彼女たちの友情や青春が面白くて美しい。映画『ピッチ・パーフェクト』

洋画(海外映画)

アメリカで大ヒットし、社会現象にまでなった映画が『ピッチ・パーフェクト』です。

大学アカペラ・グループの奮闘を描いた本作は、アメリカでアカペラ・ブームを巻き起こします。また、本作の楽曲やサントラも好調な売上を記録しました。大興奮のライブステージが最大の見所ながら、友情やスポ根の要素もたっぷりで、幅広い映画ファンから支持を受けています。

『ピッチ・パーフェクト』はさまざまな動画サイトから配信中です。この記事では、新感覚の音楽映画『ピッチ・パーフェクト』の感想や、合法的に無料視聴するための方法について解説していきます。

1分でわかる!公式ライター・トキエスによる映画解説

王道ガールズムービー『ピッチ・パーフェクト』。歌・演技ともに高く評価され続けている女優、アナ・ケンドリックの代表作のひとつだ。

主人公のベッカ(アナ・ケンドリック)はDJになることを夢見ていた。しかし、親に大学に行くことを強く勧められた彼女は、渋々学校の寮へと越してくる。入学早々、ひょんなことから自分のスタイルとは真逆なアカペラ部に入部することになったベッカ。しかも、大会にまで出場することになり…。

衣装を揃えた伝統的なアカペラスタイル。これにベッカが嫌気を差し出したくらいから、だんだん面白くなっていく。女子大生らしい言葉遣いで喧嘩し、ぶつかり合い、そしてハーモニーを生み出す。喧嘩も歌も全部が本気

しかも、ベッカが入部してからのアカペラは、ブルーノマーズなど、私たちにも馴染みのあるヒット曲が満載なので、ノリノリで楽しめるのもポイントだ。それに加え、彼女たちの上手すぎるアレンジに鳥肌が立ってしまうことだろう。

彼女たちの友情や青春が面白くて美しい。ストレス発散にもなるし、やる気も出る作品。友達同士でも家族でも、どんなシチュエーションにもフィットする音楽映画だ。

ベッカがカップを使って即興で歌うシーンは特に有名で、圧倒されること間違いなし

トキエス
ライター:トキエス
映画ライター。兵庫県出身。サスペンス・スリラー作品記事をメインに執筆。趣味は海外映画のロケ地巡り。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ピッチパーフェクトをU-NEXTで見てみる

※U-NEXTで2019年6月30日 23:59まで期間限定配信

一大ブームを巻き起こした魅力!『ピッチ・パーフェクト』の見所3

パフォーマンスと選曲がクール!

なんといっても『ピッチ・パーフェクト』の見所は歌唱シーンです。しかも、シーンによってさまざまな感想を視聴者に抱かせてくれるので、楽しみがたくさんあります。

たとえば、ファーストシーンはベラーズのメンバーがしっとりと大人のパフォーマンスを見せてくれます。しかし、最後にはとんでもないオチがついて爆笑間違いなしです。

一方、ライバルチームのトレブルメーカーズはエースのバンパーを中心として、ハイテンションなステージが売りです。正直、前半の段階ではベラーズよりもかっこいいと思わざるをえません。

窮地に立たされたベラーズは衝突を繰り返しながらも、アカペラでブルーノ・マーズJust The Way You Are」を歌います。いまや結婚式の定番ソングですが、ベラーズが歌えばチーム再出発の決意表明のようです。

そして、一致団結したベラーズが大会の決勝でこれまでにない斬新な選曲でパフォーマンスするのでした。クライマックスのステージで生き生きと歌う彼女たちのまぶしさに、思わず顔がほころんでしまうでしょう。

単に歌とダンスが上手いだけでなくドラマと合わさることで、ステージの素晴らしさが倍増していきます。

ブームになったシーンに注目!

