映画『トワイライト ささらさや』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画
トワイライトささらさや」は、2014年に公開された映画です。人気小説の映画化ということもあり、大ヒットとなりました。今回は、トワイライトささらさやの見どころや、無料で視聴する方法について紹介していきましょう。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

トワイライトささらさやをU-NEXTで見てみる


まずは映画「トワイライト ささらさや」のことを知ろう!

トワイライト ささらさやは、2014年に公開された日本映画です。交通事故で夫を失った主人公のサヤが、ささらという町を舞台に母親として成長していく、というストーリーになっています。

この作品は全国264スクリーンで公開され、2014年11月8、9日の初日2日間で興収1億836万6000円という高い数字を記録しました。

また、観客動員数は約8万2140人にのぼり、興行通信社調べの「映画観客動員ランキング」では初登場第1位となったのです。

さらに、同年の11月には香港、マカオ、台湾、韓国の4カ国で上映され、大きな注目を集めました。監督を務めるのは「白夜行」や「神様のカルテ」で知られる深川栄洋となっています。

トワイライト ささらさやは、日本の小説家である加納朋子の小説「ささらさや」が原作となっています。

原作者の加納朋子が書く作品は、基本的にハッピーエンドで終わることが特徴です。トワイライト ささらさやも例外ではなく、心温まるハートフルなストーリー展開を楽しむことができます。多少原作と設定は異なりますが、この作品を見終わる頃には、温かい気持ちで胸がいっぱいになっているでしょう。

また、作中で流れる音楽も、この作品の世界観を美しく彩っています。事件が起こるシーンでは、見ている人にまで緊張が伝わるような音楽で、シーンの緊迫感を上手に表現しているのです。

また、主人公が落ち込むシーンでは、複雑なキャラクターの気持ちを繊細なメロディで表すことに成功しています。ストーリーや場面にマッチした美しい音楽も、トワイライト ささらさやの大きな魅力の1つです。トワイライト ささらさやの動画を見る際には、音楽にも注目してみましょう。

さらに、主題歌を歌っているのは人気デュオの「コブクロ」です。彼らの力強くも優しい歌声が、トワイライト ささらさやの世界観をさらに心地よいものにしています。

彼らの歌とともに流れるスタッフロールと映像を見れば、質のよい小説を読み終えたときのような清々しい気持ちになれることでしょう。

新垣結衣と大泉洋が夢の競演!

トワイライト ささらさやは、新垣結衣と大泉洋がはじめて共演した記念すべき作品です。新垣結衣は沖縄県出身の女優で、日本では「ガッキー」の愛称で親しまれています。

この映画で演じる役柄は、交通事故で夫を亡くし、1人で幼い子どもを育てることになった母親「サヤ」です。実は、新垣結衣はこの映画で、はじめて母親役に挑戦しました。

サヤはお人好しの気弱な女性で、人を疑うことを知りません。そのため、日々の生活の中で損をしてしまうことが多く、夫によくダメ出しをされていました。

しかし、舞台であるささらの街の人たちと関わることで、次第に母親として強くなっていきます。母親として奮闘する新垣結衣の姿を見ることができるのが、トワイライト ささらさやの大きな魅力といえるでしょう。

また、サヤの夫である「ユウタロウ」を演じるのは、人気俳優の「大泉洋」です。ユウタロウは売れない落語家で、サヤとの間に子どもが生まれて間もなく、事故で死んでしまいます。

しかし、気弱なサヤのことを心配しすぎてしまい、成仏できずに現世に残ってしまうのです。サヤの力になるために、ユウタロウは何度も人に乗り移ってサヤとコンタクトを取ります。

このユウタロウというキャラクターを、大泉洋が持ち前の演技力でとても魅力的な人物にしているのです。新垣結衣と大泉洋が織りなす物語を、見ない手はありません。

トワイライト ささらさやを楽しむためのポイント3つ!※ネタバレ注意

新垣結衣の魅力をたっぷり味わえる!

