映画『ROOKIES-卒業-』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

大ヒットドラマ「ROOKIES」の続編として制作された映画「ROOKIES-卒業-」。甲子園出場の夢に向かって奮闘する熱すぎる姿に号泣する人が後を絶ちません。

そんな「ROOKIES-卒業-」の魅力はどこにあるのでしょうか。ここでは視聴者の感想を取り上げながら、「ROOKIES-卒業-」の見どころや、どのような人におすすめの作品か紹介していきます。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ROOKIES-卒業-をU-NEXTで見てみる


映画「ROOKIES-卒業-」は夢にときめき明日にきらめく映画!

映画「ROOKIES-卒業-」は、2008年にTBS系列で放送されたドラマ「ROOKIES」の続編として映画化された作品。情熱的で純粋な教師の川藤によって、夢を持つことの大切さを知った野球部員たちが、甲子園を目指して奮闘する姿を描いた青春映画です。

すでにドラマが大ヒットしていたこともあり、2009年上半期映画興行ランキングでは第1位を獲得し、同じくぴあ満足度ランキングにおいても第1位を獲得しました。

原作は「ろくでなしBLUES」などの代表作でも知られる森田まさのりの「ROOKIES」です。本作では、漫画で描かれなかった野球部員たちの卒業までが描かれた、映画オリジナルストーリーも追加されています

この作品では、3年生になったニコガク野球部の活躍が描かれます。すでに野球一筋のニコガク野球部員たちですが、その仲間に加わるのが新入生2人。メジャーリーグを目指すと豪語する生意気な赤星と、ニコガク野球部員になることに憧れていた濱中です。

しかし、そこは一癖も二癖もあるニコガク野球部員たち。すんなり一致団結するわけはなく、いろいろな問題が持ち上がります。

そんなとき、不良にからまれた赤星をかばって、主将の御子柴が大けがをしてしまいます。甲子園出場への暗雲が立ち込めるなか、ニコガク野球部は川藤に励まされながら、泥臭く白球を追いかけはじめるのでした。

果たして、ニコガク野球部は宿敵の笹崎高校を破り、甲子園出場という夢を叶えられるのでしょうか。そして、安仁屋の川上に対するリベンジの行方はどうなるのでしょうか。Greeeenの「キセキ」の曲が流れる感動のラストを動画配信サイトで見てみてはどうでしょうか。

映画「ROOKIES-卒業-」の魅力はなんといってもアツさ。熱血教師、川藤の「夢にときめけ 明日にきらめけ」というセリフは、ドラマが大ヒットしたこともあり、聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。

この佐藤隆太さん演じる川藤のアツすぎるセリフもさることながら、市原隼人さん演じる安仁屋、城田優さん演じる新庄、中尾明慶さん演じる関川などのアツい演技にきっとパワーをもらえるはずです。さらに、桐谷健太さん、佐藤健さんらも出演しています。

ここまで名前をあげていくと、あまりに豪華なキャストに驚いたのではないでしょうか。実は、ドラマの「ROOKIES」は非常に視聴率がよく、この作品でブレイクした俳優もたくさんいるからです。

すでに主役級の俳優も多いため、「ROOKIES-卒業-」を見れば、豪華共演に驚くとともに、若いころの演技を満喫できるでしょう。これでもかとイケメンが勢ぞろいしているので、イケメンウォッチャーの女性陣からも支持が高いのがこの作品です。イケメンの汗と涙にしびれてみてはいかがでしょうか。

「夢を持つことのすばらしさ」「ひたむきに頑張ることの大切さ」などをシンプルにかつストレートに教えてくれるのも、この作品の大きな魅力といえるでしょう。

夢・情熱・努力・友情といった内容はどうしても恥ずかしさや嘘くささが伴うため、このような作品は徐々に減ってきています。そのような意味でも、素直な青春映画、熱いスポ根映画に飢えている人も少なくないでしょう。

「ROOKIES-卒業-」ならば、きっとこうした飢餓感は満たされ、元気を満タンにしてくれるはずです。

そのため、若いころの夢や情熱を忘れそうになっている大人や、何に打ち込んでいいかわからない学生などが見れば、きっと良い刺激を受けられるはずです。Greeeenの「キセキ」の歌に乗って、熱い感動を味わってみてはどうでしょうか。

映画「ROOKIES-卒業-」はココが熱い!見どころ×

ワルたちのアツくピュアな情熱に燃えろ!

