映画『悪と仮面のルール』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

愛する人を守るため、整形をしてまで犯罪に手を染める主人公を描いた『悪と仮面のルール』を、見たいという人も多いでしょう。この作品は動画配信サイトでも配信されていますので、気軽に見ることができます。

ただ、動画を見る前に、見どころなども知っておきたいですよね。そこで、『悪と仮面のルール』のおすすめポイントやあらすじを説明し、無料で見られる動画配信サイトも併せて紹介します。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

悪と仮面のルールをU-NEXTで見てみる


映画『悪と仮面のルール』ってどんな映画?

海外でも高い評価を得ている原作の映画化!

『悪と仮面のルール』は、中村文則の小説を原作として映画化されました。中村文則は、2002年のデビュー以来、話題作を発表し続けている作家です。

2005年には『土の中の子供』で芥川賞を受賞し、海外では「The Wall Street Journal」で、2012年と2013年に「年間ベスト10ミステリー」に選出されました。

また、2014年にはアメリカの文学賞であるデイヴィッド・グディス賞も、日本人として初めて受賞しています。そんな中村文則が書いた『悪と仮面のルール』は、発表と同時に世界中で話題を呼びました。

『悪と仮面のルール』は、特殊な環境で育ってしまった主人公の、究極の愛の物語です。

ゆがんだ目的のために自分が生みされたことを知った主人公は、自身の存在意義を見失います。そんなとき、1人の女性と出会い、自分の命をかけても彼女を守りたいと考えるようになるのです。劇中では、彼女のために罪を犯し続ける主人公の行動は、間違っているのかどうかを観客に問いかけてきます。

サスペンスと愛が交差している『悪と仮面のルール』は高いエンターテインメント性をもった作品であるといえるでしょう。撮影現場を訪れた原作者の中村文則が「面白くなることを肌で感じた」というほど、制作とキャストの魂が込められた作品です。

新進気鋭の監督による初めての長編映画

今作で監督を務めた中村哲平は、1979年生まれです。『悪と仮面のルール』が公開された2018年には、39歳という若さでした。そんな中村哲平は、かつて海外を舞台に活動をしていた監督です。

アルマゲドン』『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ監督や、『マンハント』のジョン・ウー監督と共にCM制作を行った経験をもち、海外でも高く評価されています。

日本に帰国後には「関ジャニ∞」の映像作品である「8UPPERS FEATURE MUSIC FILM」の脚本と監督を務めました。さらに、2012年の長編ドキュメンタリー映画『THE SONGS』は、DVDランキング映画部門で発売初週第1位を獲得しています。

国内外から注目される中村哲平は、『悪と仮面のルール』を演出するにあたり、原作の世界観をそのまま映像に落とし込みたいと考えていました。

小説に登場する重要なセリフも、そのまま映画に取り込むことを提案し、原作の雰囲気をどれだけ出せるかにこだわって制作されています。

また、登場人物たちのキャラクターを作り込むことにも時間がかけられました。撮影前には入念なリハーサルを行い、俳優たちと登場人物について何度も話し合いがもたれました。登場人物たちの感情をていねいに表現することに力を入れた演出は、俳優陣からも演技がしやすかったと高く評価されています。

その他にも、今作では映像の美しさだけでなく、原作のもつ空気感までもスクリーンに描き出しているのが特徴です。出演者の吉沢亮は、オシャレな画がスクリーンにあふれているため、それだけで見る価値があると話していました。

ヒロインを演じた新木優子も、映像がきれいでワンシーンごとに魅力的な表現にあふれている映画だと語っています。

シーンごとにドキドキするような演出が見られる『悪と仮面のルール』は、新進気鋭の監督ならではのこだわりの詰まった作品であるといえるでしょう。動画では、海外で活躍した監督による独特の世界が楽しめます。

