人気バラエティ「東野・岡村の旅猿」の感想は?動画配信サイトで無料で見よう

東野・岡村の旅猿 バラエティ

プライベートでも仲がいい、東野幸治とナイナイの岡村隆史が行く旅番組「東野岡村の旅猿」。たった2人のディレクターしか同行しない旅は、ほぼプライベートと変わりません。

基本の出演者は東野と岡村の2人ですが、時々ゲストが参加することでバラエティ感が出ています。とはいっても、出演者である東野と岡村のもつプライベート感というこだわりには強いものがあります。2人のこだわりとディレクターとのぶつかりが見どころになってしまう場面も。そんな、東野岡村の旅猿の感想と魅力をまとめてみました。また、無料で配信している動画サイトの情報も紹介していきます。

↓↓Huluで2週間無料トライアル中!↓↓

東野岡村の猿旅をHuluで見てみる

どんなバラエティ?

東野岡村の旅猿は、たしかにバラエティ番組です。ただ、他のバラエティ番組と違うのは、限りなくプライベートに近いということ。この動画は、東野と岡村が2人で旅をするというのが基本的な設定になっています。そして、動画として記録するために、2人のディレクターが同行しているだけです。

プライベートでも仲良しの東野と岡村の2人旅は、毎回喫茶店などで待ち合わせをします。そこで行き先を告げ、旅に向かうのですが、こういうシチュエーションもすべてが素の状態です。そのため、行き先では思わぬアクシデントに見舞われ、不穏な空気が生まれることもあります。

内容_1

でも、こういう空気感って、実際に友達や家族と旅をするときに経験することはありませんか。つまり、そこまで素の状態の動画だということです。東野岡村の旅猿は、途中から行き先は国内も増えていますが、初めのほうはタイや台湾、ニュージーランドなど、海外が中心です。

現地でレンタカーを利用したりキャンプをしたりと、東野と岡村のプライベートな旅の動画を見て楽しめる、それが旅猿の魅力であり、面白さだと思います。テレビ的な演出がほぼないので、中には引いてしまうような行動もありますが、見る人によっては面白いと感じたり意外と感じたり、分かれるのもこの動画の魅力でしょう。

絶対に見るべきバラエティだと思う3つの理由

バラエティなのにプライベート

東野岡村の旅猿で一番のポイントは、ほぼプライベートだということです。2人のディレクターは同行しているものの、単にカメラを持って撮影しているのが中心で、テレビ的な演出はほとんどされていません。それというのも、東野も岡村もやらせがない番組作りにこだわっているからです。ジャンル的にはバラエティでも、通常のテレビ番組にありがちな仕込みや演出がないので、他のテレビ番組とは違う雰囲気の動画になっています。

素の出演者が面白い

演出がなく、ほとんどプライベートということで、出演者の素の様子がそのまま伝わってくるのが面白いところです。テレビ的な作りがない分、ときには冷や冷やしてしまうこともあるかもしれません。しかし、友達と旅行に行く旅なら、誰にでもちょっとしたズレやアクシデントはありますよね。そんな場面が随所で見られるので、親近感が湧きます。

台本が用意されているような旅番組とは違うので、その場その場で出る言葉が台詞ではない、生の言葉だという点も新鮮です。たとえば、トラブルが起こったときにそのままキレてしまう場面などは、通常の番組では見られないでしょう。見る人によっては驚いてしまうかもしれませんが、それだけ素の動画だということです。

一緒に旅をしている気分になれる

旅に同行しているディレクターは、東野や岡村、そして他のゲストと行動をともにしながらカメラを向けています。そのため、カメラの距離が近く、動画を見ていると一緒に旅をしている気分になりますね。ネット上で同じような意見を目にすることが多く、動画を見ているうちに自分も同行している気分になる人は多いようです。たしかに、自分も仲間の1人として参加しているような感覚になれました。

ハマるのはこんな人!

やらせが嫌いな人

台本がきちんと出来上がっていて、さらに目的地ではスムーズにすべてのことが進行する番組は、見ていて安心感はあります。しかし、そんなテレビ上の仕込みややらせが嫌いな人もいますよね。そんな人に、東野岡村の旅猿はおすすめです。中には、行き先だけ決め、その先の予定はまったくの未定で向かうこともあります。

国内でも海外でも、普通の旅行会社で可能なプランばかりなのもいいと思います。テレビ番組の場合、一般では入れない場所に特別に許可を出してもらうというパターンがありますが、旅猿にはそれがみられません。そのため、同じシチュエーションを体験しやすいという楽しさがあります。

