映画『風が強く吹いている』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

「風が強く吹いている」三浦しをんさんの小説を実写映画化した作品です。映画だけではなく漫画やテレビドラマなど、さまざまなメディアに展開し、多くのファンに愛されています。そこで、「風が強く吹いている」の鑑賞ポイントやあらすじを紹介します。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

風が強く吹いているをU-NEXTで見てみる

箱根駅伝をテーマにした青春映画!「風が強く吹いている」とは?

2009年10月31日に公開された「風が強く吹いている」は、三浦しをんさんによる同名の小説を実写映画化した作品です。小説は2006年9月22日に初版が刊行されました。寛政大学という架空の大学に通う10人の学生が、箱根駅伝出場を目指す物語です。2007年に漫画化、ラジオドラマ化され、2009年に舞台化、2018年10月からテレビアニメ化されています。原作小説は2010年に第1回ブクログ大賞文庫本部門大賞を受賞するなど、根強いファンがいる作品です。

原作の作者は「まほろ駅前多田便利軒」、「舟を編む」などの代表作で知られる三浦しをんさんです。2006年に20代で直木三十五賞を受賞し、その後も本屋大賞、織田作之助賞など数々の賞を受賞し続けている実力派です。また、三浦しをんさんの作品は「風が強く吹いている」の他にも「まほろ駅前多田便利軒」、「まほろ駅前狂騒曲」、「舟を編む」、「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」、「光」などが映画化されています。

映画「風が強く吹いている」はフィクションでありながら、非常にリアリティのある設定や画面作りが特徴です。主人公たちが通う寛政大学は架空の大学ですが、最寄り駅は小田急線祖師ヶ谷大蔵駅と成城学園前駅、京王線千歳烏山駅と、細かい設定まで作り込まれています。陸上経験のないメンバーが集まって箱根駅伝を目指すという展開は、現実的に考えれば荒唐無稽すぎて成り立ちそうにありません。しかし、原作者の三浦しをんさんは膨大な時間を取材に費やし、リアリティと説得力のある物語に仕上げています。

本作の脚本と監督を務める大森寿美男さんは、数々の映画やテレビドラマ、舞台を手がけてきた脚本家であり演出家です。1999年には映画「39 刑法第三十九条」第21回ヨコハマ映画祭脚本賞、2000年にはテレビドラマ「泥棒家族」と「トトの世界~最後の野生児~」で第19回向田邦子賞を受賞しています。「風が強く吹いている」は大森寿美男さんにとって、映画監督デビュー作品です。「風が強く吹いている」も、第31回ヨコハマ映画祭新人監督賞と第19回日本映画批評家大賞新人監督賞を受賞しました。

大森寿美男さんの作品や、三浦しをんさん原作の作品が気になる人は、動画サービスで探してみるのもおすすめです。レンタルだと見たい作品がなかったり、作品があっても既に借りられてしまっていたりすることがあります。しかし、動画サービスなら検索機能を使って作品を探せるうえ、返却する手間もかかりません。通勤中や通学中など、見たいときにいつでも見られるのも大きな魅力です。

たくさんの会社が動画サービスを提供していますが、初めて利用する人は、どのサービスに加入するべきか迷うこともあるでしょう。動画サービスの違いは料金だけではありません。ダウンロード機能やチャイルドロック機能など、さまざまな特徴があります。また、力を入れているジャンルも動画サービスによって異なるので、よく見る作品や好きなジャンルを基準に選ぶのも1つの方法です。

使ってみたい動画サービスがあれば、まずは無料トライアルに加入して、使い勝手を確かめてみましょう。無料トライアルを利用すれば、複数の動画サービスに同時に加入して、比較しながら選ぶこともできます。ただし、無料トライアルの期間はサービスによって異なるので、加入する前に無料期間を確認しておいたほうが安心です。なお、期間を過ぎると料金が発生してしまいます。継続する意思がない場合は、期間内に解約手続きをしましょう。

絶対に見逃せない!「風が強く吹いている」の鑑賞ポイント

若手時代のイケメン俳優が大活躍!

