映画『チェリーボーイズ』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

映画「チェリーボーイズ」は、童貞をテーマにしたコメディ映画です。童貞3人組が力を合わせて脱童貞大作戦を決行します。ただ笑えるだけでなく、悩みを抱える人に勇気を与えてくれる作品です。

チェリーボーイズは、U-NEXTやビデオマーケットなど多数の動画サービスで配信されているため、気軽に見ることができます。チェリーボーイズの見どころや魅力についてみてみましょう。

チェリーボーイズを見てみる


映画「チェリーボーイズ」の見どころは?

「チェリーボーイズ」は、久しぶりに再会した幼馴染の3人が繰り広げるコメディタッチの映画です。それぞれのキャラクターの設定がとても印象的で、クスクス笑いながら見られるストーリー展開になっています。

まずは、映画「チェリーボーイズ」の動画の見どころをチェックしてみましょう。

主役は3人の個性的な童貞たち

映画「チェリーボーイズ」では、25歳の3人組が童貞を脱するために奮闘を繰り広げます。この3人の名前は国森、吉村、高杉ですが、それぞれ「クンニ」、「ビーチク」、「カウパー」というあだ名がついています。とはいえ、誰一人としてセックスの経験はありません

3人が集まれば、自分の思い通りにいかない世の中への愚痴や女性とのセックスのことばかり話しています。

「クンニ」こと国森はいつも口では偉そうなことを言っていますが、行動が伴わないタイプです。「ビーチク」こと吉村は顔こそイケメンですが、乳首が大きいことを気にするあまり人前で裸になることができません。そして、「カウパー」こと高杉はオタクっぽい外見と内気な性格のため、女性と話すのが苦手です。

この映画のストーリーは、コンプレックスだらけの3人の「チェリーボーイズ」が久しぶりの再会を機に行動を起こすところから始まります。

童貞を脱するための計画

国森、吉村、高杉は、童貞を脱するための計画を練り始めます。それは、3人でスケベそうな女を襲うというとんでもない計画です。周囲の人から見れば「そんなのありえない!」と思える展開ですが、3人は真剣に取り組んでいきます。

周りから見ればすべてがバカらしく思えることなど、3人はお構いなしといった様子です。3人は自分自身とこれからの人生を変えるために、脱童貞大作戦を着々と進めていきます。

しかし、そのなかでは、ターゲットになる女性や同僚たちとさまざまな交流を深めることになり、それが物語の流れを大きく左右します。

チェリーボーイズはもともとの設定がありえないようなものですが、ストーリーが進むなかでも「そんなのあり!?」とツッコミを入れたくなること間違いなしでしょう。終始、クスクスと笑いながら見ることができます

また、吉村が自分たちを学生時代からいじめてきた相手と対峙する場面も、見逃せないシーンのひとつです。

計画を進めるなかで3人に起きる変化

チェリーボーイズの最大の見どころは、計画に向けて準備を進める最中に築かれる絆です。実際に計画を実行するまでの間に、さまざまな変化があらわれてきます。

最初はとにかく童貞を脱することだけを念頭に置いていた3人ですが、次第にそれ以外の大切なことに気が付いていくのです。

具体的には、恋愛や周囲の人との人間関係など、それまで「自分にはどうせ無理だ」と諦めていたことに3人がそれぞれ目を向けるようになっていきます。

童貞の3人のまわりにも個性豊かな出演者がそろっているので、チェリーボーイズの映画は最初から最後まで目が離せません。それぞれの出演者の掛け合いにも注目です。

3人がもがき苦しみながら童貞を脱するために奮闘していく姿は単なる共感だけでなく、ちょっとした笑いを誘います。クスリと笑えるシーンが印象的な映画ですが、人間的な成長も感じられるハートフルなストーリーです。

