映画『恋の罪』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

情欲に溺れる男女の姿をセンセーショナルに描き出した「恋の罪」は、園子温の才能が爆発した傑作映画です。また、水野美紀をはじめとするキャスト陣の熱演も話題になりました。この記事では、映画「恋の罪」の魅力を詳しく解説します。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

恋の罪をU-NEXTで見てみる


実話を基にしたショッキングな世界!「恋の罪」ってどんな映画?

映画「恋の罪」は1997年に起こった「東電OL殺人事件」が基になっています。事件の被害者は一流企業に勤めるOLでした。

しかし、彼女の身元を調査するにつれ、彼女は夜な夜な売春を繰り返し客に殺されたことが判明したのです。決してお金に困っていたわけでもない彼女がどうして夜の街に繰り出すようになったのか?事件は大きな波紋を呼び、数々のルポルタージュが書かれました。

そして、事件に興味を持った園子温監督は2011年、自らの監督・脚本で事件を映画化したのです。ただし、衝撃的な作風で知られる園監督だけに、映画は一筋縄ではいかない内容になっていました。

本作には2人のヒロインがいます。

まず、吉田和子は夫との結婚生活に何の不満もない女刑事です。職場ではエリートそのもので、主婦業ともなんなく両立させている聡明な女性です。

しかし、和子はある男と不倫関係にありました。どうして幸福なはずの和子がリスクをともなう行動をするのか、本人でさえ理解できていません

そんな和子が捜査にあたるのは、若い主婦、菊池いずみが殺されたと思しい殺人事件です。現場には2体のむごたらしい死体がありました。和子は捜査を続けるうち、いずみもまた、自分のように夫を持ちながら別の男性と関係を持っていたのだと突き止めました。

ただし、和子と決定的に違うのは、いずみの行動は金銭をもらって体を提供する売春だった点です。

いずみの夫はベストセラー作家であり、表面上は結婚生活になんの問題もなかったように見えました。和子は刑事として以上に、夫を持つ妻としていずみの行動原理を知りたくなっていきます。

本作では田村隆一の有名な詩が引用されています。「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」という一節から始まるその詩は、言語化できない人間の感情、心の複雑さを表現した傑作です。

そして、この詩を知ったことがきっかけでいずみは自分の人生に疑問を抱くようになったのでした。

いずみは夫を愛していますし、金銭的にはまったく不満がありません。しかし、夫との性生活は破綻しており、彼女は女としての自信を喪失していました。

いずみの絶望はやがて、裏社会への好奇心となってふくらんでいきます。清純な主婦だったいずみが、どんどん人として堕落していく姿に動画視聴者は得体の知れないスリルを感じるでしょう。

本作のストーリーをいろどったのは、女優陣の素晴らしい演技です。トレンディ女優のイメージが強かった水野美紀は、「恋の罪」で新境地を切り開きました。

「冷たい熱帯魚」に続いて園子温作品のメインキャストとなった神楽坂恵も、グラビアアイドルの過去を振り切って立派な演技派女優に生まれ変わったといえます。彼女たちが見せる演技合戦から片時も目が離せません。

「恋の罪」は世界的にも高い評価を受けました。シッチェス・カタロニア国際映画祭ORBITA部門で最優秀作品賞を獲得するなど、権威ある映画賞でも十分にインパクトを残しています。また、2011年に印象的な作品を連発した園子温監督は、キネマ旬報で監督賞を受賞しました。

「恋の罪」の独特なカメラワーク、衝撃的な構成などを見ると、脂が乗り切っていた時期の作品だと確認できるでしょう。なお、「冷たい熱帯魚」をミニシアター中心でヒットさせた園子温監督は、「恋の罪」で興行収入の自己ベストをあっさりと更新しました。

鬼才の代表作となった「恋の罪」の鮮度はいまだに落ちておらず、見る人を戦慄させるでしょう。

女の怖さと強さが描かれている!「恋の罪」おすすめポイント3

純粋無垢な主婦が性に目覚めていくスリル!

