映画『ディストラクション・ベイビーズ』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

2016年以降の作品で、これは面白いと感じた映画の1つが、「ディストラクション・ベイビーズ」です。公開はすでに終了していますが、動画配信サイトならじっくり視聴できます。どんな映画なのか魅力と見どころ、無料で視聴できるサイトについても紹介します。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ディストラクション・ベイビーズをU-NEXTで見てみる

「ディストラクション・ベイビーズ」は映画の想像を超えた作品

「ディストラクション・ベイビーズ」は、ストーリー自体は非常にシンプルな映画です。愛媛県松山市を舞台にしたこの映画は、両親のいない兄と弟を中心にストーリーが展開していきます。弟は地元の高校に通う平均的な男子ですが、兄の方は街中で喧嘩できそうなターゲットを見つけては、次々と戦っていくことを自分の日課にするストリート・ファイターでした。

彼がなぜ、見知らぬ人に次々戦いを挑んでいくのか、何が彼をそうさせるのかは、最後まで遂に明かされることはありません。理由が解明されないままエンディングを迎えるのもこの映画の面白さであり、見た人なりの印象が分かれる部分でしょう。

ここまで書けるのは、実は何度も繰り返し見たからで、初めに見たときには「なんだ、この映画は?」という感想を持ちました。そう感じる人がほとんどだと思います。何しろ、冒頭からいきなり喧嘩シーンですし、ひたすら主人公は戦う相手を物色し、襲いかかっていくわけですから、理解できない人も多いかもしれません。

そのような理由から、結末に明確なストーリーが欲しいという人には向かない映画とも言えます。暴力が嫌いな人にも向きません。見ていて賛否両論分かれる映画だと思います。ただ、わけがわからないまま引き込まれ、ついつい最後まで見てしまう、そして繰り返し見たくなるという中毒性を感じる人もいるでしょう。

全編を通して個人的に凄いと感じたのは、主役のセリフがほとんどないことです。それが見ている人の謎を深め、恐怖を煽り、映画に引き込まれるエッセンスになっているのも、この映画の異質な部分ですね。チンピラ風の男から一般人まで、何もしていない人を片っぱしから襲い、倒していくさまは狂気に満ちています。

不謹慎ながら、見ていて気分が良いと感じてしまうのは「弱そうな人間は襲わないこと」です。世間をにぎわす無差別殺人や通り魔事件などの多くは、「誰でもよかった」と言いながらも結果的に女性や高齢者を狙うものが多いですよね。ニュースを見ていて気分が悪くなる人は多いのではないでしょうか。そんな事件が多いこともあって、自分より強そうな男に喧嘩を仕掛ける主人公に心地よさを感じてしまうのかもしれません。

しかし、後半に入ってある人物が絡んできてからは、様相が一変していきます。女性や高齢者といった弱者を痛めつける卑怯さが加わる部分は、無差別通り魔などの事件にありがちな「弱者に向けて自分の欲望を吐き出す人間の醜さ」が描かれていて、吐き気がするほど嫌な気分になります。

そして、その嫌な感覚についつい感情移入してエンディングまで見てしまう、そんな映画です。しかし「現代の若者にありがち」という表現はあえてしません。これは世代に関係なく潜む心の闇じゃないでしょうか。誰もが持っているものではありませんが、いつの時代にも弱者を痛めつけて優越感に浸る人間は一定数います。

「ディストラクション・ベイビーズ」の動画を何度も繰り返し見てしまう理由は、エンディングの音楽にも理由があります。エンディング曲「約束」は、ナンバーガールとZAZEN BOYSの向井秀徳さんが担当し、作品全体の雰囲気をうまくまとめる役割を果たしています。

曲のクールなイントロが始まるとともに、作品中ずっと感じている主人公に対する疑問がすっと消えてしまうような不思議な感覚になるからです。もちろん、見る人によって感じ方はさまざまなので、まったく違う感情を持つ人もいると思います。エンディングの曲はジャッジーな雰囲気で、ナンバーガール時代から知っている人は向井秀徳さんの新しい世界観を感じるかもしれません。

