映画『ハリー・ポッターと賢者の石』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

ハリー・ポッターと賢者の石は、イギリスのJ・K・ローリング原作の児童文学作品の小説を映画化したもので、映画のシリーズとして8作品あるなかの第1作目にあたります。日本では2001年に公開された映画です。

また、2014年にこの映画のセットを模してユニバーサル・スタジオ・ジャパンのなかにテーマパークが作られたため、この映画の名前を聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

この記事では、ハリー・ポッターと賢者の石はどんな魅力がある映画なのか、無料で動画を配信しているサイトはあるのか、また、映画の感想などについて解説していきます。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ハリー・ポッターと賢者の石をU-NEXTで見てみる


ハリー・ポッターと賢者の石ってどんな映画?

ハリー・ポッターと賢者の石は、J・K・ローリング原作の全7巻から成るハリー・ポッターシリーズの第1巻を映画化したものです。

原作の小説は、1997年にロンドンのブルームズベリー出版社から発売されましたが、まったく無名の新人作家の初めての作品であったにも関わらず、あっという間に世界中でベストセラーになりました。

もともとの分類は児童文学ですが、子供だけでなく、大人にも愛読者は多く、児童文学の枠を超えた人気作品として話題に上った経緯があります。

ハリー・ポッターと賢者の石の原作は、世界の200以上の国と地域で79の言語に翻訳され、シリーズ作品としては4億5000万部で史上最高の販売部数となった作品です(2016年2月現在)。なお、日本においては510万部歴代7位のベストセラーとなっています(2018年7月現在)。

ハリー・ポッターと賢者の石は、ハリウッドのワーナー・ブラザースによって製作され、2001年に公開されました。起用された俳優はすべてイギリス人です。

第74回アカデミー賞では、作曲賞、美術賞、衣裳デザイン賞の3つの賞にノミネートされました。当初は、スティーヴン・スピルバーグが監督候補に挙がっており、スピルバーグはアニメーション映画にすることを考慮したものの受諾しませんでした。

なお、この作品の監督であるクリス・コロンバスとスティーヴン・スピルバーグは師弟関係です。また、クリス・コロンバスといえば、「ホームアローン」の監督としても知られています。

この映画では、ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンの3人の子役達が大活躍しました。

3人はハリー・ポッターシリーズに出演したことで、ドル箱ハリウッドスターの地位を手にしたといえます。世界一の売れっ子子役といっても過言ではないでしょう。

ハリー・ポッターと賢者の石は、魔法使いの両親の元に生まれ、不思議な力を持っている少年、ハリー・ポッターを中心としてストーリーが展開します。

両親をヴォルデモートによって殺されてしまったハリーは、額に稲妻の形の傷があり、丸いメガネをかけているのが特徴です。

物語は、ホグワーツ魔法魔術学校のダンブルドア校長とマクゴナガル先生、森番のハグリッドが、ハリーを唯一の親戚であるダーズリー夫妻の家の前に置いていくところから始まります。

11歳になったハリーは、ダーズリー夫妻からひどい扱いを受ける生活を送っています。しかし、ホグワーツ魔法魔術学校からの入学許可が舞い込んだことにより、ホグワーツ魔法魔術学校に入学することになるのです。

ホグワーツ魔法魔術学校に向かう特急列車の中で、ハリーはロン、ハーマイオニーの2人と友達になります。同じ寮に住むことになった3人は、学校生活を通して友情を深めていくのです。

また、ダンブルドア校長やマクゴナガル先生、ハグリッドとの交流を通してハリーが成長していく姿が描かれています。魔法魔術学校ならではの独特な授業風景や、空飛ぶほうきを使ったスポーツであるクィディッチのシーン、物語のなかでしばしば出てくる魔法を使うシーンなど、印象に残る場面がたくさんある映画です。

物語の後半では、ロンやハーマイオニーと共に、両親を殺したヴォルデモートとはいったい誰なのかを推理し、ヴォルデモートと対決する姿が描かれています。タイトルにもなっている「賢者の石」が、ヴォルデモートとの闘いのキーワードです。

映画の人気を受けて、2014年にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンにハリー・ポッターエリアができて多くのファンが駆けつけたことも、記憶に新しいことだといえるでしょう。

これだけの話題作となったハリー・ポッターと賢者の石ですが、8作品の話には関連性があり、次回作は前回作から話が続く流れとなっています。そのため、初めてハリー・ポッターシリーズの動画を見るのであれば、1作目から見るのがおすすめです。

ハリー・ポッターと賢者の石のおすすめの見どころ3

おすすめポイント1:さまざまな魔法から目が離せない!

