映画『最高の人生の見つけ方』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

もし、余命が6カ月と宣告されてしまったら、残りの人生をどのように過ごすべきなのか考えてしまうことでしょう。それを映画として描いているのが『最高の人生の見つけ方』です。この作品では、偶然にも同じ病室になった2人の男性が、死ぬまでにしたいことに挑戦し、これまでの人生を振り返ります。

アメリカで公開されたこの映画は、非常に注目された作品であったため、動画で見たいという人も多いようです。そこで、『最高の人生の見つけ方』を無料で配信している動画配信サイトを紹介しながら、作品のあらすじや感想についても詳しく説明します。

↓↓dTVで初回31日間無料トライアル中!↓↓

最高の人生の見つけ方をdTVで見てみる


最高の人生の見つけ方ってどんな映画なの?

興行収入1位を記録!全米が注目した映画

最高の人生の見つけ方は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンというオスカー俳優たちを主演として制作された映画です。余命わずかといわれた2人の男の、残りの人生の過ごし方について描いたこの作品は、全米で興行収入1位を記録しています。

大金持ちだが、見舞い客は秘書しかいない実業家のエドワードは、人生の最後に孤独を感じていました。そんな彼は、自動車整備工のカーターと入院先のガン病棟で知り合います。カーターは、エドワードとは対照的に、家族のために夢を犠牲にしてまで真面目に働いた人生を送ってきました。

互いに余命6カ月を宣告され、死ぬ前にやり残したことについて考えます。

そして、それらを実現させるために、延命治療を拒否してまで冒険旅行に出かけるのです。2人は死ぬ前にやり残したリストを作りました。そのリストをもとに、世界中を冒険しながらやり残したことを達成していきます。

リストの内容は、「涙が出るほど笑う」「見ず知らずの人に親切にする」といった抽象的な内容から、「スカイダイビングをする」「ピラミッドを見る」といった具体的なものまでさまざまです。次々にかなえられていく2人のやり残したことに、自分の人生まで考えさせられます。

幸せの概念は人それぞれ違うでしょう。ただ、1人では幸せになれないということを教えてくれる作品です。

エドワードとカーターは2人だったからこそ、リストが達成できます。人間は他人と生きていく生き物であり、その他人によってこれまで知らなかった世界が開かれるのです。

死ぬ直前に自分が幸せかどうかというのは、死ぬ前に誰かと一緒にいて初めて確認できるのかもしれません。死ぬ直前に何を思うのかを語り掛けてくるストーリーが胸に熱く響く作品です。

人生や幸福に悩んだときにはぜひ見てもらいたい作品であるといえるでしょう。死を題材にした作品でありながらも、人生の最後を優しく、ポジティブに描いているのです。

世界中を旅する半年間

エドワードとカーターが、人生の最後にやり残したことをかなえる冒険は、まずスカイダイビングをすることから始まります。動画では、オスカー俳優として名高い、あのジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが実際に空を飛ぶのです。

青い空に飛び立った2人は、次に、マスタングに乗り込みます。男性の憧れともいえる車に乗り、今度はF1レーサーのようにレース場を走るのです。レース場を貸し切りにして、自分たちだけの世界を楽しむ2人は、まるで小さな子供の様に映し出されます。

さらに、2人はアフリカに飛び、本物の野生動物を見たり、高級ホテルでディナーを食べたりして思う存分楽しむのです。世界遺産であるエジプトのピラミッドや、インドのタージ・マハルなども旅したかと思うと、フランスや中国にまで足を延ばします。

余命6カ月と宣告されたエドワードとカーターは、最後の6カ月で地球をほぼ一周してしまいました。

世界の名所を次々にまわる2人の姿を見ていると、自分も旅に出たいと感じるでしょう。そして、2人と一緒に旅をしている気分になれる映画です。

青春映画を得意としたロブ・ライナーの終活映画

最高の人生の見つけ方のメガホンをとったのは、ロブ・ライナーです。彼は青春映画として長く愛され続けている『スタンド・バイ・ミー』を撮った監督としても知られています。

