映画『世界にひとつのプレイブック』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

マシュー・クイックのベストセラーを映画化し、世界中で大ヒットした作品が「世界にひとつのプレイブック」です。本作は、つらい過去を経験して精神が病んでしまった男女が社交ダンスのレッスンを通し、絆を深めあっていく物語です。

「心の病」と聞けば、多くの人がハードで暗い内容を想像するでしょう。しかし、本作は明るいラブコメ風味に仕上がっており、気軽に視聴可能です。それでいて、最後には大きな感動が押し寄せてきます。この記事では、傑作映画「世界にひとつのプレイブック」の感想や、動画配信サイトで無料視聴する方法を紹介します。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

世界にひとつのプレイブックをU-NEXTで見てみる


心が壊れた男女の物語!「世界にひとつのプレイブック」はこんな映画

「世界にひとつのプレイブック」の主人公は、心が壊れてしまった男女です。

パットは妻の浮気現場を目撃したショックから躁うつ病となり、入院生活を送っていました。退院してもおかしな言動は完治しておらず、社会復帰にはいたっていません。

そんなパットをデートに誘う美女がティファニーです。ティファニーは若くして夫と死別しており、悲しみを埋めるために性依存症となっていました。そのため、周囲の彼女に対する評判は良くありません。

心が壊れ、社会からはみ出してしまった者同士、2人は惹かれあいます。そして、ティファニーはパットに社交ダンスのレッスンをほどこし、絆を強めていきます。

最初はぎこちなかったダンスが徐々に上手く踊れるようになる過程は、パットが「普通の社会人」に戻っていくまでの姿でもあります。

ただし、それだけの内容なら本作が世界中から愛されることはなかったでしょう。パットは妻と復縁するために「普通の自分」を取り戻そうと躍起でした。しかし、そもそも「普通」や「常識」は何なのかを本作は問いかけてきます。

パットもティファニーも、病気の仲間たちもみんなそれぞれが魅力的な登場人物です。社会のルールから少しくらい外れていたって気にすることはないというメッセージが「世界にひとつのプレイブック」にはこめられています。

そして、パットとティファニーは基本にとらわれない、2人だけのダンスを編み出すのです。

タイトルになっている「プレイブック」とは、アメリカンフットボールの用語です。コーチが選手にフォーメーションを指示する際に使う資料を「プレイブック」と呼びます。

人生はスポーツのようにセオリーがあるわけではありません。今の自分を愛し、正直に生きることが幸せになる秘訣です。「世界にひとつのプレイブック」は多様性が受け入れられつつある時代を象徴する傑作といえるでしょう。

そして、ラブストーリーの要素も本作が愛された一因です。パットは当初、元妻のことしか見えていませんでした。しかし、ティファニーと一緒に過ごすうち、彼女の魅力にも気づいていきます。

ティファニーはパットに惹かれながらも、彼が復縁するためには身を引こうと考えています。すれ違う2人がラスト、どのような決断を下すのか目が離せません。

本作を監督したデヴィッド・O・ラッセルは「スリー・キングス」などで知られる鬼才です。しかし、激しい性格が災いとなってハリウッドでの評判が落ちた時期もありました。

精神的に追い込まれたラッセルは原作本と出会い、なんとしてでも自分の手で映画化したいと思うようになります。本作はラッセルにとってのリハビリでもありました。

その結果、「世界にひとつのプレイブック」は超大作なみの興行収入を記録する大ヒットとなります。第85回アカデミー賞には8部門でノミネートされ、ジェニファー・ローレンスが主演女優賞を獲得しています。

本作の成功により、主演のブラッドリー・クーパーはトップスターとしての地位を確立しました。また、ローレンスも「期待の若手」から「名女優」のステップアップを果たし、多くの話題作に出演し続けています。

俳優陣にとっても「世界にひとつのプレイブック」は大きな転換期となった作品でした。ラッセルの演出は冴え渡っており、俳優の新たな顔を引き出しています。主演の2人だけでなく、大物俳優ですらほかの映画とはまるで違う、親近感のわく演技を見せています。

たとえば、ロバート・デ・ニーロは非常にクセのある演技が特徴で、よくモノマネのネタ元にもなっているベテラン俳優です。しかし、本作のデ・ニーロはとてもナチュラルな演技で新しい魅力を引き出されました。

明るいキャラクターで知られるクリス・タッカーすら、うつ病患者の役柄を自然体で演じています

本作は、出演している俳優にとっても代表作と呼べる映画です。ほかの映画では見られない表情を「世界でひとつのプレイブック」の動画で確認しましょう。

「普通」じゃなくてもいい!「世界にひとつのプレイブック」の魅力3

変人たちが織りなすユニークなドラマ!

