映画『猿の惑星新世紀』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

2011年に公開された「猿の惑星創世記」に続き、名作シリーズのリブート版第2弾となったのが「猿の惑星新世紀」です。

前作で高度な知能を手に入れ、人類に反乱を起こした猿たちのその後が描かれていきます。また、猿と人間同士の戦いのみならず、猿の中でもさまざまな対立構造が浮かび上がり、前作以上に濃厚なドラマが展開されています。そして、すべてのドラマは次回作「猿の惑星聖戦記」でドラマティックな結末を迎えるのです。

この記事では、大ヒット映画「猿の惑星新世紀」にまつわる感想や、動画配信サイトで無料視聴する方法を紹介していきます。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

猿の惑星新世紀をU-NEXTで見てみる


猿と人間の戦いは新たなステージへ!「猿の惑星新世紀」ってどんな映画?

この記事には、映画シリーズ「猿の惑星」の重要な結末が明かされています。

「猿の惑星」シリーズのリブート作品であり、猿が人間を支配するようになったきっかけを描いた「猿の惑星創世記」は世界中に驚きをもたらしました。これまで、作品の中から推測するしかなかった情報が明かされ、猿たちの進化の謎が判明したからです。

しかし、「猿の惑星創世記」は温厚なチンパンジー、シーザーが猿のリーダーとなるところで終わりました。どうして争いを好まないシーザーが人間文明を滅ぼすまでの戦いを率いるまでになったのかは、依然として不明だったのです。

2014年公開の「猿の惑星新世紀」では、シーザーたちの10年後の物語です。すでに猿インフルエンザの影響で人類は大幅に数を減らし、かつての文明は維持できなくなっていました。

反対に、猿たちは知能を進化させながら数を増やし、新たな地球の支配者となりつつあります。それでも、シーザーはあいかわらず人類と無駄な争いをしようとは考えていませんでした。

序盤、シーザーの集落における平和な日常が描写されていきます。厳格なルールと仲間同士の絆を尊び、静かに生きる猿たちは幸せそのものです。動画を見る人は人類が忘れてしまった理想的な生き方を、シーザーたちに重ねるでしょう。

ところが、シーザーたちも一枚岩ではありませんでした。人類を憎むボノボのコバは、隙あれば人類に総攻撃を仕掛けて根絶やしにしようとしています。そして、コバに賛同する猿たちも少なくありませんでした。

シーザーはカリスマ性を発揮して好戦派を食い止めているものの、コバは着実に支持を集めていきます。そして、シーザーの息子、ブルーアイズもコバに共感を寄せるようになってしまいます。

シーザーとコバの対立は、現代アメリカの社会情勢を象徴していました。アメリカ国民の多くは平和を望み、戦争のない社会を求めています。しかし、社会情勢が不安定になれば、そこにつけこんで人気を集めようとする政治家、企業は後を絶ちません。

彼らは国民に「共通の敵」をでっちあげ、偽りの団結をあおりたてます。ときには、ありもしない証拠を掲げて国民を洗脳してしまうことすらあるのです。

シーザーは優れたリーダーですが、政治面においては狡猾さが足りませんでした。また、仲間に対して無情な振る舞いもできません。だからこそコバを野放しにし、暴走を許してしまいます。

本作は、シーザーが人格も統率力もかねそろえるまでの成長譚とも解釈できるでしょう。クライマックスでシーザーが下す大きな決断には要注目です。

そして、猿と人間との関係性も見逃せません。わずか10年の間に2つの種族は立場を逆転させてしまいました。もはや人類は猿を恐れ、隠れながら生きています。

虐げられる側にまわった人類は、猿への憎しみをふくらませていきます。前作と憎しみの方向性が逆になったことで、本作は戦争のおろかさを見る人に訴えかけるのです。

世界に絶対的な正義も悪も存在しません。見方を変えれば、誰もが正義にも悪にもなりえます。それがわかっているからこそシーザーは最後まで和解の道を探り続けます。そんなシーザーの希望が踏みにじられている過程はハードであり、シリアスな余韻をもたらすでしょう。

「猿の惑星新世紀」は前作に劣らないほどの絶賛を招きました。監督はマット・リーヴスに受け継がれ、アクションシーンの臨場感が増したことも映画ファンから好意的に受け入れられました。

「猿の惑星新世紀」は全世界で7億ドルを超える大ヒットを記録しており、リブート3部作で最大の興行収入を上げています。

「猿の惑星新世紀」のラストはショッキングですが、同時に「こうならない方法はならなかったのか」と視聴者に考えるきっかけを与えてくれます。

また、次回作「猿の惑星聖戦記」を早く見たくてたまらなくなるでしょう。3部作を理解するために重要なシーンが満載の「猿の惑星新世紀」は、現代社会に問題提起をしている傑作です。

キャラクターの思惑が絡み合う!「猿の惑星新世紀」の見所3

猿たちの権力争いの行方は?

