映画『フライト・ゲーム』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

格安航空会社の台頭から、飛行機がより身近なものになりましたよね。空の旅をする機会が増えたという人も多いのではないでしょうか。

フライト・ゲーム」は、飛行機を利用したことがある人なら誰でも気になる、ハイジャックをテーマにした作品です。機内で起こる不可解な事件の数々は、鑑賞者を今まで味わったことのない感覚へといざなうことでしょう。

そこで今回は、2014年に話題をさらった注目の映画、フライト・ゲームについて、あらすじや見どころ、感想などを解説していきます。また、動画配信サイトで実質無料で見られる方法もあわせて紹介します。

↓↓登録月は無料。まずは無料体験!↓↓
※レンタル作品は別途課金 

フライト・ゲームをparaviで見てみる


フライト・ゲームってどんな映画なの?

全米初登場第1位の快挙を成し遂げた話題作!

フライト・ゲームは2014年に公開されたアメリカ映画で、初公開時の週末3日間(2月28日〜3月2日)の興行収入で1位を獲得しました。公開前からかなり話題になっていたのですね。

また、アメリカだけではなく、ドイツ、オーストラリア、韓国、イスラエルなど、世界各国でも初登場時は1位となっており、いかにフライト・ゲームは世界的に注目されたかがわかるようです。

この作品は有名な映画賞などは受賞していませんが、興行的には大ヒットしたといえます。多くの人の足を劇場に運ばせた抜群の面白さを誇る作品を見たければ、フライト・ゲームはぴったりの作品です。ぜひ動画でこのハラハラドキドキ感を体験してみましょう。

こんなハイジャック映画今まであった?機内にいる全員が人質かつ容疑者

ハイジャックといえば、明確に犯行声明を出す犯人グループがいて、機内という密室で乗客乗員を人質にとるというのが一般的なやり方ですよね。このようにわかりやすいハイジャックであれば、物語の主人公で航空保安官のビル・マークス(リーアム・ニーソン)の手によって、事件は簡単に解決されたことでしょう。

しかし、フライト・ゲームで起こるハイジャック事件の犯人は姿を現しません。誰が犯人であるかわからない以上、乗客乗員全員が犯人の可能性があるのです。

つまり、機内では殺されるかもしれないという恐怖だけではなく、隣席の人が犯人かもしれないというもうひとつの恐怖が生まれるわけです。

鑑賞者は「こんなハイジャック映画は見たことない!」と、107分の上映時間の間は夢中になって作品に集中してしまうことでしょう。

「アメリカ×ハイジャック」といえばあの出来事!フライト・ゲームにも9.11が関係している

ハイジャック事件で近年もっとも有名なのは、2001年の9月11日に起こったアメリカにおける同時多発テロではないでしょうか。アメリカには何千何万という犠牲者遺族がいます。

フライト・ゲームは単純にハイジャックをテーマにした作品ではなく、9.11に関連した内容を含んでいるので大変深いです。

つまり、フライト・ゲームは単なるエンターテイメントとしてのフィクションなのではなく、歴史的事実からインスピレーションを受けた考えさせられる作品なのです。

アメリカ映画の多くは、大きな事件を巧みに作品の中に組み込みますよね。こういった努力をすることで、歴史を忘却させないようにしているのでしょうか。

フライト・ゲームも多くのアメリカ映画がそうしてきたように、9.11を上手にストーリーの中に登場させます。9.11がどう物語に関わってくるかは、動画にて自身の目で要チェックです。

たくさんの人がこの映画を見た理由は、世界的に関心の高い9.11が関わっているからかもしれませんね。

主演は名優リーアム・ニーソン!

フライト・ゲームの主人公は、プライベートに問題を抱えていて職務にも力を入れない、結構ダメな中年男性です。

普通機内でタバコを吸うことは厳禁で、もし吸ってしまったら逮捕されるほどやってはいけないことですよね。しかし、主人公のマークスは航空保安官という立場にもかかわらず、機内のトイレでタバコを吸ったり、勤務中にもかかわらず酒を飲んだりと、まったく信用できない人間です。

ただ、物語の途中でマークスは昔の自分を取り戻し、乗客を守るために命を懸けて戦います

この、2面性を持った大変難しい役を好演したのが数々の映画で活躍しているリーアム・ニーソンです。

1993年公開の「シンドラーのリスト」の主人公オスカー・シンドラー役や、2008年公開のフランス映画「96時間」の主人公ブライアン・ミルズ役で記憶している人も多いのではないでしょうか。

毎年数本もの映画に出演しているベテラン俳優の演技は、フライト・ゲームをより質の高い作品へと昇華させています。彼の演技を見るだけでも、フライト・ゲームを鑑賞する価値があります。

フライト・ゲームで絶対注目すべき3つの点

機内という密室で起こるハラハラドキドキの展開に注目!