「世界にひとつのプレイブック」が映画ファンをうならせたのは、主要登場人物たちの設定でした。多くの映画では、主人公は魅力的で優秀な人物として描かれています。だからこそ、視聴者は主役に憧れるからです。

しかし、本作の主人公、パットは躁うつ病で奇行を繰り返す男です。パットの日課はジョギングですが、「汗を効率的にかくため」と言ってゴミ袋をかぶって走ります。どう見ても変人そのものなのに、本人は我関せずです。

一方、パットに惹かれるティファニーも職場の男たちと次々に関係を持ち、退職せざるをえなくなった女性です。

2人が最初に話したテーマは「服用している薬について」でした。それに、デートに選んだ先はただのダイナーです。また、2人の家族や友人も変人ぞろいで、次々にトラブルが舞い込んできます

しかし、動画を見ている人は彼らを見下すわけでもなく、いつの間にか気分が楽になってくでしょう。パットやティファニーたちの生き方は確かに常識からはずれています。それでも、彼らなりに楽しく人生を送るための答えを見つけていきます。

「世界にひとつのプレイブック」は固定観念から外れて人生を見つめ直す大切さを教えてくれるのです。

主役2人のラブストーリーが切ない

「世界にひとつのプレイブック」はラブコメディでもあります。パットとティファニーのじれったい関係が縮まっていく様を、視聴者は固唾をのんで見守ることでしょう。

そもそも、パットは「自分は元妻と復縁する」とかたくなに信じ込んでいます。だから、ほかの女性に目もくれません。視聴者からすれば、ティファニーがパットを好きなのは一目瞭然です。それなのに鈍感なパットにはイライラさせられます。

そして、女性はティファニーに深く共感しながら物語にのめりこんでいくでしょう。かなり奇抜な設定のキャラクターですが、ティファニーのパットに対する思いは純粋そのものです。

素直に「好き」と言えないばかりに、彼女はパットに得意な社交ダンスを教え続けます。レッスンの間だけ、パットはティファニーのことを見てくれるからです。そんなティファニーのアプローチに、さすがのパットも彼女の思いに気づいていきます。

とはいえ、パットにとって元妻と復縁するのは大きな意味があります。美しくて聡明な元妻に自分を認めてもらえれば、パットは自分が「完治した」と信じられるからです。

自分も心の病を患っているティファニーは、そんなパットに拒絶されたような気持ちを抱きます。切ないティファニーの気持ちが報われるかどうかは、本作の動画で確かめましょう。

怒涛のクライマックスに幸せの意味を再確認

「世界にひとつのプレイブック」はちょっと変わった日常のドラマとして物語が進んでいきます。

ところが、クライマックスに向けて一気に展開が加速します。

まず、パットの父親がアメフトの賭博で大金をすってしまいました。愛情を示すために、パットが好きなチームに全財産を賭けていたからです。このままでは、年老いた両親と心を病んだパットは一文無しになってしまいます。

そこで、パットたちは新しい賭けに挑みます。パットとティファニーで社交ダンスの大会に出場し、予言した以上の得点を出せるかどうか勝負することになりました。

しかも、当日にはパットの元妻まで訪れます。パットがいいところを元妻に見せれば、復縁に大きく近づきます

それまではのんびりと進んでいた映画が、怒涛のクライマックスに向けて切り替わるのはなんともスリリングです。

パットとティファニーは、多くの人の未来まで背負ってダンスをすることになりました。しかし、パットの腕前はまだまだ素人であり、設定された得点をクリアするのは至難の業です。

そこで、2人は大会当日に一世一代の「ギャンブル」を行います。

パットとティファニーの選択が吉と出るか凶と出るかは、本作を見た人のお楽しみです。2人のダンスシーンは映画史上に残る名場面のひとつです。

恋愛の傷に効く映画!「世界にひとつのプレイブック」はこんな人におすすめ

変わっていると周囲から言われる人

自分では真面目にしているつもりなのに、「変わっている」「天然」といわれるタイプがいます。そして、協調性を重んじる集団に属していると「変わっている」とは決して誉め言葉とも限りません。

努力して普通になろうとするほど、ますます空回ってしまう人は多いでしょう。そんな人間関係に疲れたら、「世界にひとつのプレイブック」はパワーを分けてくれます。

本作に登場するキャラクターの大半は、一般的に「普通」とは呼ばれない事情を抱いています。それでも、1人1人にできることを見つけて前向きになっていく姿が感動を呼ぶのです。