「猿の惑星創世記」で、猿たちは自由という目的のために連帯し、人類の支配から逃れました。しかし、10年の月日が猿たちをより大きな野心へと突き動かします。

「猿の惑星新世紀」では、ボノボのコバをはじめとして人類をせん滅させようとする猿が登場してきます。

彼らはかつて人類に虐待され、消えない傷を負った猿たちです。高度な知能を手に入れた後でも復讐心は変わりません。むしろ、人類を攻撃するために知恵を全力で使おうとさえします。

そもそも、強者の立場になった猿が人類を支配することはしごくまっとうだと考えているからです。

しかし、コバたちにとってはシーザーが目の上のたんこぶでした。シーザーは猿に知恵を授けてくれた恩人です。彼に歯向かうことなど許されません。

ところが、コバたちはクーデターを画策し、シーザーをリーダーから引きずりおろそうとします。こうした背景には、穏健派のシーザーの求心力低下がありました。

それに、シーザーはかつて人間に飼われていた経験があります。コバたちの積もりに積もった恨みは、心の底から共有できません。だからこそ、コバたちはシーザーに失望し、自分たちの主張を無理矢理通そうとするのです。

「猿の惑星新世紀」の動画を見るときは、猿たちのロジックが激しくぶつかりあう光景に神経を注ぎましょう。

絶滅寸前の人類はどうなる?

シーザーをはじめとする猿たちが魅力的なので影に隠れがちですが、「猿の惑星新世紀」にも人類は登場します。

すでに人類には余裕がありません。10年前、世界中に撒き散らされた猿インフルエンザによって人類の大半は死滅しました。残った人類も居場所を猿に奪われ、明日も知れない生活を送っています。

本作ではマルコムという人間がシーザーたちと接触します。危険をおかしてまでシーザーたちの居住区に侵入してきたマルコムの目的は電気でした。

すでに人類は資源を失っており、生存活動にすら支障をきたしている状態です。人類の惨状は動画を見る人たちに少なくない衝撃を与えるでしょう。

人類がどのように生き延びるのか、はたまた滅びのときを待つしかないのかはシーザーの肩にのしかかってきます

一方で、人類もまた一枚岩ではありませんでした。マルコムは誠実な男ですが、人類を率いる軍人のドレイファスは猿への憎しみを糧に生きています

そして、ドレイファスは人類を存続させるためには猿と最終決戦を行うしかないと考えています。マルコムは必死にドレイファスを説得するものの、すでに軍隊はいつ暴走してもおかしくありません。

絶体絶命の人類が下す選択が、吉となるか凶となるかは映画で確かめましょう。

シーザーの苦悩と成長を見守ろう!

リブート版「猿の惑星」3部作で、全作の主人公を務めているのがシーザーです。「猿の惑星創世記」で虐待をしてくる人間に対し「NO」と力強く叫ぶシーンは、映画史に残る名場面となりました。

ところが、前作では欠点のないカリスマに見えていたシーザーも「猿の惑星新世紀」では終始元気がありません。コバという強引な部下が台頭し、リーダーの威厳が脅かされているからです。

しかも、実の息子のブルーアイズまでコバに従ってしまいました。リーダーとしても、父親としてもシーザーは自信を喪失します。

また、シーザーはかたくなに反戦の立場を貫き、猿たちの平和を守ろうとします。ところが、こうしたシーザーの意見は思うように支持を得られません。シンプルでわかりやすいコバの主張にこそ、猿たちは惹かれていきます。

「猿の惑星新世紀」は苦悩するシーザーの物語です。そして、つらい経験を通してシーザーは一まわりも二まわりも成長します。

終盤、すべての迷いを断ち切ったシーザーは自らが課していた「ある掟」を破りました。そして、猿の未来を守るために心を鬼にする覚悟を決めます。

シーザーが辿り着いた結論が何なのかは、映画のクライマックスで目に焼きつけましょう。

深い問題を映画で学ぼう!「猿の惑星新世紀」はこんな人に見てほしい

人の上に立つ迷いがある人

ひとつの組織に長く属していると、やがて部下や後輩がつけられます。そして、リーダーとしての振る舞いを求められるようになります。リーダーになれるのは組織から認められている証であり、本来なら喜ぶべきです。

ところが、リーダーになってから仕事がやりにくくなったと感じる人は後を絶ちません。同じ状況はアルバイトや部活、サークルなどにもあてはまるでしょう。責任が重くなるほど、若手時代の自由さは失われていきます。