「ディストラクション・ベイビーズ」の見どころはここ!3つのポイント

動画「ディストラクション・ベイビーズ」のおすすめポイントを3つあげていきましょう。見どころといっても、全編を通して暴力、それも後半からは弱者もターゲットになっていくので、嫌いな人は嫌な気分になると思います。実際にレビューなどを見ると、絶賛する人もいればかなり低評価の人もいます。そんな状況を踏まえつつ、おすすめをあげてみます。

俳優陣の演技力が光っている

出演している俳優陣がかなり実力派揃いという点がまずおすすめしたいところです。どの俳優も、何作品か出演している映画やドラマを見ていますが、まったく違う役どころを演じ分けている俳優ばかりで、感心します。

見ていてイライラしてしまうほど嫌な女や、世間の評価が気になるだけの軽い男、納得できるような意味も持たずに暴力を繰り返していく狂気に満ちた男と、演じているとは思えないリアルさがあります。全員に共通しているのは表情の演技ですね。ふとした目つき、口元の動きなど、わずかな表情でそのときの感情や思惑、性格などを表現していて楽しめます。

他人の力で暴走する人間の醜さ

初めは1人の男による暴力ですが、ふとしたことで巻き込まれ、行動を共にすることで次第に生まれていく人間の醜さも見どころの1つです。もちろん、暴力を肯定しているということではありません。人間の弱さが浮き彫りになるところが、この動画の凄さだと感じています。見る人によってそれがどう映るかで、自分がどんな人間なのか分かる気がします。例えば、主人公に便乗して暴力に走る人に共感できるなら、それはその人の中にも同じような狂気があるからなのかもしれません。見ていて思わず顔を背けてしまうようなら、徹底して暴力や不正行為は許せない人だと考えることもできます。

「ディストラクション・ベイビーズ」では、ネットでの反応もテーマの1つとして取り上げられています。これは現代人を象徴しているのかもしれません。ネットで注目されるために大それた行動を起こす人や、炎上を気にして突然現実に戻る人など、その両方が表現されています。しかし、現実に戻ったときには大切なものを失っているという点も、現代ではありがちなことです。「ディストラクション・ベイビーズ」では、注目されるきっかけとして他人の暴力という力を借りるのですが、人を支配できる力を持ったときの人間の醜さと欲望がよく表現されています。

人生について考えさせられる

何気ない日常を送っている中で、突然事件に巻き込まれてしまうことは誰の身にも起こり得ることです。「ディストラクション・ベイビーズ」で描いているのは無差別通り魔事件でもあり、日常にいつ起こっても不思議はないという怖さもあります。被害者になったときに自分はどうするのか、何をすればいいのかを考えてしまいました。

無差別というのは怖いですよね。普段の行いや心がけや人間関係も何もかも関係なく巻き込まれる事件は1番恐ろしいと思います。自分に落ち度はなくても事件に巻き込まれたとき、それで人生が終わってしまったとき、自分の人生はそれでいいのだろうか、そう考えさせられます。

人によってはもっと違う考え方もできるかもしれません。例えば、普段からできる防衛だとか、緊急事態のときにどう動くべきかとか、考えることはいろいろあるでしょう。動画の後半で事件に巻き込まれてしまう人物は意外な方法で危機から脱出します。自分だったらどうだろうかと考えてしまうところも、この動画の見どころではないでしょうか。

「ディストラクション・ベイビーズ」はこんな人に見て欲しい

映画「ディストラクション・ベイビーズ」をぜひ見て欲しい人、見るべき人はどのような人かについて解説したいと思います。俳優が誰であるかも書いていきますので、それだけで見たくなる人もいるかもしれませんね。若手の実力派がそろった映画ですし、かなり豪華な映画ではないでしょうか。