スタンド・バイ・ミーと最高の人生の見つけ方を撮ることで、ロブ・ライナーは人生の入口と出口の作品を手掛けました。シリアスな中にも叙情のある作風が多く、最高の人生の見つけ方でも、余命6カ月と宣告された男たちの闘病生活をコミカルに描いています

もちろん、俳優陣の演技も素晴らしいとはいえますが、ロブ・ライナーらしさが随所に光る作品です。

ヒューマン・コメディとしての傑作であり、残りの人生のお手本にしたい作品であるともいえるでしょう。

この3つをチェック!最高の人生の見つけ方のおすすめポイント

おすすめポイント1:エドワード・コールはジャック・ニコルソンそのもの

最高の人生の見つけ方で、お金持ちの実業家であるエドワード・コールを演じているジャック・ニコルソンは、ハマり役だと高く評価されています。

というのも、エドワード・コールという人物は、ジャック・ニコルソンそのものであったからです。まず、病院で出会ったカーターが、これまで妻一筋であったというセリフにエドワードは驚くというシーンがあります。このシーンは、ジャック・ニコルソンのアイデアで生まれました。

恋愛経験の豊富なジャック・ニコルソンは、妻だけに愛情を注ぐという人生には程遠い生活をしてきました。そのため、シナリオを読み、恋愛観のずれを感じたのです。そこから、彼のアイデアが生まれました。

ジャック・ニコルソンは、カーターは恋愛にクオリティを追求するタイプであり、エドワードはボリュームを追い求めるタイプだと語っています。

妻一筋という人生も悪くはないとは知りつつも、ジャック・ニコルソンはエドワード流の生き方をしてきました。そんな彼は、エドワードを地で行くプレイボーイだといえるでしょう。

また、ジャック・ニコルソンは、自分の演技に対して85%は自分自身。残りの15%が演技だと語っています。いつもいい監督とタッグを組むことで、いい演技は引き出してもらえるのだそうです。

演技をしているのは彼の中のたったの15%であり、残りの85%は脚本を読み込み、その役柄として生き抜くことだと話しています。そういった理由からもプレイボーイとしてのジャック・ニコルソンが活かされた映画でもあるのです。

さらに、この映画のなかでは、エネルギッシュな姿がたくさん映し出されますが、恥じて死ぬようなことはしたくないという彼の思いもあふれています。

「いつまでも世界中から愛される男として死を迎えたい」という気持ちが演技にも活かされました。ジャック・ニコルソンのユーモアのセンスや、生まれながらのプレイボーイとしての生き方が、スクリーンを通して伝わってくる作品です。

おすすめポイント2:人生の最後にやりたいことをリストアップする面白さ

最高の人生の見つけ方では、対照的な人生を送ってきた2人が余命6カ月を前にして人生の最後にやりたいことのリストを作ります。

映画の中では「棺桶リスト」と訳されていましたが、これは、英語で「The Bucket List」と呼ばれるものです。The Bucket Listは、死ぬ前にやりたいことのリストを意味し、この映画の原題としても使われています。

The Bucket Listを作成するにあたり、真面目に生きてきたカーターは、地味な内容を書き込んでいました。そこで、エドワードに「どうせ死ぬのなら派手にやろう」と言われ、項目が付け加えられていきます。

人生の最後にやりたいことが何であるかを考える面白さと共に、人生の最後に、ここまで人生を変えてしまう楽しさもあるのです。映画を見終わった後に、自分のThe Bucket Listを考えてみるのも、楽しみ方のひとつでしょう。

おすすめポイント3:撮影前まで入院をしていたことで生まれたリアル

最高の人生の見つけ方の動画を見ていると、エドワードがガンの科学治療を受けるシーンが映し出されます。非常にリアリティのあるこのシーンは、ジャック・ニコルソンの経験から生み出されました。

というのも、彼は撮影に入る少し前に、私生活で入院をしていたからです。大した病気ではなかったものの、入院中のできごとや、入院中に感じたことがストーリーにも盛り込まれています。

