映画『君の膵臓をたべたい』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

「キミスイ」の略称で中高生を中心に大ヒットした青春映画が「君の膵臓をたべたい」です。一見、恋愛映画かと思いきや物語の奥深さに涙せずにはいられないほどの感動を与えてくれる作品です。

そんな「君の膵臓をたべたい」の感想とあらすじを紹介します。動画配信サイトで無料で見る方法も解説します。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

君の膵臓を食べたいをU-NEXTで見てみる


君の膵臓をたべたいの映画紹介!出演タレントや作品概要について

君の膵臓をたべたいは小説家「住野よる」の小説を原作とした青春群像映画です。住野よるは同名の小説で有名になった作家で、2016年の本屋大賞第2位に選ばれています。映画が大ヒットした影響もあり、小説は200万部以上を売り上げています。

もともと大ヒットしていた原作を映画化したのは「君と100回目の恋」で有名な月川翔監督です。さらに、「わろてんか」の脚本を書いた吉田智子が脚本を担当、「世界の中心で、愛をさけぶ」「ストロボ・エッジ」など大ヒット映画を連発している白井央春名慶がプロデューサーを担当しています。

これだけの豪華なメンバーが制作を担当している時点で大ヒットする可能性は初めから高かったのかもしれませんね。

映画のキャンペーンでは、ヒロインを務める浜辺美波と冴えない男子高校生を演じている北村匠海が橋の上で本を読んでいるイメージ画像が使われています。

この画像を見て「どうせよくある青春恋愛映画でしょ?」と思った人も多いのではないでしょうか。「君の膵臓をたべたい」というキャッチーな文字もインパクトがありますよね。

しかし、この映画はただの青春恋愛映画ではありません。まず、動画の中では「好き」や「愛している」といった言葉は一度も使われません。

これは原作の小説を書いた住野よる氏の根本的な考えで「ベタベタの恋愛映画を書きたいわけではない」というものがあったからだそうです。

住野よる氏はあくまでも「2人の高校生がお互いに尊敬しあえる関係性を描きたい」と考えていて、映画化するにあたっても一番重要視していたそうです。

作中で山内桜良と志賀春樹はお互いのことを「君」と呼び合います。実際に映画を見てみると分かるのですが、この「君」という言い方が2人の微妙な間柄を上手く表現しています。

山内桜良はクラスの人気者、志賀春樹は友達がおらず1人でいつも本を読んでいる男子高校生です。桜良は誰とでも仲良くなれますが、本当は「誰かと一緒にいないと、自分の存在を認められない」という悩みを持っていました。

一方、春樹は「僕は他人を必要としない」と自己完結しており、クラスでも常に1人で孤立していました。山内は1人で生きられる強さを持っている春樹のことが少し気になっていたのです。

そして、春樹が盲腸の手術で病院のロビーに座っていたとき、一冊の本を見つけます。その本のタイトルは「共病文庫」と名付けられていました。共病文庫と書かれたその本は闘病生活をつづった日記だったのです。

視線を感じ後ろを振り返った春樹の前には桜良がいました。「それ私の本」そういって本を取り返した桜良は春樹に病気のことを知られてしまいます。桜良は重い膵臓の病気で余命1年と宣告されていたのです。

桜良は自分の身内以外には病気のことを話しておらず、もちろん友達にも全く話していません。しかし、春樹に知られてしまったことから桜良は春樹と心を通わしていくようになります。

周りを気遣わないと自分を認められない桜良と人との関わりを絶つことで自分を守ってきた春樹、2人はお互いを知るうちにそれぞれの強さを認め合うようになっていきました。

しかし、桜良の病状は悪化、当たり前のように過ごしていた毎日は突然終わりを告げます

桜良の死から12年が経ち、母校の教師となった春樹は取り壊しとなる図書館で桜良からの手紙を見つけます。

12年越しに伝えたかった桜良の思いとは。2人の本当の気持ちが通じ合う瞬間は鳥肌が立ちます。「君の膵臓をたべたい」このタイトルの本当の意味を知ったとき、涙無しでは見られないでしょう。

君の膵臓をたべたいを見るときにチェックしたいポイント3選!

浜辺美波の絶対的ヒロイン感が凄い!