柳楽優弥さんの表情と目の演技が好きな人

柳楽優弥さんといえば、2004年公開の「誰も知らない」是枝裕和監督に見出されて映画デビューし、最年少で「カンヌ国際映画祭最優秀男優賞」を受賞した実力派俳優です。その柳楽優弥さんが主人公であるストリート・ファイター役を演じているのですが、その狂気ぶりは期待を裏切りません。

セリフがほとんどないのに、ここまでの狂気を演じられるのは流石でしょう。柳楽優弥さんは、デビュー後立て続けに何本かの映画に出演したものの、一時は演技の世界から離れ、カフェなどでバイトしていた期間もあると言います。そして再び映画の世界に戻ってきたわけですが、一般人と同じ生活を経て明らかにパワーアップしていることを証明しています。

子役のうち注目されたことで人生が狂ってしまう俳優もいますが、柳楽優弥さんは見ごとに成功を果たしていると言えるでしょう。多少の低迷期はあったようですが、壁を突き破る形で乗り越え、俳優として一回り大きくなっています。この作品では、冒頭からエンディングまで繰り返し暴力を続けていくのですが、一瞬だけ他人の話に耳を傾けて微笑むシーンがあります。

そこまでは狂気に満ちた危険な人物にも関わらず、その笑顔を見てしまうと正しいことをしているような、「この人はとても純粋なんだ」と感じてしまうのも柳楽優弥さんの不思議な魅力です。狂気と得体のしれない純粋さを持ち合わせた主人公にぴったりの俳優と言えます。最後の最後まで危ない人を演じきってくれます。特に、エンディングの表情は本物の狂人と思ってしまう凄みが出ています。

菅田将暉さんの変幻自在な演技が好きな人

この映画でもう1人出演している注目の俳優が菅田将暉さんです。菅田将暉さんは某CMでは鬼のキャラクターを演じているので、そちらでファンになった人もいるでしょう。菅田将暉さんも実に変幻自在な人で、掲示板や彼が出演している作品のコメントなどを見ていると、実は鬼のキャラクターとは別人だと思っている人も多いことに驚きます。それだけ、なりきっているということなんでしょうね。

「ディストラクション・ベイビーズ」では、主人公の柳楽優弥さんに興味を持ち、関わっていくチャラい高校生役を演じています。この作品での菅田将暉さんの役所はとことんイヤな奴です。人の弱みにつけこみ、主人公の威力を利用して弱者を痛めつけて優越感に浸り、都合が悪くなるとキレるという身勝手な役を好演しています。

とにかく暴力的な動画が好きな人

やはり、暴力はこの動画の1番の見どころでしょう。とにかく格闘シーンが好きな人、流血シーンが好きな人にはぜひ見て欲しいですね。顔面を容赦なく殴るシーンも多数出てきます。主人公の柳楽優弥さん自体も、顔が腫れるほど殴られるシーンもあります。それでも立ち上がって戦う相手を探してさまようところは得体の知れない狂気しかありません。実際にこんな人が街中をうろついていたら相当怖いでしょう。映画の中では次第に事件が明るみになり、警察が動き始めていくのですが、エンディングはさらなる狂気が待っています。

「ディストラクション・ベイビーズ」を無料で視聴できる動画サイトは?

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT ○(31日間無料)
Netflix ○(30日間無料)
ビデオマーケット ○(初月のみ無料)
フジテレビオンデマンド ○(1カ月間無料)
dTV ○(31日間無料)
dアニメ ×
auビデオパス ○(30日間無料)
Amazonプライムビデオ ○(30日間無料)
Paravi ×

ディストラクション・ベイビーズを配信している動画配信サービスは複数あります。おすすめはU-NEXTで、31日間は無料で見ることができます。ディストラクション・ベイビーズを無料で見たいのなら、31日間の無料期間に視聴しましょう。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ディストラクション・ベイビーズをU-NEXTで見てみる

「ディストラクション・ベイビーズ」のあらすじ※ネタバレ注意

ここからは、動画「ディストラクション・ベイビーズ」のあらすじを書いていきたいと思います。兄の泰良と弟の将太が暮らす、愛媛県松山市の港町から始まります。兄弟には両親がなく、縁者が営む造船所の2階を間借りしています。弟の将太は高校生で、友だちと普通の高校生活を送っていますが、1つだけ悩みを抱えていました。

