映画『阪急電車 片道15分の奇跡』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」は、関西のローカル鉄道線に乗る乗客たちに起こる日常の出来事を描いた映画です。ただ、そのなかにさまざまな人のドラマがあり、出演しているキャストは一流どころばかり。映画好きならば是非見ておきたい映画のひとつです。そこで、ここでは「阪急電車 片道15分の奇跡」について、魅力とお得に見られる方法を紹介します。

↓↓ビデオマーケットで初月無料無料トライアル中!↓↓
 ※ソフトバンクまとめて支払いでの決済を除く

阪急電車 片道15分の奇跡をビデオマーケットで見てみる

阪急電車 片道15分の奇跡はこんな映画!

「阪急電車 片道15分の奇跡」は、有川浩の原作小説を映像化した映画です。原作の小説を読んだことがある人にとっては、本で読んだ物語の世界がどう映像化されているのか興味を持つことも多かったでしょう。有川作品はドラマ化や映画化されていることが多いため、期待も大きかったかもしれません。そんな小説を映画化するにあたって脚本を担当したのは、数々のヒット作を担当した実績を持つ岡田惠和です。

また、草なぎ剛主演の「僕の歩く道」などの演出を手がけた三宅喜重の映画監督デビュー作としても注目されました。そして、本作は2012年に発表された第35回日本アカデミー賞において、中谷美紀が主演女優賞、宮本信子が助演女優賞にノミネートされています。

「阪急電車 片道15分の奇跡」はタイトルに阪急電車が入っているとおり、映画の舞台は阪急電車の沿線。阪急電鉄の路線のなかでも、全長が7.7kmという今津線にスポットが当てられています。今津線は西宮北口駅から宝塚駅までの全8駅で、時間にして約15分の短い路線です。

とはいっても、大阪と神戸の間にあり、それなりに多くの人が行き交うため、同じ路線を日常的に使っていても知らない人や話したことがない人は多いでしょう。そんな大勢の人が行き交うなか、特に知り合いでもなかった何人かの人生が、同じ電車に乗り合わせたことで交錯し、ドラマが紡がれていきます。

阪急電車の今津線は兵庫県内を通っている路線であるため、映画の中で交わされるセリフはほとんどが関西弁です。もちろん、沿線の風景も度々映し出されるため、関西に馴染みのある人にとっては親しみが感じられるでしょう。また、映画の舞台となっている兵庫県をはじめ、関西出身の役者が多く出演しています。谷村美月は大阪府出身、南果歩戸田恵梨香、有村架純は映画の舞台になった兵庫県出身です。

関西出身の女優さんでも、普段メディアに登場するときは関西弁をしゃべらない人もいます。「阪急電車 片道15分の奇跡」では全国的な規模で活躍する彼女たち関西出身の女優さんが、ごく自然な関西弁をしゃべる姿をみることができる映画なのです。

映画の前半では、往路として宝塚駅発の電車2本が終点の西宮北口駅に着くまでの間に繰り広げられる人間模様が描かれています。そして、後半は往路の様子が描かれた10月から約5カ月経った3月、復路として逆方向の西宮北口駅を発車して宝塚駅に向かう列車2本が舞台です。

これらの電車に乗り合わせた登場人物たちには、もちろんそれぞれの人生や生活があり、悩みも持っています。そんな各自の人生のひとときや悩みなども、オムニバス映画のようにストーリーのなかに織り込まれているのです。登場人物それぞれの人生は、ほかの人物と関わりがなく、独立しています。しかし、1本の電車の中でそれぞれの人生がクロスし、新しい人と人とのつながりが生まれていくところがこの映画の面白さのひとつでしょう。

また、登場人物が多い分、主要なキャストを演じている役者の数も必然的に多くなります。大御所の宮本信子ほか、キャリアを積み上げてきた実力派の南果歩や中谷美紀、若手の戸田恵梨香や有村架純など、さまざまな世代の女優が個性ある役柄を演じている映画なのです。ほかにも少しだけ登場する脇役の役者も見逃さないで欲しいところ。実はそれぞれ主役を張れる実力を持ち、人気もある人が演じているという、なんとも贅沢な映画だったと動画を見ればあらためて思うはずです。