映画「風が強く吹いている」は、大学を舞台にした作品です。そのため、当時若手俳優としてテレビドラマや舞台で活躍していた役者が数多く登場します。主人公の1人である蔵原走を演じる林遣都さんは、2007年に映画「バッテリー」で俳優デビューしてから、数々のテレビドラマや映画に出演しています。

テレビドラマ「ST 赤と白の捜査ファイル」池田草介役や連続テレビ小説「べっぴんさん」河合二郎役など、さまざまなキャラクターを演じ分ける演技派俳優です。2018年にはテレビドラマ「おっさんずラブ」で主人公の牧凌太を演じ、女性を中心に多くのファンを獲得しています。

また、主要人物の1人である柏崎茜を演じる中村優一さんも、当時若手として活躍していた俳優です。2007年5月から2008年1月にかけて放映されていた「仮面ライダー電王」桜井侑斗役を演じたことから、一躍注目を浴びるようになりました。その後もテレビドラマ「太陽と海の教室」「交渉人~THE NEGOTIATOR~ 第2シリーズ」などの作品に出演しています。

しかし、体調不良のため、2012年9月に芸能界から引退しました。2014年8月に俳優業に復帰してからは、再び舞台や映画に出演しています。他にも、小出恵介さんや森廉さん、斉藤慶太さん、斉藤祥太さんなど、若手時代の人気俳優が続々登場します。舞台鑑賞が好きな人や俳優に詳しい人も、楽しんで見られる作品です。

仲間と共に成長する爽やかな青春ストーリー

「風が強く吹いている」は大学の陸上部が、箱根駅伝出場を目指す物語です。しかし、決して名門校の陸上部や、エリートランナーが活躍するわけではありません。メンバーは経歴も身体能力もばらばらで、陸上競技に触れたことのない部員もいます。そのため、箱根駅伝を目指す道程で、さまざまな問題や障害が発生するのです。

たとえば、部員の1人である柏崎茜はスポーツを嫌っており、本人も運動神経が悪いことを自覚しています。周りに乗せられるような形で箱根駅伝を目指すものの、最初の頃はウォーミングアップにすらついていけないような状態でした。しかし、主将のハイジは彼の粘り強い性格を見抜き、根気よく訓練を続けていきます。その結果、最後には箱根駅伝に参加できるほどに飛躍的な成長を遂げるのです。

また、主人公の清瀬灰二と蔵原走は、走力には問題ないものの、それぞれに陸上に対する複雑な思いを抱えています。二人は高校時代から陸上競技を経験しているため、箱根駅伝に参加すると、かつてのチームメイトとも顔を合わせなければいけません。駅伝を目指す中で仲間との絆や、人間的な強さを手に入れた彼らは、それまで目をそらしてきた自分の過去とも向き合います。葛藤や挫折を乗り越えながら限界に挑戦する登場人物たちの姿は、青春映画の醍醐味です。

手に汗握る展開!箱根駅伝のシーンは必見

主人公たちは厳しいトレーニングを経て、最後はついに箱根駅伝へ出場します。まるで本当の箱根駅伝さながらのシーンは、つい見入ってしまうほどのリアリティです。また、箱根駅伝では主人公たちだけではなく、ライバルも活躍します。「風が強く吹いている」の登場人物には、ライバルはいても、純粋な悪役は存在しません。それぞれに過去や思惑があり、真摯に走ることと向き合っています。見ているうちに、主人公たちはもちろん、ライバルのチームを応援したくなる人もいるはずです。ラストシーンはぜひ、動画サービスで本作を見て確かめてみましょう。

当てはまったら見てほしい!「風が強く吹いている」を楽しめる人

スポーツものや青春映画が好きな人

「風が強く吹いている」は、スポーツをテーマにした王道の青春ストーリーです。もともとスポーツが好きな人や、学生時代に運動部に所属していた人なら、共感しながら鑑賞できるでしょう。物語の中では、陸上経験がないメンバーが、1からトレーニングをして箱根駅伝に出場できるまで成長していきます。

しかし、いきなり順調に成長するわけではなく、地道なトレーニングを積み重ねていくことで少しずつタイムを縮めていくのです。もちろん、やみくもに練習をするだけではなく、体調管理や気分転換も欠かせません。合宿のシーンは、学生時代を思い出してワクワクしてしまう人もいるでしょう。

また、全ての仲間たちが最初から箱根駅伝出場に対して前向きに取り組んでいるわけではありません。逃げ出そうとするメンバーもいれば、意見や立場の違いから衝突するメンバーもいます。登場人物たちの人間味やリアリティを追求した描写も、本作が多くのファンから支持を受け続けている理由の1つです。