ハイジャックは空を飛んでいる機内の中で起こるため、乗客にとってはほとんどどうすることもできない絶望的な状況ですよね。

それだけでもハラハラドキドキするのに、フライト・ゲームではさらに人間同士が織りなす複雑な関係が、物語をより緊張させるものにしています。

不安が渦巻く密室には146人もの乗客がおり、特に容疑者として浮上する何人かの乗客は主人公のマークスと絡むことになります。マークスは容疑者を問い詰めたり怪しいと思った人を殺してしまったりしますが、自身も疑いの目を向けられてしまうのです。

航空保安官が容疑者となった機内は疑心暗鬼に満ち溢れ、彼は一気にピンチに立たされます。この後どうなってしまうかは、ぜひ動画で見て欲しいところです。

フライト・ゲームでは、映画を見ているとまるで自分も乗客になったかのような緊張感を味わえるでしょう。映画の中では次々と犯人だと思われていた人たちが死んでいき、いったい何を信じたら良いかわからなくなります。

こんなに一寸先の展開が読めない映画も珍しいので、ストーリー展開には大注目です。映画の面白さを改めて感じられるのではないでしょうか。

フライト・ゲームのもうひとつの見所はアクション!

フライト・ゲームが興行的に大成功を収めた理由のひとつに、アクションシーンの素晴らしさが挙げられるでしょう。映画の予告編でもいくつかのシーンを見ることができますが、実際に動画にて一連の流れの中で見たほうが興奮できます。

飛行機が急降下して機内の人や物が浮き上がるシーンでは、見ているこちらのほうでも心臓がバクバクするようなリアリティがあり、高所恐怖症の人は注意が必要なくらいのクオリティです。

また、マークスの乗る飛行機には爆弾があり、飛行機の後部が爆発してしまいます。こんなパニックに陥る状況の中、何とか無事着陸しようと副機長は懸命にフライトの舵を取ります。

その横には軍用機が飛び、9.11の二の舞にならないように、飛行機が不審な動きをしたら撃墜するため待ち構えていました。

まさに、手に汗を握るシーンの連続です。アクションシーンでは時間を忘れて作品に見入ってしまうこと間違いないでしょう。

アクションシーンの中でひときわ注目して欲しいところは、マークスが困難な状況にもかかわらず銃を手にして犯人を撃つシーンです。このシーンを見ると、アクション映画としてもフライト・ゲームの評価が高い理由がわかるのではないでしょうか。

主人公のマークスことリーアム・ニーソンもかっこいいですね。物語序盤のダメ人間の頃の顔とはぜんぜん違ってとてもりりしいです。物語を通じて、彼の変貌具合にも注目しましょう。

伏線に次ぐ伏線!あのときのあいつの行動にはこんな意味があったのか!

伏線の回収はとても楽しいですよね。驚きやアハ体験は映画鑑賞をより一層有意義なものにしてくれます。フライト・ゲームには推理小説ばりの伏線が数多く仕掛けられています。たった1度の鑑賞だけでは見つけられないことは当たり前なので、何回でも見るべき作品といえます。

伏線を見つけるためには、本当にちょっとした出来事にも注目することが大切です。普通なら見過ごして問題がないシーンでも、この作品に関しては重要な役割を持っていることが珍しくありません。

ネタバレになるので多くは書きませんが、鑑賞者はハイジャック犯人は誰かを映画の冒頭から探偵の目を持って観察することをおすすめします。

ところで、伏線といっても鑑賞者に見つけてもらえないのでは意味がありませんよね。フライト・ゲームでは物語が進んでいくと、あのときのあのシーンが伏線であることを上手に教えてくれます。

そのため、何が何だかわからない状態で映画が見終わるということはまずないでしょう。難しかったりいまいちよくわからなかったりする場合は、ぜひ2度3度と動画で見直しましょう。

フライト・ゲームをおすすめできるのはこんな人

アクションスリラー映画好きにはたまらない作品!