旅番組が好きな人

東野岡村の旅猿は、実際にはかなりの放送回数があります。シーズンでいえば1〜13までですが、マレーシアのように、1つの行き先で放送回数が5回以上というものも存在しています。旅猿は開始当初は海外が中心でした。しかし、次第に国内旅行も増えてきており、さらにバリエーション豊になっています。

普通の旅番組に多い一般的な観光地だけでなく、かなりマニアックなコースまで網羅しているのが面白いところです。たとえば、「茨城の日帰り温泉下みちの旅」では、ひたすら一般道を走って沿線上の飲食店や遊技場などに立ち寄っています。

こういう部分がバラエティらしいといえるかもしれませんが、通常の番組であればカットしそうな、ただの移動中の場面にも意外な発見はあります。ガイドブックに載っていないような場所やルートにも興味があるという人は、かなり楽しめると思います。

東野と岡村ファンの人

東野と岡村のファンなら、無条件に楽しめる動画ですね。特に、プライベートが知りたいという人におすすめです。台本がない状態で、東野と岡村の個人的な旅にカメラがたまたま同行しているという感じなので、プライベート動画と変わりません。

ただし、放送によっては、ややテレビ的にきれいになっているという印象は受けます。特に、ゲストが参加している放送は映し方もきれいになっていると思います。しかし、全体的にはプライベート感が強いので、個人的に撮影している動画を見ている感覚で楽しめます。

感想・レビュー

人気バラエティ「東野・岡村の旅猿」はどうでしたか?

旅猿

とても良い

  • 旅行が好きなので色々な場所を紹介してくれるこの番組はとても参考になります。東野さんと岡村さんのコンビも面白くて大好きです。(30代/女性/正社員/既婚)
  • 吉本芸人の東尾さんと岡村さんの男2人旅。と言ってもスタッフも映るのでワイワイ楽しい旅ですが。都会や田舎、国内に限らず海外までがターゲットで、目的地までの間の道中のトークも面白い。目的地に到着してからの体験は、彼ら自身がチャレンジするのと、周りにいるスタッフらにも話しかけたりと、兎に角、臨場感満載で、見ている自分もその中の1人に加わってるような楽しさが味わえるので、肩のこらない番組だと思います。スタジオでのトークも良いですが、やはり外に出た芸人さんのプライベートに近い男旅、とても良い感じで楽しみです。(50代/男性/個人事業主/独身)
  • 私は、旅番組が好きです。また、お笑い番組も好きです。「東野岡村の旅猿」はお笑い芸人さんの旅番組なので、欠かさず見てきました。また、旅は分刻みのスケジュールではなく、プライベート感が溢れ、毎回リラックスして何も考えずに見ることができる好きな番組の1つです。(20代/女性/正社員/独身)
  • テレビ放送されている時から見ていました。東野さんと岡村さんのやりとりが面白いです。岡村さんの良さがとてもよく出ているのでこのペアこそが最強なのではとさえ思ってしまいます。私の住む町へもいらしたことがあり、近隣の喫茶店にも入ったそうでとても話題になりました。旅というよりこのふたりのやりとりがとにかくいいので海外編とかでもどんどんやってほしかったです。面白すぎて同じものを何度か見てしまいます。(40代/女性/個人事業主/既婚)
  • かなり笑えます、まったりした時間の中で見たいです。このシリーズにアクシデントが付き物ですがそこも踏まえて面白い!(30代/女性/パート・アルバイト/独身)

良い

  • ほどよくゆるい雰囲気が好きです。東野さん岡村さんがリラックスしてる感じも他のバラエティと少し違い面白いです。奥田民生のテーマソングが歌詞を番組用に変えてくれているのも素敵です。(30代/女性/派遣社員/独身)
  • 旅番組としては自由すぎる雰囲気で、ディレクターさんも存在感があって面白いです。(30代/男性/派遣社員/独身)
  • 東野さんと岡村さんのゆるい旅模様が面白い。気を抜きながら、リラックスして見れるので、仕事で疲れた時などに見ている。(20代/女性/パート・アルバイト/既婚)
  • 東野さんと岡村さんがいつもわちゃわちゃしていて、面白いです。(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
  • 岡村さんと東野さんのプライベートな感じが面白い。豪華な旅とはまた違うからそこもいい。(20代/男性/学生/独身)

ふつう

  • ゆるーい感じの番組て好きです。2人がとっても仲良いんだなーと思い、スローライフな感じが癒されます(30代/男性/正社員/既婚)
  • 2人とも多くの番組に出演しているが、この番組は自然体で素が見える気がした。(20代/女性/学生/独身)
  • 暇な時に流して見れる感じの番組で、可もなく不可もない番組であると思う。(40代/男性/パート・アルバイト/独身)

悪い

  • 昔の旅猿の方がプライベート感が演出されていてよかったな。(30代/男性/正社員/既婚)
  • なんとなく暑苦しいというか爽やかさに欠けるというか・・・。旅番組は飽和状態なので、だったら他の良質な番組を見たいなと思いました。(20代/女性/無職/独身)

かなり悪い

  • 各土地の話題を、ふざけずに真面目に取り上げてほしい。(60代/男性/正社員/既婚)
【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2018年03月16日~2018年03月23日
■有効回答数:300サンプル

動画は無料で見られるの?お得に見る方法はこれ!