『ピッチ・パーフェクト』は世界中でブームを巻き起こしたシーンが2つあります。本作を動画で視聴するときは、該当シーンに大注目してみましょう。

まずは、「リフ・オフ」と呼ばれる高度な音楽バトルです。ルールは簡単ですが、実行するのは至難の業です。

複数のチームがお題に沿った楽曲を次々に歌っていきます。このとき、相手チームが歌っている曲と「歌詞の単語が重なる曲」があったときだけ、攻守が入れ替わります。

「リフ・オフ」は歌唱力だけでなく音楽愛、知識も試されるゲームです。ちなみに、ベラーズはいつも威勢がいいのですが、あまり勝率は高くないという設定です。

もうひとつは、ベッカがベラーズのオーディションで披露した「CUPS」でした。原曲は1931年にリリースされた「When I’m Gone」です。

「When I’m Gone」は21世紀に入ってから、カップを使いリズムを取りながら歌う曲として動画サイトなどで広まっていきます。『ピッチ・パーフェクト』では流行を取り入れ、アナ・ケンドリックにやらせてみたところ大反響を招きました。

映画のヒットを受け、「When I’m Gone」は「CUPS」というタイトルに変えられ、シングルとして発表されます。ミュージックビデオではケンドリックやベラーズのキャストたちがリズム芸を見せ、動画サイトの再生回数は4億を超えました。

流行の発信源として『ピッチ・パーフェクト』は押さえておきましょう。

スターになる前の俳優たちが放つきらめき!

青春映画を見る醍醐味は、ブレイク前のスターの素顔に迫れることです。本作公開時、すでにアナ・ケンドリックはスターでしたが、主演作にヒットがありませんでした。ケンドリックは演技が得意で器用な女優として評価されていたのです。

『ピッチ・パーフェクト』でケンドリックは主演を張れる女優だと証明しました。その後、ケンドリックは「イントゥ・ザ・ウッズ」というミュージカル映画にもメインキャストとして出演しています。

本作発のスターも忘れてはいけません。ぽっちゃりスタイルが印象的なレベル・ウィルソンは「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」などで注目されていた若手女優でした。

そして、『ピッチ・パーフェクト』のエイミー役が大受けし、以降はコメディ映画で引く手数多の存在です。「ピッチ・パーフェクト ラストステージ」では主役並の見せ場が与えられていました。

バンパー役のアダム・ディヴァインもスタンダップ・コメディの世界では有名人でしたが、『ピッチ・パーフェクト』で初めてヒット作の大きな役を得ました。『ピッチ・パーフェクト』ではブレイク前のスターが発するきらめきに酔いしれましょう。

笑いあり涙あり!映画『ピッチ・パーフェクト』はこんな人に見てほしい

音楽やミュージカルが好きな人

まずは、音楽好きなら『ピッチ・パーフェクト』は存分に楽しめます。本作で使われている楽曲は、有名なヒット曲ばかりです。それほど洋楽を聴かない人でも「耳にしたことはある」という曲はあるでしょう。

たとえば、ブルーノ・マーズ「Just The Way You Are」などは日本の歌手にもカバーされています。もちろん、洋楽好きならより『ピッチ・パーフェクト』の選曲にはウキウキするはずです。ピットブルやラ・ルーといったクラブ向けのダンスチューンがアカペラで歌われる姿には大興奮必至です。

一方で、音楽だけでなくミュージカルを愛している人も『ピッチ・パーフェクト』に満足できるでしょう。本作では、ただ有名な曲を流しているだけではありません。一流の俳優たちが本格的なダンスを披露し、シーンを盛り上げます。

さすがに歌唱シーンは吹替えですが、ほとんどの俳優が自らレコーディングに参加しています。そもそも、主演のアナ・ケンドリックは舞台でミュージカルをやっていた経験があり、歌は大得意です。目の肥えたミュージカルファンも納得の声で感動させてくれます。

そして、見終わった後には友だちを誘ってカラオケに行ったり、サントラを買ったりしたくなるでしょう。

女性の友情を確認したい人

『ピッチ・パーフェクト』のテーマは音楽だけではありません。女性の友情について考えたい人は、本作からヒントを学びましょう。

男性の明るくシンプルな関係と違い、女性同士の友情は複雑になりがちです。どうしても友だちに対して見栄を張ってしまう人はいるでしょう。また、一度関係がこじれてしまうと仲直りのタイミングを見失ってしまうことも、女性同士では起こりえます。

一方で、女性同士の友情には男性同士だと味わえない連帯感があります。つらいときには支え合い、心を開いた相手にはとことん本音でぶつかり合えるのが女性の性です。『ピッチ・パーフェクト』は、そんな女性の友情を丁寧に描いていきます。

