映画『ハイスクール・ミュージカル』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

海外ドラマ

ハイスクール・ミュージカルは、ディズニーが制作したミュージカル映画です。高校生が主役の学園ストーリーで、高校生らしいさわやかさを感じることのできる作品です。ここでは、ハイスクール・ミュージカルのあらすじやおすすめポイント、感想などを紹介しています。また、無料で見られる方法があるのかも気になりますよね。まだ、見たことのない人のために、この映画が配信されている動画サイトもまとめているので、興味を持った人はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

ハイスクール・ミュージカルを見てみる

世界中で大ヒット!ハイスクール・ミュージカルはどんな映画?

ハイスクール・ミュージカルは、ディズニーが制作し、2006に放映されたテレビ映画です。ディズニー・チャンネルのオリジナル映画として制作されたため、映画館では公開されておらず、同チャンネルを中心としてテレビで放映されたのみでした。アメリカでは2006年1~11月の間に計16回放映、約4260万人が視聴しています。2006年末までに、日本を含めた世界100カ国で放映され、視聴した総人数は約1億40万人、まさに世界中で大ヒットとなりました。

作品の舞台はアメリカの高校。学校で人気者の男の子と地味で目立たない女の子が歌を通じて恋に落ちる、青春ミュージカル映画です。もともとディズニー・チャンネルで放映されているドラマや映画は、ティーン向けに製作されているものが多いといえます。この作品も当時の若者を中心に人気が出て、さまざまな関連グッズが販売されたり、書籍化・舞台化されたりと話題になりました。もちろん、劇中歌をおさめたオリジナル・サウンドドラックも大人気で、全米で370万枚を売り上げ、2006年の売り上げ第1位に輝いています。世界では売り上げ650万枚を記録したうえ、ビルボードチャートで7週連続1位を獲得、プラチナレコードに認定されました。

また、この作品に出演している俳優たちも作品のヒットを機に人気が出ました。主人公のトロイを演じたザック・エフロンは、演技力・歌唱力ともに高く評価され、その後「ヘアスプレー」「グレイテスト・ショーマン」などのミュージカル作品に出演。さらに、ヒロインのガブリエラを演じたヴァネッサ・アン・ハジェンズは、女優として「エンジェルウォーズ」などの作品に出演するかたわら、ソロ・アルバムをリリースし、歌手としても活動しています。

このように、ハイスクール・ミュージカルは、ティーンエイジャーやミュージカルファンなどに特におすすめの作品です。見たことのない人は動画配信サイトなどでチェックしてみましょう。

歌もストーリーも魅力的!ハイスクール・ミュージカルのおすすめポイント3

おすすめポイント1:作品を盛り上げる歌とダンス

ハイスクール・ミュージカルの魅力は、その名の通り、ミュージカルらしい歌とダンスでしょう。この作品では、歌を通じてトロイとガブリエラが出会い、その後学校でミュージカルのオーディションに2人で参加するというストーリーになっています。そのため、自然な形で歌が登場するのです。もちろん、オーディション以外の場面でも歌は登場しており、登場人物の心を代弁してくれます。どの曲も登場人物の個性やそのときのストーリーが反映され、曲を聴くだけで映画の内容を思い出せるほどです。ストーリーとの関連も素晴らしいですが、登場人物の歌唱力の高さも魅力で、彼らの歌声に聴き入ってしまうことでしょう。

また、歌いながら披露されるダンスも見どころです。映画放映当時は、ダンスの動画が公開されるほど人気が出ました。主人公のトロイはバスケットボール部のキャプテンです。作中には、トロイと部員たちが体育館でバスケットボールの練習をしながら歌う、「大切なのはバスケット!(Get’cha Head in the Game)」という曲が登場します。この曲では、バスケットボールを床に叩く音や、バスケットシューズが床を滑る音なども取り入れられています。さらに、部員たちはバスケットボールを操りながらダンスを踊るのです。曲に合わせてドリブルしたり、ボールを投げたりとバスケットボール部らしいシーンになっています。

