映画『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

キュウレンジャースペース・スクワッドをはじめとして、たくさんの東映の特撮ヒーロー・悪役が大集合する映画「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」。

お祭り映画的なクロスオーバー作品として人気の映画です。そんな「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」の見どころやあらすじを視聴者の感想も交えて紹介していきます。

宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッドを見てみる


映画「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」は豪華な映画!

劇場版の戦隊モノシリーズはこれまでにも多数制作されてきましたが、オールスターという意味では映画「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」より豪華なものはないでしょう。

「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」でメインとなるスーパー戦隊は「宇宙戦隊キュウレンジャー」。宇宙戦隊キュウレンジャーは2018年2月をもってテレビ放送を終了しているので、ファンからは歓喜で復活を迎えられました。

まさに「帰ってきた宇宙戦隊キュウレンジャー」といった内容の映画となっているので、キュウレンジャーが大好きだった人たちは、絶対に見逃せない作品といえるでしょう。

キュウレンジャーは9人編成という大所帯が特徴でしたが、さらに追加されたメンバー3人を含む12人全員が「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」で登場します。

そして、タイトルの通り、キュウレンジャーと相対するのは、「スペース・スクワッド」。スペース・スクワッドは2017年に劇場公開されたVシネマ「スペース・スクワッド」が記憶に新しいという人もいるでしょう。「特捜戦隊デカレンジャー」と「宇宙刑事ギャバン」という超豪華な共演を果たし、大きな話題を呼びました。

「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」にはスペース・スクワッド隊長に就任した宇宙刑事ギャバン/十文字撃や宇宙刑事シャイダー/烏丸舟などのお馴染みのキャラクターが登場します。

さらに「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」が面白いのは、東映版アベンジャーズ「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」になっていることです。

つまり、宇宙戦隊キュウレンジャーが2つのグループに内部分裂してしまうのです。

なぜ、そのような事態になってしまったのか、映画のストーリーを簡単に紹介します。

ときはドン・アルマゲとの激闘から4年後。おだやかな日常を過ごしていた宇宙戦隊キュウレンジャーたちに衝撃が走りました。なんと、キュウレンジャーの1人ハミィが、リベリオンを吸収し、「ネオキュータマ」を盗み出したというのです。

ネオキュータマは復興途中の宇宙に欠かせないもの。なぜ、ハミィがそのような犯罪に加担したのか、キュウレンジャーのなかでも意見が分かれてしまいます。

ハミィを信じるグループはラッキー、チャンプ、スパーダ、小太郎、ガル。ハミィを犯罪者として捉えたのが剣、スティンガー、ラプターです。

まさに、アベンジャーズのキャプテン・アメリカのグループと、アイアンマンのグループさながらに、仲間の絆に亀裂が走ってしまいました

そこへ、宇宙を超えてやってくるのが、宇宙刑事ギャバンこと十文字撃と、宇宙刑事シャイダーこと烏丸舟の2人です。はたして、彼らの目的とは何なのでしょうか。

そして、宇宙戦隊キュウレンジャーのどちらのグループに彼らは味方するのでしょうか。まさに、オールスターキャストの「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」ですが、オールスターなのは本作の動画のなかだけではありません。

脚本を担当しているのはTVシリーズ「宇宙戦隊キュウレンジャー」のメインライターでファンにお馴染みの毛利亘宏。そして監督は米国版「パワーレンジャー」シリーズ、そして映画「スペース・スクワッド」でメガホンを取った坂本浩一

つまり、映画の制作陣も宇宙戦隊キュウレンジャー&スペース・スクワッドのオールキャストなのです。劇場で見逃した人は、動画配信サービスなどで、視聴することをおすすめします。

映画「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」の見どころ3

見どころ1:お気に入りのキャラクターを応援できる!皆大満足のお祭り映画

スペース・スクワッドのシリーズは、2017年からスタートした、東映版アベンジャーズのような映画です。なんといっても最大の魅力はヒーロー・悪役がテンコモリなところでしょう。まさにお祭り映画的ワクワク感がたまらない作品となっています。