たとえ周囲から変人扱いされても、気にすることはありません。楽に生きるためのスタイルは人それぞれであり、他人から批判されるいわれなどないのです。

周囲の目が気になったときには、「世界にひとつのプレイブック」の動画を見てみましょう。強烈な個性を持った登場人物の行動は、常識にとらわれないことの大切さを体現しています。

昔の恋愛を忘れられない人

深く愛した人がいると、離れてもなかなか忘れられないものです。そして、ときには思い出が未来に進んでいく邪魔をします。素晴らしい人にめぐりあっても過去と比べてしまい、一歩が踏み出せなくなります。

また、恋愛以外のモチベーションも失ってしまい、何も手につかなくなるケースもありえるでしょう。しかし、過去を変えることはできません。必要なのは今を一生懸命に過ごし、未来を明るくしていくことです。

とはいえ、理屈ではわかっていても行動に移すのは困難です。そこで、映画から背中を押してもらいましょう。「世界にひとつのプレイブック」は昔の恋愛に悩む人に響く内容です。

主人公のパットは破局した結婚生活を後悔し続けています。ティファニーも死んだ元夫が忘れられません。愛する人から植え付けられたトラウマによって、2人の人生は狂わされています。

しかし、パットとティファニーはお互いを深く知ることで前向きに生きる術を身につけていきます。彼らの変化から、見る人も刺激を受けるでしょう。

そもそも、過去の恋愛を素晴らしいものだと思っていても、相手が同じように考えているかどうかはわかりません。別れた相手は自分の人生を歩み、今を生きているのです。自分だけが過去にとらわれていても無意味といえるでしょう。

また、必要以上に過去を美化してしまうと、これから訪れる出会いのチャンスを逃し続けていきます。恋愛に臆病になったら「世界にひとつのプレイブック」で自分を鼓舞しましょう。

新しい挑戦をするきっかけを得たい人

年齢を重ねていくと「挑戦」がしにくくなっていきます。転職したり、婚活をしたりするなどの大きな決断を後回しにしがちです。

そこまで重要な悩みでなくても、新しい趣味や習い事に手が出せなくなる人は少なくありません。大人になれば失敗を恐れるようになるからです。

成功して得られる喜び以上に、人前で恥をかく怖さが先立ってしまいます。その結果、同じような毎日が過ぎていき、刺激が失われていきます。

しかし、「世界にひとつのプレイブック」は真逆の映画です。パットはこれまでの人生を真面目な良識人として生きてきました。

そんな彼は離婚と病気という2つの大事件を経て、人生に新たな視点を見つけます。元妻の愛を取り戻したい一心から社交ダンスを始め、やがてレッスンにのめりこんでいくのです。

何かに挑戦するきっかけをつかみたいなら、本作は勇気を届けてくれます。そして、物事を始める理由など「なんでもいい」という真実に気づくでしょう。

パットは社交ダンスそのものが楽しくなることで、ティファニーという新しい女性の魅力に気づいていきます。

いくつになっても、新しい挑戦は人生を豊かにしてくれます。そして、眠っていた向上心を呼び起こすはずです。同じことの繰り返しで毎日が退屈になっているなら、パットの奮闘を見て気持ちを奮い立たせましょう。

映画「世界にひとつのプレイブック」配信サイトは?動画の無料視聴は可能か

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu
U-NEXT
Netflix
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV
dアニメ ×
auビデオパス ×
Amazonプライムビデオ
Paravi ×

「世界にひとつのプレイブック」の動画はさまざまなサイトから配信中です。U-NEXTなら31日間の体験で無料視聴可能です。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

世界にひとつのプレイブックをU-NEXTで見てみる

ネタバレ注意!「世界にひとつのプレイブック」あらすじを紹介

以下、動画配信中「世界にひとつのプレイブック」のあらすじをネタバレ込みで紹介します。

パットは真面目な高校教師で、美しい妻のニッキと幸せに暮らしていました。しかし、ある日自宅に帰ってくるとニッキはパットの同僚と浮気をしていました。

部屋にはスティービー・ワンダーの「マイ・シェリー・アモール」が爆音でかかっており、2人はパットに気づかなかったのです。

激高したパットは同僚に暴力をふるってしまいます。検査の結果、パットは治療が必要だとして精神病院に送られました

8カ月後、パットは母親に迎えに来てもらい退院します。しかし、パットの症状は完治したとはいいがたいものでした。

躁うつ病のパットはささいなきっかけで興奮し、怒鳴り散らします。また、強迫観念にとりつかれて毎日、ゴミ袋をかぶってジョギングをします。

そんなパットの生き甲斐はニッキと復縁することだけでした。すでに離婚は成立し、パットには接近禁止令が下されています。それでもパットは、自分が「普通」になればニッキを取り返せると信じていました。