トワイライト ささらさやは、新垣結衣の魅力を楽しむ映画といっても間違いではありません。この映画の大きなテーマの1つは、新垣結衣演じるサヤの母親としての成長です。そのため、新垣結衣が母親として奮闘する姿を見ることができます。

例えば、サヤがユウスケをお風呂に入れるシーンです。ユウスケをお風呂に入れる役目はユウタロウが担っていたため、サヤがあやしながらお風呂に入れてもユウスケは泣いてしまいます。それでも真剣にユウスケに向き合い、優しく語りかけるのです。

また、自宅に知らない男が入ってきたときも、ユウスケを守るために必死に戦おうとします。普通なら、知らない男が家に入り込んできたら恐怖で固まってしまいますよね。しかし、サヤはその男からユウスケを離し、包丁を掲げて立ち向かいます。

このシーンは、サヤに母親としての自覚が芽生え始めたことがわかる名場面です。そして、これらのシーンのインパクトは、新垣結衣でなければ表現できなかったでしょう。

新垣結衣の巧みな演技力によって、サヤの不安や焦りが視聴者にまで伝わってくるのです。新垣結衣の変化に富んだ表情を見れば、思わず感情移入してしまうに違いありません。新垣結衣の名演技を、動画で確認しましょう。

大泉洋の独特な演技にも注目!

トワイライト ささらさやは、大泉洋演じるユウタロウの語りが大きな特徴です。

冒頭から、落語家の格好をしたユウタロウが「私、この世の人間ではございません」と語り始めます。物悲しくも面白い独特の語りを聞いていると、知らず知らずのうちに映画の世界に入り込んでしまうでしょう。

トワイライト ささらさやでは、こうした演出を随所で味わうことができます。そして、この演出は、大泉洋の豊かな表現力なくしては完成しなかったといえるでしょう。大泉洋の特徴的な話し方が、ユウタロウというキャラクターにベストマッチしているのです。

もちろん、上手なのは語りだけではありません。例えば、冒頭の葬式のシーンで、大泉洋らしい演技を見ることができます。

大泉洋演じるユウタロウは、事故で死んでからも現世に残ってしまいます。そして、自分の葬式に、事故当時着ていた服のまま参列するのです。葬式のシーンですから、悲しい雰囲気が漂うんじゃないかと思いますよね。

しかし、ユウタロウは落語の師匠が弔辞を読んでいるのを茶化すような振る舞いをします。このシーンは、大泉洋らしさがよく表れている面白いシーンといえるでしょう。大泉洋のどことなくひょうきんな演技が、コメディのような雰囲気を作り出しているのです。

しかし、決して軽い演技というわけではありません。重すぎず軽すぎずのバランスを上手に保ち、シーンのクオリティを下げない絶妙な演技となっています。

もちろん、大泉洋の演技力が光るのは冒頭のシーンだけではありません。まだまだ面白い場面がたくさんあるので、視聴してみることをおすすめします。

ささらに住む個性豊かなキャラクターも見逃せない!

物語の舞台であるささらには、たくさんの個性的なキャラクターが登場します。そして、それぞれがしっかり役割をもって、この映画の世界観を作り上げているのです。

サヤとユウタロウの関係だけでなく、2人を取り巻く周囲の登場人物たちの多様な人生にも注目しましょう。そうすれば、トワイライト ささらさやの世界をより深く楽しむことができるはずです。

トワイライト ささらさやはこんな人におすすめ!※ネタバレ注意

親子で一緒に見たら楽しめる!