そんな中でも特におすすめなのは、映画の最後、登場人物が全員で歌う「みんなスター!(We’re All in This Together)」という曲です。それまでバラバラだったみんながひとつになって歌い、踊るこの曲は、作中で最も盛り上がる曲で、まさにクライマックスにぴったりだといえるでしょう。

おすすめポイント2:住む世界の違う2人の恋

この映画のストーリーは、主人公のトロイとヒロインのガブリエラの恋物語がメインです。トロイはバスケットボール部のキャプテンで学校の人気者。一方のガブリエラは、転校生としてトロイの高校にやってきた女の子。頭が良く、数学の天才少女で科学部に所属します。トロイと違って目立つタイプではなく、どちらかというと地味な存在です。2人は家族旅行先で偶然出会うことから恋に落ちますが、学校では住む世界が違うため、それぞれの友人から大反対されます。それぞれが相手に対する恋心を認識しながらも、「今まで通り友人たちとこのままの世界にいるべきか」「異なる世界を融合させることはできないのか」について悩むことになるのです。2人の恋は、徐々に学校全体を変えていきます。

おすすめポイント3:主役の脇を固める個性的なキャラクター

主人公のトロイ、ヒロインのガブリエラ以外にも、この作品には魅力的かつ個性的なキャラクターがたくさん登場します。例えば、演劇部の部長を務めるシャーペイ。お金持ちの家の出身で、派手好きな目立ちたがり屋です。歌やダンスの才能は素晴らしいのですが、常に自分が注目されていないと気が済まない性格なので、双子の弟のライアンとともに、ミュージカルの主役を勝ち取るべく、トロイとガブリエラの邪魔をしてきます。

また、トロイの友人で同じくバスケットボール部のチャドや、ガブリエラの友人で科学部部長のテイラーも、要注目です。チャドとテイラーははじめ、お互いのことを敵対視していました。チャドはトロイに「バスケットボールに集中するべきだ」と主張しますし、テイラーはガブリエラに「もっと頭の良い人たちと付き合ったほうが良い」と主張します。自分たちの住む世界にとどまるのが最善だと考えているのです。しかし、そんな2人も、トロイとガブリエラの恋をきっかけにだんだん相手への見方が変わっていき、彼らに協力するようになっていきます。

作品終盤では、トロイとガブリエラをオーディションに送り出すために、2人が奇想天外なある仕掛けを仕組みます。そのシーンは怒涛の展開で、目が離せません。

高校生だけじゃない!ハイスクール・ミュージカルを楽しめる人は?

歌やダンスが好きな人

ハイスクール・ミュージカルの良さはやはり歌とダンスです。しかし、歌やダンスが好きな人におすすめしたいのは、「ただこの作品がミュージカル映画だから」というわけではありません。なぜなら、この作品は今までミュージカルに興味のなかった主人公たちが、それに挑戦する物語だからです。自分の夢を見つけ、挑戦していく姿が描かれているので夢に向かって頑張っている人におすすめできます。特に、歌手やダンサーを目指す人が見れば、共感できるところも多く励みになることでしょう。もちろん、純粋に歌やダンスが好きな人や、ミュージカル映画が好きな人も楽しむことができます。どれも登場人物たちの感情を表現したメッセージ性の強い曲なので、心を揺さぶられることでしょう。

青春ストーリーが好きな人

この映画の中心は、トロイとガブリエラの恋です。周囲の人に反対されながらも、恋を実らせようとする姿が描かれており、果たして2人は結ばれるのか、映画の最後までドキドキさせられます。そのような恋愛にまつわるドキドキ感を味わいたい人にはぴったりの映画です。

さらに、この映画には授業や部活動、友人や恋人との関係、将来のことや自分のことなど、高校生ならではの悩みがたくさん登場します。友人と恋人を両方とも大切にすることの難しさや、自分の進むべき道について悩む姿、それらに答えを見出そうと努力する姿などは、青春ストーリーの醍醐味ではないでしょうか。現役の高校生であれば、より共感できるはずです。大人であっても、自分が高校生だったころのことを思い出したり、仲間の大切さを再認識したりすることができるでしょう。ドロドロとした人間関係などは一切含まれておらず、高校生らしいさわやかな作品なので、青春ストーリーが好きな人におすすめできます。

