映画『ツナグ』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

生と死について深く考えさせられる松坂桃李主演映画「ツナグ」は、動画配信サイトで楽しむことができます。

第32回吉川英治文学新人賞を受賞した辻村深月の小説を映画化した作品で、死者と生きている者の世界を結び付ける主人公を中心にストーリーが進んでいく作品です。幅広い世代の共感を呼んだ「ツナグ」は、人との関わり方や生きることの大切さがテーマになっています。

フレッシュな松坂桃李と演技力に定評がある祖母役の樹木希林の演技にも注目です。

ここでは、ファンタジードラマが好きな人にぴったりの「ツナグ」の見どころや無料動画サイト配信情報などを詳しく紹介していきます。

↓↓ビデオマーケットで初月無料無料トライアル中!↓↓
 ※ソフトバンクまとめて支払いでの決済を除く

ツナグをビデオマーケットで見てみる


映画「ツナグ」とは?

「ツナグ」とは、2012年に公開された松坂桃李主演のファンタジードラマです。桐谷美玲・佐藤隆太・橋本愛などフレッシュで存在感がある俳優がキャスティングされた作品として注目を浴びました。

さらに、樹木希林・八千草薫・仲代達也・遠藤憲一などベテラン俳優が脇を固め、ストーリーの重みや見た人に与える感情など奥行きを感じる作品に仕上がっています。

大切な人にもう一度会いたいという願いを叶えることができる使者見習いの渋谷歩美(松坂桃李)が、死んだ者と生きている者を再会させる役割について考えていく過程は、深く心に残ることでしょう。

渋谷アイ子(樹木希林)や秋山定之(仲代達矢)が歩美に伝える言葉一つひとつ、自分の役割について迷い悩む歩美の心に響きます。穏やかでゆっくりとした声が、作品を見ている人の心にもジワジワと伝わってくる作品です。

大切な者を失った人が抱えるそれぞれの思いを本人に伝えることで、残された人たちの心に開いた穴が小さくなっていく姿も描かれています。一緒に過ごしている大切な人との向き合い方や時間の過ごし方について深く考えさせられるストーリー展開です。

依頼人ごとにショートストーリーがあり、オムニバス映画のように楽しめるのがこの作品の魅力でもあります。単調なストーリー展開の作品に飽きてしまう人は、「ツナグ」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

亡き母と傲慢な息子、死によって離れ離れになってしまった恋人など、それぞれの物語に主人公が寄り添い再会を果たすシーンが見どころです。

思い描いていた展開になるケースもあれば、知らなかった予想外のストーリーが見えてくることもあります。歩美自身も亡き父母の切ない過去を知るなど、使者としての今後について考えるシーンも印象的です。

松坂桃李にとって単独初主演作品となる「ツナグ」は、死者と生きている者の媒介をするというむずかしい役どころです。

依頼人の人生にも深く関わることや使者・孫・息子としての感情など、単独初主演とは思えないほど上手く表現されています。第36回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞するなど、「ツナグ」は俳優としてのベースとなった作品といえるでしょう。

また、嵐美沙役を演じた橋本愛も他作品で新人俳優賞を受賞しています。松坂桃李は、「ツナグ」で第22回日本映画批評家大賞の主演男優賞、橋本愛は第34回ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞に輝いています。

実力のある若手俳優が出演している「ツナグ」は、最後まで目が離せないこと請け合いです。

「ツナグ」の主題歌には、切ないバラード曲が人気のJUJUが歌う「ありがとう」が用いられています。優しく響くメロディーと歌詞は、死者と生きている者のあいだをつなぐストーリーにぴったりです。

話題映画となった「ツナグ」は、2013年4月24日にDVDが発売されています。原作となった新潮文庫出版の「ツナグ」も人気で、映画を見てから読んでみたいと手に取る人も少なくありません。