いずみは夫しか男を知らない純粋無垢な主婦です。そして、そんな自分に何の疑問を抱かず生活してきました。そんな彼女を目覚めさせたのは、夫から向けられる「無関心」です。

いずみの夫は、彼女に欲情することなく毎日放置し続けていました。いずみは失われつつある若さが無駄になっていると感じ、焦ります。そして彼女は自分を受け入れてくる世界を求め、なんとAVの撮影現場に応募してしまうのでした。

そして、出会ったばかりの男に辱めを受けさえします。いずみは女としてどう生きるべきか、生まれて初めて悩み始めます。

いずみを導くのは、大学教授の美津子です。昼間の美津子はインテリそのものの物腰であり、優しくいずみに女としての生き方を教えます。

ところが、美津子には売春婦としての夜の顔がありました。昼間からは想像もできないくらい下品な姿で、美津子はただただ快楽を追い求めます。

そして、いずみは美津子に感化されて自らも刺激と愉悦の世界へと足を踏み入れていくのです。いずみがどこまで堕ちて行くのか、動画視聴者は固唾を飲んで見守るしかありません。

いずみはどうなってしまったのか?サスペンスの面白さ!

映画「恋の罪」の面白さは、いずみの行動を複雑な時系列で語っていく点にあります。本作は、いずみのものと思しい死体が発見されるところから始まります。そして、刑事の和子が捜査し、事実を知っていくという形でいずみの人生が語られていきます。

そのため、動画視聴者はいずみの過去と現在が一致せず、戸惑います。かつてのいずみは、夫に従順な弱い女性でした。誰かに残忍な殺され方をされるような理由がまったく見当たりません。そんな彼女と社会の闇がどのように結びついていくのか?本作はサスペンスとしても秀逸です。

また、本筋からはややズレるものの和子の日常にもひとつのサスペンスがしかけられています。

和子は夫を裏切り不倫を続けていますが、その相手はなかなか画面に登場してきません。ただ、和子が電話で話している姿が映っているだけです。

そして、あっと驚くキャストが不倫相手として登場して来たとき、視聴者は衝撃を受けるでしょう。

ちなみに、特徴がある声なので電話のシーンだけでも推理は十分に可能です。「一体誰だろう?」と考えながら本編を見守ると、不倫相手が出てきたときの面白さは倍増するはずです。

恐ろしくも強い女優陣の演技に注目!

映画「恋の罪」は3人の女性を中心とした物語です。もっとも普通人の感覚を持っているのは、水野美紀演じる吉田和子でしょう。しかし、彼女もまた不倫の渦中にいて「よき妻」とはいえません。

これまで恋愛ドラマやアクション映画でまっすぐなヒロインを演じ続けてきた水野美紀だけに、和子役は女優の幅を広げる挑戦でした。そして、彼女のキャリアで初めてとなるオールヌードも披露しています。

一方、グラビア出身の神楽坂恵は本作で主演したことで本格的に女優として歩む自信をつけました。クライマックス、完全に常識と決別してしまういずみの姿には狂気がこもっています。

そんな神楽坂恵と並び、映画に激しい情念を加えてくれたのは美津子役の冨樫真でしょう。本来は舞台女優である冨樫は多くの映画作品に出てきたわけではありません。しかし、数少ない出演作では必ずインパクトを残してきた名女優です。

「恋の罪」は彼女の新たな代表作となりました。女の恐さと強さの両方を見事に演じてくれています。

ショッキングな映画は好き?「恋の罪」を楽しめるのはこんな人

恋人や夫に不満のある人

ある程度時間を過ごしていると、パートナーへの不満はどうしても出てきます。そして、女性にとって「女として見られているかどうか」は非常に難しい悩みといえるでしょう。

昔は情熱的に愛してくれた男性が、いつの間にか自分を異性として扱ってくれなくなったのだとしたら、失望は小さくないはずです。

そんな悩みがあるなら、映画「恋の罪」のヒロインには深く感情移入できるでしょう。いずみは夫に放置されたことで、男性に期待することを止めてしまいました。そして、自分の価値は自分で決めるのだという境地に達します。