トワイライト ささらさやは、親子の愛が大きなテーマとして扱われています。

例えば、サヤの友人であるエリカとその息子ダイヤのストーリーです。エリカは女手1つでダイヤを育てている気の強い女性で、ある出来事からサヤと友人になります。そして、息子のダイヤは母親であるエリカにまったく口を利かず、エリカを困らせているのでした。

エリカは、「ダイヤが何を考えているかわからない」と頭を抱えます。そんなとき、ダイヤに乗り移ったユウタロウから、ダイヤの本音を聞くことになったのです。ダイヤが話さなくなった理由は、エリカが笑わなくなったことが原因でした。

別れた夫に暴力を振るわれていたことも、隠れて泣いていたことも、ダイヤはすべて見ていたのです。そして、幼いダイヤはどうしていいのかわからず、次第に言葉を発さなくなってしまったのでした。

真実を知ったエリカは、その場に泣き崩れます。このシーンは、大切なことを学ぶことができる名場面といえるでしょう。

子どもを持つ親なら、1度は自分の子どもの考えていることがわからないと思ったことがあるのではないでしょうか。しかし、どんな状況でも、子どもがどんな思いで生きているか知る努力をしなければならないことを、この映画は教えてくれます。

トワイライト ささらさやは、改めて子どもに向き合うきっかけになるのではないでしょうか。

また、トワイライト ささらさやでは、ユウタロウとユウタロウの父親の確執が重要なストーリーとして描かれます。

ユウタロウの母親は重い病気で亡くなっており、病院で息を引き取る瞬間に父親が不在でした。それがきっかけで、ユウタロウは父親を憎むようになります。その憎しみは相当なもので、サヤには「自分は天涯孤独だ」と伝えるほどでした。

しかし、ある事件がきっかけで、ユウタロウは父親の素顔を知ることになります。なぜ母親の最期を看取らなかったのか父親がどういう人間だったのかを、思い知らされるのです。ユウタロウは大粒の涙を流し、「自分はバカだった」と後悔することになります。

ユウタロウのように、人はいつ死んでしまうかわかりません。当たり前のように一緒に暮らしている家族でも、いつ会えなくなってしまうかわからないのです。それなのに、家族で仲が悪いまま、誤解したまま別れることになったら嫌ですよね。

トワイライト ささらさやは、家族がお互いに素直になれるきっかけをくれる映画だと思います。もし、家族の仲がぎくしゃくしているようだったら、この映画を見ることが仲直りのきっかけになるかもしれません。

もちろん、仲のいい家族で見ても笑いあり、涙ありの素晴らしい映画です。とくに、ラスト10分は涙なしでは見られません。感動のラストを、動画で見てみましょう。

ミステリー好きは見てみよう!

トワイライト ささらさやは、程よいミステリーが楽しめる映画となっています。

例えば、ユウタロウが現世に残っている本当の理由です。映画の中ではサヤが心配で成仏できないということになっています。もちろん、それも理由の1つなのですが、もう1つ理由があり、それはユウタロウの人生と深く関わっていることなのです。

その謎は、映画の後半になって一気に解き明かされていきます。決して後味の悪い謎ではないので、不安になる必要はありません。むしろ、この映画を見てよかったとしみじみ思える、爽やかなミステリーなのです。

この映画で、ささやかながらとても美しい謎解きを楽しみましょう。

「トワイライトささらさや」の動画を無料で視聴するには?

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV ×
dアニメ ×
auビデオパス
Amazonプライムビデオ
Paravi ×

「トワイライトささらさや」が見られる動画配信サイト一覧です。おすすめは「U-NEXT」で、31日間の無料トライアル期間を利用すれば無料で見ることができます。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