阪急電車 片道15分の奇跡は絶対見るべき!おすすめのポイント3

おすすめポイント1:各世代を代表する女優の共演がみどころ

「阪急電車 片道15分の奇跡」には10代から60代まで、さまざまな年代の女性が登場します。10代の女子高生悦子を演じたのは有村架純、同じく10代の関西学院大学生美帆を演じているのは谷村美月です。また、20代の女子大生ミサを戸田恵梨香、30代のOL翔子を中谷美紀が演じています。

そして、40代の主婦は南果歩、60代の女性を宮本信子が演じているのです。全員それぞれ各世代を代表する女優として、さまざまな活躍を見せています。そんな彼女たちの演技をひとつの映画のなかですべて見られるというのは見どころのひとつでしょう。

さらに、この映画では脇を固めるキャストも有名な人が出ているのです。勝地涼はメインキャストのひとりで登場シーンも多いですが、決して登場シーンが多いとはいえない女子高生悦子の年上の彼氏を玉山鉄二が演じています。翔子が出席した結婚式の式場スタッフとして登場した大杉漣は、ワンシーンだけの出演という贅沢な使い方。そして、時江の孫娘の亜美を演じているのは天才子役として有名になった芦田愛菜です。そんな日本を代表する女優・俳優の演技を、気軽に動画配信サービスで見ることが可能なのです。

おすすめポイント2:日常生活から生まれるドラマが見どころ

ウエディングドレス姿の女性が電車に1人で乗ってくるというシチュエーションは、そうそうあるものではないかもしれません。しかし、信じていたフィアンセと後輩に裏切られた悔しさや悲しみを抱えた彼女の気持ちがわかるという人もいるはずです。また、映画の登場人物のように、進学の悩みや思い通りにならない恋愛、自分の気持ちを主張できない悩みを抱えている人もいるでしょう。見る人がなにかしら、共感できるストーリーが描かれており、身近な日常生活にドラマが生まれる面白さを感じることができる映画なのです。

「阪急電車 片道15分の奇跡」のなかで描かれている出来事は、ごくありふれた日常生活の風景であり、誰にでも起こりうることだといえます。そして、この映画のなかでは、ただ淡々とそれぞれの人生が描かれるだけではありません。見知らぬ他人同士だった人たちが、同じ電車に乗ったことでかかわり、心を通わせていく様子が丁寧に描かれているところも見どころのひとつなのです。

おすすめポイント3:阪急電車沿線の風景も見どころ

阪急電車の今津線が舞台になっているため、今津線の駅や沿線の風景は関西在住の人ならば利用したことがある人もいるでしょう。馴染みのある風景が映画に出てくるのを見るのは楽しみのひとつになるはずです。悦子が進学を希望し、圭一と美帆が通っている関西学院大学の西宮上ケ原キャンパスも映画の中に登場するスポットのひとつ。もちろん、関西以外の人にとっては、阪急電車沿線の風景や阪急電車に乗る人たちの雰囲気を垣間見ることができる映画として楽しむことができます。

また、元フィアンセと後輩の結婚式にウエディングドレス姿で出席した翔子がウエディングドレス姿で阪急電車に乗り、途中下車したのが小林駅です。電車で話をした時江にいい駅だからといって途中下車することを勧められた彼女は駅を出て、街を歩き、店先で豚まんを食べるシーンが出てきます。小林駅は大きな駅ではないものの、下町ならではの温かみを感じさせる街並みです。この駅に降りたことで、彼女の将来が変わっていく予感を感じさせます。そんなローカル線の小さな駅の風景にも映画を見ることで触れることができるのです。

阪急電車 片道15分の奇跡はこんな人が楽しめる!

原作小説を読んだことがある人

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」は、もともと小説家・有川浩の連作集「阪急電車」を映画化した作品です。有川浩といえば、「阪急電車」以外にも「図書館戦争」「植物図鑑」など数多くの小説を発表しています。デビュー作となった「塩の街」第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞しました。その後もシリーズ化した「図書館戦争」は第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞するなど、受賞歴も多彩です。

有川浩の小説は映画化やドラマ化されていることが多く、「図書館戦争」は岡田准一榮倉奈々主演で映画化およびドラマ化されています。また、3人の還暦男性が遭遇した事件を解決していく姿を描いた「三匹のおっさん」は、テレビドラマや舞台になった作品です。さらに、2018年には「旅猫リポート」福士蒼汰主演で映画化されました。