また、部下と必ずしもうまが合うとは限りません。万が一、反抗的な部下をつけられてしまったら支持を出すだけでもひと苦労です。

前作では圧倒的なカリスマ性を発揮したはずのシーザーですら、「猿の惑星新世紀」では大きな壁に直面しました。シーザーはリーダーとしてのあり方を自問自答することになります。

部下から反感を抱かれながらも、自分の信念を貫こうとするシーザーの苦労に共感できる人は多いでしょう。そして、彼ほどの人格者でも人の上に立つことは難しいのだと励ましてもらえます。

本作のラストでシーザーは自分なりのリーダー像へと辿り着きました。それは、かつてのシーザーとまったく違うスタンスだといえます。

リーダーになるためには、過去の自分と決別しなければいけないときもあります。「猿の惑星新世紀」はリーダーに求められるシビアさもしっかり描いている動画です。

動物や自然に興味がある人

昨今では動物虐待に関するニュースが数多く報道されています。人間の都合やゆがんだ楽しみのために、罪のない動物たちが痛めつけられる事件には許しがたいものです。

また、人間の発展の裏では森林伐採など、環境破壊が当然のように行われてきました。人類は地球上で唯一、動物や自然を大切にできない生物だといえます。人類が犯してきた罪は地球に暮らす以上、誰もが無関係とはいいきれないでしょう。

「猿の惑星新世紀」はこうした環境問題についても考えさせてくれる映画です。

本編中、地球の支配者は猿になっています。しかし、彼らは人間のように無駄な破壊活動はしていません。自然の中で生き、お互いを思いやりながら暮らしています。

一方、人類はというと危険をおかしてまで発電所にやってくるほど文明に頼りきっています

栄えているにもかかわらず質素な生活を続ける猿と、滅びかけているにもかかわらず文明の利器を求める人類はあまりにも対照的です。

本作の対比構造は、動画を見る人に「自然な生活」とはなんなのかを問いかけてきます。猿のように、すべての人類が自然の中で生活するのは不可能でも、地球のためには少なくとも、欲のない暮らしを見直してみる必要はあるでしょう。

差別問題について深く学びたい人

「猿の惑星」の原作小説は、人種差別をテーマとしています。そして、1968年に発表されたオリジナルの映画「猿の惑星」から、継続して本シリーズは差別問題を忍ばせてきました。

リブート版3部作でも社会的なメッセージ色はますます濃くなっています。社会問題や差別問題について強い関心を持っている人には、本作は新しい知識を学ぶ絶好のサンプルとなるでしょう。

「猿の惑星新世紀」では、これまで差別される側だったはずの猿たちに、人間への差別心が芽生えてしまいます。

彼らは人間以上の力を手に入れた事実に溺れています。そして、人間を根絶やしにすれば猿がますます繁栄するはずだと思うようになりました。

現実世界でも、往々にして国家や社会は差別の構造を生み出し、人々を「攻撃する側」にまわらせようとあおります。しかし、こうした政策によって特をしているのは一部の人間だけであり、実際にはむなしい憎しみの連鎖が続いていくだけです。

「猿の惑星新世紀」でも、差別が生み出す泥沼の争いが描かれていました。本作を動画で繰り返し鑑賞することで、差別が生まれる背景から行き着く先の悲劇まで、深く理解できるようになるでしょう。

「猿の惑星新世紀」を配信している動画サイト!無料視聴はできるのか?

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド
dTV
dアニメ ×
auビデオパス
Amazonプライムビデオ
Paravi ×

「猿の惑星新世紀」の動画はさまざまなサイトから配信されています。無料視聴をするならU-NEXTの31日間無料体験が効率的です。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

猿の惑星新世紀をU-NEXTで見てみる

ネタバレ注意!猿と人類の戦いを描いた「猿の惑星新世紀」あらすじ

以下のあらすじには、動画配信中「猿の惑星新世紀」のネタバレを含みます。

チンパンジーのシーザーが人類に反乱を起こし、ALZ113ウィルスが世界中に広まってから10年が経ちました。通称「猿インフルエンザ」と呼ばれる感染症により、人類の人口は大幅に減っていました

一方で、世界各地の猿たちは知能を進化させ、いまや地球の実質上の支配者は猿になっている状態です。

それでも生き残った人類たちが静かに暮らせていたのは、シーザー好戦派を抑えているからでした。

森林公園を占拠したシーザーたちの一団は家族を増やし、厳格な掟と思いやりの心を掲げて生活を送っています。シーザーは「猿は猿を殺さない」というルールを定め、猿同士は常に協力しあうことを説いています。

しかし、ボノボのコバはシーザーの方針に納得がいきません。コバは隙あれば人類に総攻撃を仕掛けるつもりでした。そして、内心ではコバに共感を寄せる猿も少なくありませんでした。