毎日繰り返される採血や、他の入院患者の暗い表情などを見てきたジャック・ニコルソンは、実際の入院生活を通じて学んだことを、映画の中に活かしたのです。

さらに、実際の入院でも病院食はひどいものだったと語っています。そのため、映画と同じように病院食は、お抱えシェフに作らせていたというのです。まさにエドワードの入院生活とおなじことが、ジャック・ニコルソンの入院生活でも起こっていたのです。

こんな人に見てほしい!最高の人生の見つけ方を楽しめる人のはこんな人

生き方に迷っている人

最高の人生の見つけ方で、エドワードはカーターの真面目な人生を解放し、非日常の世界に連れ出しました。それは、カーターにとって大きな発見だったのです。

これまで知らなかった世界を知ることで、カーターは、今までの自分がどれほど幸せだったのかということに気が付きます。妻のために生きた人生は、幸せな夫としての人生だったことがわかるのです。

最後まで同じ生活をつづけていれば、家族の大切さに気づくことはなかったでしょう。これまでと同じように、クイズに正解をすることで、自分を満足させてきた人生だったのかもしれません。

エドワードと出会い、自分と違った価値観の中に放り込まれることで、自分がどれだけ幸せな人生を歩んできたのかに気づきます。

自分がしたくないことや、自分には考えられないことにチャレンジするのは勇気がいることです。ただ、挑戦することで自分がどの位置にいるのかということや、自分の方向性もわかります。

エドワードの場合も同じであり、成功者で大金持ちであったがゆえに、自己中心的な人生を送ってきました。

それが、カーターと出会うことで目覚めます。見ず知らずの人に親切にする素晴らしさや、お金を持っていることだけが幸せではないということに気付くのです。

この対照的に2人の生き方を足すと、幸せな人生が送れます。思いやりだけでは物足りず、自分を出しすぎても傷つけられます。自分を持ちながらも、相手に思いやりを持って過ごすことの大切さに、気付かせてくれるのです。

もし、自分の人生に迷っているのなら、見てほしい作品であるといえるでしょう。これからの人生を、どう過ごすべきかについて教えてくれます。

自分にとっての大切な人を探している人

この映画は「大切な人」について考えさせられる作品です。動画の始めに、2人は余命を宣告されます。そして2人は旅に出て、ともにさまざまなことを経験しました。これまで何も知らなかった者同士が、最後の6カ月をともに生きることにしたのです。

これまで2人は全く違う人生を歩み、違ったことを経験してきました。それでも、何かが2人を引き寄せたのです。

大切な人との関係の深さというのは、ともに過ごした時間の長さは大切さを語る上での尺度になることも多くみられます。しかしながら、一緒に過ごした時間が短いからといって、大切さには変わりはありません。

余命6カ月を前に出会ったエドワードとカーターは、ともに過ごす時間を長くは持てませんでした。それでも、共有できた時間は濃密であり、これまでとは違った尺度で人生の枠を広げ合ったのです。

誰の人生であっても、自分にとって本当に大切な人は必ず現れます。それが、恋人なのか友人なのかは人それぞれで違うでしょう。重要なことは、その人が自分にとって大切な人だと、自分自身が感じ取ることです。

それは誰も教えてはくれません。自分で見つけに行かないといけないのです。そして、人生を変えてくれる誰かに出会えると、これからの人生が豊かなものに変わります。

この作品には、大切な人を見つけるヒントが隠されていますので、大切な人を探している人にぜひ見てもらいたい作品です。

モーガン・フリーマンが好きな人

最高の人生の見つけ方で、カーター役を演じるのはモーガン・フリーマンです。「出演すると映画が締まる」ともいわれるほどの名優でもあるモーガン・フリーマンは、今作でも魅力的な演技を見せています。

カーターが旅に出るときや、家に戻るとき、そして、人生の最後を迎える時に最高の演技をしているのです。

エドワードとは対照的にいつも家族が見舞にくるカーターは、家族のために人生を生きてきました。その一方で、夢を諦めて生きてきたのです。そんなカーターをモーガン・フリーマンは優しく思いやりをもって演じています