「東野・岡村の旅猿」を無料で、お得に観るためには、HuluやU-nextなどの動画サービスの無料期間を利用するのがおすすめです。

無料の動画サイトでも見れないわけではないですが、以下のようなデメリットも考慮しなければなりません。

無料動画サイトをおすすめしない理由

無料サイトは違法!最悪捕まるかも

動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

詐欺広告にほぼ100%ひっかかる

そもそも無料で動画を配信してくれるのはなぜでしょうか?善意の場合もあるかもしれませんが、違法の恐れがあってもアップする理由は、広告収入が目的なのです。アダルト広告やゲームの広告など、うざいくらいに出てきます。その広告を知らず知らずのうちにクリックすることにより、無料サイトの運営者はお金を得るというしくみなんです。

無料(タダ)ほど高いものはないとは、まさにこのこと。無料サイトを見る時は、くれぐれも気をつけてください!

作品を探すのが非常にめんどくさい

無料で見れる動画のリンクをクリックしても作品が消されて無かったり、掲載しているサイトを永遠にループしたりするので、見たい動画にたどり着くのが大変です。
探すことにストレスを感じたら、有料動画にした方が時間を有効活用できますよ!

「東野・岡村の旅猿」を配信している有料動画サービス比較

サービス 配信 シーズン
Hulu 1~13
U-NEXT 1~11
Netflix ×
ビデオマーケット 1~13
フジテレビオンデマンド ×
dTV ×
dアニメ ×
auビデオパス 8・13
Amazonプライムビデオ × 1~13
Hulu・UnextなどのVOD比較【動画配信サーチ】
HuluやUnextなどの動画配信サービス無料比較サイト

シーズン1〜13の他にスペシャルも出ているので、動画数が充実しているのはHuluです。次がビデオマーケットとamazonプライムで、シーズン1〜13を視聴することができます。

いずれも無料での動画配信はしていませんが、それぞれお試し期間を設けているので、期間中は無料で楽しむことが可能です。

Huluは2週間無料トライアルがあります。ビデオマーケットは初月が無料、amazonプライムも初月無料が利用できます。Huluは、2週間を経過すると自動的に本契約に移行し、月額933円(税抜)で約5万本の動画が引き続き見放題になります。

ビデオマーケットはプレミアムが月額500円(税抜)、見放題なら月額980円(税抜)です。amazonプレミアムは月額だと500円(税込)ですが、4900円(税込)の年払いも用意されています。

全シーズンとスペシャルまで視聴すると考えると、網羅しているのはHuluです。無料トライアルで2週間あれば、全部視聴するのも可能だと思います。

東野岡村の猿旅をHuluで見てみる

見どころとおすすめポイント

東野岡村の旅猿は、東野と岡村のプライベート感あふれる旅が見どころの動画であり、おすすめのポイントです。どのシーズンもディレクターが同行していますし、動画として普通に完成しています。番組として見やすい作りになっているものの、その内容にはかなり素の状態を見ることができるのが旅猿の面白さでしょう。テレビ的な演出はかなり少ないので、一緒に旅しているような感覚で楽しむこともできます。

内容_1

どこにでもありそうな喫茶店で待ち合わせてから出発する場面など、友人や知人と旅するときにありがちなシーンが満載なのがいいですよね。そんな2人の素顔がはっきり感じられるもので、さらに旅猿シリーズの中でも人気が高いのが、「中国編」です。DVDでもかなり売れているシリーズで、「面白い!」「一番好き!」と絶賛する人もいれば、やや引いてしまうなど、見る人によって見事に意見が分かれてしまうのも面白いと思います。

中国編の見どころは服の現地調達です。現地でどんどん服を調達することになった経緯は、東野の薄着に始まっているのですが、それが思わぬ波紋を広げていくことになります。この先は、実際に見たほうが絶対に面白いので、中国編の説明はこの辺にしておきましょう。他には、スピードワゴン小沢が参加するハワイ編もおすすめです。ハワイということで動画はかなりのボリュームがあるので、ハワイ好きにも楽しめる作りになっていると思います。