映画やドラマで人気の平川雄一郎監督が手掛けた「ツナグ」は、若い世代だけでなく幅広い世代に共感を得ています。

平川雄一郎監督が作り出すストーリー展開はもちろん演出にも定評があり、家族・恋人・友達などさまざまな関係のなかにある愛情を感じる作品が多いのが特徴です。

なかでも、「ツナグ」は豪華キャストということで公開前から注目度が高い作品といわれていました。見た後に感慨深い気持ちになりたい人おすすめの動画です。

「ツナグ」の見どころって?絶対見るべきおすすめポイント3

これから「ツナグ」を見ようと思っている人は、3つのおすすめポイントに注目です。

「ツナグ」は、オムニバス形式でストーリーが進むため場面が変わるシーンが多くなります。重要なシーンを見逃すことがないように、見どころをチェックしておきましょう。すでに何度も見ているという人も、あらためて動画サイトで見ることで気づかなかった魅力を発見できるかもしれませんね。

ここがおすすめ!その1:依頼人と死者の知られざる結末

死者と生きている者を一度だけ再会させることができる歩美のもとへ、3組の依頼が届きます。「あのときこうしていれば」と後悔したり生前の気持ちを知りたかったり、依頼人の動機は人それぞれです。

大好きなアイドルを呼び出す女性もいれば、山の権利書について相談したくて亡き母を呼び出す依頼人もいます。実際に再会を果たした2人は、思い残したことを伝えたり聞きたかった大切なことに耳を傾けたりします。想像とは違う展開や真実に、思わず涙する場面もあるでしょう。

家族や恋人であってもお互いのことを100%理解することはむずかしく、誤解したまま死別してしまう人たちも少なくありません。使者としての役割に葛藤する歩美が、3組の依頼人と関わることでどのような心境の変化があるのかが大きな見どころです。

別々のストーリーが展開されるものの、そこから歩美が得るものを感じ取りながら見ていくと内容の濃い映画であることが理解できるでしょう。

再会だけでストーリーが終わるわけではなく、その後の依頼人の日常にもしっかり触れているのがこの作品のすばらしさでもあります。依頼人の心情の変化も要チェックです。

ここがおすすめ!その2:再会によって紐解かれる過去の数々

突然の死別によって真実がわからないままというケースは少なくありません。本人に確認しようにもその術がありません。それでも、使者である歩美の力を借りて真実を知るチャンスを得た依頼人たちは、思い思いの時間の過ごし方をします。

嫉妬心から親友を事故死させようとした美砂は、親友の死の原因が本当に自分にあるのか確かめようとします。また、旅行から帰らなくなってしまった恋人を待ち続ける功一は、彼女が事故死していたことを知らされるのです。

死者との再会は、すべてがハッピーエンドとは限りません。それでも、過去の謎や気がかりだったことが紐解かれていくことで、それぞれの心のなかには新たな気持ちが芽生えるのです。

使者の存在をどこから知るのかもストーリーの重要なカギを握っています。母親からの伝聞であったり病院で偶然出会った老婆から使者の話を聞いたり、使者と出会うきっかけもさまざまです。

死者と再会したいと願う人はたくさんいるものの、そのきっかけをつかめる人はごくわずかで奇跡的だといえるでしょう。再会の先にあるエピソードにも注目です。

ここがおすすめ!その3:歩美の決意と背景

代々使者としての能力を引き継いできた渋谷家では、次の使者が決まると正式な引き継ぎの儀式が行われます。

見習いとして再会をサポートするなかで、死者と再会することは生きていく人のエゴではないかと葛藤する時期もありました。しかし、再会を経て依頼人の心境がどのように変化するのかを目の当たりにして、使者としての役割に意味があると気づかされます。

そして、自身が死別した父母のことを思い出すうちに、死の真相についても自分なりの見解を持つようになるのです。

正式に使者としての力を引き継ぐ日、祖母と両親の死の真相について語り合います。最終的に歩美は使者になるのか、クライマックスまで目が離せません。

父母の死の原因や真実を胸にしまってきた祖母の心情も見どころです。また、最後に祖母が口にする詩は、映画のエンディングにぴったりだと高く評価されています。

「ツナグ」を楽しめる人はこんな人!