映画『悪と仮面のルール』のおすすめポイント3

おすすめポイント1:整った顔をもつ玉木宏にぴったりの役柄

『悪と仮面のルール』で玉木宏が演じるのは、整形して別人として生きる主人公です。別人として生きるため、整形というマスクをつけ感情をかみ殺して主人公は暮らしていました。劇中で、玉木の整った顔は仮面の役割を果たしたのです。

仮面をつけた主人公は、愛する女性を守るため、社会のルールに反していきます。それは彼自身とは大きくずれている別の人格でした。しかし、そうせざるを得ない状況におちいり、淡々と犯罪手を染めていきます

愛する女性に対する純真な気持ちは、玉木宏という仮面のなかにうまく隠されているのです。別の顔を手に入れることに違和感を持ちながら生きていく姿を玉木宏は見事に演じ切っています。

整形した直後のシーンで玉木宏は、顔に50本ほどのハリを打って撮影に挑みました。ハリによって実際に顔がこわばったように感じた玉木宏は、リアルな表情を見せています。

おすすめポイント2:重いテーマを見事に表現した作品

今作でテーマとして取り入れられているのは「人の命をうばってはいけない」ということです。これは、これまで多くの小説や映画で語られてきたテーマでしょう。しかし、『悪と仮面のルール』では、そのテーマに説得力が持たされています。

というのも、今作で語られているのは、人の命を奪うことがいけないのは「倫理的」でも「法律にふれる」ことが理由でもないからです。人の命をうばうことは「生物としての本能に逆らう」ことが理由でした。

生物というのは、生まれながらに同種の命を奪ってはいけないとプログラミングされています。そのため、本来のプログラミングに逆らい、同種の生物の命をうばってしまうと、それは、生物としての誤作動になるのです。

誤作動が起これば幻覚が見えるようになることや、人の命を奪った瞬間がフラッシュバックしてしまうなど、精神的に追い詰められてしまいます。そして、普通ではいられなくなり、幸せを感じることもなくなってしまうのです。

今作では、そういった状況に陥っていく主人公を登場させることで、人の命をうばってはいけないと警告しています。

主人公が悩み、苦しむ姿を見ていると、人の命をうばってはいけない理由に納得がいくと感じるでしょう。重いテーマでありながらも見事に切り込み、見ている人に訴えかけてきます。

おすすめポイント3:キャラクターごとにテーマが決められた完璧な演出

『悪と仮面のルール』でメガホンをとった中村哲平は、原作の空気感を見事に再現していると評判です。

今作で中村哲平がこだわったのは空間の描き方でした。というのも、監督は、原作を忠実に表現するために「場の力」が必要だと考えていたからです。そのため、ロケハンは徹底的に行われ、イメージ通りの空間が選ばれています。

そして、装飾部と美術部とも話し合いを重ね、映像に映りこむすべてのものをこだわって選びました。持ち物ひとつにおいても、登場人物のバックボーンを話し合ったうえで決定しているのです。

例えば、吉沢亮が演じた伊藤は「水」がモチーフとなりました。そういった理由から彼が映るシーンには必ず水が登場しているのです。伊藤が所属するテログループには水のタンクがあり、伊藤はいつも水を持ち歩いています。

伊藤に水のモチーフが取り入れられたのは、「邪」として生まれ、自分を変えたいと思っている伊藤が「浄化」を目指していることが理由です。

一度汚れてしまった水を浄化させようと考えている伊藤ですが、そう簡単にはきれいにならないことへのジレンマも抱えています。

キャラクターにはそれぞれ違ったテーマが持たされて演出されていますので、動画ではそれぞれのテーマを探してみるのもいいでしょう。

こんな人はチェック!映画『悪と仮面のルール』が楽しめるのはこんな人

複数のイケメンが登場する映画が見たい人

映画『悪と仮面のルール』で、主人公の文宏を演じたのは玉木宏です。玉木宏は、テレビドラマの『のだめカンタービレ』で、スマートながらもコミカルな演技を見せて高い評価を得ています。

また、連続テレビ小説の『あさが来た』では、穏やかで包容力のある演技が見られました。実力派の俳優としても知られる玉木宏は、端正で知的なたたずまいが人気であり、多くの女性ファンをとりこにしています。