ハリー・ポッターと賢者の石は、魔法使いであった両親の血を受け継ぐハリーが主人公のお話です。そのため、映画の随所に魔法を使うシーンが出てきます。

それは、ハリーが意図して行うものだけでなく、知らず知らずのうちに行っているものも含めて多種多様です。

ハリーが居候しているダーズリー家には、わがままな一人息子のダドリーがいます。ダドリーはハリーのいとこでありながら、いつもハリーをいじめているのです。しかし、ダドリーの誕生日に出かけた動物園でハリーがダドリーを陥れる魔法は、見ている者を痛快な気持ちにさせます。

また、ホグワーツ魔法魔術学校に入学させるためにハリーを迎えに来た森番のハグリッドがダイアゴン横丁に入るときに使う魔法は、こんなことが現実にできたら楽しいだろうな、と思える素敵な魔法です。

さらに、ハリーが学校に向かう列車に乗るために、9と4分の3番線のホームに行く魔法は、ある意味なるほどな、と感心させられます。

また、映画のなかに登場する小道具は、印象的なものが多いです。魔法使いを象徴する小物である杖が映画の中でもたびたび登場し、ストーリー展開に重要な役割を果たします。呪文を唱えながら杖を一振りするといろいろな現象が起こるシーンは、魔法使いならではの特徴的なシーンといえるでしょう。

さらに、ホグワーツ魔法魔術学校の学校生活で行われるさまざまな魔法の授業も印象に残ります。机の上に置いた羽を飛ばす練習や、ほうきに乗って空を飛ぶ練習など、楽しいシーンも満載の動画です。

おすすめポイント2:印象的なジョン・ウィリアムズの音楽

映画と映画音楽は切っても切れない関係性があり、映画音楽は映画の印象を決めるポイントとなります。ハリー・ポッターと賢者の石の作曲は、映画音楽界の巨匠であるジョン・ウィリアムズが担当です。

ジョン・ウィリアムズといえば、スーパーマンスター・ウォーズインディー・ジョーンズなど、これまでに数多くの映画音楽の作曲に携わり、大ヒット曲を生み出してきました。

どの作品も、映画の映像はもちろん、それと連動して映画音楽が浮かんでくるといっても過言ではありません。

ご多分に漏れず、ハリー・ポッターと賢者の石のテーマ音楽も有名になりましたので、この映画を観たことがなくても音楽はどこかで聞いたことがある人は少なくないでしょう。

一度聞くと忘れられない哀愁を帯びた独特のメロディーは、つい口ずさみたくなってしまう、そんな不思議な魅力を持っています。

実際、ジョン・ウィリアムズはこれまでにアカデミー賞を5つ、ゴールデン・グローブ賞を4つ受賞しており、グラミー賞は15回も獲得しています。また、この作品では第74回アカデミー作曲賞を受賞しました。

作品のファンタジックな雰囲気と音楽のコラボレーションが素晴らしくマッチしており、大変魅力的な作品に仕上がっています。

おすすめポイント3:エマ・ワトソンがかわいい!

才色兼備の女優として知られているエマ・ワトソンは、8回のオーディションを経て、ハリー・ポッターと賢者の石で女優デビューをしました。

学業との両立を考え、途中で降板を考えたことがあったものの、10年間にわたって主人公の友人役であるハーマイオニー役を演じ続けています。エマ・ワトソンの女優としてのキャリアに、この役は大きな影響を与えたといえるでしょう。

また、エマ・ワトソンは女優業が多忙ななか、大学にも進学し、学業との両立も立派にやり遂げたことでも知られています。

2010年からは、さまざまな作品に出演して、女優としてのキャリアを広げていきました。ハーマイオニーとは違うキャラクターの役にも積極的に挑戦し続け、2017年には代表作である美女と野獣のヒロイン、ベルを演じています。

世界が注目する人気女優のエマ・ワトソンの出世作となったこの作品は、子役時代のかわいい彼女の魅力をたっぷりと堪能することができるでしょう。

ハリー・ポッターと賢者の石はこんな人におすすめの映画!