イケメン俳優が活躍する作品が見たい人

「風が強く吹いている」が公開された2009年ごろは、ちょうど若手俳優ブームが始まった時期です。当時は若手俳優が活躍する舞台やテレビドラマが数多く公開されました。そのため、「風が強く吹いている」にも当時注目を集めていた若手俳優が数多く出演しています。当時からファンとして応援し続けていた人はもちろん、最近俳優が気になり始めたという人も楽しみながら見られるでしょう。若手ならではの初々しい表情や、フレッシュな演技は必見です。

「風が強く吹いている」に出演しているキャストには、映画公開当時は若手だったものの、第一線で活躍し続けている俳優もいます。さまざまなテレビドラマや映画で主演を担当している人も多いです。「風が強く吹いている」を見て、気になるキャストが見つかったら、ぜひ動画サービスで出演作品を調べてみましょう。国内のテレビドラマや邦画に力を入れている動画サービスや、地上波で放送している番組の見逃し配信を行っている動画サービスがおすすめです。

毎年箱根駅伝を楽しみにしている人

「風が強く吹いている」はスポーツが好きな人はもちろん、自分ではスポーツをしないけれど、陸上競技や箱根駅伝が好きな人にも見てほしい作品です。本作では箱根駅伝にはどうやって参加するのか、どれくらい速く走れば参加できるのかなど、細かい部分まで描写されています。見ているだけで箱根駅伝に詳しくなれるでしょう。本作を鑑賞したあとで箱根駅伝の中継を見れば、何倍も楽しく応援できるはずです。

原作の小説は、大東文化大学と法政大学の陸上競技部を取材したうえで書かれています。この2つの陸上競技部には、3つの共通点があるのです。まず、どちらの部も箱根駅伝の常連ではあるものの、毎回必ず優勝候補に上がるチームというわけではありません。2つめは指導者が徹底管理型ではなく、若い選手をどのように伸ばしていくかを重視していること、3つめは比較的小さくアットホームな部ということです。

これらの特徴は主人公たちが所属する陸上競技部にも当てはまります。だからこそ、リアリティのある描写ができるのです。なお、本作のテレビアニメ版では、トレーニングの様子やキャラクターごとの設定がさらに深く掘り下げられています。動画サービスで映画を見た後は、改めてテレビアニメ版を視聴してみるのも良いでしょう。

「風が強く吹いている」を動画サービスで楽しむ!無料で視聴できるのは?

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT
Netflix
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV ×
dアニメ ×
auビデオパス ×
Amazonプライムビデオ
Paravi ×

「風が強く吹いている」を配信している動画配信サービスたくさんあります。おすすめはU-NEXTで、31日間は無料で見ることができます。「風が強く吹いている」を無料で見たいのなら、31日間の無料期間に視聴しましょう。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

風が強く吹いているをU-NEXTで見てみる

王道の青春映画!「風が強く吹いている」のあらすじを紹介※ネタバレなし

ここからは「風が強く吹いている」のあらすじを紹介します。ネタバレはないので、本作を視聴する前にあらすじをチェックしてみましょう。寛政大学に通う蔵原走(カケル)は、ある春の日に空腹に耐えかねて、パンを万引きしています。

高校時代にインターハイを制覇した経験があるカケルは、持ち前の脚力を活かして逃げ切ろうとしますが、同じ大学の4年生である清瀬灰二(ハイジ)に捕まってしまいました。しかし、ハイジはカケルを責めるでもなく、生活が苦しいなら自分たちの暮らす寮に来るようにと勧誘します。こうして、カケルはハイジが暮らす「竹青荘(アオタケ)」という学生寮に入寮することになりました。

アオタケにはハイジのほかにも、ヘビースモーカーのニコチャンや秀才のユキ、クイズ番組が好きなキング、留学生のムサ、双子のジョージジョータが暮らしています。いずれも個性的な面々ばかりですが、入寮後にカケルはさらに衝撃的な事実を知らされます。実は、アオタケは本来であれば寛政大学の陸上競技部錬成所で、入寮した者は部員として活動をしなければいけない決まりになっていたのです。しかも、アオタケの住人は偶然入寮したわけではなく、箱根駅伝を目指すためにハイジが意図的に集めたメンバーでした。

半ば強引に箱根駅伝へ駆り出されることになったアオタケのメンバーですが、カケルだけはハイジの提案を受け入れられません。高校時代のカケルは驚異的な速さを誇るランナーでしたが、監督と衝突した結果、退部に追い込まれるという苦い過去があったのです。