宇宙戦隊キュウレンジャーや宇宙刑事ギャバン、ゲキレンジャーのメレなどが登場します。さらに、シンケンジャーからは腑破十臓、ゴーカイジャーに登場したバスコ、ゴーバスターズからはエスケイプと豪華すぎるキャラクターたちが共演します。

宇宙戦隊キュウレンジャーが主役となっていることは間違いありませんが、お気に入りのキャラクターが必ず見つかるのが「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」の楽しいところです。

本作はハミィの登場シーンが多い映画となっていますが、ハミィと同じくらい本作で人気だったのが緑カメレオンであり、ハミィの先輩でもあるメレです。メレは本作で重要なキャラクターであり、かなり「美味しい」役どころといえるでしょう。

また、宇宙戦隊キュウレンジャーが分裂する、そのグループ分けも面白いところです。子どもならば、単純に好きなキャラクターを応援すればいいでしょうし、大人ならもう少し複雑に、それぞれの立場や主義主張に共感して、どちらのグループを応援するか決めるのではないでしょうか。

たとえば、宇宙の平和を守る責任があると考える剣のグループを応援するか、仲間を信じるラッキーのグループを応援するかは人それぞれでしょう。見る人によっていろいろな角度で楽しめるのもこの映画の魅力です。

BN団やショウロンポーなど、中立的なグレーゾーンのグループを配置しているところも奥が深く、大人でも十分見応えがある動画となっています。

見どころ2:「メレ様」最高!

「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」で特に評価が高かったのはメレでした。単なる復活キャラというレベルを超え、メレというキャラクターを描くためにこの映画が制作されたのではと感じる視聴者も多かったようです。

そのため、メレが好きな人ならば、必ず見ておきたい映画といえるでしょう。相変わらずキュートでかわいく、そのうえセクシーなので、男性ファンも多いメレ。ぜひ動画をチェックしてみてはいかがでしょうか。

「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」の動画では、メレファンならではの涙なしでは見られない名シーンもあります。

このあたりは、ゲキレンジャーのときにメレというキャラクターの運命に感涙してしまった人は、胸が締め付けられる思いになることが間違いありません。ファンならずとも映画の大きな見どころといえるでしょう。

見どころ3:キュウレンジャーVSキュウレンジャー

キュウレンジャーVSキュウレンジャーという構図に、心が引き裂かれてしまうという人も多いでしょうが、アクションシーンとしてとても出来がよいと評価されているのが「宇宙戦隊キュウレンジャースペース・スクワッド」です。

ツルギとラッキーというWのレッドによる格闘シーンにシビレたという感想もありました。また、ラプターVSスパーダのガチ対決も大きな見どころ。仲間同士で少しやりすぎと心配になるくらい、迫力のあるアクションシーンとなっています。

小太郎、チャンプ、スティンガーらのアクションシーンにも注目です。激しく戦っているのに、心の奥で仲間への想いにあふれており、見ていて涙が抑えられなかったというファンたちの声もありました。

さらに悪役チーム「ヴィランズ」も加わっているので、迫力あるアクションシーンはどれも必見です。戦隊モノのアクションシーンが大好きという人はぜひ動画を見てはいかがでしょうか。

映画「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」がおすすめの人

親子で見たい人

歴代の戦隊モノを見てきた人ならば、どのヒーローが最強なのだろうと誰もが考えるのではないでしょうか。

また、過去の戦隊の強敵が今の戦隊の前に現れたら、どうやって敵を倒すのだろうと、脳内でシミュレーションを繰り返している人もいるでしょう。

そんな人たちの願いを叶えてくれるのが、映画「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」です。

そして、なんといっても、過去と現在のキャラクターが同じ映画に登場するので、親子の会話もはずみます。「パパのころはヴィランズが強かったんだ」とか「このキュウレンジャーが強いんだよ」など親子で会話を楽しめるような映画といえるでしょう。