君の膵臓をたべたいで最も印象的だったのが山内桜良を演じる浜辺美波の演技です。浜辺美波は元々子役として活躍していたタレントですが、2011年「アリと恋人」で女優デビューを果たすとその演技力の高さから数々の作品に出演します。

今作では、第42回報知映画賞新人賞、第30回日刊スポーツ映画大賞新人賞、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。これだけの賞を受賞する彼女の演技の特徴は何といっても「まぶしいくらいの可愛らしさ」です。

もちろん、顔の造形が整っていることもそうですが、印象的なのは「あどけない笑顔」です。

役どころとしては、膵臓の病気で余命1年と宣告されながらも周囲を気遣い明るく振る舞う女子高生なのですが、あまりにも笑顔が自然すぎて病気のことを忘れてしまいます。

しかし、桜良の病気は徐々に進行していきます。学校で春樹が桜良に「君は本当に死ぬの?」と聞いたとき、桜良はあっけらかんと「死ぬよ」と答えるシーンも印象的です。

病気でヒロインが死んでしまう映画はたくさんありますが、ヒロインの演技が上手じゃないと作品の世界観に浸れませんよね。この点、君の膵臓をたべたいの浜辺美波の演技は抜群です。人によっては「あざとすぎる」と感じるかもしれませんが、見ているうちにだんだんと見入ってしまう魅力があります。

また、作中の所々で共病文庫を読み返すシーンがありますが、桜良の声が何とも言えない感情の機微を捉えていて感情移入してしまいます。

君の膵臓をたべたいでは北村匠海と浜辺美波のダブル主演という形になっており、2人の掛け合いは見どころです。これまで浜辺美波の演技を見たことがない人は彼女の透明感と愛らしさに魅了されること間違いなしです。

北村匠海の素朴な演技が作品に深みを与えている!

浜辺美波とダブル主演をはたしているのは俳優の北村匠海です。スターダストプロモーションに所属している俳優・モデル・歌手で、同事務所は山口もえ梨花SHELLYといったタレントが所属しています。

EBiDAN」というアーティスト集団のメンバーかつ音楽ユニット「DISH//」のリーダーでもある北村匠海ですが、その演技は本物です。

役どころは友達が1人もおらず、休み時間はずっと本を読んでいるクラスでも冴えない男子高校生です。「人と関わる必要はない」と他人を受け付けない志賀春樹を演じていますが、北村匠海の表情が役どころと絶妙にマッチしていて「こんな感じの子いそう」と思わせてくれます。

基本的に感情の起伏がない役ですが、美波の共病文庫を読むシーンでは圧巻の演技をしています。

演技がかなり自然で一昔前「星になった少年」でブレイクした柳楽優弥を思い出す人もいるかもしれません。柳楽優弥もスターダストプロモーションに所属している俳優なので、同じイメージで北村匠海もスカウトされたのかもしれませんね。

伏線が見逃せない!

君の膵臓をたべたいでは青春映画とは思えないほど、各所に伏線や布石がちりばめられています

中にはストーリーに深く関わるものもあるので、ネタバレにならない程度で解説すると、作中で童話「星の王子さま」が登場します。星の王子さまは原作作者の住野よる氏が幼い頃から読んでいた本だそうですね。

この本の一節に「大切なものはいつも目に見えない」という言葉がありますが、これは住野よる氏がこの作品を通じて観客に伝えたいことを暗示しています。

どういう意味かは作品を見れば分かるので、気になる人はぜひ動画をチェックしてみてくださいね。

君の膵臓をたべたいはこんな人に見て欲しい!

ただの恋愛映画に飽きた人!

君の膵臓をたべたいはただの恋愛映画ではありません。原作作者である住野よる氏が小説で描いている「人がお互いを尊敬しあえる姿」を映画で表現した作品です。

もちろん、山内桜良と志賀春樹は両思いですが、作中でお互いの気持ちをはっきりと言葉にすることはありません。それでも、お互いに気持ちを通じ合わて行くシーンは普通の恋愛映画を越えた魅力があります。

タイトルにもなっている「君の膵臓をたべたい」という言葉もただのキャッチコピーではありません。作品の冒頭で簡単な説明がありますが、ある地域では病気になった部分の臓器と同じ部位の動物の肉を食べれば病気が治るという元担ぎがあるそうです。

