映画『ビジランテ』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

暴力性に満ちた、救いようのない映画はたくさんあります。しかし、「ビジランテ」ほど権力と暴力に翻弄される兄弟の様子を映した映画は他にないでしょう。

しかし、その救いようのない物語がなぜか惹きつける力を持っているのは、それぞれの兄弟がきわめて人間くさく描かれているからに他なりません。

この記事では「ビジランテ」の魅力を紹介するとともに、主な動画サイトでの配信状況について説明します。

ビジランテを見てみる


3人の俳優が主演!映画「ビジランテ」はこんな作品

入江悠監督の映画「ビジランテ」は2017年に公開されました。地方の有力な市議会議員であった父を持つ3人の兄弟が、父親の遺産である土地をめぐって不器用な駆け引きを行い、やがて破滅してゆく物語です。

土地の相続権をめぐる3人の利害には、市議会議員や暴力団といったより強い権力が絡み合っていき、やがて破滅的な結末をもたらしていきます。

本作は非常に暗い映画です。もしくは、救いのない映画であるといえます。遺産を取り合っているところに市議会議員や暴力団が乱入すると聞くと、最後には家族愛を大切にして、権力と対立するような流れを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、本作にはそのような話は一切出てきません。本作にあるのは、土地をめぐる欺瞞やプライドであり、そして権力に抗えずにただ傷つけられている兄弟の姿だけなのです。

人間の暴力的な部分が家族愛を一笑に付すような展開は、フィルム・ノワールのひとつといってもいいでしょう。どうしようもなく暗い結末であるにもかかわらず、本作が魅力的に映るのは、退廃的な空気のなかで抗おうとする3人の兄弟の人間臭さにあるのだといえます。

3人の兄弟を演じるのは、大森南朋、鈴木浩介、そして桐谷健太です。ベテランの一歩手前といった感じの脂が乗った俳優たちが主演を固めます。

無頼めいた雰囲気を持つ一郎、権力に必死で食らいつく次郎、静かに義理人情を大切にする三郎の特徴を、それぞれの俳優の演技が印象深く表現しているのです。

特に、動画の向こうで静かに誰かを思いやる三郎を演じた桐谷健太の姿は必見。強烈な言葉や行動でキャラクターを印象づける作品が多いなかで、一定の抑揚でもって三郎の特徴を表現する彼の演技は、見る人の心を惹きつけます

さらには、主演男優に負けないくらいに魅力的な女優の演技も見逃せません。市議会議員である二郎の妻を演じるのは、元AKBのメンバーであった篠田麻里子です。

どこか頼りない二郎をそそのかし、自分も夫人として権力を手に入れるためにあの手この手で立ち回る様子は、本作で最も欲望にまみれた人物といっても過言ではありません。

時には相手にその身を差し出すような行為すらやってのけるキャラクターを見事に演じた篠田麻里子は、本作で女優として一皮むけたといえます。

監督の入江悠は代表作「SRサイタマノラッパー」で一躍有名になりました。本作「ビジランテ」は久しぶりに監督本人が脚本を執筆した作品です。

舞台のモチーフになっているのは、監督自身の故郷である埼玉県深谷市。もちろん深谷市は閉鎖的な街ではありませんが、監督自身は原点に立ち戻るという意味を込めて、地元における社会構造を映画で表現したいという気持ちがあったようです。

実際、架空の都市で繰り広げられる有力議員と暴力団との癒着、そして権力に翻弄される人間の様子は、暗いタッチで地方都市の閉塞感を表しているといえます。

また、外国人労働者の問題に焦点をあてているのも見逃せません。作中では外国人労働者と、その外国人を差別的な感情でもって排斥しようとする若者が登場します。

しかし、外国人労働者もまた、都市にとってはなくてはならない労働力です。実際、モチーフとなった深谷市では跡継ぎのいなくなった農地を外国人の労働力で賄っているという現実があります。

こうした構造に目を覆うことなく、映画として昇華している点が本作の魅力であり、きれいなものだけが映画ではないという入江悠の真摯さを表しているといえるでしょう。

兄弟の思惑に注目!映画「ビジランテ」のおすすめポイント3つを紹介

土地をめぐる兄弟の思惑に注目

映画「ビジランテ」の物語の中心にあるのは、父親の広大な土地を相続しようとする、兄弟の不器用な絡み合いです。三者三様の思惑と、遺産をめぐって揺れ動く感情の機微が一番の注目すべきポイントといえるでしょう。