アメリカの学園ドラマが好きな人

アメリカの学園ドラマの特徴として、日本の学校とは違う学園生活が描かれている点が挙げられます。ドラマを通じて、アメリカと日本の学校の違いを知った人も多いのではないでしょうか。例えば、廊下に並ぶロッカー、私服で学校を歩いている生徒、試合を応援するチアガールたち。授業の行われ方や、先生と生徒の関係性も異なります。日本に比べて自由度が高いこのようなアメリカの学園生活に、憧れを抱く人もいるでしょう。そのような人にこの映画はおすすめです。映画のほとんどが校内を舞台にしており、リアルな学園生活が描かれています。

また、アメリカのコメディドラマにはよく主人公と対立する役が登場しますが、そういった役の多くは、根っからの悪人ではないということが特徴です。この映画でもシャーペイがその役にあたります。典型的な派手好きでファッションリーダーを気取っている彼女は、周りの人間を見下してしまうのです。しかし、単純に自分が目立っていないと気が済まないだけなので、なんだか憎めず、主人公たちと同様に愛せてしまいます。テレビや動画サイトなどでアメリカのドラマや映画をよく見る人なら、この映画もきっと楽しめるでしょう。

無料で見られる?ハイスクール・ミュージカルを配信している動画配信サイトまとめ

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット ×
フジテレビオンデマンド ×
dTV ×
dアニメ ×
auビデオパス ×
Amazonプライムビデオ
Paravi ×

ハイスクール・ミュージカルを見てみる

ハイスクール・ミュージカルの気になるあらすじ※ネタバレ注意

ここからのハイスクール・ミュージカルのあらすじには、ネタバレが含まれているので注意してください。

あらすじパート1

物語は、トロイが大晦日に家族で出かけたカウントダウン・パーティーから始まります。このパーティーは子どもだけのもので、トロイは父親に無理やりすすめられて参加していました。一方、ガブリエラも同様であまり気が進まないパーティーに親のすすめで参加していました。そのパーティーではカラオケが行われており、会場側の抽選によってトロイが選ばれてしまいます。そして、そのデュエットの相手として選ばれたのがガブリエラでした。2人とも人前で歌うことには抵抗がありましたが、歌ってみるとその楽しさを知り、お互い相手に好意を抱くようになります。

あらすじパート2

冬休みが終わり、学校が始まると、トロイの高校に転校生がやってきました。それがあのガブリエラだったのです。そして、カウントダウン・パーティーで歌ったときの感動を覚えていた2人は、学校のミュージカルのオーディションに参加することにします。しかし、学校のミュージカルは毎回演劇部部長のシャーペイが主役になっていたので、ライバルの登場を彼女は良く思っていませんでした。ガブリエラの過去を調べ、彼女が数学の天才少女であることを突き止めたシャーペイは、ガブリエラのチラシを科学部の部長、テイラーのロッカーに入れ、ガブリエラを科学部に入部させます。しかし、それでも2人はオーディションのことをあきらめませんでした。

そんな中、トロイの友人たちやガブリエラの友人たちも、2人がオーディションを受けようとしていることを知り、大反対します。トロイはバスケットボール部のキャプテンで、学校の人気者。「その彼が実は歌が好き」というのはイメージに合いません。しかも、歌とバスケットボール部の二足のわらじを履くというのは、練習不足に陥る可能性もあります。そのため、バスケットボール部全体に悪影響を及ぼすということで、友人のチャドからも反対されるのです。一方、ガブリエラも科学部の友人であるテイラーから、科学部とバスケットボール部は種類の違う人間だ、ということを言われてしまいます。

結局、経験のないことに挑戦することに少し抵抗を感じていた2人は、一次オーディションに間に合いません。演劇部顧問のダーバス先生が出て行ったあとに、演劇部の作曲担当であるケルシーのピアノに合わせて歌う2人。すると、ひそかにダーバス先生が2人の歌を聴いており、一次オーディションの通過を伝えます。