春樹が桜良に「君の膵臓をたべたい」と伝えるシーンがありますが、これは病気が治ってほしいという意味だけでなく他にもいろいろな意味が込められた深い言葉です。

詳しい内容はネタバレになるので控えますが、1つ1つの言葉に重みがあって恋愛映画だけではない人間の根本的な部分に問いを投げかけるような作品になっています。

もちろん、高校生の恋愛を爽やかに描いたシーンもありますが、作品の本質は「人はいかにしてお互いを認め合うのか」という部分です。

人はみなそれぞれ弱い部分を持っていますよね。普段は隠している弱い部分も「この人になら見せられる」そんな関係を築くのは簡単ではありません。

しかし、桜良と春樹が心を通わせる様子をみると「こういう人間関係を築きたいな」と思わせられます。「単純な恋愛映画は見飽きた」という人には今までとは一味違った青春映画を楽しめること間違いなしです。

涙を流してスッキリしたい人!

原作小説は桜良と春樹が高校生のときの姿が描かれています。しかし、映画の物語は春樹が大人になり母校の教師として仕事をしている場面から始まります。

物語は春樹の高校生時代を回想として振り返る形で進行し、過去の出来事が12年後の現在とリンクしていくのです。

構成は2段階になっており、それぞれで泣けるポイントがあります。病気で人が亡くなってしまうジャンルの映画は泣いてしまう人が多いかと思いますが、君の膵臓をたべたいは過去に同じような映画をたくさん見てきた人でも泣いてしまう作品です。

話の大筋としてはよくある物語ですが、場面描写と展開の切り替わりが非常に秀逸で感情移入しやすい作りになっています。

泣ける系の映画でも泣けない作品は「登場人物に感情移入できない」「展開がありきたりすぎる」という作品が多いですよね。

この点、君の膵臓をたべたいは「セカチュー旋風」を巻き起こした「世界の中心で愛を叫ぶ」のプロデューサー白井央氏と春名慶氏が制作に携わっています。さすが、爆発的な大ヒットを記録した作品を作った人達は違うなと別の意味でも感動させられる作品に仕上がっています。

「思いっきり涙を流したい」という人にはかなりオススメです。

原作小説を読んだ人!

同名の原作小説は200万部以上の大ヒットを記録している人気小説です。「原作は読んだけど映画は見ていない」という人も多いのではないでしょうか。

原作小説を読んだ人には分かるかと思いますが「この小説、映画化して面白いのかな?」と思っている人も多いと思います。

なぜかというと、「主人公がネガティブすぎる」「クライマックスまで話の展開があまりない」という点があるからです。もちろん、小説ではこの作風が上手く機能していて、文字を読んでいる分には非常に面白い作品です。しかし、「映画化となるとどうなのかな」と疑問を持った人はぜひ映画も見て欲しいですね。

動画では12年後の春樹の姿を描いており、小説にはないシーンも追加されています。

この追加されたシーンが絶妙に機能しているので全く違う作品のように感じる人もいるかもしれません。原作小説を読んだ人で映画を見ていないという人にもオススメできます。

君の膵臓をたべたいの動画を無料で見る方法!動画配信サイトを紹介!

君の膵臓をたべたいが無料で見られる動画配信サイトは以下のとおりです。

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド
dTV
dアニメ ×
auビデオパス
Amazonプライムビデオ ×
Paravi ×

この中で一番オススメなのは「U-NEXT」です。君の膵臓をたべたいが見られるのはもちろん、邦画から洋画、韓国映画まで幅広いジャンルで豊富なラインナップがあります。31日間の無料体験もあるので、利用したことがない人はぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

君の膵臓を食べたいをU-NEXTで見てみる

ネタバレ注意!君の膵臓をたべたいのあらすじと物語の説明!

物語は志賀春樹が母校で教鞭を振るっているシーンから始まります。「大切なものは目には見えない」サン・テ・グジュペリが書いた童話の名作「星の王子さま」の一節を紹介する春樹。

授業が終わり職員室に戻った春樹は自分のデスクを開け「退職届」に目をやります。「自分に教師は向いていないんじゃないか」教師の仕事を始めて6年、春樹は自分の将来に疑問を感じていました。

人と関わり合うのが苦手、子供と接する教師という仕事には致命的な欠点でした。昔から人と関わり合うのを避けてきた春樹にとって教師という選択肢は本来ありえないものだったのです。