モーガン・フリーマンの魅力が存分に楽しめますので、モーガン・フリーマンが好きな人には見てもらいたい作品であるといえるでしょう。

お得に見たい!最高の人生の見つけ方の動画を無料で見る方法

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT 〇動画配信31日間無料
Netflix ×
ビデオマーケット 〇動画配信初月無料
フジテレビオンデマンド ×
dTV 〇動画配信31日間無料
dアニメ ×
auビデオパス ×
Amazonプライムビデオ 〇動画配信30日間無料
Paravi ×

「最高の人生の見つけ方」は複数の動画配信サイトで視聴可能です。中でもdTVなら31日間の無料お試し期間で効率的に見られます。

↓↓dTVで初回31日間無料トライアル中!↓↓

最高の人生の見つけ方をdTVで見てみる

ネタバレにはご用心!最高の人生の見つけ方のあらすじを紹介

人生の最後にやり残したことをかなえる『最高の人生の見つけ方』は、どのようなあらすじで展開するのか気になりますよね。そこで、ここからはあらすじを詳しく紹介しましょう。

最後にはネタバレも含みますので、動画で結末を知りたい人は気を付けてください。

病室で出会ったエドワードとカーター

物語の冒頭は、エドワードの秘書であるトマスエベレストに登ったところから始まります。

そして画面がブラックアウトすると、町の自動車修理工場で働くカーターのシーンへと切り替えられるのです。

カーターのもとに、1本の電話がかかります。それは、先日受けた健康診断の結果を知らせる電話でした。

健康診断の結果が良くなかったため、カーターは入院を余儀なくされます。カーターの病室は2人部屋でした。そのもう1つのベッドに、ある日、1人の男が入院してきます。

同室になったエドワードは、金持ちの実業家でした。2人が入院している病院もエドワードが経営しているのです。対照的な性格の2人は、お互いに距離を保ちながら入院生活を送っていました。

しかし、どちらからともなく話をするようになります。家族のことや若い時に夢見たことなどを話しているうちに、カーターは大学時代の講師の話を思い出すのです。

それは、死ぬ前にやりたいことを記した棺桶リストを作るというものでした。カーターは、エドワードには内緒で棺桶リスト作りにとりかかるのです。

余命が宣告される2人

そんなある日、2人は担当医師から余命を宣告されました。強がりなエドワードは余命6カ月と告げられたことに大きく動揺します。カーターもショックを受けますが、その姿にはあきらめも感じられました。

それでも、カーターの妻は諦めず、何とかしてカーターの余命を伸ばせないかと考えます。カーターはそんな妻の考えを受け入れられませんでした。

妻が病室から出ていくと、カーターは作りかけのリストを眺めます。しかし、余命6カ月を前にこんなものは必要ないと、丸めてしまいました。

次の朝、エドワードはベッドの下に落ちている、カーターの丸めたリストを見つけます。それを読んでいるとき、カーターが目を覚ましました。カーターは、エドワードに、なぜ死ぬ前にやりたいことのリストを作り、なぜ丸めたのかを話し始めます。

すると、エドワードはカーターのリストに、自分のやり残したことや、やりたいことを書き加えました。そして、カーターにこれを2人で全部実行しようと提案するのです。

最初は断ったカーターでしたが、エドワードの説得により、一緒に旅に出ることになりました。

冒険を楽しむ2人

この話を聞いたカーターの妻は、猛反対をします。しかし、カーターとエドワードはこっそり病院を抜け出し、冒険を決行しました。

まず、2人が挑戦したのはスカイダイビングです。そして、憧れのスーパーカーに乗り込み、レースを楽しみました。その後、フランスの一流レストランで豪華な食事を満喫します。

このとき、エドワードは、カーターに自分には娘がいることを伝えました。その娘とは長い間音信不通だというのです。

そこで、カーターはリストに娘と再会することを書き加えます。しかし、エドワードは怒り出し、それを消してしまいました。そんなとき、カーターが急に席を立ち、トイレへと向かいます。

不審に思ったエドワードがこっそりと後を追うと、カーターのシャツが血で真っ赤に染まっているのです。エドワードは一度病院に戻ろうと提案しますが、それをはねのけたカーターはホテルに戻りました。