トワイライトささらさやをU-NEXTで見てみる

「トワイライト ささらさや」のあらすじを解説!※ネタバレあり

トワイライト ささらさやのあらすじをネタバレ付きで紹介しましょう。

物語は、主人公であるサヤの夫ユウタロウの葬式から始まります。

ユウタロウは売れない落語家で、寄席に立っても誰1人笑わせることができない男でした。しかし、ただ1人サヤだけはユウタロウの一生懸命な姿を見て笑っていたのです。

それがきっかけで2人は交際をスタートさせ、結婚をすることになりました。しかし、子どものユウスケが生まれてまもなく、ユウタロウは事故で死んでしまいます

しかし、サヤのことが心配なユウタロウは成仏することができず、現世に残ってしまいました。そして、人の体を借りて、何度もサヤの前に現れるようになるのです。

お互いまた話ができるということで、2人は安堵の表情を浮かべました。しかし、すぐに言い合いになってしまいます。

原因は、葬式に現れたユウタロウの父親の存在でした。実は、サヤはユウタロウが天涯孤独の身であると本人から聞かされていたのです。それが葬式に実の父親だと名乗る人が現れたものだから、サヤはユウタロウを問い詰めずにはいられませんでした。

何度も話し合いをした末に、ユウタロウの父親はユウタロウの母親が病院で亡くなった際にそばにいなかったことがわかったのです。そのことが原因で、ユウタロウの親子関係はこじれてしまったのでした。

ユウタロウと父親の仲が悪いだけなら、そこまで大きな問題ではなかったかもしれません。しかし、ユウタロウの父親はサヤとユウタロウの子どもであるユウスケを、自分の会社の跡取りにしようとしていました。実際、葬式ではサヤから半ば強引にユウスケを譲り受けようとしたのです。

そして、ユウタロウの父親の手から逃れるために、サヤは田舎町であるささらに引っ越してきたのでした。

その後も街の人たちの助けもあってなんとか生活していたサヤでしたが、ユウタロウとユウタロウの父親の関係に、常に悶々とした気持ちで過ごします。

そんな中、ついにユウタロウの父親から電話がかかってきました。

自分の居場所がばれてしまったことに焦るサヤでしたが、どうすればいいのかわからず途方に暮れてしまいます。ささらの人達に相談しても、いい案が浮かびませんでした。

相談から自宅に帰ると、見知らぬ男がユウスケを抱きかかえていました。またユウタロウが人の体を借りているのだろうとサヤは安心していましたが、程なくしてそうではないとわかり、一気に緊張が走ります。

サヤの危機に、ユウタロウもほかの人の体を借りて駆け付けました。しかし、すぐにその男はこの家の前の住民だったことが判明します。サヤの女友達である久代の1人息子で、ささらに10年ぶりに帰ってきた義男でした。

その騒動の後、久代は生まれ変わったように元気になりました。自分を捨てたと思っていた息子が帰ってきただけでなく、なんと結婚をして子どもまでも儲けていたのです。

孫ができたことでハツラツとした人生を取り戻した久代を見て、サヤはユウタロウの父親としっかり話をすることを決意します。久代と義男の関係を見て、母親としてユウタロウの父親に認めてもらわなければならないと思ったのです。

また、ユウタロウのいうように、本当にユウタロウの父親は血も涙もない人間なのか確かめたいという思いもありました。そして、ささらの自宅でユウタロウの父親と話し合いの場を設けます。

果たして、ユウタロウの父親はサヤとユウスケが一緒に暮らすことを認めてくれるのでしょうか。感動の結末は、動画でチェックしましょう。

「トワイライト ささらさや」の登場人物キャストを紹介!

トワイライトささらさやの登場人物を紹介します。魅力的なキャラクターを、動画で確かめましょう。

【サヤ役】新垣結衣

この映画の主人公です。気弱でお人好しですが、徐々に母親として成長していきます。演じるのは「ガッキー」の愛称で親しまれている新垣結衣です。

【ユウタロウ役】大泉洋

サヤの夫で、売れない落語家です。演じているのは「探偵はBARにいる」シリーズなどで知られる大泉洋になります。

【エリカ役】福島リラ

ささらに住む、サヤの友人です。福島リラは東京生まれの女優・ファッションモデルで、ハリウッド映画などにも出演しています。

トワイライトささらさやの作品情報詳細

原題:トワイライトささらさや

公開年:2014年

監督:深川栄洋

脚本:山室有紀子、深川栄洋

原作:加納朋子「ささらさや」