そんな美形の玉木宏と並ぶほどの美しい顔を持つ吉沢亮も、今作にキャスティングされました。吉沢亮は、主人公に近づくテログループのメンバーの伊藤を演じています。

今作で彼は、役作りのためにひげを伸ばしたことでも話題になりました。ワイルドなイメージの吉沢亮が見られる作品ですので、吉沢亮のファンは必見であるといえるでしょう。

このように、『悪と仮面のルール』では、日本を代表する美形の俳優が2人も登場しますので、イケメン好きの人に見てもらいたい作品です。

新木優子のファン

『悪と仮面のルール』では、ヒロイン役として女優の新木優子がキャスティングされました。

『悪と仮面のルール』ではこれまでの彼女のイメージとは違う、ホステス役として登場しますので、新木優子ファンには見逃せない作品に仕上がっています。新木自身も原作のファンであり、この作品に出演できることに喜びと重圧を感じていました。

新木優子は、純粋で心の美しいヒロインを演じるにあたり、話すスピードに気をつかって演じています。できるだけゆっくりと話すことで、ヒロインの純粋さを表現しているのです。

また、瞬きをなるべくしないことにも気を付け、ヒロインになりきって役を演じました。

ヒロインのキャスティングの際には、登場するだけで見ているすべての男性が守ってあげたくなるような存在感があるかが重要視されています。

キャスティングを担当した松橋真三プロデューサーは、実際に新木優子に会った際、ヒロインにふさわしいのは彼女しかいないと感じたと語っているのです。

彼女は公開当時23歳と非常に若い女優でしたが、女優としての発展途上段階にいる彼女は、非常に大きな可能性を秘めていました。動画では、新木優子の新鮮な演技と新しい役への挑戦が楽しめますので、新木優子ファンに見てもらいたい作品であるといえるでしょう。

こだわりの主題歌に興味がある人

『悪と仮面のルール』では、主題歌にも監督のこだわりが見られます、本作で主題歌を担当したのはUru(ウル)です。

Uruは、2013年から歌手としての活動を開始し、2017年までに5枚のシングルを発売しました。彼女のファーストシングルである「星の中の君」は、映画『夏美のホタル』の主題歌としても使用されています。

今作はUruにとって2度目の映画の主題歌となりました。

さらに、主題歌となった「追憶のふたり」は、『悪と仮面のルール』のために書き下ろされた曲です。この曲は、映画を鑑賞したUruの感情が歌詞や曲に込められているのが特徴でしょう。

作品にあふれる人間らしさや、登場人物たちのラブストーリーという世界観を楽曲として表現しています。

監督の中村哲平もUruの曲を非常に気に入り、主題歌のMVも手掛けました。『悪と仮面のルール』では、映画と非常にマッチしたUruの書き下ろし曲が楽しめますので、Uruの音楽が好きな人おすすめしています。

映画『悪と仮面のルール』の動画を無料で見る方法

映画『悪と仮面のルール』は、次の動画配信サイトで見ることができます。

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT 〇31日間無料
Netflix ×
ビデオマーケット 〇初月無料
フジテレビオンデマンド 〇1カ月無料
dTV 〇31日間無料
dアニメ ×
auビデオパス ×
Amazonプライムビデオ 〇30日間無料
Paravi ×

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

悪と仮面のルールをU-NEXTで見てみる

ネタバレあり!映画『悪と仮面のルール』のあらすじ

映画『悪と仮面のルール』はどのようにストーリーが展開するのでしょうか。ネタバレも含めていますので、動画で結末を知りたい人は気を付けてください。

「邪」としての運命を背負う文宏

久喜文宏は、武器産業も行う九喜グループの息子でした。

ある日、11歳の文宏は父の捷三に重要なことを告げられます。捷三は、世の中には「邪」という悪をなす人物が必要であると考えていました。そのため、捷三は文宏を「邪」の存在に仕立て上げる目的で作ったというのです。