渡市の市議会議員である二郎は、所属する派閥の中心人物である岸から、父親である武雄の土地を相続するように命じられます。二郎の派閥はこの土地にアウトレットモールを建設する予定だったので、必ず入手しなければならなかったのです。

武雄を深く憎んでいた三郎は父親にまつわる遺産はひとつもいらないと、二郎が土地を相続することに賛成します。しかし、父親の暴力に耐えきれずに飛び出していた一郎が公正証書を手に渡市へ帰ってくると、その土地は自分が相続するというのです。

一郎にとって、その土地は祖父の代から大切に守ってきたものであり、誰かが無断で入ってくることが許せないのでした。二郎にとっては派閥との関係があるので、なんとしても土地を入手しなくてはなりません。

一方の三郎は土地とは何の関係もないようにみえます。しかし、一郎に公正証書を破棄させようと現れる暴力団は、実は三郎が経営する風俗店の元締めでもあったのです。三郎は暴力団に命じられて一郎と対立することになります。

やがて、兄弟は家族が守ってきたその土地を守るべく一致団結することに、とはならないのが本作の辛いところです。結局、二郎も三郎も、より大きな権力の前に翻弄されるばかりで、さらには一郎もその犠牲となっていくことに。

それでも、抗えない権力の前に二郎がみせる心の揺れ動きや、最後には土地よりも人間を守ろうとする三郎の態度は、息苦しさに満ち、動画のなかで胸を打つものがあります

市政と警察、そして暴力団の癒着

二郎が所属する市議会議員の派閥は、市政における強大な権力を持った集団です。その権力は単なる派閥の大きさだけではなく、警察や暴力団との不適切なつながりを持っていることにも起因します。

地元の利害関係にあらゆる組織がつながっているという構図は、社会における閉鎖的なコミュニティそのものを体現しているといえるでしょう。

こうした構図に兄弟の運命が弄ばれていく様子は見ていて気持ちの良いものではありませんが、同時にそれは本作の魅力のひとつでもあるのです。

特に、アウトレットモールの建設に関する実行委員会に二郎が選出された際に、岸が血のついた公正証書を見せるシーンは、強者と弱者の間に横たわる距離感を見せつけます。

そこで二郎は、自分がいる派閥がいかにどす黒いものであったのかを認識することになるのです。しかし、そのどす黒さに対して忌避感を覚えることはあっても、葛藤の末に二郎は派閥へ残ることを選択するのでした。

兄弟の情を捨てて権力同士の癒着に自ら巻かれてゆく人間の脆弱さと浅ましさは、見ていて暗い気分になる本作でも印象的な部分のひとつです。

ふたりの女性の対照的な姿

暴力性や権力を中心とした世界観がフォーカスされる本作において、そこで生き抜く女性たちの姿はどれも魅力的です。

二郎の妻である神藤美希は、派閥内で二郎をやる気にさせるために、あらゆる手段を駆使します。なかには二郎が岸に取り入るきっかけを作るために体を差し出すなど、一児の母としての倫理観を疑うような行為にすら及ぶのです。

しかし、そこには悲壮感は決してなく、あるのはただひたすらに権力を追い求める姿だけ。息が詰まるような政界の空気のなかで、二郎すら足がかりとしてのし上がろうとする彼女の歪な力強さが浮かび上がります。

また、一郎とともに借金取りから逃げてきたサオリの姿は、美希とは対照的です。薬に手を出し、たびたび暴力を振るう一郎に対して感情を爆発させることはあるものの、彼女は一郎のもとを離れることができません。その後もサオリは彼の姿を求めてひとりさまようことになるのです。

その姿からは一郎を一途に想い続けているというよりも、彼への依存めいた様子がうかがえます。

権力のためなら夫以外にも体を開く美希と、自身の安寧のために誰かへ依存するサオリ。ふたりの姿は対照的である一方で、両者の根底にはひどく利己的な姿が横たわっているようにみえます。

無情さこそ物語の華!映画「ビジランテ」を楽しめる人はこんな人

やりきれない無情さを求める人

映画「ビジランテ」には、救いはありません。兄弟はいずれも遺産の土地に関してさまざまな思惑を持っていますが、結局その土地は市議会議員の思惑通り、アウトレットモールの建設に利用されることになります。

しかし、こうした事実に至るまでの間に、兄弟がそれぞれの感情をあらわにすることが、結末の無情さに対するスパイスにもなっているのです。こうしたやりきれなさを好む人にとっては興味深く映画を見ることができるでしょう。