興味はあるけれど自分の好みに合っているかわからないという人は、この映画がどんな人にぴったりなのかリサーチしてみましょう。気になるポイントがある人は、作品を見て満足すること請け合いです。

一人でゆっくり見られる動画を探している人も、カップルで楽しめる作品を探している人も、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

スピリチュアルな話が好きな人

死者との再会がメインストーリーとなっているので、スピリチュアルな話が好きな人にぴったりの作品です。

「ツナグ」は、出会いや別れ一つひとつには理由があり、信じる気持ちや思いが強ければいつか再び出会えると思わせてくれます。現実主義な人にとっては「ありえない」と感じるストーリーかもしれませんが、家族や知人と死別した経験がある人現在大切な人がそばにいる人にとって共感できる内容となっています。

朝になると死者の姿は薄くなり最後には消えてしまう演出は、儚くとても神秘的です。死者が伝えたかったメッセージや残された人々が聞きたかった声を届けてくれる使者の存在は、とても大きく神々しくもあります。そんな使者をあどけなさが残る松坂桃李が演じるというアンバランスさも楽しめるでしょう。

また、使者としての力を持つ祖母役の樹木希林の独特の雰囲気は、作品のスピリチュアルな内容にぴったりです。最後の祖母から歩美へ使者の力が引き継がれるシーンも見逃せません。

感動して泣きたい人

アクション系やサスペンス系よりも感動できるストーリーが好きという人には、「ツナグ」の世界観がベストマッチです。

依頼人ごとにショートストーリーが練り込まれているので、それぞれの別れと再会を見届けることができます。家族・友情・恋愛のカテゴリーが余すことなく含まれているのが「ツナグ」のすごいところです。

そのため、見る人の年齢や境遇にシンクロしやすいといえます。思いがない展開や感動のストーリーは、涙なしでは見られません。涙もろい人はハンカチやティッシュをお忘れなく。

再会を果たした依頼人たちは、言えなかった気持ちを伝えて聞きたかった声を受け取ることができます。とはいえ、必ずしも幸せな結末が待っているわけではなく、なかにはつらい気持ちになる依頼人もいるのです。

それでも、使者である歩美は最後まで依頼人の心に寄り添います。再会の後に残るさみしさや切なさを表現する俳優の演技力も圧巻です。静かになった部屋に残される依頼人と使者の姿に、涙がとまらない人も多いことでしょう。

人との関わりを大切にしたい人

「ツナグ」は、人との関わりを大切にしたい人にもおすすめの作品です。

毎日の生活は、人との関わりがなければ成り立ちません。生きている人が支えてくれていることもあれば、死別した友達や家族が心の支えになっていることもあるでしょう。

死んでしまった人と言葉を交わすことは現実的とはいえませんが、この作品を通じて心のつながりを感じる人も多く見られます。人との関わりについて考える一つのきっかけになるかもしれませんね。

身の周りの大切な人がいつまでもそばにいると考えている人が多いことでしょう。当たり前と思っている大切な人との時間が、ある日突然奪われてしまったら後悔することもたくさんあるかもしれません。作品に登場する依頼人たちのように後悔することがないように、今という時間を大切にしたいものですね。

愛を伝えることや素直になることの尊さを思い出したい人は、ぜひ大切な人と一緒に心温まる「ツナグ」を鑑賞してみましょう。

「ツナグ」を無料動画配信サイトで今すぐ見よう!

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV ×
dアニメ ×
auビデオパス
Amazonプライムビデオ ×
Paravi

「ツナグ」の動画を楽しめる無料配信サイトはたくさんあります。なかでも、おすすめなのはさまざまなジャンルの作品数が多いビデオマーケットです。利用には月額500円程度かかりますが、初月無料キャンペーンを利用すればお得に映画を楽しむことができます。

↓↓ビデオマーケットで初月無料無料トライアル中!↓↓
 ※ソフトバンクまとめて支払いでの決済を除く

ツナグをビデオマーケットで見てみる

「ツナグ」のあらすじ紹介!※ネタバレ注意

これから動画配信サイトで「ツナグ」を見ようかと考えている人は、どのような内容なのかあらすじをチェックしてみましょう。ただし、ネタバレを含みますのでご注意ください。

この作品には、17歳の男子高生である渋谷歩美使者の力を持つ祖母の渋谷アイ子、そして死者との再会を望む依頼人たちが登場します。

アイ子は自分が持つ力を孫の歩美に引き継ぐために、使者見習いとして手伝わせることにします。そこで初めて手伝うことになったのが、27歳の平瀬愛美からの依頼です。

身体が弱くうつ病を発症していた愛実が倒れているところにアイドルの水木サヲリが偶然通りかかります。それ以来カヲリの大ファンになるのですが、彼女は突然病気で命を落とすことに。死者と連絡が取れる歩美の存在を知った愛美は、サヲリとの面会を希望します。