「次に何が起こる?」「あいつが犯人じゃなかった!」はスリラーの醍醐味ですよね。フライト・ゲームでも予想の斜め上をいく展開が待ち受けており、まるで監督の掌の上で転がされているような気分になります。

スリラーというジャンルを裏切らない、スリラー中のスリラーがフライト・ゲームといえるでしょう。

また、スリラー作品の特徴として、数々の伏線やヒントが物語の途中に置かれていることが挙げられます。

フライト・ゲームも同様に序盤からいろいろな仕掛けが施されているので、鑑賞中はかなり集中して作品を見ることをおすすめします。それか、1度ならず何度もはじめから見るのも良いでしょう。その度に新たな発見に気づかされること間違いなしです。

さらに、フライト・ゲームにはアクション要素も多分に含まれています。心理描写やサスペンス要素が強いスリラーと、どかーんと派手な演出が目を引くアクションとでは、上手くかみ合うのか不思議に思う人もいるかもしれません。

しかし、フライト・ゲームは2つのジャンルを上手にミックスさせており、まったく違和感がありません。フライト・ゲームは、別ジャンルの作品を両方一気に楽しめるので一挙両得です。相反する2つのジャンルがどのようにミックスされているかは、動画で見る価値があります。

話題作や大ヒット作を見たい人にもおすすめ!

フライト・ゲームは、大手映画配給会社「ユニバーサル・ピクチャーズ」が贈るハリウッド映画です。前述のように世界中に配給されており、どこかのエリアでだけヒットしたわけではなく、世界各国でヒットを飛ばした実績のある話題作です。

多くの人が気にいる作品には、何らかの素晴らしい点や魅力があるに違いありません。「今日見る映画は失敗したくない」と思っている人は、フライト・ゲームが良い選択肢となるでしょう。

途中はスリラー要素が多分にあり、暗いストーリーが展開されていきます。しかし、最後の最後にはハッピーエンドで終わるため、鑑賞後にはすっきりした気持ちになれるでしょう。

また、本作を見たことがあると、世界中の人と話をするときに役立つかもしれません。本作は世界的にヒットしただけではなく、9.11という世界的に関心があるテロ事件もテーマとして扱っています。

そのため、映画や文化についての話題だけではなく、世界情勢や政治について話し合うときにも、この映画が発する問題提起は役に立つ可能性があります。

すでに述べましたが、この映画は単なるアクションスリラーエンターテイメントではなく、深い部分では9.11テロ後のアメリカや世界を批判している作品です。

その深さゆえに、世界中の人がフライト・ゲームを鑑賞したのだとも考えられます。映画鑑賞後はしばし9.11後の世界について思いをめぐらしてみるのも良いでしょう。

カップルや友人と一緒に映画を見たい人!

フライト・ゲームは、もちろんひとりでも十分に楽しめる映画です。集中してストーリーを追いたかったり、ひとつひとつの伏線を回収していきたかったりするのであれば、ひとりで鑑賞するのも良いでしょう。

しかし、この映画がもたらすドキドキ感は、誰かと一緒に共有することでますます高まるといえます。この作品は、鑑賞中に思わず「うわっ」や「えっ」などの声が出てしまうこと請け合いです。一緒に見ている人と同じような声を出すことで、さらに作品に没頭できる可能性が高まります。

この作品にはR指定がされていないため、子どもがいる家庭でも家族と一緒に鑑賞できます。劇中には死体が映るなど少々ショッキングな映像もありますが、それほどグロテスクではありません

一方で、物語の後半には飛行機の後部が爆破されたり、急速に降下したりするシーンが出てくるので、小さな子どもがいる場合はお子さんが飛行機を嫌いにならないようにフォローしてあげましょう。

映像のクオリティが高いので、シーンのひとつひとつにリアリティがあることを覚えておくと良いでしょう。

フライト・ゲームは動画配信サイトで無料視聴可能?

フライト・ゲームを無料で見られる動画配信サイトは以下になります。

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ○(別途料金)
U-NEXT ○(別途料金)
Netflix
ビデオマーケット ○(別途料金)
フジテレビオンデマンド
dTV ○(別途料金)
dアニメ ×
auビデオパス ○(別途料金)
Amazonプライムビデオ ○(別途料金)
Paravi

↓↓登録月は無料。まずは無料体験!↓↓
※レンタル作品は別途課金 

フライト・ゲームをparaviで見てみる

フライト・ゲームで押さえておきたい大まかなあらすじ※ネタバレ注意

フライト・ゲームが気になる人は、動画で実際に鑑賞したいことでしょう。ただし、以下のあらすじにはネタバレが含まれることもあるので、読む際には要注意です。

フライト・ゲームのあらすじ※まだネタバレなし

過去の出来事が原因で酒ばかりを飲んで毎日を過ごす航空保安官のビル・マークスは、一般乗客に紛れる形で今日も職務につきます。彼は荒んだ生活を送っているため、人当たりが悪く気さくに話しかけてきた青年にも冷たい態度で対応します。

今日彼が乗るのは、ニューヨーク発ロンドン行きの飛行機です。乗客を装っているから不自然にならないようにしなければならないものの、仕事に対しても身の入らない彼は、隣に座っている女性のジェンと一緒にお酒を飲み、機内のトイレでタバコを吸うなど職務怠慢の行動をします。