チェリーボーイズに出てくる3人は、一言であらわすと個性的な難ありの童貞です。しかし、ひたむきに頑張る姿を見ているとつい応援せずにはいられません。

映画「チェリーボーイズ」が見たくなるおすすめポイント3

映画「チェリーボーイズ」には、絶対に見るべきだといえる理由がたくさんあります。「童貞が美女を襲う」と聞くだけでもさまざまなストーリーの展開が予測できるでしょう。

とはいえ、チェリーボーイズの見どころは、いい意味で予測不能な部分も多いです。ここでは、チェリーボーイズの動画を見たくなるポイントを3つに絞って紹介します。

おすすめポイント1:ひたむきに取り組む姿から勇気をもらえる

チェリーボーイズを見てもっとも印象に残るのは、3人の童貞が「脱童貞」に向けて真剣に取り組む姿です。

自分自身が長年抱えてきたコンプレックスに向き合い、それを解消しようともがく姿は見る人に勇気を与えてくれます。ずっと悩んできたことに真正面から向き合うのは、決して簡単なことではないですよね。

本来、童貞というテーマはデリケートなものであるはずですが、チェリーボーイズでは悩みが明るく描かれています。そのため、童貞に限らず、何かしらのコンプレックスを抱えている人がチェリーボーイズを見ると、「自分も頑張ろう」という気持ちになれること間違いなしでしょう。

チェリーボーイズを見れば、どんなに小さなことにでも全力で取り組むことのよさを実感できます。チェリーボーイズは、くじけずに努力するための勇気をくれる映画です。

出演者たちも、そういった演技を本気でおこなっているので、その姿からも熱意を感じることができるでしょう。

おすすめポイント2:クスクス笑いながら前向きになれる

チェリーボーイズに出てくる3人の童貞は、周りから見ればバカらしいことにも全身全霊で向かっていきます。そういった姿は、物語の随所で笑いを生んでいます。ついクスクスと笑ってしまうシーンが多いのも、チェリーボーイズの魅力のひとつです。

ストーリー全体としては「バカだなぁ」と感じられるシーンが多く、気を張らずに見ることができます。チェリーボーイズは疲れているときや落ち込んでいるときであっても、軽い気持ちで見られる映画です。

普段はシリアスな映画が好きだという人も、いつもとは違った気分でチェリーボーイズを見てみてはどうでしょうか。チェリーボーイズのストーリーは途中でクスクスとした笑いを巻き起こし、最後には視聴者を前向きな気持ちにさせてくれます。

チェリーボーイズは難しいことを一切考えずに見ることができるので、気分転換がしたいときにもぴったりな映画です。

おすすめポイント3:イケメン俳優と童貞のギャップを楽しめる

チェリーボーイズは、単に童貞をテーマにしただけの映画ではありません。チェリーボーイズでは、普段はイケメン俳優として活躍している役者が童貞を演じています。童貞が主人公の映画には、イケメン俳優があまり出てこないイメージをもっている人も多いのではないでしょうか。

そのため、チェリーボーイズでは、ほかの映画とはひと味違った童貞役の姿を見ることができます。

視聴者からすると、「本当はさわやかなイケメンなのに!」というギャップを感じることでしょう。チェリーボーイズの出演者をほかの映画やドラマで見たことがある人なら、なおさらそういった感覚をもつはずです。

チェリーボーイズはストーリーの面白さもさることながら、出演者のギャップにも注目したい作品です。イケメン俳優のいつもとは違う姿をみられるのも、チェリーボーイズの面白さのひとつだといえるでしょう。

とくに、ファンにとっては絶対に見ておきたい映画です。

こんな人は映画「チェリーボーイズ」を楽しく見られる!

映画「チェリーボーイズ」のストーリーは、25歳の男3人組を中心に繰り広げられています。3人を取り巻くキャストとの掛け合いも大切な見どころです。そんなチェリーボーイズの動画を楽しく見られる人の特徴について紹介します。

クスクス笑いたい人

クスクス笑える映画が見たい人は、チェリーボーイズを楽しく見られること間違いなしです。シリアスな映画を真剣に見るよりも、ゆったりとリラックスしながら映画を見たいという人にぴったりだといえます。

チェリーボーイズには、大笑いできるようなシーンはそれほど多くはありません。しかし、その代わりとして「くだらない」と感じながらもついつい笑ってしまうシーンが多いです。その分、肩の力を抜いて見られる映画です。