ファンタジーが好きな人

ハリー・ポッターと賢者の石は、全編を通してファンタジックな雰囲気に包まれています。魔法使いの両親の元に生まれた少年が魔法魔術学校に入学して、そこで起こる出来事を中心として話が進んでいくというストーリー設定ももちろんあるでしょう。

しかし、魔法使いに憧れる気持ちというのは、誰しも抱いたことがあるのではないでしょうか。

たとえば、羽織るだけで姿が見えなくなる透明マントや自由に空を飛ぶことができるほうき、呪文をかけると遠隔地のものを自由に操作できる能力などが、もし手に入れられたらワクワクしますよね。

映画の中では、そうした情景が生き生きと描かれています。動画を見ている自分がまるで魔法使いになったような、そんな疑似体験ができる映画です。

また、映画のなかには、動物たちがたくさん出てきます。動物と会話ができたら楽しいだろうな、と思ったことはありませんか。映画のなかでは、動物園に行った主人公が展示室にいる蛇と会話する場面が出てきます。

普段は人から忌み嫌われることが多い蛇ですが、会話している蛇やその会話の内容を見ると、なんだか愛らしく思えてくるから不思議です。

さらに、映画ではフクロウもたくさん出てきます。主人公がペットとして飼うことになるフクロウは、主人公にとって良き相棒であり良き友達です。また、映画のなかでは、たくさんのフクロウ達が郵便屋として手紙を運んでくる役割を果たします。

知恵や賢さを象徴する動物であるフクロウが手紙を運んでくるとは、なんて素敵なアイデアなのでしょうか。この映画の影響から、ヨーロッパでは白フクロウをペットとして飼う人も増えました。

親子で一緒に映画を楽しみたい人

ハリー・ポッターと賢者の石は、子どもだけでなく大人である親も一緒に楽しむことができる映画です。ストーリーの根底に流れているものには、主人公のハリーが両親を想う気持ちだけでなく、亡くなった後でもなお、両親がハリーに対して抱いている愛情、親子愛があります。

子どもを大切に思い、どんな時でも見守っていたいと思う親の気持ち、親を慕う子どもの気持ちに共感できる人は少なくないでしょう。

また、この映画では友情の素晴らしさもテーマの1つです。自分一人では解決できないことも、友達の助けがあるからこそ、勇気を出して立ち向かうことができる、時には自分を犠牲にしても友達を助けたい、そんな純粋で素敵な友情は観ている者にさわやかな感動を与えます。

生きていくうえで大切なものは何なのか、そんなことを見る者に問いかけ、考えさせてくれる映画です。

臨場感溢れる映画が好きな人

ハリー・ポッターと賢者の石は、CGや特殊撮影の技術が駆使された映画です。壁の中に吸い込まれるように入り込むシーンや、猫が瞬間的に人間に変身するシーンなど、魅惑的なシーンがたくさんあります。

クィディッチの試合のシーンは、まるで自分がほうきに乗って相手チームであるスリザリン寮の選手と戦っているような臨場感が感じられる場面です。

また、入学式で入る寮を決める際に生徒達がかぶる「組分け帽子」が話すシーンや新聞記事の中の写真が動くシーン、壁にかけられた絵の中の人物が動いたり話したりするシーンなど、印象的なシーンが複数あります。

さらに、出てくる登場人物もそれぞれ個性的です。ハリーが魔法学校に入学する準備を行うためにダイアゴン横丁に出かけた際に、両親が残した財産を受け取りに行ったグリンゴッツ銀行のゴブリンは、独特の様相を呈しています。

ハロウィンに学校にやってきたトロールは、見上げるほどの大男で破壊力も凄まじいです。間一髪でハリー達がトロールをやっつけるシーンは、スクリーンを超えてこちらも破壊されそうな勢いでドキドキさせられます。物語終盤に出てくるヴォルデモートの姿や顔形は、一度見たら忘れられないインパクトの強さです。

臨場感あふれる映像を楽しめるだけでなく、テーマパークに出かけたかのようなワクワク感、ドキドキ感を感じられる映画といえます。

ハリー・ポッターと賢者の石が無料で配信されている動画サイトはある?

