映画『男子高校生の日常』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

累計240万部を突破し、アニメ化もされた人気の脱力系青春コミックを実写映画化!タダクニ、ヒデノリ、ヨシタケの高校男子3人組は、日々おバカな話に明け暮れ、だらだらとした生活を送っていた。

そこに突如現れた女子軍団。男子校になんで女子高生が? 冴えない3人の日常は急展開。いったい何が起こるのやら…。映画「男子高校生の日常」の魅力や見どころを、無料で見られる動画配信サイトと併せてご紹介していきます。

↓↓登録月は無料。まずは無料体験!↓↓
※レンタル作品は別途課金 

男子高校生の日常をparaviで見てみる


異色の青春コメディ映画「男子高校生の日常」はどんな作品?

こんな作品

映画「男子高校生の日常」は、Web雑誌「ガンガンONLINE」でシリーズ累計240万部を突破し、大ヒットした同名コミックが原作です。

男子校に通うおバカな3人組とその仲間たちによる「リアルでゆるい日常」を描いた作風が人気を呼び、2012年にはテレビアニメ化が決定。同世代の男子から圧倒的支持を得たアニメがさらに人気を呼び、異色の脱力系青春コメディとして2013年に実写映画化された待望作です。

メガホンをとったのは、映画「アフロ田中」でモテない男子の悲哀をコミカルに描いた松居大悟監督。

公式ポスターのキャッチフレーズは、「高校生よ、最強(バカ)であれ」「グダグダな日常が マジヤバい!」。まさにマジヤバいストーリーが、タダクニ、ヨシタケ、ヒデノリの仲良し3人組を中心に展開していきます。

見どころは、なんといってもグダグダとした高校生のリアルな日常。その男子校に女子高生が襲来してくるという「異物混入の化学変化?」も見ものです。

随所にクスッとした笑いをちりばめ、ボケありツッコミあり、シュールでナンセンスなギャグも搭載。見事なまでのおバカシーンは、王道の青春ものならスルーするか、編集でカットされるような演出。監督の勇気ある仕事ぶりをたたえずにはいられません。

「くだらないけれどコミカル」「ゆるいけど無駄にドタバタ」にあふれた日常は、規律正しい父兄なら目のやり場に困るでしょう。

ですが、懐かしさと共感を覚える「高校あるある」は見逃せません。冴えないけど愛すべき男子たちの青春。その絶大なる「ゆるさ」に過度な期待は禁もつ。動画に決して前のめりにならず、でもガン無視もせず、ポテチ片手に脱力しながらゆる〜くご覧ください。

こんなキャスト

メインキャストは菅田将暉野村周平吉沢亮という、なんとも贅沢な顔ぶれ! いまや若手俳優として人気・実力ともにトップクラスの活躍を見せる3人です。

知らない人がいたらすみません、学校の友達に教えてもらってください。知らないことにきっと驚かれると思います。

「男子高校生の日常」が公開されたのは2013年。そんな3人の初々しい姿が見られる本作の希少価値は、1950年代のアメリカ青春映画に匹敵する、かもです。

この年、菅田と野村は学園ドラマ「35歳の高校生」に生徒役で出演。吉沢はドラマ&舞台「ぶっせん」の主演に抜擢されました。その後メキメキと頭角を現してきた彼らが大ブレイクしているのはご承知のとおり。

いまや彼らがメインで演じている学園青春ものを挙げると、菅田は「となりの怪物くん」「帝一の國」。野村は「ちはやふる3部作」「映画 ビリギャル」。吉沢は「あのコの、トリコ。」「ママレード・ボーイ」といったキュンキュン系話題作には事欠きません。

イケメン俳優として屈指の輝きを放つ彼らが、揃いもそろって本作「男子高校生の日常」で冴えない男子高生を演じていたなんて「マジヤバくない?」のではないでしょうか。

そんなヘタレ男子を尻目に、ハンパない威圧感で日常をカッ歩する女子高生にも注目です。演じるのは「ピーチガール」の山本美月をはじめ、岡本杏理上間美緒らモデル系の美女たち。

