存在を強くアピールしています。

また、紛争地域へ行くジェリーとは離れ離れになってしまいますが、それでも衛星電話などを通じて夫をサポートし、常に夫の身を案じています。その電話がときにジェリーの行動を阻むことにもなるのですが、ジェリーにとってカリンの存在はなくてはならいものです。カリン役はアメリカ俳優のミレイユ・イーノス、優しい顔立ちが特徴で、まさに配役通りの女優といっても良いでしょう。

【セガン】 ダニエラ・ケルテス(Daniella Kertesz)

頼もしきイスラエル国防軍女性兵士です。セガンはストーリーの中盤あたりで登場し、ジェリーの頼もしい相棒のような存在になります。見た目は刈り上げられた頭に武装しているので、たくましい男性兵士にも見えます。銃の腕前は一流であり、ゾンビの大群に襲われるピンチも彼女の活躍が光るでしょう。しかし、ゾンビからは逃げきれず、セガンは途中で腕を噛まれてしまうのです。噛まれたら最後、あっという間に自分自信ももゾンビになってしまうのですが、そのときにジェリーが決断した行動はあまりにも驚くべきものでした。

ストーリーの後半から、彼女の存在が大きくなります。たくましさのある強い女兵士ですが、その話し方や行動は、それまで非常に過酷な人生を送ってきたことがわかります。演じているのは本当にイスラエル出身のダニエラ・ケルテス、本格的なな映画に出るのは、このワールド・ウォーZが初めてだそうです。

【ティエリー 役】ファナ・モコエナ(Fana Mokoena)

国連事務次長 であり、ジェリーの古くからの友人です。国を動かす重役についている彼は、直接ゾンビと対決することはありませんが、彼の的確な指示のもと生存者を隔離し保護していきます。ゾンビがうじゃうじゃいる街中にいたジェリーに対し、家族は安全な場所に避難するよう守るから、ジェリーにゾンビが発生した原因や対策について調べるよう命じます。最初は渋っていたジェリーですが、信頼できるティエリーの頼みとあって断り切れません。その後ジェリーはゾンビ対策でさまざまな発見を行い、それを手助けするのもこのティエリーです。

ティエリーはジェリーの家族を保護する役目も持っており、ときに厳しい決断を迫られることもあります。全体的に、頼もしい国連事務次長としてストーリーを引っ張る存在感があるでしょう。演じているのは南アフリカ共和国出身のファナ・モコエナ、重鎮的な存在感のある俳優です。

『ワールド・ウォーZ』の作品情報と主なスタッフたち

原題:World War Z

公開年:2013年

製作総指揮:なし

監督:マーク・フォースター

脚本:J・マイケル・ストラジンスキー

※本ページの情報は2018年12月時点のものです。