大人なら懐かしい思いとともに、再び戦隊モノを見はじめるきっかけとなるかもしれません。

また、「こっちがゴクで、こっちがマゴク。そして私はエスケイプ、すっごくいいモノよ」というエスケイプのセリフを懐かしいと思ったり、「何かを得るには何かを捨てなきゃ」というバスコのセリフが聞けたりと、いろいろな世代に対するサービス精神にあふれた映画となっています。

ぜひ、自宅のテレビの前で戦隊談義を親子で交わしてください。

クロスオーバー作品が好きな人

マーベル映画によって、ますます人気となってきているクロスオーバー作品。「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」も、そうした流れを受けて制作されていることは間違いありません。

この作品は脚本がよくできているという評価が高く、それぞれの戦隊モノやVシネマの世界観が違和感なく融合しているといわれています。今のところ、仮面ライダーは入ってきていませんが、今後、ひょっとしたらクロスオーバーするのではと期待している人もいました。

また、単にいろいろなキャラクターを登場させるだけでなく、変身前の姿を動画で視聴できるのもファンからは喜ばれているようです。たとえば、メレ役の平田裕香さん、エスケイプ役の水崎綾女さん、腑破十臓役の唐橋充さん、バスコ役の細貝圭さんらの姿が再び見られるのは、ファンならうれしいでしょう。

そして、それぞれのキャラがクロスオーバーして会話したり、戦ったりする様子は、劇場版らしくとても華があって、特別感を感じさせてくれます。

また、スペース・スクワッドの隊長、十文字撃が、各ヒーローを自分の隊員にすべくスカウトをしているのも面白い設定です。「自分ならあいつを選ぶ」などと想像して楽しめるのではないでしょうか。このあたりの今後の展開も楽しみなところです。

ちなみに、おそらく「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」の続編が制作される可能性はとても高いでしょう。クロスオーバー作品は、作品ごとに重層的となり、エピソードがつながることもあるので、今後の展開も楽しみに待ちたいところです。

動画配信サービスにおいては、他の過去作も手軽に視聴できるようになっているので、お気に入りのキャラクターを見つけられたら、そのキャラクターが出演している戦隊モノを視聴する楽しみも増えます。まさに一粒で二度おいしいのが「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」なのです。

ただ、ヒーローがたくさん登場するだけに、お気に入りのキャラクターの登場シーンが少ないことにがっかりしてしまう人もいました。本作はキュウレンジャーが主役だったので、今後は入れ替わりで映画が作られるのではないでしょうか。

しかし、登場シーンが少ないながら、毛利亘宏さんの脚本により、キャラ全員をリスペクトしている気持ちが伝わるといった評価が高いのもこの映画の特徴。短時間でもツボを押さえた演出なので、きっとどのキャラクターも楽しんで視聴できるでしょう。

映画「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」をお得に見る!

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV 〇※標準400円、HD500円の別途料金
dアニメ ×
auビデオパス
Amazonプライムビデオ 〇※HD500円の別途料金、購入は2500円
Paravi ×

U-NEXT、ビデオマーケット、auビデオパスでは1カ月程度のお試し期間があり、この期間内であれば映画「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」の動画が無料で視聴できます。

宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッドを見てみる

映画「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」※ネタバレ注意

スペース・スクワッド登場!キュウレンジャーたちの宇宙に出発

宇宙忍者暗黒団を束ねているのは宇宙忍デモスト。それを追っているのがスペース・スクワッドのシャイダージライヤです。

デモストが逃亡した先は、キュウレンジャーたちのいる宇宙でした。任務とはいえ、再びラッキーたちに会えることにシャイダーは喜びを隠せません。

一方、キュウレンジャーたちのいる宇宙では、宇宙幕府ジャークマターを倒してから4年が経過していました。平和な毎日が続いており、宇宙の復興に欠かせないネオキュータマの開発も順調に進んでいるのでした。

犯人はなんとハミィ!ネオキュータマがデモストの手に

あるとき、そのネオキュータマが奪われるという大事件が発生します。そして、犯人はなんとキュウレンジャーの1人ハミィ

一報を聞いた残りのキュウレンジャーたちもひさしぶりに集結します。ハミィの真意を測りかねる一同でしたが、やがて、意見の違いから2つのグループにキュウレンジャーは分裂してしまいます。

ハミィが理由なく犯罪を起こすはずがないと、あくまで仲間を信じるグループには、ラッキー、チャンプスパーダ小太郎ガル。そして、宇宙の平和を守ることが重要でハミィを逮捕すべきというグループにはスティンガーラプターがいました。意見は平行線をたどり、キュウレンジャーは分裂してしまいます。

エスケイプ・メレたち復活!