こちらもリアルな「女子高校生の日常」がビシバシ描かれているので、等身大のJKの方はぜひ感情移入してみてください。

東京03」の角田晃広や「たんぽぽ」の白鳥久美子などお笑い系タレントもなぜか高校生キャラで出演。コメディとしての本作にいいエッセンスを出してくれています。

信じられないくらい豪華なキャスティングがそろった「男子高校生の日常」、いったいどんな日常を演じてくれているのか楽しみですね。

こんなストーリー

タダクニ、ヨシタケ、ヒデノリは、男子校に通う仲良しトリオ。いつものようにタダクニの部屋に集まっては、おバカな話に興じ、だらだらグダグダした日々を送っていました。

そんなある日、タダクニの学校に突然女子高生がやって来ます。男子校に女子? 彼女らの目的は文化祭を共同開催することでしたが、男子の勘違いで妙な恋騒動がはじまり…。この続きはぜひ動画で見届けてくださいね!

「男子高校生の日常」が絶対見たくなる3つのおすすめポイント

おすすめポイント1:主役3人がイケメン!

本作の魅力はなんといっても主役のイケメン3人組。いまをときめく菅田将暉、野村周平、吉沢亮の若き日の男前ぶりは、ファンならずとも必見です。いやファンなら感涙ものでしょう。

3人とも当時から若手実力派俳優として注目されていましたが、やっぱりこの頃からカッコよかったんですね。役柄では冴えないおバカさんたちですが、それはそれで彼らの演技力という評価で見てあげましょう。役者としてカッコいいことには変わりないのですから。

ふつうならこんな男子生徒がいたら女子は速攻振り向くはず。でもそこは脱力系がテーマの世界、シカトされっぱなしです。そんな異性に戸惑う「イタさ」が初々しくて可愛くも見えます。

動画を見ている方が女性なら「えーなんで、私が女子生徒だったらゼッタイOK!」と前のめりで感情移入してしまうかもしれませんね。

イケてるはずの役者がイケてない男子高校生を演じるなんて、ちょっと気になりませんか?

いまやドラマや映画で出演する姿を見ない日はないほど活躍している主役の3人。起用した監督さんに先見の明があったのでしょう。彼らのイケメンぶりの片鱗を堪能できるレアな作品としておすすめです。

おすすめポイント2:笑えるツボが多彩

男子高校生の日常を笑い飛ばす「青春コメディ」と称されるように、劇中は不毛でおバカな笑いには事欠きません。ボケ、ツッコミ、挙動不審。冷笑、嘲笑、やゆ、ウケるー。なんでもありのおバカっぷりです。

まさに「くだらないけれどコミカル」「ゆるいけど無駄にドタバタ」にあふれた日常です。コメディがお好きな人なら、自分の笑いのツボにハマる場面は必ずやってくるでしょう。

タダクニがときどきフリーズする場面は、シュールなコントを見ているようなおかしみがあります。佐藤二朗演じる担任教師が、セリフの語尾をすべて「ンヌッ」というのが 単純に笑えます。ヒデノリが文学少女と海辺で交わす朗読のような会話は、もはやナンセンスギャク化しています。

主人公3人はいつもツルんでるだけあって、ネタは冴えないけれどノリツッコミは悪くありません。いまどきの高校生にしては「コイツら、おもろいやん」と見る関西人の方もいらっしゃるでしょう。脱力系ストーリーだからと、ぼうっと見ていたら不意にクスッと笑えるエスプリもぶっこんできます。

監督が「意味のないおもしろさを描いた」と語っているだけに、ユーモアのセンスは縦横無尽。笑い上戸の人はもちろん、まったりと動画を楽しみたい人も、画面からの「笑いの奇襲」に注意しましょう(笑。

おすすめポイント3:高校生あるある

本作の見どころは、高校生ならではのリアルな「あるある」会話。女子は男子のことを話し、男子は女子のことを話す、いわゆるガールズトーク、ボーイズトークです。

たまり場も、自宅、コンビニ、教室とリアルな設定。クラスに必ず一人はいそうなキャラが、ネタを振って、誰かがかき回し、盛り上がる。男子は女子を意識し過ぎ、女子はそんな男子を上から目線。あるあるネタが炸裂します。