性に奔放となり、AV出演や売春を繰り返すいずみの姿は、最低の女性に見えるかもしれません。しかし、捉えようによっては、いずみは完全に自立した女性だといえます。

男性からの目線を気にしなくなり、本能のままに生きるいずみは清々しい存在ですらあります。

動画視聴者は最初、いずみの行動に拒絶反応を示したとしても、最終的にはうらやましさを感じる瞬間が出てくるでしょう。そして、男の気持ちばかり考えるのではなく、自分を好きになる大切さをかみしめるはずです。

衝撃的な作風が好きな人

園子温監督は暴力やセックスが蔓延する衝撃的な作風で知られる作家です。そして、「恋の罪」はショッキングなシーンが連続する、園監督の真骨頂ともいえる内容です。

とにかく映画を見て刺激的な体験をしたい人は、「恋の罪」を最初から最後まで楽しめるでしょう。

確かに、落ち着いた静かな作風の映画もいいものです。そういった動画の方が、自宅でリラックスしながら視聴するのに向いてもいます。しかし、映画には「視聴者の常識を揺り動かす」という役割もあります。

見る前と後で、自分が別人になったような錯覚を名作映画は味わわせてくれました。そして、そんな感覚がやみつきになった場合、普通の作風では物足りなくなるでしょう。

「恋の罪」は倫理的に正しくない描写がいっぱいです。また、登場人物の言動に嫌悪感を示す視聴者もいるかもしれません。しかし、本作を見て嫌な気持ちになるのは、自分の中の常識が揺らいでいる証です。

当たり前だと信じて疑ってこなかったものでも、一瞬で崩れ去ってしまうことはありえます。だからこそ、映画作品を通じて多様な価値観に触れておくのは大切です。「恋の罪」は普通の人々が知らなかった世界を見せてくれる作品です。

浮気の癖や願望がある人

真面目な人でも、パートナー以外の異性と関係したいという願望はあるのではないでしょうか。あるいは、すでに浮気が習慣化している人もいるはずです。そして、何度も自己嫌悪におちいり、こんなことは止めようと思いながらもまた過ちを繰り返してしまうのです。

周囲からすれば情けない人間に思われがちですが、本人はいたって真剣に悩んでいる場合が大半でしょう。そんな人間の複雑な心理を解き明かすためには、「恋の罪」はおおいに役立ちます。

本作の登場人物は、社会的地位も高く順風満帆な人生を歩んできた女性ばかりです。しかし、彼女たちはあえて茨の道へと足を踏み入れ、情欲の世界で身も心もボロボロになっていきます。

愚かな人間の性を、「恋の罪」は圧倒的な台詞量と映像で表現しました。浮気がしたくてたまらなくなるなら、「恋の罪」に自分自身の姿を重ねてみましょう。

その結果、ヒロインたちを反面教師にするのもよし、自分も同じように生きてみようと開き直るのもまたよしです。

「恋の罪」の配信サイト一覧!動画を無料で見る方法は?

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu
U-NEXT
Netflix
ビデオマーケット ×
フジテレビオンデマンド ×
dTV ×
dアニメ ×
auビデオパス
Amazonプライムビデオ
Paravi ×

映画「恋の罪」は各種動画サイトから配信中です。U-NEXTなら30日間無料体験で視聴可能です。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

恋の罪をU-NEXTで見てみる

ネタバレあり!主婦が経験する転落と快楽!「恋の罪」あらすじ

以下の内容は動画配信中、「恋の罪」のネタバレを含むあらすじです。

38歳の女刑事、吉田和子はラブホテルで不倫相手と情事の最中に呼び出しを受けました。渋谷にある古アパートで、惨殺死体が発見されたのです。

2体の死体はマネキンと結合しており、壁には「城」という血文字が描かれていました。

捜査の結果、死体は小説家・菊池由紀夫の妻、いずみである可能性が出てきました。和子たち捜査チームはいずみの行方を追い始めます。そして、いずみが辿った数奇な運命を知っていくのでした。