サヲリとの面会を希望していたのは愛美だけだったため再会が叶います。死者が再会できるのはたった一人だけであるため、人気アイドルのサヲリを呼び出せたことはとても貴重なことなのです。

愛美は以前自分を助けてくれたことやサヲリが死んでたくさんの人が悲しんでいることを伝えます。そして、サヲリは愛美から送られたファンレターに死にたいと書かれていたことに触れ、こっちの世界に来てはいけないと伝えるのです。

短い時間ではあるものの、夜が明けるまで大好きなアイドルとおしゃべりを楽しんだ愛美は「アイドルってすごい」と実感するのでした。

二番目に受けた依頼では、山を売りたいけれど権利書が見つからず亡き母親に場所を聞きたいという息子畠田靖彦が登場します。

靖彦の母もかつて使者の力で故人と再会した経験があり、息子に連絡先を教えていたのです。長男として厳しく育てられた靖彦は、我が子に上手く接することができずに悩みを抱えていました。

歩美によって亡き母と再会を果たした靖彦は、権利書の場所を教えてもらったあと、本当に聞きたかった質問を母に投げかけます。

自分が何の病気で命を落としたか知っているかと尋ねられた母は、幸せな人生を送れたと伝えます。また、頑固な性格ではあるものの優しいところもあると涙するのでした。

靖彦は息子の太一が畠田家の跡継ぎになることに不安を感じていましたが、自身が経営する工務店を譲ることにします。そして母との再会を果たした数年後、ひょんなことから母親がなぜ使者を通じて亡き父親に再会したのか知ることになります。

実は再会には靖彦の息子である太一も立ち会っており、そのときすでに畠田家の跡取りとして紹介していたことを知るのです。母の偉大さや愛情を感じるエンディングになっています。

ストーリーは親友を事故で無くした嵐美砂、そして旅行に出かけたまま帰ってこない恋人日向キラリを待つ土谷功一へと続いていきます。

功一はキラリが生きているのかもわからないまま帰りを待ち続けますが、歩美に依頼することですでに亡くなっていることを知らされるのです。

久しぶりのキラリとの再会で、なぜ帰ってこなかったのかようやく理解することができます。不運な事故によって愛する人のもとに帰れなくなってしまったキラリの出来事、そして彼女からのお願いを聞くことになります。

両親に届けてほしいと頼まれた空き缶には、キラリが大切にしていたものがしまわれていました。彼女が大事というものを見て功一は涙を流しました。

使者としての役割をこなすうちに、歩美は亡き父母の死の真相に行き着きます。これまで曖昧になっていた父母の死に向き合うなかで、祖母が抱える苦悩も知ることになるのです。

ついに祖母から使者の力を引き継ぐことになり、儀式が行われることになります。歩美の心の変化祖母との過去の記憶の共有など、最後まで見どころ満載です。

「ツナグ」の主な登場人物とキャスト

動画「ツナグ」の主な登場人物を紹介します。

【渋谷歩美】松坂桃李

高校2年生の普通のイケメン男子に見えるが、実は代々死んだ者と生きている者を再会させる使者の役割を果たす家に生まれています。祖母に使者としての役割を教えてもらいながら見習いを務める役どころです。

【渋谷アイ子】樹木希林

歩美の祖母で使者として現役ではあるものの、体調を崩し孫にその役割を受け継ごうとします。歩美が父母の死の真相に気がつくときもそばにいてくれる大切な人物です。

【嵐美砂】橋本愛

歩美が初めて引き受けることになる依頼人で、事故死した親友との再会を希望します。

【土谷功一】佐藤隆太

依頼人の一人で、生死がわからない状態の恋人キラリとの再会を希望します。

【日向キラリ】桐谷美玲

功一の恋人で、旅行先で事故に遭い帰らぬ人になりました。歩美の力で功一と再会を果たします。

「ツナグ」の作品情報

原題:ツナグ

公開年:2012年

製作指揮:城朋子

監督:平川雄一郎

脚本:平川雄一郎

原作:辻村深月

配給:東宝

上映時間:129分