しかし、彼の将来は高校生のときに出会った1人の女の子「山内桜良」に大きな影響を受けたものでした。

ある日、春樹は学校の図書館が老朽化により閉鎖されるにあたって、図書館司書の資格を見込まれ蔵書の整理を頼まれます。

現在の図書館の本を整理したのは学生時代の春樹でした。そして、物語は高校時代の回想シーンに移ります。

高校では友達を作らず1人でずっと本を読んでいた春樹。春樹にとって他人と関わることは無駄な労力を使うものであり、接する必要性を感じないものでした。

そんな彼は盲腸で手術するために訪れた病院で「共病文庫」と書かれた本を拾います。その本の持ち主は同じクラスの山内桜良でした。

山内桜良が膵臓の病気で長くは生きられないことを知った春樹ですが、それはクラスの誰も知らない事だったのです。

桜良は可愛らしい顔つきと愛嬌のある性格でクラスの人気者、だれからも慕われる桜良が膵臓の病気だと知っているのは春樹だけです。このことをきっかけに桜良は春樹を「仲良し君」と呼び関わり合いを持つようになります。

桜良はもともと春樹のことが気になっていました。「1人で本を読んでいる姿は自分と戦っているみたい」そう感じていた桜良は春樹の内面をより深く知っていきます。「君といる時間は普通でいられる」桜良にとって春樹は居心地の良い相手だったのです。

一方の春樹は他人に興味がないため桜良のことも「君」と呼びます。しかし、桜良に「私の病気を知っても何も変わらなかった」と言われたとき「本人が辛い顔を見せないのに他の人が代わりに泣くのはお門違いだから」と答えます。

これは、他人を思いやっていなければ出てこない言葉ですよね。このとき桜良は春樹は他人との関わり合いを必要としていないのではなく「自分を守る手段」として他人と接しないだけだと直感します。

そして、桜良が「遠くに行きたい」と行ったことから博多に旅行にいったり、高級ホテルに宿泊したりと少しずつお互いの距離を縮めていきました。

しかし、桜良の病状は確実に悪化していきます。「桜良が盲腸で入院した」同じクラスで桜良の親友である恭子から情報を聞いた春樹は直感します。

すぐに病院に駆け付けた春樹、「少し検査入院するだけだから」そういって強がる桜良。入院中に勉強を教える春樹を見た桜良は「教師になりなよ」「私、人を見る目はあるから」そう伝えます。

そして、桜良の一時退院が決まり春樹は遠出の予定を考えます。旅行の計画をメールでやりとりしているとき、春樹は「君の膵臓をたべたい」と桜良に気持ちを伝えました。

しかし、メールはいつまでたっても返ってきません。

心配になりながらも帰路についていた春樹、通り過ぎたビルの巨大モニターから耳を疑う放送を耳にします。「今日午後、2時頃、都内の高校に通う高校生、山内桜良さんが何者かによって刃物で刺され死亡しました」夜の繁華街に無機質な放送が流れます。

「甘えていたんだ」「彼女が残されたわずかな生を全うできると思い込んでいた」そう語るのは教師になった春樹です。

そして、桜良の過去を思い返すうちに桜良が残したものが共病文庫以外にもあると察する春樹。

ここまでが原作と同じ物語のあらすじです。ここから先は原作では描かれていない映画オリジナルのシーンになります。原作小説を読んでいる人にとってはネタバレになってしまうので続きが気になる人は動画配信サービスで作品を見てみてくださいね。

君の膵臓をたべたいに出演している主要な登場人物とキャスト!

【山内桜良役】浜辺美波

都内の高校に通う女子高校生。明るく元気な性格でクラスの人気者だが、膵臓の病気を患っており余命1年と宣告されている。

【志賀春樹役】北村匠海

いつも1人で本を読んでいる男子高校生。他人に興味がなく桜良のことを「君」と呼ぶ。

【志賀春樹(現在)役】小栗旬

桜良に勧められたことから教師となった春樹、母校で教鞭を振るっている。閉鎖される図書館の整理を頼まれ、蔵書の整理をしているうちに桜良が残したメッセージに気付く。

【滝本恭子役】大友花恋

桜良の親友、数少ない登場人物のうちの1人で動画の中では現在の姿も映されている。桜良に救われた過去があり、桜良に近づく春樹を嫌悪している。

君の膵臓をたべたいの知っておきたい作品情報!

原題:君の膵臓をたべたい

公開年:2017年7月28日

製作総指揮:山内章弘、上田太地

監督:月川翔

脚本:吉田智子