有川浩の作品のファンならば周知の事実かもしれませんが、有川作品のなかには自衛隊をテーマにした作品があります。デビュー作の「塩の街」と「空の中」、「海の底」の3作は自衛隊3部作として知られている作品です。「阪急電車 片道15分の奇跡」は特に自衛隊がテーマではありませんが、登場する大学生の圭一は、どうも自衛隊機にかなり興味がある様子。作品中に窓から見える自衛隊のヘリコプターを見てテンションの上がるシーンがあるなど、有川浩作品らしいテイストがわずかに入っているところが有川作品のファンにはうれしいポイントだといえます。

小説の「阪急電車」を読んだ人の中には、小説で描かれた世界がどんな感じに映像化されているのか気になっているという人もいるはずです。小説を読んだものの、まだ映画は見ていないという人なら、動画配信サービスを利用して映画を見てみることをおすすめします。小説を読んで思い描いていた世界と実際に映画化された映像には違いがあるのか、イメージ通りに映像になっているのかなどを比べながら見る楽しみがあるでしょう。

ヒューマンドラマが好きな人

映画の冒頭には、翔子役を演じている中谷美紀の「人はそれぞれみな、いろんなやりきれない気持ちを抱えて生きている。死ぬほど辛いわけではないけれども、どうにもならない思いを抱えて生きている」というナレーションがあります。このナレーション通り、映画に登場する人物たちはそれぞれ悩みを抱えているのです。

そして、「この世界にはこんなにもたくさん人がいるのに、同じ場所で同じ時間を一緒に生きている人がこんなにもいるのに、それは何の意味も持たない。名前も知らない人たちは私の人生になんの影響ももたらさないし、私の人生も誰にもなんの影響も与えない。世界なんてそうやって成り立っているんだ、そう思っていた。でも」とナレーションは続きます。実は冒頭に語られるナレーションが、ヒューマンドラマとして描かれる映画の内容をそのまま表しているといっていいのです。

翔子はフィアンセと後輩に裏切られ、彼らの結婚式にウエディングドレス姿で出席します。その帰りに乗った電車で孫を連れた60代の時江に出会いました。当然、翔子はウエディングドレスで結婚式に出たことを時江に諫められると思っていたでしょう。しかし、時江は「討ち入りの成果はどうだったの?よかったら話してみない?単なる通りすがりの野次馬に。気が楽になるわよ。それとも他人に話すなんて嫌かしら」と優しく話しかけるのです。そして、時江と話すうちに翔子の凍り付いた心が徐々に解けていきます。

もし、時江に出会わなければ、翔子が立ち直って前向きに生きていけるようになるのはもっと遅かったかもしれません。しかしその後、翔子が気持ちを切り替えて前に進んでいる様子が描かれています。そして、いじめにあっている少女に対し、今度は翔子が優しく声をかけ、励ますラスト近くのシーンにつながっていくのです。ほかにも偶然同じ電車に乗り合わせた者同士が心を通わせるシーンが出てくるストーリーは、ヒューマンドラマが好きな人にピッタリの映画だといえます。

阪急電車 片道15分の奇跡を無料で見られる動画はある?最もお得に見る方法

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT ○見放題プランに加入の必要あり
Netflix ○月額制のサービスに加入の必要あり
ビデオマーケット ○別料金
フジテレビオンデマンド ×
dTV ×
dアニメ ×
auビデオパス ○別料金
Amazonプライムビデオ ○別料金
Paravi ×

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」を視聴できる動画配信サービスは5社です。サービスによって別料金が発生するものや、見放題プラン、月額制のサービスに加入していれば追加料金が発生しないところもあります。ただし、どの動画配信サービスも1カ月ほどの無料体験ができる仕組みが整っているため、この映画をみるだけならば無料で動画を視聴することも可能です。そのなかでも、ビデオマーケットはドラマや映画はもちろん、バラエティーやスポーツなど多彩なジャンルの動画を配信しています。また、無料で視聴できる作品もあり、おすすめの動画配信サービスです。

↓↓ビデオマーケットで初月無料無料トライアル中!↓↓
 ※ソフトバンクまとめて支払いでの決済を除く

阪急電車 片道15分の奇跡をビデオマーケットで見てみる

阪急電車 片道15分の奇跡のあらすじは!?※ネタバレ注意

映画のあらすじはネタバレが含まれているため、読むときは注意してください。阪急電車沿線の西宮北口駅在住でOLの高瀬翔子(32歳)が男女2人と向き合っているシーンから映画「阪急電車 片道15分の奇跡」は始まります。「どういうことよ、これ?」という翔子のセリフに対し、向き合っている男性から告げられたのは別れ話でした。