さらに捷三は、文宏が悪になりきるために、文宏が14歳の誕生日を迎える頃に、地獄を見せるといいだしました。

そんなころ、捷三は孤児の香織を引き取ります。同い年の文宏と香織は親しくなり、2人の間には恋愛感情も生まれました。

しかし、文宏は捷三が香織に性的虐待をしているのを見てしまいます。文宏は自分が14歳になったとき香織が自分の目の前で男たちに辱められてしまうと考えました。そして、捷三を殺すことを決意したのです。

その後、捷三と文宏、香織の3人が静岡の別荘へ行った際、文宏は香織に内緒で捷三を地下室に閉じ込め、殺しました。捷三の死は単なる事故死として片付けられます。

それでも、父の血を引く自分が香織にふさわしくないと感じた文宏は、香織を遠ざけるようになりました。そして、香織も家を出て行きます。

香織が幸せでいるかを知りたかった文宏は、10数年後、顔を整形して新谷弘一と名乗って新しい生活を始めたのです。

新谷弘一として生きる文宏は、探偵に香織の近況を探らせます。香織は六本木でホステスをしていました。

香織を守るために殺人を重ねる文宏

文宏は、香織に詐欺師の矢島孝之が近づいているという情報を手に入れます。矢島は香織が相続した久喜家の財産を狙っていました。

さらに、文宏は自分の他に香織を調べている人物の存在もつかみます。文宏は、探偵に香織を追うもう1人の調査を依頼しました。そして、文宏は詐欺師の矢島を尾行し、毒殺したのです。

そのころ、探偵は香織を調べていたもう1人の人物を久喜家の次男久喜幹彦だとつきとめました。それとおなじころ、テロ組織グループの「JL」が県議会議員の飯田修作殺害したというニュースで世の中がにぎわいます。

ある日、文宏はカフェでお茶を飲む香織を、向かい側でこっそり見守っていました。そのとき、文宏は自分のポケットの中で鳴る見覚えのない携帯電話を見つけます。

文宏が電話に出ると、「1時間後、品川の港南口にいろ」といい、電話が切れました。品川の港南口に着いた文宏は、伊藤良祐という男に出会います。彼も邪の家系の者でした。文宏が来ると思っていた伊藤は、まるで別人が現れたことにおどろきます

顔を整形した文宏は、文宏の知人だと言ってごまかし、文宏は死んだと伊藤に告げました。話をしていると、伊藤は今話題の「JL」の一員であることがわかります。そして、伊藤は文宏に仲間にならないかと誘うのです。

その後、文宏のマンションでは刑事の会田が待っていました。というのも、文宏の新しい顔である新谷弘一は、かつて鈴木サエという人物を殺害した容疑をかけられていたからです。

会田は文宏からサエの事件を聞きだそうとします。しかし、慌てて話を合わせる文宏に、会田は違和感を抱いていました。

会田から解放された文宏は、自分の部屋に潜伏していた幹彦の部下に出会います。彼の話によると、サエは8年前に自殺していました。文宏は幹彦の部下に、幹彦のもとへと連れて行かれます。

文宏を見た幹彦は、彼が整形して新谷弘一になったことに気づきました。幹彦は文宏に九喜家の話をします。第一次世界大戦で従軍した久喜家の祖父は「邪」に狂い、一族の中に「邪」を用意するようになったというのです。幹彦は文宏に香織を連れてくるように脅したのでした。

幹彦の野望

探偵の調査によると、矢島を香織に近づけたのは幹彦だったのです。文宏はJLの伊藤に会い、資金援助をエサに伊藤たちのアジトへの案内を依頼します。JLのアジトで、文宏は佐藤という男にも出会いました。

帰り際、伊藤は文宏に爆弾を預かってほしいといいます。さらに、資金援助として200万円が必要だともいうのです。

その後、探偵の手引きによって文宏は香織の店に行くことになります。顔を変えた文宏は、香織にとって初対面でした。しかし香織は文宏を見て「なつかしい感じがする」というのです。香織との再会は文宏の胸をいっぱいにしました