バーデン・ベラーズは当初、仲良しチームとはいえません。先輩と後輩で反発し合い、結果が出ない焦りが蔓延していきます。それでも、思ったことを正直に言い合った後で一枚岩になるのは、女性を非常に理解している脚本だと思わされてしまいます。

本作のプロデューサーには、出演者であるエリザベス・バンクスが名を連ねました。彼女はシリーズ2作目で自らメガホンを取ってもいます。製作陣に女性の視点があったからこそ、本作は表面的でない心理描写ができたのでしょう。

学校や職場の先輩と上手くいっていない人

先輩と後輩」は、人間関係の中でも特に難しいもののひとつです。先輩である以上、ある程度の敬意は持たなくてはいけません。しかし、尊敬できない先輩も中にはいます。先輩というだけで偉そうに振る舞い、共感できない価値観を押しつけられたら誰でも反発したくなるでしょう。

そして、『ピッチ・パーフェクト』の動画を見ると、アメリカ人も同じことを考えているのだという発見があります。ベッカは自由に音楽を楽しみたいにもかかわらず、先輩からかたくなに古いスタイルを押しつけられます。

気の強いベッカは納得できず、言いつけを守ろうとはしません。人によっては、ベッカの行動を応援したくもなるでしょう。

ただし、ベッカの行動は同学年の亀裂も生んでしまいます。誰もがベッカと同じように考え、行動しているわけではないのです。ベッカの悩みを視聴者自身の状況と重ねてみると、『ピッチ・パーフェクト』はいろいろなヒントを与えてくれます。

先輩に歯向かっているとき、あたかも相手が敵のように見えてしまいます。しかし、先輩も立場があってきびしく接しているわけで、中身は同じ人間です。ベラーズのように歳の近い先輩であれば、なおのことわかり合えるチャンスは転がっています。

苦手な先輩を思い浮かべながら『ピッチ・パーフェクト』を見ると、仲良くなれる方法を思いつく可能性があります。

『ピッチ・パーフェクト』の動画はどこで見られる?無料視聴はできるのか

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV
dアニメ ×
auビデオパス
Amazonプライムビデオ
Paravi ×

『ピッチ・パーフェクト』は複数の動画サイトから配信中です。無料で見るならU-NEXTの31日間体験が効率的です。

人気作品だけに、『ピッチ・パーフェクト』は違法な動画サイトへのアップロードが絶えません。しかし、そうした動画サイトでは画質が劣悪であるうえ、全編が見られないこともあります。しっかり『ピッチ・パーフェクト』を味わうなら合法的な動画サイトと契約しましょう。迫力満点のパフォーマンスは、一部が欠けてしまうだけでも大損です。

何より、合法的なサイトから視聴すれば安全であり、罰せられたりウィルスに感染したりするリスクもありません。これから本作を見る人は正しい手続きを踏むようにしましょう。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ピッチパーフェクトをU-NEXTで見てみる

※U-NEXTで2019年6月30日 23:59まで期間限定配信

作品について、さらに詳しく↓↓

歌とダンスを楽しめる!『ピッチ・パーフェクト』はどんな映画?

『ピッチ・パーフェクト』が全米公開された2012年、大規模なミュージカルブームが巻き起こっていました。「Glee」や「ハイスクール・ミュージカル」といったポップスを登場人物が歌う作品に人々は惹かれていました。

本作も、ミュージカルブームに便乗して制作された作品です。ただし、『ピッチ・パーフェクト』がほかの同ジャンル映画よりも多くの支持を獲得したのは、選曲の妙があったからでした。

『ピッチ・パーフェクト』では新旧のヒット曲が入り乱れ、若者風のダンスとともに披露されていきます。そんな自由な作風が映画ファンと音楽ファン、両方の心を射止めました。

「リフ・オフ」と呼ばれる音楽ゲームは動画を見る人の心を弾ませてくれます。堅苦しいミュージカル用の楽曲でなく、一般の人々も慣れ親しんでいるメジャーな楽曲が歌われていくので、思い入れを抱きやすい映画です。

「リフ・オフ」はシリーズの定番となり、全3作品で大きな見せ場となっています。それでも、初めて登場する本作のインパクトにはかないません。

一方で、『ピッチ・パーフェクト』は懐メロを下に見ているような作品ではありません。最新の音楽だけでなく、昔の曲にも良さがあると本作は再確認させてくれます。音楽に良し悪しはなく、楽しみ方は自由なのだというメッセージがこめられています。