映画「ROOKIES-卒業-」の熱心なファンたちが、一言でこの映画の感想を表すなら「号泣」と答えるのではないでしょうか。号泣と言っても、しんみりした涙ではなく「野球サイコ―」「青春サイコ―」「友情サイコ―」といった熱い涙がこみ上げるような映画が「ROOKIES-卒業-」です。

映画に対する視聴者の感想を読むと「Greeeenの主題歌を聞くだけで泣けてくる」「学生時代の情熱を思い出した」「良い意味で直球すぎる青春映画」など、ワルたちのアツくピュアな演技に号泣してしまう人がたくさんいるようです。

そのため、少し落ち込んでしまったときや、単調な日常生活に飽きてしまったときなどに「ROOKIES-卒業-」を見れば、熱いパワーを注入してもらえるのではないでしょうか。

特に人気の登場人物は、ニコガク野球部のリーダー的存在の安仁屋。彼は、飛び抜けた才能を持ちながら、ある暴力事件をきっかけに荒んだ毎日を送っていたところを教師の川藤によって救われた人物です。その安仁屋を演じるのは、今どきのスマートで中性的な俳優陣にはない男気や泥臭さを出せる市原隼人さんなので、男の情熱がストレートに伝わってくるのです。

さらに、いろいろなタイプの野球部のメンバーがおり、それぞれの個性で熱い魂を視聴者にぶつけてくるため、きっとお気に入りのキャラクターが見つかるのではないでしょうか。たとえば、学生時代に部活動に熱中した人なら、熱い涙がこみあげてくること間違いなしの作品といえるでしょう。

違いは多少あるかと思いますが、「海猿」などでも男の情熱・連帯・友情などを描いています。このような作品が好きならば、「ROOKIES-卒業-」もきっと楽しめるはずです。また、「チア ダン」や「ウォーターボーイズ」など部活動ものが好きな人にとっても「ROOKIES-卒業-」はおすすめです。独特のノリ感、笑いはあるものの、青春映画の王道はしっかりと守られているからです。

今となっては豪華すぎるキャスト達!

佐藤隆太さんをはじめとして、市原隼人さん・佐藤健さん・桐谷健太さん・城田優さん・中尾明慶さんなど、人気俳優として大活躍している豪華キャストなのが「ROOKIES-卒業-」です。ROOKIESシリーズがきっかけとなり、大ブレイクした俳優が多数出演しています。

このメンバーでもう一度映画を作れといわれても、なかなかスケジュールが合わないのではないでしょうか。豪華すぎるキャストも魅力なのが「ROOKIES-卒業-」といえます。

ちなみに、休業中の小出恵介さんも本作に出演。動画配信サービスのなかには、小出恵介さんを意図的に外したと思われる画像を挿入している会社もありましたが、本作で小出恵介さんは重要な登場人物です。かなり多くのシーンに登場しており、見せ場も満載なので、ファンには見逃せない作品となっています。

昭和VS平成!ド根性と笑いが絶妙

ボクシング会長カリスマ山根、悪質タックル監督ウッチーなどから感じられるのは、昭和の悪しき精神主義・ド根性理論だといわれています。平成ゆとり世代の人からすれば、もはや同じ日本人とはみなせないのでしょう。

しかし、一方、日本人のマインドに深く刻まれているのは血を吐くような努力に対する美徳や練習は決して裏切らないという信念です。これこそが夢を叶えるための唯一の道なのだという信仰のようなものともいえるかもしれません。

本作はそんな「スクールウォーズ」「巨人の星」にも通じる根性が、絶妙な笑いのセンスによって楽しくアレンジされています。昭和・平成どちらの世代にも適度なカルチャーショックが楽しめる作品が「ROOKIES-卒業-」なのです。

映画「ROOKIES-卒業-」が絶好球なのはこんな人!

「ろくでなしBLUES」を好きな人!

映画「ROOKIES-卒業-」の原作「ROOKIES」を描いているのは、「ろくでなしBLUES」を描いている漫画家森田まさのりさんです。熱く、男くさい青春ものを描かせたらこの人の右に出る人はいないと評価されています。

この映画では、すでに野球部のメンバーたちは夢に目覚めているわけですが、かつては泥臭く、荒んだ毎日を送っていました。このあたりは、喧嘩に明け暮れつつも、徐々にボクシングへの夢に向かって進んでいく「ろくでなしBLUES」の前田太尊と重なる部分もあるのでしょうか。

ノリ感・笑いも「ろくでなしBLUES」ととても似ているので、かつて少年ジャンプなどで「ろくでなしBLUES」を夢中で読んでいた人なら、きっと素直に作品の世界に入っていけるのではないでしょうか。