いずみは金にも地位にも恵まれた夫との生活に当初、不満はありませんでした。いずみは夫の言いつけどおりに家事をこなし、彼に尽くします。

しかし、夫はなぜかいずみと夜の営みを行おうとしないのでした。徐々に女としての自信を失っていくいずみは、せめてパートを始めれば毎日に活力を取り戻せるのではないかと考えます。夫もいずみの考えに賛成してくれました。

そして、まだ若くて美しいいずみは職場のスーパーで目立つ存在になっていきます。

スカウトマンに声をかけられたいずみは、流れでAVに出演することとなりました。しかし、さすがに見知らぬ男とセックスするのはいずみにとって戸惑いしかありませんでした。

また、いずみはカオルという若者に声をかけられ、ホテルに行きます。彼はラブホテルを「城」と呼ぶ風変わりな男でした。

しかし、そこでいずみは想像もつかなかった辱めを受けるのでした。

ホテルから出てきたいずみに美津子という中年女性が声をかけます。美津子は大学教授をしており、いずみを講義に誘いました。田村隆一の詩を朗読し、独特の解釈を披露する美津子はいずみにとって理想的な女性像でした。

そして、美津子に誘われたいずみは彼女とともに売春行為へと足を踏み入れていきます。

美津子はいずみとともに古アパートへと行き、初めて会った男性と体を重ねました。そこには、大学で見た知的な美津子はおらず、獣のような女がいるだけでした。いずみは圧倒されながらも、美津子に言われるがまま自分も体を許します

事件を捜査する和子は、美津子といずみの関係を突き止めました。

一方で、和子は自身のプライベートでも問題を抱えています。不倫相手からの束縛がきびしくなり、夫にバレるのではないかと怯える毎日です。和子はいつしか、いずみや美津子の生き方と自分自身を重ねるようになっていました。

美津子はいずみに売春のノウハウを叩き込んでいきます。愛のないセックスでは必ず金を受け取るよう命じられたいずみは、AVの現場にも復帰します。

そこで、かつてのオドオドしたいずみとは別人のようなセックスを見せます。

興奮した男優はいずみにプライベートでも会えないかと誘ってきました。しかし、いずみはすかさず金銭を要求します。男優はいずみを軽蔑して去っていきます。しかし、いずみにはもう迷いはありませんでした

ある日、いずみは美津子に誘われて、彼女の母親が住む豪邸に招かれました。カオルといずみの前で、美津子は母親と罵り合いを始めます。

母娘はまるで大したことでもないと言うように、終始笑顔を浮かべていました。しかし、美津子のある言葉がきっかけで母親は錯乱します。美津子の狂った行動原理には、両親との諍いが少なからず影響していたのでした。

やがて、和子の元に死体の身元確認が取れたのとの連絡が入ります。複雑な殺人事件の全貌がだんだん明るみに出てきました。そして、和子はいずみが経験した惨劇の真相を知ります。

女優たちの演技合戦!「恋の罪」の登場人物・キャスト

以下の内容は動画配信中、「恋の罪」の登場人物です。

【菊池いずみ役】神楽坂恵

ベストセラー小説家の妻。美津子の誘いで売春に足を踏み入れていく。神楽坂恵は本作公開の前日に園子温監督と入籍しました。

【吉田和子】水野美紀

不倫中の女刑事。演じる水野美紀はアクション女優として海外でも知られています。

【尾沢美津子】冨樫真

昼は大学教授、夜は売春婦をしている女性。冨樫真は有名作品に多数主演している舞台女優です。

【ショウジ役】児嶋一哉

和子の夫の後輩。演じる児嶋一哉はお笑いコンビ・アンジャッシュとしても活躍しています。

【菊池由紀夫役】津田寛治

いずみの夫で人気小説家。津田寛治は甘いマスクが特徴の名バイプレーヤーです。

監督・脚本はあの鬼才!「恋の罪」の作品情報は?

以下の内容は動画配信中、「恋の罪」の作品情報です。

公開年:2011年

製作:鳥羽乾二郎、大月俊倫、千葉善紀、飯塚信弘

監督:園子温

脚本:園子温