また、『ピッチ・パーフェクト』は女性アカペラ・グループを主役にして、女の友情を描ききったのも斬新でした。恋愛にまつわるエピソードも挿入されていますが、中心になっているのはあくまで「バーデン・ベラーズ」の絆です。真面目な先輩たちと生意気な後輩が理解を深め、技術を磨いていく姿に人々は感動したのです。

物語の序盤、伝統を重んじるベラーズにベッカは反発します。プロデューサー志望のベッカにとって、ベラーズの音楽は陳腐で退屈だったからです。しかし、先輩たちはベラーズの歴史を守るために昔からの定番曲を大切にしてきたのです。

また、一度大きな失敗をやらかしている先輩たちはベラーズの名前を守るため、挑戦的なパフォーマンスにしり込みするようになりました。どちらの立場も視聴者には理解できますし、どうやって歩み寄っていくのかがおおいに気になります。

フレッシュなスターの活躍も見逃せません。すでに『マイレージ、マイライフ』などの作品で演技力が注目されていたアナ・ケンドリックは、本作でトップスターの仲間入りを果たしました。

レベル・ウィルソンやアダム・ディヴァインといったコメディ俳優にとっても、本作は貴重な出世作です。彼らは『ピッチ・パーフェクト』で若者層を中心に人気を集め、そのほかの映画でも活躍するようになりました。『ピッチ・パーフェクト』では、初々しい若手スターたちの姿が記録されています。

『ピッチ・パーフェクト』は全世界で1億ドルを超える大ヒットとなりました。派手なアクションもCGもない作品としては異例の数字です。

それほど、本作の歌とダンスは魅力的で人々の心を打つものでした。本作はその後2本の続編が作られ、いずれもヒットを飛ばしています。本作の登場人物はまるで友だちのように親近感がわくため、ファンは同窓会に出席するような気分で映画館へと駆けつけたのです。

「ピッチ・パーフェクト2」ではベラーズは世界大会に出場し、「ピッチ・パーフェクト ラストステージ」ではワールドツアーに出ます。作品ごとにスケールを増していく『ピッチ・パーフェクト』シリーズですが、やはり原点は第1作目でしょう。本作はシリーズ中、もっとも日常的な内容です。

登場人物の悩みは現実的で、ほかの2作ほどのドラマティックな展開は希薄です。それでも十分楽しめるのは、登場人物がもっとも身近に感じられるのが本作だからです。

特に、友だちが欲しいのについ意地を張ってしまうベッカは愛すべき「ツンデレ」のヒロインです。ケンドリックの初々しい輝きもあいまって、現在の視聴者からも愛されるでしょう。

ネタバレ注意!アカペラ青春映画『ピッチ・パーフェクト』のあらすじ

以下の内容は、動画配信中『ピッチ・パーフェクト』のネタバレを含むあらすじです。

バーデン大学アカペラ部「バーデン・ベラーズ」は危機に立たされていました。大舞台でオーブリーが大失敗をやらかしてしまい、主力が次々と抜けていったのです。

しかも、全国から笑いものにされたベラーズは、同大学の「トレブルメーカーズ」からもバカにされています。ベラーズが復活するには、新学期が始まったときの部員勧誘に賭けるしかありませんでした。

新学期、プロデューサー志望のベッカは親に言われて、しぶしぶバーデン大学に入学します。しかし、アーティスト肌のベッカは学内で孤立し、友だちもできません。

ベッカはベラーズから勧誘を受けるものの、クラブミュージックを愛する彼女にとってアカペラは興味の対象外でした。そもそも、アメリカでは「アカペラはかっこ悪い」という偏見があります。ベッカはベラーズの勧誘を断ります。

ところが、ベッカの才能がベラーズに見つかってしまいます。副部長のクロエがシャワールームでベッカの歌声を耳にし、心を奪われたのです。

ベッカは強引にベラーズのオーディションを受けることとなりました。アカペラにはまったくやる気がないベッカでしたが、大学生活を楽しく送れば父親への印象が良くなると思い、ベラーズに入部します。