ハリー・ポッターと賢者の石を無料で配信している動画サイトはあるのでしょうか。

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT 〇別途料金
Netflix ×
ビデオマーケット 〇別途料金
フジテレビオンデマンド ×
dTV 〇別途料金
dアニメ ×
auビデオパス
Amazonプライムビデオ 〇別途料金
Paravi ×

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ハリー・ポッターと賢者の石をU-NEXTで見てみる

ハリー・ポッターと賢者の石のあらすじを教えて!※ネタバレ注意

ハリー・ポッターと賢者の石の動画のあらすじを紹介します。ネタバレありですので、注意が必要です。

あらすじパート1

魔法魔術学校ダンブルドア校長とマクゴナガル先生、森の番人のハグリッドは、両親を亡くして一人になった赤ちゃんのハリー・ポッターを、ハリーの唯一の親戚であるダーズリー家に託します。

10年後、ハリーはダーズリー家の階段下に押し込められ、叔父、叔母、いとこのダドリーいじめられる日々を送っていました。

ダドリーの誕生日に動物園に出かけた際に、爬虫類館の展示室の蛇に嫌がらせをしようとしたダドリーを不思議な力で陥れ、ハリーは蛇を助けることに成功します。

そんなある日、ハリーに手紙が届きます。しかし、意地悪な叔父はその手紙を取り上げ、処分してしまうのです。その手紙は、ホグワーツ魔法学校からの入学許可でした。

叔父が手紙を処分したり、手紙が届かないように家のポストを細工した後も、毎日毎日フクロウが手紙を配達しにやってきます。ある日大量の手紙が家の中に舞い込んだことから、叔父、叔母は家を出て遠くに行くことを決意しました。

人里離れた小屋の中に逃げていたダーズリー一家の前にハグリッドが現れ、ハリーを迎えにきたことを告げます。叔父、叔母はハリーが魔法魔術学校に入学することを反対しますが、ハグリッドは叔父、叔母を追い払い、ハリーはハグリッドについていくことになりました。

あらすじパート2

ハリーはハグリッドと一緒に、魔法魔術学校で使う学用品を購入するために、ダイアゴン横丁に出かけます。ハリーはお金を持っていないため、ダイアゴン横丁の中にあるグリンゴッツ魔法銀行に行き、両親が残した多大な財産を受け取りました。

さらに、ダンブルドア校長から依頼されていたものを受け取るために713金庫に行き、ハグリッドはこれを大切に持ち帰りました。

杖を選ぶために立ち寄った店で、ハリーは店主から、ハリーの両親を殺してハリーの額に傷をつけた相手も、ハリーと同じ材料で作られた杖を持っていると告げられます。

ハリーはハグリッドから白フクロウを誕生日プレゼントとしてもらい、両親を殺した相手がヴォルデモートという名前であることを聞きました。

あらすじパート3

ハリーはハグリッドと一旦別れて駅に行き、ハグリッドから聞いたホグワーツ行きの列車が出る9と4分の3番線を探しますが、見つかりません。

そこに、魔法族のロン一家がいたため、ホームへの行き方を聞き、無事列車に乗り込むことができました。

列車の中でハリーはロンハーマイオニーと友達になります。ハリー達は駅を降りた後に船に乗り換えて、ホグワーツ魔法魔術学校を目指しました。

入学式の挨拶で、ダンブルドア校長は、全生徒に「禁じられた森」と3階の廊下には立ち入らないようにと言いました。その後、住む寮を決めるために「組分け帽子」をかぶり、ハリー、ロン、ハーマイオニーはグリフィンドール寮に住むことになります。

ハリー達は、魔法魔術学校で変身術、呪文学、空飛ぶほうきの授業など、さまざまな授業を受けます。空飛ぶほうきの授業のとき、ハリーの友達のネビルがスリザリン寮のドラコから嫌がらせを受けたのを助けました。

それを見たマクゴナガル先生は、ハリーをグリフィンドールのシーカーに抜擢したのです。1年生でクィディッチチームのメンバーになることは滅多とないため、学校中の話題になります。ハリーの父も昔、シーカーだったことを知り、ハリーは嬉しく思うのでした。