一郎はあれだけ執拗に暴力を振るわれた父親の土地や家に対して、どこか愛着を持っているようなふしがあります。その愛着とは先祖代々の土地に対する想いだけではなく、すさんだ生活を送ってきた一郎にとっての拠り所であるというようにも読み取れるのです。

一方、三郎は土地そのものには興味がないものの、利権が絡んだ土地のやりとりにだんだん嫌気がさし、兄弟で話し合わなければならないと思うようになります。

しかし、三郎の思いもむなしく、二郎は結局、一郎や三郎と同じテーブルにつくことはありません。二郎は三郎の手を取って話し合いに行くという選択肢があったにもかかわらず、結局は派閥の言いなりになってしまいます。

もし二郎が三郎とともに一郎のもとへ行っていたら、この話の結末は少し変わっていたのかもしれません。そうした人間の弱さと、弱さがもたらす無情感が、本作の暗い魅力のひとつなのです。

生々しい暴力性を求める人

本作では暴力的なシーンが目立ちます。その暴力とは暴力団によるものや、父親によるもの、あるいは異物を排斥しようとするためのものです。暴力は決して見ていて気持ちの良いものではありませんが、それこそ人間の愚かな姿のひとつだという人にとってはうってつけの映画といえるでしょう。

特に、外国人労働者を排斥しようとする自警団の若者が何の躊躇もなく暴力を振るうシーンは、社会の歪さを表しているといえます。

市議会議員が後援する自警団に所属している石原陸人は、普段はおとなしい様子の少年です。しかし、インターネットなどの情報を鵜呑みにしてしまっているのか、外国人を差別することがある種のアイデンティティになっています。

そして、外国人労働者を目の前にした彼はいきなり殴りかかっていくのです。有無を言わさぬその動きは、言葉による理性をないがしろにするような暴力性に満ちています。

その暴力の引き金は言葉があおったものであり、外国人に対する憎悪に満ちた情報が導いたものだといえるでしょう。

しかし、本作はこうした事実を批判的に描くのではなく、ただ事実として淡々と映すだけです。一切の感情を排して事実を真正面から表現しているのが、本作のもうひとつの魅力でもあります。

桐谷健太が好きな人

本作で一番印象に残る俳優は誰かと聞かれたら、おそらく多くの人は三郎を演じる桐谷健太と答えるのではないでしょうか。そのくらいに、本作における桐谷の演技は力強く、見る人を惹きつけます。

暴力団が経営する風俗店の雇われ店長として働く三郎は、一見してチンピラ風のキャラクターのようです。しかし、従業員が辞めるときには心配する様子をみせたり、一郎のもとから逃げてきたサオリを駅まで送ったりと、優しい一面を持っています。

それは決して軟派な性格などではなく、本作における弱者をそっと守る風除けのように、静かに心配する様子として映るのです。

また、従業員が暴力団の人質になったときには、彼女たちの命を守るために、自ら一郎や二郎を頼ります。やがて三郎は、本当に大切なことは兄弟できちんと話し合うことではないのかと気がついていくのです。

外見とは裏腹に冷静な様子で仲間を守り、兄弟のなかでも家族のつながりを一番求めていた三郎。彼の存在は暴力的なシーンが多い本作において異質であり、どことなく安心感をもたらすのです。

動画のなかで決して声高に主張することなく、ただ登場するだけで義理人情に厚い性格を表現する桐谷の演技力には、目を見張るものがあります。桐谷健太が好きな人にとってはまさに必見の映画といえるでしょう。

映画「ビジランテ」の配信状況を紹介

主な動画配信サイトにおける、映画「ビジランテ」の配信状況は次のとおりです。

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT ○別途料金
Netflix ×
ビデオマーケット ○別途料金
フジテレビオンデマンド ○別途料金
dTV ○別途料金
dアニメ ×
auビデオパス ○別途料金
Amazonプライムビデオ ○別途料金
Paravi ×

ビジランテを見てみる

三郎の義理人情に注目!映画「ビジランテ」のあらすじを紹介※ネタバレ注意

このあらすじでは映画「ビジランテ」におけるネタバレを含みますので、読み進める際には注意するようにしてください。

冬の日、母親が亡くなった神藤家では、父親である武雄耳を刺した兄弟が川を渡って逃げようとしていました。

長男の一郎は凶器に使用したナイフを河原に埋めます。武雄は彼らを連れ戻すと、彼らに執拗な暴力を振るい始めるのでした。父親の暴力から逃れるために、長男の一郎は武雄の目を盗んで家を飛び出してしまいます