席に戻ったマークスは、保安回線を通してしか受信できない携帯電話にメッセージを受け取りました。その内容とは、「これから20分にひとりずつ乗客を殺す」という殺人予告です。

そして、犯人は指定する銀行口座に1億5000万ドルを振り込むように要求します。この時点でわかりやすいハイジャック犯は見当たりませんし、誰が殺害されるとも書かれていません。

しかし、犯人は機内にいるといい、彼がトイレでタバコを吸ったことも知っています。マークスは20分後にアラームが鳴るように腕時計をセットしました。

犯人は誰だ?容疑者を絞るマークス※ここから一部でネタバレあり

マークスはまず同じく航空保安官のハモンドに相談し、次に機長にも連絡して乗客について調べるように頼みます。調査には最低30分程度かかるため、その間は携帯電話をいじっている乗客をカメラで確認します。

しかし、人手が足りません。隣席のジェンと、CAで古くから知っているナンシーに協力してもらい、容疑者を絞ります。マークスは犯人へメッセージを送りました。

マークスは犯人から、自分の娘について問われるメッセージを受け取ります。このことを知っているのは、同僚のハモンドぐらいしかいません。

マークスはトイレに行くハモンドを追い、そこで2人は揉めます。ハモンドは挙動不審で、しかも銃を手にしたためにマークスによって殺されてしまいました。そこで20分が経過したことを告げるアラームがなりました。

犯人は死んだはずなのにまたメッセージが!

犯人と思しきハモンドが死んだにもかかわらず、マークスは再びメッセージを受け取ります。また20分後に誰かが殺されるといった内容です。

また、犯人が指定した銀行口座はマークスのものと判明し、彼は疑われて機長により銃を取り上げられてしまいます。

ハモンドは亡くなる直前に自身の携帯を水につけて壊そうとしましたが、ジェンによって起動されました。そこで、ハモンドは犯人ではなく彼もまた脅迫されてトイレに呼び出されていたことを知ります。

マークスは先ほどの調査で携帯電話をいじっていた乗客の手荷物を検査します。その勝手な行動に、TSA(アメリカ合衆国国土安全保障省)の捜査官でマークスの上官であるマレニックから解任されてしまいました。

しかし、マークスはそれでも捜査を続けます。ハモンドの死から20分が経つと、機体が急降下しました。なんと、機長が毒殺されてしまったのです。

容疑者のひとりで医者を名乗ったナジールに診てもらいますが、手遅れで死亡します。さらに、策を講じて犯人を炙り出そうとするものの、またひとり20分後に死んでしまいます。

逆に、ひとりだけ自由に動ける権限を持つ航空保安官の彼に、マレニックをはじめ乗客乗員から疑惑の目が向けられました。客席についているモニターからは、マークスが犯人であるという報道が流されます。

乗客は協力して彼を取り押さえますが、マークスはなぜ自分が酒びたりの生活になったのかを説明し、本気で乗客を助けたいのだと訴えます。乗客は彼を信じ、一丸となって生存への道を模索するのでした。

フライト・ゲームの主要登場人物

【ビル・マークス役】 リーアム・ニーソン(Liam Neeson)

フライト・ゲームの主人公で、航空保安官です。過去の出来事が原因で荒れた生活を送っていますが、今回起きたハイジャック事件をきっかけに正義に目覚めていく登場人物です。

素行の悪さや短絡的な性格から犯人に疑われますが、勇気ある行動によって犯人を撃ち、結果的に乗客を救うヒーローとなります。

6時間ほどのフライトでヒーローに変わる彼の姿は、動画で見るべきところのひとつです。

【ジェン・サマーズ役】 ジュリアン・ムーア(Julianne Moore)

マークスの隣の席に移動してきたビジネスクラスの乗客です。胸に大きな傷跡があり、心臓病を患っていることを告白します。マークスには常に協力的で、一時は犯人として疑われるものの、最後にはマークスと和解します。

【ナンシー役】 ミシェル・ドッカリー(Michelle Dockery)

マークスの知人のCAで、機長・副機長以外でコックピットに入ることのできる唯一の人物です。ナンシーもマークスには協力的で、乗客の中では唯一彼を最後まで信じていました。勤務中のマークスに十分な量のアルコールを提供しないなど、職業意識が高い女性です。

フライト・ゲームの主な作品情報

原題:Non-Stop

公開年:2014年

製作総指揮:スティーヴ・リチャーズロン・ハルパーンオリヴィエ・クールソンハーバート・W・ゲインズジェフ・ワドロウ

監督:ジャウム・コレット=セラ

脚本:ジョン・W・リチャードソンクリス・ローチライアン・イングル