そんなある日、入ってはいけないと言われていた3階の部屋に、ハリー達は偶然入ってしまいます。そこで、3つの頭を持つ犬に襲われそうになりますが、どうやらこの下の仕掛け扉に何かが隠されているようです。

ハロウィン当日、ハーマイオニーはロンとけんかをしてトイレで泣いています。生徒達が食事中に、クィレル先生が来て「トロールが来た」と騒いで気絶しました。ダンブルドア校長は生徒達を寮に避難させますが、ハーマイオニーはトロールに見つかって襲われそうになります

そこに、ハリーとロンが助けに来て、ハリーがトロールを倒し、それがきっかけでハーマイオニーとロンは仲直りしました。

トロールを倒した後に先生たちがトイレに集まってきます。スネイプ先生が足にけがをしているのを見たハリーは、スネイプ先生が3階に隠されているものを盗もうとしていることを疑うのです。

クィディッチの試合が近づいたある日、ハリーに超速のほうきであるニンバス2000が贈り届けられました。そして、いよいよ試合の日、ハリーのほうきは何故か、予測不能な動きをして、ハリーを振り落とそうとします。

ハーマイオニーが望遠鏡でスネイプ先生を見ると呪文を唱えていたため、ハーマイオニーがスネイプ先生のマントを魔法を使って燃やました。それに気を取られたため、スネイプ先生が呪文を唱えるのをやめると、ほうきは正常に動き、ハリーはグリフィンドールチームを優勝に導いたのです。

あらすじパート4

スネイプ先生が3階に隠されている何かを盗もうとしていると疑っているハリー達。ハグリッドにこの話をしますが、ハグリッドは取り合わず「この件は校長とニコラス・フラメルに任せておけ」と口を滑らせてしまいます。

ニコラス・フラメルとは誰なのかをハリー達は調べ始めます。

クリスマスの朝、ハリーは誰かから、父が持っていたという透明マントをプレゼントされました。ハリーはこれを着て、深夜に図書館の禁書の棚を開いたものの、学校の管理人に見つかりそうになります。

ある部屋に逃げ込んだハリーは、そこに鏡を見つけます。鏡の中には、亡くなった両親が写っていました。後日、またその鏡のところに行くとダンブルドア校長がいて、その鏡は人の心の望みを映し出す「みぞの鏡」であることを告げます。

新学期になり、ハーマイオニーが図書館の本の中から、フラメルの正体に関する記述を見つけました。賢者の石は不老不死の水を作り出す力を持っている不思議な石で、錬金術師であるフラメルが作ったことが書かれています。

ハリー達は夜中に寮を抜け出してハグリッドのところに行った罰として、「禁じられた森」でハグリッドの手伝いをすることになります。ハリーはユニコーンを食べているヴォルデモートと出くわし襲われそうになりましたが、ケンタウロスに助けられました。

ケンタウロスにヴォルデモートが賢者の石を狙っていることを聞いたハリー達は、スネイプ先生が賢者の石を盗みに来ると確信します。

ハリー達は3階の部屋に忍び込み、賢者の石を守るために仕掛けられたさまざまな罠を攻略していきます。そして、最後の部屋にたどりついたハリーが出会ったのは意外な人物だったのです。

ハリー・ポッターと賢者の石の主要な登場人物とキャスト

【ハリー・ポッター役】ダニエル・ラドクリフ(Daniel Radcliffe)

この動画の主人公でホグワーツ魔法魔術学校に入学する11歳の男の子です。特別な魔法の才能を持っているとして、魔法界でその名前を知られています。

【ロン・ウィーズリー役】ルパート・グリント(Rupert Grint)

ホグワーツに行く途中の特急列車の中でハリーと友達になった男の子です。ハリーと同じグリフィンドール寮に住んでいます。

【ハーマイオニー・グレンジャー役】エマ・ワトソン(Emma Watson)

ハリーの友達として出てくる登場人物の中で、唯一の女の子です。がり勉タイプのキャラクターで、豊富な知識によって友人達を助けます。

ハリー・ポッターと賢者の石の作品情報は?

原題:Harry Potter and the Philosopher’s Stone

公開年:2001年

製作総指揮:クリス・コロンバス

監督:クリス・コロンバス

脚本:スティーブ・クローブス