あらすじパート3

オーディションの結果を見たシャーペイとその弟のライアンは驚きます。さらに、学校中に2人がオーディションを受けたことが知れ渡り、彼らは大きな衝撃を受けるのでした。徐々にみな、周囲からのイメージとは異なる本当の自分をさらけ出すようになり、学校中の雰囲気が変わっていきます。そんな中、バスケットボール部と科学部は協力して、トロイをバスケットボールに集中させるように仕向けます。トロイが「バスケに集中する」と言わせた動画を、ガブリエラに見せたのです。彼女はショックを受け、自身も科学コンテストに集中することにし、トロイとも距離を置きます。どうしてガブリエラに避けられているのかわからず、だんだん元気をなくしていくトロイ。見かねた部活のメンバーが彼に謝罪し、トロイもガブリエラの家に謝りに行き、再び元の仲に戻ります。

それから、トロイはバスケットボール部の練習をしながら、ガブリエラは科学部に出席しながら、時間を作って歌の練習をするようになりました。2人の周囲の人間も協力してくれるようになったのです。しかし、それをよく思っていないのがシャーペイでした。

彼女は自分がミュージカルの主役になれるよう、2次オーディションの日時をバスケットボール部の試合と科学コンテストがある日時にかぶせたのです。このままだと2人はオーディションに参加できません。そこを助けたのは、2人の友人たちでした。2人をオーディションに参加させるために、みんなである作戦を考えたのです。

あらすじパート4

いよいよオーディション、バスケットボール部の試合、科学コンテストの当日。トロイはバスケットボール部の試合に、ガブリエラは科学コンテストに出場しています。そのころ、シャーペイとライアンはオーディション会場で歌を披露していました。トロイのいるバスケットボール部の試合は続きます。すると、得点を表示する電光掲示板や体育館の電気が、接触不良でも起こしたのか、消えてしまいました。復帰するまで試合は中止に。すかさずトロイはオーディション会場に向かいます。

一方、ガブリエラが参加する科学コンテストでも、異常が起こっていました。なにかの化学反応が発生し、部屋中にひどいにおいが立ち込めたのです。コンテストは中断され、部屋にいた人が外へ避難します。ガブリエラはそのまま、オーディション会場に向かうのでした。

会場では、シャーペイとライアンが歌い終わり、ダーバス先生がトロイとガブリエラの名前を呼びます。そのとき、2人は走って会場に入ってきました。さらには、バスケットボールの試合会場にいた人たちや、科学コンテストに参加していた人たちまで、続々と入ってきます。2人はオーディションに間に合ったのです。ケルシーのピアノのもと、2人は歌おうとしますが、大勢の観客を前に、ガブリエラは声が出ません。トロイはあのカウントダウン・パーティーの夜のように、自分だけを見て歌うよう彼女に言い歌い始めます。2人の歌は素晴らしく、聴いていた観客たちも盛大な拍手を送ります。オーディションの役も、2人が手に入れたのでした。

その後、トロイは中止されていたバスケットボール部の試合に戻り、勝利します。そこへ、ガブリエラも科学コンテストから戻ってきます。彼女たちもコンテストで勝ったのでした。最後に、バスケットボール部の試合が行われた会場で、学校中の生徒が歌い踊ってお祝いをします。バスケットボール部はもちろん、科学部も演劇部も混ざり、学校中の生徒がひとつになります。みんなグループの中で生きるのをやめ、自分らしく生きることができるようになったところで、ハイスクール・ミュージカルは終わるのでした。

ハイスクール・ミュージカルの主な登場人物とキャストまとめ

【トロイ・ボルトン役】ザック・エフロン(Zac Efron)