周りから見ればバカバカしいことに対して全力で取り組む3人の姿は、どこからともなく自然な笑いを誘います。

チェリーボーイズは好き嫌いが分かれるテイストの映画ではありますが、「童貞」というキーワードに抵抗がない大人なら問題なく見られるでしょう。

なお、クスクス笑えるのが魅力的な作品ですが、題材を考慮すると家族で見る映画として向いていません。一緒に見る相手や状況を考えて選びましょう。

自分自身も童貞だという人

チェリーボーイズの主役となる3人は、全員が童貞です。3人とも、なかなか女性と交流する機会をもてずにいます。そのため、「実は自分も童貞だ」「女性と話すのは緊張する」といった男性なら、共感しながら見られるでしょう。

自分が理想とする大人に近づくため、もがきながら奮闘する3人の姿を目の当たりにすると勇気をもらえるかもしれません。普段は自分の悩みを周囲に打ち明けられないでいる人でも、励ましてもらえるような内容になっています。

また、チェリーボーズは3人の男たちが同じ目標を達成するために協力し合う物語です。そのため、チェリーボーイズは「男の友情って、いろんな意味ですごい」と感心させられる映画でもあります。

いまをときめく俳優の演技が見たい人

チェリーボーイズには、実力を備えた俳優が多数出演しています。

主人公の「クンニ」こと国森を演じるのは、デビュー作で主演に抜擢され、多くの新人賞を受賞した林遣都です。たくさんの映画やドラマに出演し、人気を博しています。端正な顔立ちでイケメンというイメージとは裏腹に、今回は冴えないキャラクターを演じているので、そのギャップにも注目です。

また、「ビーチク」こと吉村を演じる柳俊太郎は、「MEN’S NON-NO」のモデルグランプリを受賞してデビューしています。イケメンモデルが童貞を演じる映画は、ほかにはなかなかありません。

さらに、「カウパー」こと高杉を演じるのは、個性派俳優の前野朋哉です。内気なオタクをリアルに演じており、「こういう人いる!」と思わせるキャラクターです。

そして、歯科医院で働く笛子を演じているのは、モデルとして活動しながら女優業もこなしている池田エライザです。物語のカギを握る彼女は、体を張って演技に臨んでいます。

ほかの俳優陣も、それぞれのシーンを体当たりで演じているのがチェリーボーイズの見どころです。

チェリーボーイズは題材ゆえに恥ずかしいシーンも多いですが、役者たちが本気で役になりきっています。ほかの映画では見ることができない俳優陣の姿を見たいという人にとっては、チェリーボーイズは斬新な作品として楽しめることでしょう。

映画「チェリーボーイズ」の動画をお得に見る方法

映画「チェリーボーイズ」の動画は、さまざまなサービスで配信されています。各サービスの配信状況は、以下のとおりです。

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV
dアニメ ×
auビデオパス
Amazonプライムビデオ 〇別途料金
Paravi ×

チェリーボーイズを見てみる

映画「チェリーボーイズ」はどんな話?※ネタバレなし

映画「チェリーボーイズ」の舞台は、とある地方都市です。ある共通点をもつ3人の男が、ある計画を実行しようとしているシーンから物語は始まります。動画を見る前に、あらすじをおさえておきましょう。

怪しげな3人の男があらわれる

歯科医院の前に停車している車の中には、頭からマスクをかぶり、黒いスーツに身を包んだ怪しげな男たちがいました。「クンニ」こと国森、「ビーチク」こと吉村、「カウパー」こと高杉の3人です。

どこか落ち着きのない素振りをみせる吉村と高杉に向かって声をかける国森の目線の先には、歯科医院で働いている笛子がいました。

なぜこのような状況になっているのかというと、きっかけは数週間前にさかのぼります。

国森はバンドを組むために東京へ出ていましたが、実際は音楽活動すらしていない日々を送っていました。そんななか、酒屋を経営する父親の病気が発覚し、これを機に地元に帰ってきます。