それから数十年後、武雄の葬式に出席した市議会議員の二郎は、同じ派閥の中心人物であるから、武雄の遺産である土地を相続するようにいわれました。

その土地はアウトレットモールの建設予定地であり、二郎の派閥はこの建設に心血を注いでいるのです。

土地の様子を確認しに行った二郎と三郎は、かつて家を飛び出した一郎が私有地の看板を立てているのを目撃しました。一郎は武雄の遺言でもある公正証書を盾にして、土地は自分が相続するといいます。公正証書は本物であるらしく、二郎は手が出せません。

ある日、武雄と暮らしていた生家の様子をうかがう三郎は、サオリという女性が家から逃げ出してくるのを目撃します。彼女は一郎とともに借金取りに追われており、横浜から逃げてきたというのです。

これまでの一郎の生活を聞いた三郎は、どこか釈然としないまま、サオリを駅まで送り届けます。その頃、一郎は三郎の経営する風俗店から亜矢という女性を呼んで奉仕させていました。

しかし、父親の姿がフラッシュバックした一郎は亜矢に乱暴してしまいます。亜矢を傷つけられた怒りに震える三郎が生家で目にしたのは、薬物でふらふらになっている一郎の姿でした。

ここでの一郎の姿は、かつての武雄の姿を彷彿とさせます。父親を憎んで家を出たはずの一郎がその影響を色濃く受け継いでいる点は、どこか家族関係に対する皮肉さを思わせるのです。

その夜、二郎は渡市の自警団による見回りを行っていました。見回りの途中、騒いでいる外国人労働者を発見した自警団は、彼らと言い争いになります。そして、自警団に参加していた少年の石原が労働者を殴り飛ばしてしまったことで、現場は大混乱に。

二郎は派閥のトップである大泉や岸から、今回の騒動を起こした責任を追及されるだけではなく、土地の相続に手間取っていることを咎められてしまいました。

業を煮やした岸は懇意にしている暴力団を通じて、一郎に公正証書を破棄させようと企みます。連絡を受けた暴力団の大迫は、風俗店の売上金を持ってきた三郎が土地の関係者だと知ると、彼に一郎の公正証書を破棄させるよう指示しました。

三郎は一郎を説得しようとするものの、一郎はこれを拒否します。その結果、兄弟で殴り合いになってしまうのです。

一方、自警団の見回りに参加していた石原は、以前に殴り飛ばした外国人労働者の逆襲に遭い、右目を失明してしまいました。

世論は一斉に外国人労働者を攻撃します。これを好機ととらえた二郎の妻の美希は、石原の病室を訪れると、聞き取れないような小さな声で彼に何かをささやくのでした。おそらくそれは、外国人労働者に対する恨み辛みをあおる言葉だったのでしょう。

土地をきれいに手に入れるために、美希は外国人に差別意識を持つ石原を利用したのです。彼女の狡猾な性格がうかがえる一幕といえるでしょう。

ある日の晩、先祖が守ってきた土地を明け渡すことはできないと主張する一郎の姿に、三郎は彼の説得が不可能だと判断します。

そして大迫のもとへ行くと、三郎は責任を取って店を辞めるといいました。これに激高した大迫は三郎の手を刺すと、従業員の女性たちを人質に取り、明日の17時までに一郎に公正証書を破棄する念書を作らせろと迫ります。

三郎は二郎の家を訪れ、一郎と3人で話し合おうといいました。けれども、その後ろで美希から、外国人労働者の集落が火事にあっているという連絡が入ります。二郎は逡巡したものの、三郎の懇願を受けいれることはありませんでした。

失意のまま二郎の家を去った三郎は、いつの間にか河原にいました。三郎はかつて武雄を刺した際に使用したナイフを掘り出すと、一郎の家に行きます。誰もいないことを知った三郎は、そのまま気を失うように眠ってしまうのです。

翌日、大泉と岸の前には、集落を襲撃した石原を逮捕したと報告する刑事の姿がありました。大泉と岸はできるだけ穏便に済ませるよう刑事を言いくるめます。

自警団の一件以来、二郎に対する大泉と岸の信頼が揺らいでいると悟った美希は、ひとりコートを脱ぎ、彼らの部屋へ行くのです。

三郎が目を覚ますと、そこにはサオリと、一郎の姿がありました。大迫が指定した時間までもう一刻の猶予もないことを知った三郎は一郎に土地を諦めるよう食い下がりますが、やはり一郎の主張は変わりません