翔子の婚約者であるこの男性は、翔子の後輩とも実は付き合っていて、彼女が妊娠したというのです。「大丈夫やろ?泣かへんし、おまえは。この子は大丈夫やないんや、俺がおらんと」と言われた翔子は、結婚したければすればいい、ただ1つだけ条件があり、それをのまないなら婚約不履行で訴えると2人に突きつけます。一方、逆瀬川駅から徒歩10分の場所に住む荻原時江(65歳)はすでに夫を亡くし、かわいい孫娘の亜美がいます。大学生の森岡ミサ(21歳)は、彼のことをかっこよくて優しいと友だちにはいっているものの、実はこの彼、気に入らないことがあるとすぐキレる人なのです。

そして、甲東園駅が最寄りの関西学院大学に進学したい高校生の門田悦子(18歳)は、担任から受験するのは一か八かといわれていました。悦子が進学したい関西学院大学に通っている大学生のなかには小坂圭一(19歳)と権田原美帆(19歳)がいます。圭一は周囲の学生から訛りがあることを笑われ、美帆は道ばたに生えるオオバコを天ぷらにすれば美味しいと発言するなど、2人ともおしゃれでいまどきの学生のなかでは浮いた存在です。

西宮北口駅徒歩13分の場所に住む主婦の伊藤康江(42歳)は、夫と息子の3人暮らし。ママ友から4000円もするランチのお誘いを断り切れずにいます。そして、小林駅徒歩30秒の場所には、どこか浮かない表情を浮かべる8歳の少女がいました。

10月のある日、宝塚駅発、西宮北口駅行きの電車に乗ろうとしている時江と孫の前を通り過ぎる主婦のグループの中には康江がいます。出発した電車が次の宝塚南口駅に着いたとき、康江の目に入ったのはホームに佇むウエディングドレス姿の翔子。実は、翔子が2人に出した条件は、結婚式に呼ぶことで、翔子は実際にウエディングドレス姿で2人の結婚式に出席した帰りだったのです。時江の孫の亜美が無邪気に「あ、お嫁さんだ、きれいだね、おばあちゃん」といいますが、もちろん時江は翔子が幸せな花嫁じゃないことは察しています。そこではじめて翔子は涙を見せ、時江と話をしながら気持ちが落ち着いていくのです。

次の小林駅で電車を降りた翔子は、再び走り出す電車にお辞儀をし、見送るのでした。翔子が乗ってきたところから降りるところまでの様子を隣の車両でうかがっていた康江は「この間になにがあったんやろ」とつぶやきます。一方、すぐ目の前で翔子と時江を見ていたミサが翔子のウエディングドレス姿を話題に出すと、ミサの彼は電車のなかにもかかわらず突然キレ、時江の孫が泣き出します。次の仁川駅で降りた時江を追うようにして彼とともに降りてきたミサですが、キレた彼に突き飛ばされてしまいました。足をすりむいたミサに時江が絆創膏を渡し、「くだらない男ね、やめといた方がいいと思う」と声をかけます。

その後、ホームで電車を待っていたミサの前を通り過ぎたのは恋愛話に花を咲かせる悦子たち女子高生のグループ。その話を聞くうちに、ミサは「いいなぁ、私よりいい恋愛してる」とつぶやきます。そして、甲東園駅からは圭一と美帆を含む多くの関西学院大学の学生が乗車し、圭一と美帆の間に会話が生まれます。小林駅で一旦途中下車していた翔子は、服を着替えて再び電車に乗っていました。

そして、西宮北口駅で降りたところ、後ろから走ってきた人とぶつかって引き出物を落として割れてしまいます。「そこに大丈夫ですか」と声をかけたのが悦子のグループ。一方、通り過ぎる悦子に「浪人するなよ、彼氏のためにも」と声をかけ、キレる彼との別れを決めたのがミサです。こうして、それまでなんのつながりもなかった登場人物たちの人生が交錯しました。

そして、季節は巡り3月。西宮北口駅発、宝塚駅行きの電車には、明るい表情で座るミサの姿がありました。ミサは友人の助けも借りてキレる彼氏とは別れていたのです。そうしていると、ミサが座る向かいの座席に、騒がしくしゃべりながら電車に乗ってきたおばさんグループが座ります。空いていたミサの隣に女性が座ろうとすると、向かいのおばさんのひとりが持っていたバッグを空席めがけて投げるのです。