兄の泰良は、誰かれ構わずに襲いかかり、戦うことを楽しむストリート・ファイターだったのです。ある日、将太は学校から帰ってくる途中、路上で数人の男を相手に殴り合いをしている泰良の姿を目にします。止めに入った造船所の経営者に厳しく注意された泰良は、以来町から姿を消してしまいました。

将太は泰良のことが気になりますが、どうすることもできません。夏休みに入ったある日、友だちに誘われるまま街に遊びに出た将太は、泰良の上着を着た少年を目撃します。泰良の手がかりがつかめるのではと周辺を探しますが、一向に見つかりません。友だちに促され、一旦はあきらめてキャバクラに入店しますが、ふとした会話がきっかけで口論になり、店内で騒動を起こしたことで店から追い出されてしまいます。友達とも気まずい空気になり、泰良を探そうと単独行動を始めるのでした。

一方、泰良の方は、家を出て以来あちこちでストリート・ファイトを繰り返していました。何日も着たままの作業着は自分や相手の血で染まり、異様な雰囲気です。戦えそうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、止めに入る者がいれば容赦なく襲いかかっていきます。そんな泰良の姿に興味を持った人間がいました。高校生の北原裕也です。裕也は、一度学校帰りの公園で泰良を見かけてから不思議な接点ができてしまい、実は後を追っていたのでした。

泰良がキャバクラの前で男性を倒す姿を見ていた裕也は「一緒に面白いことをしないか」ともちかけます。裕也の目的は、ストリート・ファイトの様子を動画で配信することでした。それから2人は繁華街へと場所を変え、手当たり次第に通行人を餌食にしていきます。初めは撮影に徹していた裕也ですが、泰良の強さを盾に女子高生や小柄男性と、自分が勝てそうな相手を殴るなどの横暴ぶりを発揮していきます。動画は一般の通行人にも撮影され、ニュースで取り上げられる事件へと発展しました。警察も動き出し、逃走中に強奪した車にたまたま乗っていたキャバ嬢の那奈を拉致し、郊外へと逃走を図るのでした。

初めはゲーム感覚で声をかけた裕也でしたが、ネットで自分たちが叩かれ始めていることや、警察に追われ始めたことでことの重大さに気づいていきます。しかし、加速した泰良の行動はまったく収まることがありません。逃走中にも事件を起こし、後戻りができない状況にキレ始める裕也は、拉致した那奈にも横暴な態度を取り始めます。

裕也の命令で運転させられることになった那奈は、対向車にわざと衝突してやっと解放されます。しかし、実は恐ろしい事実を隠していたのです。一方、将太たちの町では夏祭りが始まっていました。祭りのにぎわいに隠れるように町に戻ってきた泰良に、1人の警官が声をかけます。警官に狂気に笑みを向ける泰良は、遂に捕まってしまうのでしょうか。

ここからはネタバレです。裕也たち2人に拉致され、勇気ある被害者として注目を浴びる那奈ですが、実際には裕也たちに命令されたわけでもなく、逃走中に人を殺してしまいます。しかし、交通事故という形で逃げ出したことで、すべてを裕也たちになすりつけてしまうのでした。実際には事件に関わった全員が狂気を持っていたということですね。「ディストラクション・ベイビーズ」は賛否が非常に分かれる動画だと思います。

「ディストラクション・ベイビーズ」の主な登場人物

映画「ディストラクション・ベイビーズ」の主な登場人物を紹介します。若いながら実力派と言われる俳優がそろっているので、ぜひ見てください。

【芦原泰良役】柳楽優弥

【葦原将太役】村上虹郎

【北原裕也役】菅田将暉

【那奈役】小松菜奈

「ディストラクション・ベイビーズ」の作品情報

原題:ディストラクション・ベイビーズ

公開年月日:2016年5月21日

監督:真利子哲也

脚本:真利子哲也、喜安浩平