そのとき、生家に大迫とその一味が殴り込んできました。さらには一郎の借金の債権者である横浜の暴力団もやってきて、一気に緊張が高まります。

大迫は横浜の暴力団の一員である湊と話をつけると、公正証書を手放す念書を書くよう、一郎に迫りました。しかし、暴力団同士がいがみ合っている隙をついて、一郎は三郎が掘り出してきたナイフを大迫の首に突き立てます

大迫がそのまま血を吹いて死亡すると、そのまま大乱闘に。大迫側の一味は全員死亡し、流れ弾を受けた一郎もまた、不慮の死を遂げるのでした。三郎はナイフを手にすると、生き残ったサオリを連れてその場を逃げ出します

その頃、二郎はアウトレットモール建設の祝賀会で、実行委員に選出されていました。壇上でスピーチを行う二郎を呼び止める岸は、携帯電話の画像を見せます。それはなんと、湊が岸へ送った公正証書の写真でした。

岸は横浜の暴力団である湊ともつながっていたのです。べっとりと血のついた公正証書を見て、二郎は全てを理解しました。そして、悔恨とも喜びともわからない涙を流しながら、スピーチを締めくくります。

サオリを連れて車で逃げ出した三郎は、大迫に人質に取られていた女性たちを全員救出しました。しかし、少し目を離した隙にサオリはいなくなっていたのです。

彼女は一郎の死を受け入れられず、逃げてきた道を戻っていくのでした。サオリの追跡を諦めた三郎は、暗闇のなか、女性たちを連れて車を走らせます。

そのとき、ガソリンスタンドに止まっていた見覚えのある車のトランクから、一郎の赤いカーディガンの裾が出ているのが見えました。

三郎は離れた場所に車を止めると、ガソリンスタンドに近づいていきます。止まっていた車は湊のものでした。一郎の死体を返せと怒り狂った三郎は、手に持ったナイフで湊を何度も刺します

しかし、湊の一味に拳銃で撃たれ、彼を置き去りにして車は走り去っていきました。三郎の車のなかで、女性たちの心配する声が交わされます。三郎は血を流して這いつくばったまま、彼女たちの待つ車へ戻ろうとするのです。

なお、ラストの女性たちの台詞は、三郎が実に思いやりのある人間であることを印象づけます。最後には必ず助けてくれると三郎に絶対の信頼をおいている女性たちは、もうすぐ彼が戻ってくると信じているのです。

その信頼は撃たれた三郎の様子と相まって、どこか悲壮感を漂わせながら、動画はエンドロールに突入していくことになります。

兄弟なのに似ていない?映画「ビジランテ」の主な登場人物を紹介

【神藤一郎役】大森南朋

映画「ビジランテ」の主人公のひとりで、神藤家の長男。動画の冒頭では父親である武雄の暴力に耐えきれず、幼い頃に家を飛び出してしまいます。

その後、横浜で借金を抱えてしまい、サオリとともに暴力団から逃げるようにして生家に戻ってきました。土地の公正証書を持っており、武雄の残した土地の相続権を主張します。

【神藤二郎役】鈴木浩介

本作の主人公のひとりで、神藤家の次男。政治家として名を馳せた武雄のあとを次いで、渡市の市議会議員を務めています。

やや優柔不断な性格であり、政治家としての決断力のなさを同じ派閥の先輩にたしなめられることも。家族は妻の美希と息子の3人暮らしであり、妻には頭があがらない部分が多いようです。

【神藤三郎役】桐谷健太

本作の主人公のひとりで、神藤家の三男。暴力団が経営する風俗店の雇われ店長をしています。一見して強面のチンピラ風ですが、従業員の女性が一郎に傷つけられた際には激高し、また辞めていく女性を気遣うなど、義理人情にあふれた性格です。

最初は土地の相続に興味がなかったものの、従業員が人質に取られたことでやむなく一郎と対立することになります。

最後に確認!映画「ビジランテ」の作品情報を紹介

映画「ビジランテ」の作品情報は次のとおりです。動画の監督及び脚本は、いずれも入江悠が担当しています。

原題:ビジランテ

公開年:2017年

製作総指揮:加藤和夫、江守徹

監督:入江悠

脚本:入江悠