ハワイ編で笑ってしまったのは、出演者のテンションですね。なぜ、こんなにテンションがダダ下がりなの?と思うような3人の様子がウケました。ハワイが好きな人であれば、現地に立つだけでテンションは上がると思いますし、実際に楽しめるところばかりですよね。もちろん、ハワイならではのマリンスポーツを楽しんだり、グルメを楽しんだりしている場面もあります。

しかし、そんな場面も吹っ飛んでしまうようなテンションになってしまう原因が地味に笑えました。これも、実際に見たほうがジワジワ来ると思います。そして、もうひとつは、平愛梨と出川哲朗がゲスト参加したカリブ海編です。カリブ海ということで、メキシコとキューバを旅します。当時はまだ結婚前だった平愛梨の貴重な映像もおすすめのポイントです。

カリブ海

旅猿は旅番組でもありますが、番組自体、テレビ的な作られた雰囲気が少ないせいか、意外なことを告白してしまう平愛梨。彼女の思わぬ告白に男性陣が驚く場面があります。そして、キューバでは、旅猿にあってはいけない仕込みのようなものを発見。通常の旅猿ではほぼ行われていないことなので、東野と岡村が失笑してしまうのも、第三者目線で見ると笑えます。

キャスト

【出演者】東野幸治

東野幸治

旅猿動画の主要登場人物のひとりであり、笑えるネタを提供してくれる重要なキャストです。笑えるネタとは、時々見せる自己中的な性格や、そこから波及する周囲のピリピリ感などで、見ている人の感情や意見が分かれてしまう原因になっています。ときにはマジ切れしてしまうシーンもあって、旅の緊張感を伝える役割を担っているという感じもあります。あくまでプライベートを撮影しようとするこだわりが強く、演出しようとする同行ディレクターとよくぶつかっています。

【出演者】岡村隆史

岡村隆史

お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史は、自身の病気のために旅猿の出演は一時休止し、南房総の旅から復帰しています。プライベートで仲がよいという東野幸治がピリピリしているときには、大人の対応で自然にまとめようとするのが役割という印象です。特に、同行ディレクターと東野がぶつかったときには、中間的な立場を取ってなだめる姿が目立ちます。ゲストが同行するときには、ゲストに対する気づかいもみられ、そこが東野との絶妙なバランスにつながっているのではないでしょうか。

【ゲスト】出川哲朗

出川哲朗

主に岡村隆史が休止している時期から、時々ゲスト参加しています。旅猿は、あくまでも東野幸治と岡村隆史のプライベートな旅が中心。そんな番組のコンセプトのせいか、出演頻度は高いながら、正式な出演者として書かれていることは少ないようです。出川哲朗といえば、かつての話題を集めた番組「進め!電波少年」では度々危険な海外ロケに参加させられています。そんな過去の壮絶なお笑い芸人としての経験を、旅猿の中でサラッと話すのも貴重であり、見どころです。出川の過去のイジられぶりを知っている人は、思わず吹いてしまうかもしれません。岡村とはまた違う感じで、旅を穏やかな雰囲気にまとめる役割を果たしています。

【ゲスト】ジミー大西

ジミー大西

独特な天然キャラのジミー大西は、画家という顔も持つお笑い芸人。お笑いに進んだのは、明石家さんまの運転手をしていたことがきっかけというのは有名な話でしょう。運転手として雇われながら、当時は運転免許を取得していなかったことから、短期で運転免許がとれる合宿教習に参加。ところが、漢字が読めないなど予想外の事態が起こり、なんと、運転免許取得までに半年以上かかるという偉業を成し遂げています。そして、そこから明石家さんまによって天然のボケキャラが発掘され、現在に至っています。

旅猿では、頭に矢が刺さった仕込みをして待ち合わせ場所にいるなど、相変わらずのベタな笑いで和ませてくれます。主に、料理を作る企画をプロデュースし、メンバー全員で食材の現地調達に向かうなど、旅とはまた違う楽しみ方を提供している人物です。

【ディレクター】つっつん

同行ディレクターのひとりです。「ガキの使いやあらへんで」では、七変化シリーズに参加するなど、時々番組の中でもイジられていた人物なので、覚えている人もいるかもしれません。旅猿では、時々テレビ的な演出をしようとし、演出を嫌う東野とぶつかることがあります。

作品情報

シーズン数 13
全話数 273
製作総指揮 北條伸樹
舞台 日本国内・海外
制作局 日本テレビ
ジャンル バラエティ

※本ページの情報は2019年4月時点のものです。