ある日、シーザーたちの住む区域に武装した人間たちが侵入してきます。そして、1匹の猿に重傷を負わせました。怒り狂うコバたちを鎮めたシーザーは、自ら人間たちの居住区へと向かいます。

久しぶりの人間界は荒廃し、わずかに残った人間たちは質素な生活へと追いやられていました。シーザーは人間との休戦協定を再確認し、今後また侵入してくるのであれば容赦はしないと宣言します。

それでも、マルコムという男が再び猿の集落を訪れました。マルコムは温厚かつ誠実な男で、猿に対しても敵意を抱いていません。

彼は人間の資源がつきかけていること、そして、生き延びるためには猿の区域にある発電所の再稼動が必要であることを説明しました。

コバたちは人類に総攻撃を仕掛けるチャンスだと意気込みますが、シーザーはマルコムの要望を受け入れます。マルコムはどこか、シーザーのかつての飼い主であるウィルに似ていました。

人間たちがシーザーたちの区域にやって来て、発電所を再稼動させるための作業を開始します。猿たちは不安そうに人間たちを眺めています。

また、コバたちは人間たちに敵意を隠しません。人間たちが武器を隠し持っていたこともあり、何度も衝突が起きそうになります。それを食い止めていたのはシーザーの統率力と、マルコムの人柄でした。

やがて、猿の中にも作業に協力する者が出てきました。なんとか発電所は復活し、人間は再び電気を手に入れます。猿と人間は和解へと大きく前進したように見えました。

しかし、人間への怒りとシーザーへの失望をつのらせたコバは、ついに反逆を起こします

手始めにコバはシーザーを狙撃し、集落に火を放ちました。一連の事件を人間のせいだとでっちあげ、コバは集落の新リーダーにおさまります。

そして、シーザーの息子であるブルーアイズをはじめとする猿たちを率い、人間の居住地へ攻撃をしかけました。

リーダー、ドレイファスの指揮下で人間たちは抗戦しますが、猿の運動能力の前にはなす術もありません。あっという間にコバたちは勝利を収めます

その頃、シーザーはマルコムによって命を救われていました。かつて自分が暮らしていた家に身を隠し、シーザーは束の間の感傷にひたります。シーザーの中で猿たちの存続と人間への愛情が交錯していました。

それでも、シーザーはコバの暴走を止めるために戦地へと赴きます。シーザーの生存を確認したブルーアイズもコバを裏切りました。そして、シーザーとコバの熾烈な一騎打ちが始まります。

戦いには敗れたコバでしたが、シーザーは自分を殺さないだろうとたかをくくっていました。しかし、シーザーは「おまえはもう猿ではない」と告げ、コバの命を奪います。

もはやシーザーにはかつてのような甘さは残っていませんでした。コバによって大打撃を受けた人類は、シーザーたちを消すために襲いかかってくるはずです。シーザーは猿と人類、どちらの側に立つかをはっきりと決断するのでした。

モーション・アクターに注目!「猿の惑星新世紀」の主な登場人物・キャスト

【シーザー役】アンディ・サーキス(Andy Serkis)

「猿の惑星新世紀」の主人公であり、知能を進化させたチンパンジーです。本作では猿と人類の間で揺れ動くリーダーとして登場しました。

演じるアンディ・サーキスは世界的なモーション・アクターであり、3部作すべてに出演しています。その緻密なアクションは動画でも確認可能です。

【マルコム役】ジェイソン・クラーク(Jason Clarke)

猿との交渉に挑む人類がマルコムです。温和で正直な性格がシーザーの元飼い主、ウィルを思わせる登場人物です。

演じるジェイソン・クラークはオーストラリア人俳優で、マイケル・ベイオリバー・ストーンなどの巨匠からも愛されています。

【ドレイファス役】ゲイリー・オールドマン(Gary Oldman)

人類側のリーダーであり、冷酷な軍人がドレイファスです。演じるゲイリー・オールドマンは「レオン」「エアフォース・ワン」などの悪役で知られる名優です。

【コバ役】トビー・ケベル(Toby Kebbell)

シーザーに造反するボノボがコバです。演じるトビー・ケベルガイ・リッチー作品などにも出演していたイギリス人俳優です。エキセントリックな役柄を得意としており、本作ではモーション・キャプチャーに挑戦しました。

【オバマ大統領役】バラク・オバマ(Barack Obama)

カメオ主演として当時のアメリカ大統領も出演しています。アーカイブ映像とはいえ、現職大統領の映画出演は非常に貴重です。

監督は前作からバトンタッチ!「猿の惑星新世紀」の作品情報

原題:Dawn of the Planet of the Apes

公開年:2014

製作総指揮:マーク・ボンバック、トーマス・M・ハメル

監督:マット・リーヴス

脚本:リック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー、マーク・ボンバック