ただし、教師の川藤は、前田太尊と違いしっかりした知識を持っています。この映画においても、福沢諭吉の「礼儀作法は敬愛の意を表する人間交際の要具なれば、いやしくもこれをゆるがせにすべからず」といったフレーズを熱く叫んでいるのです。

一方、前田太尊といえば「そんなこと日茶飯事だ!」などといっています(※日常茶飯事の言い間違い)。

それはさておき、前田太尊イズムの継承者として川藤幸一を捉えているファンもおり、「ろくでなしBLUES」ファンなら「ROOKIES-卒業-」はぜひとも見ておきたい作品といえるのです。

阪神タイガース好きな人

野球をテーマにした「ROOKIES-卒業-」は、直接的には阪神と関係ありません。しかし、主人公たちの名前は阪神タイガースの選手の名にちなんでいます

たとえば、「川藤 幸一」は川藤幸三さんと田淵幸一さんをミックスした名前です。「安仁屋 恵壹」は安仁屋宗八と藪恵壹、「御子柴 徹」は御子柴進と和田徹となっており、阪神タイガースファンならすぐにピンとくるのではないでしょうか。

他にも「岡田 優也」が岡田彰布と安藤優也、「桧山 清起」が桧山進次郎と中西清起といわれています。主要な登場人物は、すべて阪神タイガースの選手にちなんでいるので、ファンにとっては嬉しいとともに、発見する喜びもあります。

本作では新入部員も2名登場するので、どの選手の名前が使われているのか、動画でぜひチェックしてはどうでしょうか。

ちなみに、「ろくでなしBLUES」では、登場人物の名前はボクシング選手にちなんでいます。「前田太尊」ならマイク・タイソンといったように、ボクシングファンならすぐにピンとくるようなネーミングです。

このような森田まさのりさんの遊び心が同じように楽しめるのも「ROOKIES-卒業-」なので、名前にも注目して映画鑑賞してみましょう。

小出恵介さん禁断症状の人!

「先生の言葉を信じたから、笑って卒業できます」と映画「ROOKIES-卒業-」で感涙を誘うのは小出恵介さんです。残念ながら、ある事件をきっかけに芸能界を半ば卒業してしまった小出恵介さんですが、もう一度見たいと禁断症状を起こしている人も少なくないといわれています。

本作では、小出恵介さん演じる御子柴という人物は純でウブなところもあり、女子生徒からは「カワイイ」と声援が飛ぶようなキャラクターです。

この作品では、新入部員赤星をかばって大けがをしてしまい、あまり野球のシーンはありません。しかし、病室などのシーンが多いものの、登場回数はとても多いといえます。

小出恵介さん目当てで「ROOKIES-卒業-」の視聴を検討しているなら、きっと大満足で動画を見られるのではないでしょうか。小出恵介さんのファンなら見逃せない作品です。

映画「ROOKIES-卒業-」を無料で見たい!動画サービスまとめ

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV
dアニメ ×
auビデオパス ×
Amazonプライムビデオ
Paravi ×

「ROOKIES-卒業-」を配信している動画配信サービスたくさんあります。おすすめはU-NEXTで、31日間は無料で見ることができます。「ROOKIES-卒業-」を無料で見たいのなら、31日間の無料期間に視聴しましょう。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ROOKIES-卒業-をU-NEXTで見てみる

映画「ROOKIES-卒業-」のストーリー・結末※ネタバレ注意

ここでは「ROOKIES-卒業-」のあらすじを紹介しますが、ネタバレを含んでいます。

ニコガク野球部最後の春!新入部員現る

2009年3月。ニコガク野球部の面々は高校2年生で、高校生活で最後の春を迎えようとしていました。今日は卒業式。

といっても彼らにはいまひとつピンときません。そんな彼らに、ニコガク野球部を復活に導いた川藤は「卒業式では誰もが高校生活を振り返って、世話になった人たちに感謝するんだ。俺がそんな高校生活にしてやる」というのでした。

高校3年生になった彼らの前に現れたのは、待望の新入部員濱中赤星でした。

濱中は平塚に憧れてニコガク野球部に入部したといいます。なんでも、不良にからまれたときに助けてくれたのが平塚であり、その平塚が「俺はニコガクのエースで4番」と言うのを聞いたときから、入部を待ち望んでいたとのことです。