少し呆れ顔で微笑みながらその場を去る女性の姿を見て、ミサはそれが以前ウエディングドレス姿で電車に乗っていた翔子であることを思い出します。そこに遅れてやってきた主婦の康江が合流しますが、場所を取っておいてやったという騒がしいおばさんたちとは対照的に康江は申し訳なさそうです。

「おばちゃんて最低やな」とつぶやくミサですが、体調が悪そうな康江に付き添って、次の門戸厄神駅で一緒に電車を降ります。本当はみんなとランチに行きたくなかったという康江に対し、ミサは行きたくもない食事に付き合う必要あるのかというのです。一方、甲東園駅が近づいたとき、女子高生の悦子は友人からなにかあったのか、と尋ねられました。進学のことで悩んでいた悦子は励ましてくれる年上の彼氏に促されて関西学院大学に行き、門から出てきた大学生に「やっぱり、すごい勉強しましたか?」と声をかけたのが圭一と美帆でした。圭一と美帆はクリスマスを一緒に過ごし、いいお付き合いをしている様子です。

10月には犬を飼いたいという孫娘に反対し、自分でも犬は飼わないと言っていた時江ですが、3月になると犬を連れて歩いている姿がありました。実は犬にまつわる時江の過去の思い出も、映画の中では描かれています。小林駅では、この駅周辺に移り住んできた翔子がホームにいると、小学生の女の子たちがやってきました。そこで10月に浮かない表情で小林駅近くを歩いていた8歳の少女が、いじめにあっていたことがわかります。しかし、意地悪をする子たちに対して毅然とした態度を取った8歳の少女に対し、翔子は「かっこよかったわよ、今のあなたは。私は好きよ」と声をかけるのです。

そして、宝塚駅に近づく電車のなかでは時江VSうるさいおばさんのバトルがあり、小林駅では再び翔子とミサが出くわす。電車に乗って仕事や学校に行ったり、プライベートで出かけたりするのは、ごくありふれた日常生活の一部でしょう。しかし、そのなかにも人との出会いや人生を変える瞬間があるかもしれない。そんなドラマを動画配信サービスで見ることができます。

阪急電車 片道15分の奇跡の登場人物キャストはこんな人たち

【高瀬翔子役】中谷美紀

32歳のOL翔子は、裏切ったフィアンセと後輩の結婚式にウエディングドレス姿で出席し、登場人物のなかでも重要な役どころの女性。演じる中谷美紀は「電車男」「嫌われ松子の一生」をはじめ数々のドラマや映画に出演し、動画配信サービスでも彼女の出演作は多く配信されています。

【森岡ミサ役】戸田恵梨香

ミサはビジュアルはいいものの、気に入らないことがあるとキレて暴力を振るう彼氏との関係に悩んでいる女子大生。演じる戸田恵梨香はSPECシリーズの当麻紗綾や、コード・ブルーシリーズの緋山美帆子役などさまざまな映画・ドラマの出演作があります。

【荻原時江役】宮本信子

孫と一緒に電車に乗り、翔子やミサとかかわる60代の女性。演じる宮本信子は故伊丹十三監督の妻であり、伊丹監督作品をはじめ、さまざまな映画に出演してきたキャリアを持つ大御所女優です。

【伊藤康江役】南果歩

なかなかママ友に本音を言えない40代の主婦。演じる南果歩は映画やテレビドラマ、舞台など幅広く活躍する女優です。

【門田悦子役】有村架純

進学に悩む女子高生。演じる有村架純は、朝ドラ「あまちゃん」に出演した経歴をもつほか、映画「ビリギャル」の演技では日本アカデミー賞の優秀主演女優賞および新人俳優賞を受賞しました。

【権田原美帆役】谷村美月

関西学院大学に通う女子大生。演じる谷村美月は宮地真緒主演の朝ドラ「まんてん」で女優デビューを果たしたのち、さまざまな映画やドラマに出演しています。

阪急電車 片道15分の奇跡の基本作品情報は?

原題:阪急電車片道15分の奇跡

公開年:2011年

監督:三宅喜重

製作:福井澄郎、松下 康、見城 徹、角 和夫、桐畑敏春、中村 仁、越智常雄

脚本:岡田惠和