そこで、4年ぶりに吉村と高杉に再開したのです。この3人は、もともと幼馴染で親友という間柄でした。

3人の共通点は「25歳の童貞」

国森、吉村、高杉の3人には、ある共通点があります。それは、25歳にもなって、全員が女性とはまったく縁のない生活を送っている童貞だということです。

この3人が集まれば、うまくいかない人生への愚痴と、女性とのセックスのことで話題はもちきりになります。

国森のあだ名である「クンニ」はもともと名字から名付けられたもので、実際のところ本人はセックスすらしたことがありません。また、吉村はイケメンですが、自慰行為の際にいじり過ぎて発達した乳首をコンプレックスに感じています。そして、高杉はブサイクなうえに内気で、典型的なオタク気質の持ち主です。

さらに、3人は「プーチン」こと中出に学生時代からいじめられており、いまだに童貞をバカにされています

国森、吉村、高杉は、ナンパで女性に声をかける勇気もなければ、風俗に行く度胸もありません。

ターゲットは噂が絶えない「スケベな女」

ある日、国森は童貞を捨てるために、とんでもない企てを思いつきます。それは、3人でスケベな女を襲うという大胆な計画です。そのターゲットに選んだのが、歯科医院で働く笛子でした。

なぜ笛子を選んだかというと、笛子には「東京で風俗をしていた過去がある」などさまざまな噂があったからです。

しかし、笛子本人は「セックスは好きな人としかしない」と決めていました。笛子は、町外れのスクラップ工場に住んでいる変わり者の五木に思いを寄せています。

五木はバイカーで見た目が怖いせいか、殺人犯や連続強姦魔というよからぬ噂がありました。とはいえ、実際の五木は根が優しい男です。その様子から、笛子は五木に親近感を感じるようになりました。

計画を進めるなかで3人にある変化が起きる!?

計画の準備が進むなか、国森は家業の手伝いで瓶ビールを配達したことをきっかけに、笛子と直接の交流をもつようになります。笛子の手料理を口にするなどして、国森は笛子に恋心を抱き始めました

一方、高杉は積極的に声をかけてくれる同僚の節子誕生日が近いことで、心を躍らせています。

さらに、吉村は中出の彼女のギャルであるパー子との3Pを強要されますが、初めて中出に逆らって断ることができました。

3人の中で明らかに何かが変わろうとしているなか、例の計画も着々と進んでいきます。果たして、国森、吉村、高杉は、自分の理想の大人になることができるのでしょうか。

さまざまな思いが渦巻くなかで、3人の脱童貞大作戦が始まります。

映画「チェリーボーイズ」の主な登場人物の特徴

映画「チェリーボーイズ」には、個性的な登場人物が多くそろっています。しっかり動画を楽しむためにも、主要な登場人物の特徴をおさえておきましょう。

【国森信一(通称:クンニ)役】林遣都

チェリーボーイズの主人公である25歳の国森は、バンド活動のため東京へ出ていました。しかし、父親が病気になったことをきっかけに地元へ帰ってきます。

見栄っ張りで自己中心的な性格のせいか25歳にして童貞です。地元に戻ってきてからは、父親の酒屋を手伝っています。

【吉村達也(通称:ビーチク)役】柳俊太郎

吉村は国森の幼馴染で、現在は地元の市役所に勤めています。イケメンですが、乳首が大きいせいで、人前で裸になることができません。国森と同じく25歳の童貞です。

【高杉誠(通称:カウパー)役】前野朋哉

高杉は国森と吉村と幼馴染で、2人と同様に童貞です。地元のパチンコ店に勤めていますが、内気な性格とオタクっぽい見た目のせいで、職場でも孤立しています。女性と話すのも苦手なので、恋愛は諦めています。

【釈笛子役】池田エライザ

笛子は、ある噂が絶えない、地元では有名な女です。それは、「東京で風俗をしていた」、「金を払えば誰とでも寝る」といった噂です。しかし、実際には身持ちが堅く、純粋な面もあります。

映画「チェリーボーイズ」の基本的な作品情報

映画「チェリーボーイズ」の基本情報は以下のとおりです。動画を見るときは要チェックです。

原作:古泉智浩『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊)

公開年:2018年

製作総指揮:加藤 和夫

監督:西海 謙一郎

脚本:松居 大悟