しかし、平塚は補欠です。練習がはじまると、たちまち嘘がばれてしまい、濱中は野球部を立ち去ってしまいます。

また、赤星は練習を拒否。「俺は将来メジャーリーグに行く人間だから、試合にだけ呼んでくれ」と毎日早々に学校を後にしてしまいます。

ようやく入った新入部員ですが、さっそく前途多難なニコガク野球部。ちなみに、新メンバー濱中を石田卓也さん、赤星を山本裕典さんが演じています。

主将の御子柴負傷と赤星と濱中の決意

「練習をしない奴は試合には出さない」と言っていた御子柴ですが、赤星の放課後の様子が気になります。行先を探したところ、赤星は多摩大野球部にいました。秀でた才能を持っていた赤星は、よりレベルの高い環境で毎日必死に練習をしていたのです。それを見ていた御子柴は赤星のことを認めます。

ある日のこと、赤星はささいなことから不良たちに絡まれてしまいます。そこに偶然居合わせたのは御子柴。「お前はメジャーに行くんだろ」と赤星をかばった御子柴は大けがを負ってしまいます。「普通信じないだろ、こんな夢」、赤星は御子柴の大けがに激しく心が揺さぶられました

夢の甲子園へ!地区予選大会スタート

御子柴のケガは思ったよりも重傷で、このままでは地区予選大会に間に合いそうにありません。グランドに立ちすくみ、悔し涙を流す御子柴。

一方、自分の夢を唯一笑わなかった御子柴に恩義を感じ、赤星はニコガク野球部に参加することを決意します。

そのころ、濱中は平塚の嘘に傷つきやる気を失っていました。そんな濱中に川藤は「あいつらは、全員俺のエースだ。お前も変わりたいんじゃないのか」と声をかけます。濱中は平塚らの猛練習の様子を見て、再び野球部に戻ることを決めました。

ようやくメンバーが揃ったニコガク野球部。地獄のような練習に全員汗を流すのでした。

ニコガク快進撃!「この先に何があるのかな」

チーム一丸となって戦うニコガクの快進撃はとまりません。ついに、決勝戦にまで勝ち上がります。決勝の相手は宿敵、笹崎高校。安仁屋のライバル川上がいる高校です。このあたりは、ドラマを見ていた人は、胸が高鳴るところではないでしょうか。

決戦前夜、関川は「俺らには仲間がいて、楽しくて幸せで、この先何があるのかな」といいます。今岡や岡田、新庄らも今までのニコガク野球部を思い返して深くうなずきました。明日は必ず勝ち、その先に何があるのか見てみるだけです。

安仁屋は「川上のフォークをスタンドにぶちこむイメージはとっくにできている」と叫び、川藤は「行こう!甲子園へ」と声を高ぶらせるのでした。

決勝戦!御子柴も復帰

ついに決勝戦。川藤は「夢をつかんでこい」と選手たちを鼓舞します。赤星の活躍もあり、安仁屋の気合も十分でした。若菜の負傷をきっかけに、さらにニコガク野球部の闘志は高まっていくばかりです。

そして、若菜の代わりに出場を志願したのはなんと主将御子柴。全員野球で笹崎高校にぶつかっていきます。

最終回、スコアは2対7でニコガク絶体絶命の状況。「最後はあきらめない奴が勝つ」と川藤は激を飛ばし、円陣を解いたニコガク野球部たちは最後の攻撃に向かいます。

はたして、彼らは夢を叶えられるのでしょうか。映画「ROOKIES-卒業-」の続きは動画配信サービスでチェックしましょう。

映画「ROOKIES-卒業-」の登場人物・キャストを紹介

【川藤幸一役】佐藤隆太

まっすぐで純粋な教師。夢を持つことの大切さを熱く語ります。映画ではすでにニコガク野球部との信頼関係に結ばれており、新入部員もはじめはとまどいながらも川藤を慕うようになります。熱い男を演じさせるならこの人、という佐藤隆太が演じています。

【安仁屋恵壹役】市原隼人

走攻守に優れた野球センスを持つピッチャー。かつてノーヒットにおさえられた笹崎高校の川上にリベンジを誓っています。チームのリーダー的存在で、「ROOKIES-卒業-」の動画では川藤と並んでダブル主役という位置づけです。

【御子柴徹役】小出恵介

ニコガク野球部唯一の優等生タイプ。チームメイトからの信頼も厚く、主将として野球部をまとめています。

映画「ROOKIES-卒業-」作品情報まとめ

公開年:2009年

監督:平川雄一朗

脚本:いずみ吉紘

映画「ROOKIES-卒業-」の動画を撮った平川雄一朗は「義母と娘のブルース」などを撮影しています。