しかし、ベラーズはまったくまとまりのない個性派集団でした。新入部員はパワフルなエイミーをはじめとして、協調性がありません。

そのうえ、部長になったオーブリーは昨年の失態を取り返そうとスパルタ指導に徹します。自由人であるベッカはオーブリーたちに反発を抱くようになりました。

しかも、オーブリーが大会用のセットリストに選んだのは無難な懐メロでした。ベッカにとっては我慢できないステージとなりましたが、オーブリーは彼女の意見を聞き入れません。

そんなベッカにとって、心の癒しとなるのはやっとできた友人、ジェシーでした。ベッカとジェシーは地元のラジオ局のバイト仲間です。ベッカに好意を寄せるジェシーを、彼女も意識し始めます。

しかし、ジェシーはトレブルメーカーズの一員であり、ベラーズである限り、恋愛はご法度でした。

地方予選を勝ち進むベラーズでしたが、毎回同じセットリストなので審査員に飽きられてしまいます。そこで、ベッカは本番で勝手にアレンジを加えました

先輩たちはベッカに激怒します。同学年も助けてはくれません。そのうえ、ベラーズは予選落ちしてしまい、ベッカは退部に追い込まれてしまいました。

ベッカはフラストレーションをジェシーにぶつけます。怒ったジェシーはベッカの元から去ってしまいました。孤独になったベッカは、ジェシーがすすめてくれた昔の映画「ブレックファスト・クラブ」を見ます。

内容に感動したベッカは勇気を出して、ベラーズのミーティングを訪れました。ベッカは意地を張っていただけで、いつのまにかアカペラもベラーズも大好きになっていたのです。

ベッカが来たとき、ベラーズはもめにもめている最中でした。実は、ベラーズは出場資格を取り上げられたチームに変わり、全国大会出場を決めていました。しかし、歌唱力のあるベッカがいなくなって、ベラーズは方向性を定められなくなっていました

ベッカは素直にこれまでの態度を謝罪し、再び戻りたいと告白します。すると、ほかのメンバーも初めて素直な気持ちをさらけだしてくれました。

ひとつにまとまったベラーズは、美しいハーモニーを奏でだします。また、クロエの低音ボイスという、新しい武器も手に入れました。

全国の舞台、そこには生まれ変わったベラーズの姿がありました。そして、ベッカはジェシーのために「ブレックファスト・クラブ」の主題歌をメドレーに組み込みます。

客席に来ていたジェシーはベッカのメッセージに気づき、ガッツポーズを返してくれました。会心のパフォーマンスを見せた新生ベラーズ、後は結果発表を待つのみです。

後のスターが集合!『ピッチ・パーフェクト』の主な登場人物とキャスト

【ベッカ役】アナ・ケンドリック(Anna Kendrick)

本作の主人公がベッカです。最初は保守的なベラーズのスタイルに反抗しますが、徐々にアカペラを愛するようになっていきます。

ベラ役には当時、若手だったアナ・ケンドリックが抜擢されました。ブロードウェイで鍛えられた歌とダンスで『ピッチ・パーフェクト』を引っ張ります。

【ファット・エイミー役】レベル・ウィルソン(Rebel Wilson)

ファンからもっとも人気のある登場人物がエイミーです。そのパワフルな存在感は動画からも伝わります。

レベル・ウィルソンは本作でブレイクし、10代のカリスマとなりました。

【オーブリー役】アンナ・キャンプ(Anna Camp)

ベッカとは対照的に、真面目で頑固な部長がオーブリーです。しかし、その裏にはベラーズを誰よりも愛する気持ちがありました。

清楚なルックスのアンナ・キャンプは適役といえます。

【クロエ役】ブリタニー・スノウ(Brittany Snow)

副部長でオーブリーの親友がクロエです。ベッカをスカウトした張本人ですが、彼女には秘密の悩みがありました。

演じるブリタニー・スノウは、10代の時点で注目されていた演技派女優です。

【バンパー役】アダム・ディヴァイン(Adam DeVine)

ライバルチームのエースがバンパーです。終始、皮肉ばかり言ってくる憎まれキャラですが、実力はピカイチです。

コメディアン出身のディヴァインが、ハイテンションな演技で作品を盛り上げてくれました。

気になるスタッフをチェック!『ピッチ・パーフェクト』の作品情報

原題:Pitch Perfect

公開年:2012

製作総指揮:スコット・ニーマイヤー

監督:ジェイソン・ムーア

脚本:ケイ・キャノン