ハイスクール・ミュージカルの主人公。イースト高校に通う高校生で、バスケットボール部「ワイルドキャッツ」のキャプテン。リーダーシップがあり、学校中の人気者です。ちなみに父親はバスケットボール部のコーチで、イースト高校の出身。バスケットボール一筋の学園生活を送っていましたが、ガブリエラとのデュエットがきっかけで歌への興味もわいてきます。同時にガブリエラのことも好きになり、一緒にミュージカルのオーディションに参加するために、バスケットボール部と歌の練習を両方行う、多忙な毎日を過ごすことになります。彼がバスケットボールだけではなく、歌も好きであるということが学校に広まったことで、イースト高校の生徒にも変化を起こしました。

【ガブリエラ・モンテス役】ヴァネッサ・アン・ハジェンズ(Vanessa Anne Hudgens)

ハイスクール・ミュージカルのヒロイン。イースト高校に転校してきた女の子。トロイとは転校前にカウントダウン・パーティーで出会います。数学の天才少女と呼ばれるほど頭が良く、イースト高校では科学部に所属。その頭の良さは、科学部部長のテイラーに一目置かれるほどです。トロイと違って学校で目立つタイプではありません。もともとは大勢の前で歌うのが苦手でしたが、トロイとのデュエットでは楽しんで歌えていました。彼女もトロイとのデュエットで歌の楽しさに気づき、彼にも惹かれていきます。彼女もミュージカルのオーディションに参加することを決め、科学部に参加しながら歌の練習も行うようになります。

【シャーペイ・エヴァンス役】アシュレイ・ティスデイル(Ashley Tisdale)

演劇部の部長。学校で開催されるミュージカルでは毎回主役になっていました。演劇部顧問のダーバス先生のお気に入りでもあります。歌とダンスの実力は兼ね備えていますが、お金持ちの家で育ったせいか、自分に自信たっぷりで目立ちたがり屋、常に注目の的でいたい性格です。自分が学校で1番だと思っているため、双子の弟のライアンや科学部、バスケットボール部など、ほかの登場人物たちのことを見下しています。ミュージカルの主役を脅かす存在であるトロイとガブリエラをライバル視し、2人をオーディションに参加させないようにあれこれと手を回します。目立ちたがり屋な彼女の華やかなファッションは、この映画の見所の1つにもなっているでしょう。

【ライアン・エヴァンス役】ルーカス・グラビール(Lucas Grabeel)

演劇部所属。シャーペイの双子の弟で、彼女と常に一緒にいます。双子ですが、いつもシャーペイから手下のように扱われ、彼女に言われた通りに行動しています。ライアン自身があまり賢くなく、ちょっととぼけたところがある性格でシャーペイには逆らえません。しかし、彼自身に悪意があるわけではなく、あくまで姉に従っているだけです。彼はダンスの才能があり、シャーペイと2人で踊るダンスの振り付けを担当しています。最初はシャーペイに言われるがまま、あまりほかの生徒たちとは関わりませんでしたが、だんだんとトロイたちとも関わりを持つようになっていきます。

【チャド・ダンフォース役】コービン・ブルー(Corbin Bleu)

トロイと同じく、イースト高校のバスケットボール部「ワイルドキャッツ」に所属する生徒。トロイとは幼馴染で、小さいころから一緒にバスケットボールをしてきた仲です。「卒業したら同じ大学に進学しよう」といっているほど、トロイとは仲良しです。彼が歌に興味を示しはじめたころは、バスケットボールから離れて行ってしまうのではないかと不安に思い、科学部と協力してトロイの隠し撮り動画を撮り、彼がバスケットボールに集中してくれるように仕組みました。

しかし、トロイはガブリエラのことが真剣に好きで、歌もあきらめきれないということを知り、トロイに謝ってからは彼に協力するようになりました。トロイと同じくバスケットボールのことしか頭にないような性格で、勉強はあまり得意ではありません。科学部に対しては、はじめあまり良い印象を持っていませんでしたが、映画の後半では科学部部長のテイラーと仲良くなります。

監督・脚本などハイスクール・ミュージカルの作品情報

原題:High School Musical

公開年:2006年

製作総指揮:ビル・ボーデン、バリー・ローゼンブッシュ

監督:ケニー・オルテガ

脚本:ピーター・バルソチーニ

※本ページの情報は2018年12月時点のものです。