ホテルでカーターが風呂に入っている間、カーターの携帯電話に妻から電話がかかってきました。カーターの妻は、電話に出たエドワードに「生きているうちに夫を失うのはつらすぎる」と伝えます。

それを聞いたエドワードは、カーターももう一度帰ることを提案しました。その様子に、妻と何かを話したと気づいたカーターは、自分がこの旅に出た本当の理由を話すのです。

大切なものに気づくカーター

旅を続けることにした2人は、サバンナをジープで走り回り、エジプトのピラミッドにも上りました、そしてインドでタージ・マハルを見学したのです。エベレストにも登るつもりでいましたが、猛吹雪のため、諦める必要に迫られました

そこで、2人は香港へと移動し、カーターは香港のホテルのバーで1人の女性と出会います。エベレストに登った経験のあるその女性と話しているうちに、カーターは恋心を感じるのです。しかし、その恋心は妻のバージニアに対するものであると気づきます。

そして、エドワードに家に帰ることを伝えました。アメリカに着き、カーターを家に送っていると、エドワードは道が違うと感じ始めます。不思議に思っていると、車は、エドワードの娘の家の前で停まったのです。

激怒したエドワードは、リストを破り捨てて1人で帰ってしまいました。残されたカーターはタクシーで帰宅し、久しぶりに家族での食事を楽しみます。ただ、食事が終わるとカーターは倒れてしまうのです。

2人の別れ※ネタバレあり

アメリカに戻った翌日、エドワードに1本の電話がかかってきました。その電話でカーターが倒れたこと知ったエドワードは、慌てて病院にかけつけます。

医師から告げられたのは、ガンが脳にまで転移していることでした。手術はするものの、見込みは低いというのです。エドワードが病室に行くと、カーターは眠っていました。そこで、カーターの妻から手紙を渡されます。

カーターが目を覚まし、2人は少しだけ会話をすると、カーターは手術室へと移動することになりました。そのとき、カーターはエドワードが破り捨てたはずのリストを渡します。

これが2人にとっての最後のやりとりとなりました。手術をしたものの、カーターは死んでしまうのです。

エドワードは、車の中でカーターからの手紙を読み、娘に会いに行きました

そして、カーターの葬儀でもスピーチをしたエドワードは、カーターに渡されたリストの残りもかなえていくのです。

ここで、シーンは冒頭のトマスの語りへと戻ります。2人のリストは「荘厳な景色を眺める」の1つだけが残されていました。それを達成させるために、トマスはエベレストに登ったのです。

そこで、カーターとエドワードの遺骨と、全てにチェックが入った棺桶リストを埋葬しました。

個性派の俳優がずらり!最高の人生の見つけ方の主な登場人物

最高の人生の見つけ方には、個性的な登場人物がたくさん出てきます。動画では、それぞれの個性に注目しながら見ると楽しめるでしょう。

【エドワード・コール役】ジャック・ニコルソン(Jack Nicholson)

コール・グループの会長のエドワード・コールは、16歳から金もうけを始め、一代で巨額の富を築いた実業家です。

プレイボーイのエドワードは、4回の離婚経験があり、子供が1人います。しかし、子供とは音信不通の状態です。

【カーター・チェンバーズ役】モーガン・フリーマン(Morgan Freeman)

カーター・チェンバーズは、66歳の黒人男性です。自動車整備工として45年間真面目に働き、妻と3人の子供がいます。雑学王で、クイズ番組が好きな人物です。

【トマス役】ショーン・ヘイズ(Sean Hayes)

トマスはエドワードの秘書を務めています。本名はマシューですが、エドワードがその名前を嫌っていることから、トマスと呼ばれることになりました。冷静に仕事をこなす男であり、エドワードに対して唯一意見ができる人物です。

ここもチェック!最高の人生の見つけ方の作品情報

原題:The Bucket List

公開年:2007年

製作総指揮:ジャスティン・ザッカム

監督:ロブ・ライナー

脚本:ジャスティン・ザッカム