女子に至っては「◯◯ってヤバくない?」「ヤバい、ヤバい、ヤバい」の連発。見ている人もその場に参加しているようなあるあるガールズトーク、ヤバいです。男子がお化け屋敷で女子の気を引こうと作戦を練るあたり、あるあるボーイズトークです。

昔高校生だった人なら「こんなバカ話してたなー」と自らの高校時代を振り返り、苦笑いするかもしれませんね。思わずうなずいてしまう「あるある感」。リアルに共感できるおもしろさとしておすすめです。

たまに登場するタダクニの妹あるあるも見逃せません!

こんな人なら「男子高校生の日常」を楽しめること間違いなし!

高校時代に共感できる人

いま振り返ると高校時代は決して華やかじゃなかったという人、結構いらっしゃるかもしれません。主人公の3人がそうであるように、平凡な日常がたんたんと過ぎていったあの頃。むしろ「バカやってたなー」というほろ苦い思い出のほうが記憶に残っていたりするものです。

文化祭の準備をマジメにやりながらもどこかふざけ合っているタダクニたちを見ると、「そうそう、こんな感じだった」と。体はもうオトナなのにやることはまだ子ども、そんなモラトリアムな空気感がゆる〜く伝わってきそうす。

本作は、見る人が自らの高校時代を懐かしく振り返り、共感できるようなテイストになっているため、部活の熱さや劇的な恋愛には期待できません。

ですが! 意味もないことに夢中になったあの頃があったからこそ、いまの自分があると思いませんか?

オトナになって社会に揉まれていくほど、当時の自分のバカさ加減に赤面しつつ、でも愛おしくもなるでしょう。失敗や後悔があったからこそ、いまをやっていける。

「意味のないこと」に意味があったんだと考えれば、バカやってたあの頃を懐かしむのも悪くないかもしれません。彼らのおバカっぷりを見て、存分に脱力してもらっていいのではないでしょうか。

私にもこんな高校時代あったなー、と当時の日常にこっそりプレイバックする感じ、楽しんでくださいね。

リアルDK、JKの人

青春時代の真っただ中にいるときほど、「青春」って実感しにくいものですよね。正しい青春、明るい青春、むなしい青春。青春に答えなんてあるのでしょうか。自分はリア充だ!って人はともかく、ビミョーにゆがんだ日々を送っている人は少なくないはず。

本作の3人組のように、トップグループでもなく端っこでもない、平凡なヒエラルキーに属している人、周りに結構いたりしません?

張り切り過ぎないけどネガティブでもない。そこそこマジメにやるけどあえて大きなイベントの主役にもならない。ちょっと自虐的に「どうせ自分なんか」とこじらせ思春期真っ最中の人だっているでしょう。

上から目線に抵抗はあるけれど、心のどこかにあきらめみたいなものもあって、それを理解しあえる仲間なら少しいる。ふつうにダベリ、ふつうに異性に興味があり、でもコクる勇気もなく、でもやっぱり気になるアイツ。これがふつうの高校生かもしれませんね。

そんな日常の繰り返しの中に、ささやかな楽しみを見出していく、みたいな空気感こそが青春。そうなんです!まさに本作「男子高校生の日常」に描かれるている空気感がコレ。

いまリアルに男子高校生、女子高校生をやっている人なら「まじウケるー」という場面にきっと遭遇するでしょう。この動画、教室で隣の席の人でも誘って見てください。「えっなんで私?」とキモがられたら、あなたはふつうの高校生です(笑。

学園青春ものが好きな人

高校が舞台になった映画やドラマがお好きな人には、本作は異色の作品として楽しめるでしょう。ふつう学園ものといえば男女ともにセリフを交わし合うのが当たり前ですが、この「男子高校生の日常」はそうはいきません。