ある日、伊藤が逃走資金として200万円が欲しいと文宏に電話をしてきます。電話をしている文宏の近くには刑事の会田がいました。会田は、現在の新谷弘一が昔と違う点をいくつも挙げてみせるのです。会田は文宏を疑っていました

ある日、香織は佐藤からカッターナイフで襲われます。それを止めたのは文宏でした。2人はもみ合いになりましたが、幹彦が背後から佐藤をなぐり、どこかへ連れて行ったのです。

そして、幹彦は文宏に1週間以内に香織を連れてくるようにいいます。文宏は幹彦のところへと向かいました。すると、幹彦は文宏に、「自分の会社で東京のど真ん中に戦争をおこそう」というのです。文宏が断ると、幹彦は捷三の代わりに自分が文宏に地獄を味わわせるといいます。

香織を守り切った文宏

文宏は自分たちの会話は録音していたと幹彦に告げ、その証拠も見せました。そこには、これまでの幹彦の悪事の証拠も入っています。

というのも、捷三は長年探偵を使って幹彦を調べていたのでした。その探偵は、文宏が香織の捜査を依頼している探偵だったのです。

文宏は、この証拠を午前4時半にマスコミに伝えるといいます。さらに、文宏は伊藤から預かった爆弾のスイッチを入れました。30分後に爆弾は爆発し、幹彦は死にます。

その後、伊藤と会った文宏は、自分が文宏だという事実を伝えました。伊藤は、自分も幼少期から虐待を受け、生きる価値を見いだせずにいると文宏に話します。そこで、文宏は伊藤に「おまえはおれの分身のようなものだ」といい、逃走資金200万円を渡しました。伊藤は自分のナイフを文宏に預けたのです。

その後、会田はサエの墓参りをする文宏を目撃します。その姿に、新谷弘一は別人であると確信するのです。

会田は、殺された矢島と幹彦、JLのアジトのすべてに新谷弘一の写真があったと文宏に告げます。その3つの共通点が香織だというのです。香織を守るためにすべては起こったと会田が指摘し、「昔のあなたより、今のあなたのほうがまだましだ」といいました。

全てが終わり、文宏は海外に行く計画をしています。そんな文宏のもとに、香織がやってきました。文宏は香織を後部座席に乗せ、家まで送ります。

文宏は香織に自分が文宏だと明かしたくなりました。しかし、いいだせなかった文宏は結婚して子供もいると伝えるのです。そして、涙を流しながら香織と過ごした日々が幸福だったといいました。

それを聞いた香織は「ありがとうと伝えてください」といいます。文宏は、「僕はあなたが好きです。だからもう、会わない方がいいと思う」と告げました。

香織が文宏にこれからどうするのかと尋ねると、文宏「生きていきます」とだけ答えます。別れ際に文宏は香織にプレゼントを渡し、その場を去りました。

映画『悪と仮面のルール』の主な登場人物とキャスト

【久喜文宏(新谷弘一)役】玉木宏

映画『悪と仮面のルール』の主人公は久喜文宏です。悪になるように教育された文宏ですが、非常に優しい心を持っています。ある日、1人の女性と出会い、彼女を守るために顔を変え犯罪を繰り返すのです。

【久喜香織役】新木優子

久喜香織は、今作のヒロインとして登場します。香織は、久喜文宏に生きる意義を与える存在ですが、彼が悪に足を踏み入れるきっかけを作り出してしまうのです。

【伊藤亮祐】吉沢亮

テログループ「JL」の一員は、伊藤亮祐です。動画では文宏をなんとかメンバーに引き込もうとします。

映画『悪と仮面のルール』の作品情報もチェック

映画『悪と仮面のルール』の動画を見る前に、作品情報もしっかりとチェックしておきましょう。

原題:悪と仮面のルール

公開年:2018年

原作:中村文則

監督:中村哲平

脚本:黒岩勉