ネオキュータマによって、エスケイプや臨獣カメレオン拳のメレたちが復活しました。はぐれ外道の不破十蔵、バスコ・タ・ジョロキアらも次々に蘇ります。デモストは、野望のなかばで死んだ彼らを使って宇宙を支配することを企てていたのでした。

そのころ、ラッキーとチャンプたちは、ハミィの行方を追っていました。そこで出会ったのは、なんとシャイダー。そのシャイダーが街でナンパ中という設定は、ファンなら思わず笑ってしまうでしょう。

しかし、そこに現れたのがメレ。このころ他のキュウレンジャーのところにもヴィランズやデモストの襲撃が行われていました。なんとか彼らの攻撃から逃れたキュウレンジャーでしたが、ハミィは再びデモストとともに去ってしまいます。

やがて、ネオキュータマ生産工場を襲撃するという犯行予告が届きます。しかし、工場に到着したキュウレンジャーは、ハミィに対する意見の違いから戦いはじめてしまいます。

この戦いには、ナーガバランスギャバンらも登場して、大混戦となります。このあたりのアクションシーンも「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」の大きな見どころの1つです。

ここで再びハミィに出会いますが、メレと一緒にハミィは去ってしまいます。戦いが終わり、は仲間割れをしているキュウレンジャーに対し、「仲間の絆を信じろ」と訴えるのでした。

宇宙連邦大統領ツルギ暗殺

ハミィの目的は、宇宙を支配する陰謀に加担することではありませんでした。ジャークマターによって命を落としたと思っていた師匠・鶴菊命を蘇らせたかったのです。

デモストは、自分が鶴菊の兄弟弟子であると嘘をつき、鶴菊を復活させるためにハミィの協力を取り付けていました。

しかし、実際はデモストは鶴菊を人質にとっていたのです。そして、鶴菊の命と引き換えに、宇宙連邦大統領ツルギ暗殺をハミィに命令するのでした。

宇宙連邦大統領ツルギの演説会場に潜入するハミィ。そこでハミィを待っていたのは、キュウレンジャーでした。一方、ハミィの暗殺失敗に備えてヴィランズらも配置されています。隙をついて大統領ツルギに近づいたハミィはキューレイピアを向けます。

一体、この暗殺の結末はどうなってしまうのでしょう。キュウレンジャーはハミィを救えるのでしょうか。そして、デモストの意外な正体とは。

メレの悲しき運命も見逃せない映画「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」の結末は、動画配信サービスで視聴しましょう。

映画「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」の登場人物紹介

【ラッキー/シンレッド役】岐洲匠

惑星カイエン出身の人型宇宙人の冒険家。口癖は「よっしゃ、ラッキー!!」です。全てのことをポジティブにとらえるキャラクターなので、本作においてネオキュータマを奪ったハミィのことも疑うことなく仲間と信じています。

【スティンガー/サソリオレンジ役】岸洋佑

銀河最強といわれる惑星ニードル出身の人型宇宙人。クールで口数が少ないキャラクターです。映画ではハミィを巡ってラッキーらと対立します。

【ハミィ/カメレオングリーン】大久保桜子

カメレオン座系出身の人型宇宙人。小生意気な妹キャラであり、「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」の動画の中でも「キタコレ」などの女子高生的セリフを発します。

映画「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」作品情報まとめ

公開年:2018年

監督:坂本浩一

脚本:毛利亘宏

「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」は東映の特撮ヒーローが集結した映画です。アクション監督は坂本浩一さんが担当するなど、アクションの動画も見逃せません。