勢いある女子の前で男子はいま一つ押し返せない、シュンとなってしまいます。ホントにゆるく脱力してしまう異色の日常系なのです。

男子校ならではのノリやくだらないギャグで勝負しているところにもおもしろみがあります。コメディやヘタレ男子、日常系といったテイストが近い学園青春ものを好まれる方なら、本作は断然おすすめです。

例えば、映画「みんなエスパーだよ」のように高校男子の日常心理をコミカルに描いた作品や、授業をサボっては遊んでいるコメディ系ドラマ「となりの関くんとるみちゃんの事象」などをご覧になったことがある方。

中川大志主演の恋愛ヘタレ男子を描いた映画「覚悟はいいかそこの女子。」や、菅田将暉出演で関西の男子高校生2人が放課後に何となく会話するだけという異色映画「セトウツミ」なども本作とテイストがマッチしていますね。

ヒデノリを演じる吉沢亮も「本当にくだらない会話がおもしろかったり、共感できる部分がたくさんある」と語っています。学園青春ものを愛するあなたの「掘り出し物の1本」としてぜひチョイスされてはいかがでしょうか。

映画「男子高校生の日常」が無料で見られる動画配信サイトとは?

以下、映画「男子高校生の日常」の動画配信状況です。条件によっては、実質無料で「男子高校生の日常」が見られる動画配信サイトもありますので、詳しくは各サイトもしくはアプリをご確認ください。

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド
dTV
dアニメ ×
auビデオパス ×
Amazonプライムビデオ
Paravi

映画「男子高校生の日常」は7つの動画配信サービスで視聴可能です。特にparaviがおすすめです。

↓↓登録月は無料。まずは無料体験!↓↓
※レンタル作品は別途課金 

男子高校生の日常をparaviで見てみる

映画「男子高校生の日常」のあらすじ紹介 ※ネタバレ注意

人気アニメが動画になったらあらすじはどうなるのでしょう?「男子高校生の日常」、気になるストーリーの紹介です。ネタバレありなのでご注意くださいね。

グダグダ男子校にキラキラ女子がやって来た!

男子校に通うタダクニヨシタケヒデノリは、毎日をひたすらだらだらと過ごす冴えない3人組。

今日もタダクニの部屋にたむろしてグダグダやっています。好みの女子の話になっても「てか彼女ってどうやってできんの?」で全員フリーズ。それ以上盛り上がりません。テスト期間中の学校の廊下でも、丸めたポスターを剣にしてボケとツッコミに興じるおバカぶりです。

そんな彼らの学校に突然、キラキラ輝く女子集団がやって来ました。男子校に女子生徒?なんで? ア然として道を譲る彼らの前に一人の女子が転びそうになりますが、タダクニの手をつかんでセーフ。

「あ、ゴメンなさい」と過ぎ去る彼女。周りの男子が慌てふためく中、タダクニは一人カカシのように突っ立ったままです。この菅田将暉のトボけた演技がなんとも絶妙。

ふと足元を見るとシュシュが落ちていて、思わず拾ってポケットにしまうタダクニでした。

女子集団の正体は隣接する女子校の生徒たち。文化祭を共同で開催するという話で男子校にやって来たのです。さあ大変なことになりました。女子に免疫のないグダグダ男子たち、一緒に文化祭なんてできるのでしょうか?

妹のスカートは、穿いてはいけない

たまり場はやっぱりタダクニの部屋。おバカな話のテーマはスカートです。スカートは腰に布を巻いているだけでパンツむき出し状態ではないか、と疑問を持った3人。

ヨシタケの提案で、とりあえずタダクニの妹のスカートを穿いてみることになりました。せーので見せ合いっこをしますが、マジメに穿いて現れたのはタダクニただ一人。「おまえら穿けよ!」と絶叫するタダクニ。わー女子女子!と茶化すヨシタケとヒデノリ。

そこにパーンとふすまが開いて、タダクニの妹が帰ってきました。タダクニをガン見する妹。じわじわ近寄って、タダクニに思いっきりビンタを喰らわせます。

そそくさと帰るヨシタケとヒデノリ。妹のスカートを穿いたままフリーズするタダクニ。まるでバラエティー番組のコントのような展開です。

「まず聞いて」とタダクニ。「まず脱げ」と妹。スカートを奪い返した妹は自分の部屋に入ってパーンとふすまを閉めます。

タダクニは一人呆然と立ち尽くすのでした。さすがに妹のスカートは穿いてはいけませんよね。

「婦人用」と書いてサンクチュアリと読め!