最初は「話を合わせておけばいい」という軽い気持ちでトレーニングに参加していたカケルですが、ある日ハイジと衝突してしまいます。その直後、貧血と過労により倒れてしまったハイジは、カケルに「強くなれ」と伝えます。「速さだけでは戦い抜けない。長距離選手に必要なのは本当の意味での強さだ」というハイジの言葉を受け、カケルは本格的にトレーニングに取りくみ始めました。

夏に入ると、寛政大学陸上競技部は箱根での合宿を始めます。しかし、箱根には昨年の箱根駅伝で第1位を記録した東京体育大学も合宿に来ていました。東京体育大学の陸上部には、カケルの高校時代の同級生であり、陸上部の選手だった榊浩介が所属しています。カケルは高校時代に監督と反りが合わず、反発した末に監督を殴り、鼻骨を折る大怪我を負わせてしまいました。

そのことが原因で、カケルの高校は大会出場停止となってしまったのです。榊は出場停止の原因を作ったカケルを憎んでいました。合宿中も、榊は事あるごとにカケルを挑発します。トレーニングを経て心身ともに強さを身につけたカケルは、榊の挑発に乗ることはありませんでした。

箱根での合宿を終え、着実にタイムを縮めていった陸上競技部のメンバーは、予選会で3位という記録を残します。予選会を突破し、箱根駅伝への切符を手に入れた寛政大学陸上競技部は、さらに熱を入れて練習に励みました。そして、ついに1月2日、箱根駅伝当日を迎えます。「風が強く吹いている」の登場人物は、全員がそれぞれの過去や思惑を抱えながら、箱根駅伝という1つの目標に向かっていく物語です。ハイジやカケルだけではなく、陸上競技部のメンバー全員が、箱根駅伝を目指すうちに人間的な成長を遂げていくのです。どのようなラストを迎えるのか気になる人は、動画サービスで結末を確認してみましょう。

「風が強く吹いている」の登場人物はイケメンぞろい!

【清瀬灰二(ハイジ)役】小出恵介

本作の主人公です。寛政大学文学部の4年生で、「竹青荘」という陸上競技部の寮に住んでいます。駅伝チームの主将として、陸上部員のトレーニングや健康管理などを取り仕切っている人物です。リーダーシップに富む一方で、人心掌握に長けており、自分にとって都合の良いように人の気持ちを操ってしまいます。そのため、部員たちからは「詐欺師」や「鬼」と呼ばれることもありますが、基本的には穏やかで優しい性格です。演じるのは映画「パッチギ!」「のだめカンタービレ」などの作品で知られる小出恵介さんです。

【蔵原走(カケル)役】林遣都

本作のもう1人の主人公です。寛政大学社会学部の1年生で、ハイジに勧誘される形で陸上競技部に入部します。高校時代は驚異的な速さを誇る天才ランナーとして知られていました。しかし、当時の陸上部の顧問と問題を起こした結果、退部してしまいます。走ることに関しては陸上競技部のメンバーでも随一の能力を備えていますが、かっとなりやすい性格と、口下手で不器用なことから、部員との衝突が絶えません。しかし、箱根駅伝を目指すうちに、内面的にも大きく成長していきます。演じるのはテレビドラマ「ST 赤と白の捜査ファイル」や「おっさんずラブ」などで知られる林遣都さんです。

【平田彰宏(ニコチャン)役】川村陽介

寛政大学理工学部の3年生で、陸上競技部のメンバーです。ハイジよりも学年は下ですが、入学前に2年間浪人し、さらに入学後も2年留年しています。「ニコチャン」というあだ名の由来はニコチンにちなんでおり、自室を煙草の煙でいっぱいにするほどのヘビースモーカーです。演じるのは映画「ROOKIES -卒業-」やテレビドラマ「義母と娘のブルース」にも出演する川村陽介さんです。

【岩倉雪彦(ユキ)役】森廉

寛政大学法学部の4年生で、陸上競技部のメンバーです。高校時代は剣道部に所属しており、陸上の経験はありませんが、明晰な頭脳を活かしたペース配分に優れています。ニコチャンの部屋から流れ込む煙草の煙に度々苛立っていますが、一方でニコチャンの身を案じている良き友人です。演じるのは俳優として映画やテレビドラマで活躍する森廉さんです。

「風が強く吹いている」には他にも注目の若手俳優や、個性豊かな登場人物が登場します。気になる人は動画サービスで確認してみましょう。

「風が強く吹いている」を見る前に!作品情報をチェック

公開年:2009年

原作:三浦しをん

監督・脚本:大森寿美男

企画・製作:鈴木光

配給:松竹

舞台:日本

上映時間:133分