コンビニの女子店員が気になるヨシタケ。海辺で文学少女とポエムで会話するヒデノリ。マジメにテスト勉強するタダクニ。それぞれの日常には相変わらず大きな変化は見られません。

担任の「ペンを置けンヌッ」の言葉でテストも終わり、いよいよ男女合同文化祭の準備が始まります。

マジメに説明会に出たタダクニは、転びそうになったあの女子から会釈されます。オレに気があるのだろうか? しかしその女子の後ろ姿もただ呆然と見送るだけのタダクニでした。

一方、教室にいたヨシタケとヒデノリは、ガムテでスネ毛を瞬時にはがすおバカな罰ゲームに興じています。中学や高校時代にやったことがある人にはイタい記憶が蘇るかもしれませんね。

教室に文化祭の準備のため女子2人が入ってきます。心なしか緊張するヨシタケとヒデノリ。「ふつうにしてもらっていいですから」と女子に言われ、小声で温暖化の話をしますが、まぬけなオチを耳にした女子から失笑されます。

とことん冴えない彼らでしたが、男子トイレを女子に渡すため懸命に掃除をする優しい一面もあります。

威圧感丸出しの「小便器」の撤去を考えたり、「トイレットペーパー三角にするの忘れてねえか」とか、けなげにも知恵をしぼっていきます。そして可愛く仕上げたトイレに、「婦人用」という貼り紙を掲げるのでした。

勘違いで盛り上がる、おバカな恋騒ぎ

本格的に大勢の女子が男子校に乗り込んできました。一緒にトイレを仕上げた級友の唐沢が女子に呼び出されます。

彼らなりに可愛くキレイに飾ったトイレでしたが、女子から逆にキモいとクレームの嵐を浴びせられたのでした。気の毒な反面、そこで言い返せないところが脱力系男子。

文化祭の準備で女子はお約束のガールズトークで盛り上がります。しかし男子も負けていません。女子とうまくやりたいためにお化け屋敷の準備に精を出す男子軍団。

そこへタダクニに会釈した例の女子がガムテを借りにやってきます。「あの子さ、お前のこと好きなんじゃね?」ヨシタケのこの一言で、タダクニの恋の応援大作戦が急展開!

彼女が来たらダンディズムで迎えろ、組織ぐるみのツンデレだ!パイプをくわえろ、ワイングラスを手に持て、テンガロハットをかぶれ!とやいのやいのです。

もうお化けで驚かすどころではありません。お化け屋敷ではなくおバカ屋敷になっています。そして迎えた文化祭当日。おバカ屋敷の恋の大作戦はうまくいくのでしょうか。

彼らのグダグダな日常にこれといった変化はあるのでしょうか?

ももクロの妹アイドル「チームしゃちほこ」が、劇中の文化祭で披露するステージもお見逃しなく!

映画「男子高校生の日常」の登場人物、注目のメインキャストは?

映画「男子高校生の日常」の主な登場人物とキャストは、実力派イケメン俳優を代表する以下の3人です。若きし頃の彼らのレアな動画配信をぜひお楽しみください。

【タダクニ役】菅田将暉

【ヨシタケ役】野村周平

【ヒデノリ役】吉沢亮

映画「男子高校生の日常」の気になる作品情報

原題:男子高校生の日常

映画公開年:2013年

監督:松居大悟

脚本:小峯裕之、松居大悟

原作:山内泰延

出演:菅田将暉、野村周平、吉沢 亮、岡本杏理、山本美月、太賀、角田晃広、東迎昂史郎、栗原類、上間美緒、三浦透子、山谷花純、白鳥久美子、高月彩良、小池唯、奥野瑛太、佐藤二朗