ある夜、パットは友人のロニーからホームパーティーに招待されます。そこで、パットはティファニーという若い女性と知り合いました。

ティファニーは夫と死別し、精神的に不安定になっていました。しかし、パットにとっては話しやすい相手です。精神疾患について話し合い盛り上がった2人は後日、デートに繰り出します。

とはいえ、パットにとって意中の女性はニッキだけです。デートの場所は場末のダイナーで、パットが注文したのはシリアルだけでした。

しかも、会話の内容はティファニーの男性遍歴です。夫が死んだ寂しさから性依存症になったティファニーは、職場の男性と次々に関係を持って退職していたのでした。

食事中、ヒステリーの発作を起こしたティファニーは店を飛び出します。しかも、因縁の「マイ・シェリー・アモール」が流れてきてパットはパニックになります。2人のデートは大惨事に終わりました

それでも、パットはニッキの友人であるティファニーに頼みごとをします。パットはニッキに会うことができないので、ティファニーを通して手紙を手渡したいと告げました。

ティファニーは引き受けるかわりに条件を持ち出します。それは、パットがティファニーと社交ダンスを踊るという内容でした。ティファニーはかつてダンスの名手でしたが、夫の死後、レッスンを止めていました。パットはしぶしぶ条件を飲みます。

しかし、ティファニーとのダンスはパットにとって、予想以上に充実した時間でした。ぎくしゃくした2人の関係も改善され、深い話もできるようになっていきます。

ティファニーはパットへの思いを募らせていきますが、パットはティファニーに妻への手紙を毎回渡します。そして、ティファニーが持ってきたニッキの手紙をうれしそうに読むのでした。

そんな中、パットの父親がアメリカンフットボールの賭博で大損をしてしまいます。父親はパットへの愛情を示すため、息子が好きなイーグルスの勝利に全財産を賭けたのでした。

破産寸前の一家は、最後の手段としてもう一度賭けを行います。パットとティファニーが出場するダンス大会で、10点満点中5点以上を獲得できたら財産を取り返せるという条件です。

しかし、ティファニーはともかくパットはまだまだダンスの素人であり、5点さえきびしい実力でした。

大会当日、ニッキが元夫の晴れ舞台を見るために会場を訪れます。ティファニーはパットとニッキが復縁するのだと悟り、心が揺さぶられます。

いよいよ2人の出番がやって来ました。家族と賭け元、そしてニッキが見守る中、2人は予想外のパフォーマンスを披露します。

上品な社交ダンスの雰囲気とはうってかわった演技に、観客は開いた口がふさがりません。それでも2人は心からダンスを楽しみます

やりきった2人に審査員から点数が告げられます。そして、それぞれの気持ちにも答えが出るのでした。

名優が大集合!「世界にひとつのプレイブック」の主な登場人物とキャスト

【パット・ソリターノ・ジュニア役】
ブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)

本作の主人公です。躁うつ病をわずらいながらも、かつての自分を取り戻そうとする姿が健気です。

本作でアカデミー主演男優賞にノミネートされたブラッドリー・クーパーはトップスターの仲間入りを果たしています。彼の出世作である「世界にひとつのプレイブック」を動画でチェックしましょう。

【ティファニー・マクスウェル役】
ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)

本作のヒロインがティファニーです。夫との死別をきっかけに精神を病みますが、パットとのダンスレッスンを通して立ち直っていきます。

本作でアカデミー主演女優賞を獲得したジェニファー・ローレンスは、授賞式時点で若干22歳でした。その後も、ラッセル監督とはタッグを組み続けています。

【パット・ソリターノ役】ロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)

パットの父親で、思い込みが激しい性格ですが、息子を愛し続けています。映画史に残る名優、ロバート・デ・ニーロも本作では普通の登場人物を愛嬌たっぷりに演じています。

【ドロレス・ソリターノ役】ジャッキー・ウィーヴァー(Jacki Weaver)

パットの母親です。息子を支え、おっちょこちょいな夫をうまくフォローします。ハードな演技が得意なジャッキー・ウィーヴァーも、親近感のある主婦を好演しました。

【ダニー・マクダニエルズ 】クリス・タッカー(Chris Tucker)

パットの友人で病気仲間です。演じるのはマシンガン・トークが売りのクリス・タッカーですが、抑えた演技で新境地を開拓しました。

製作総指揮はあの人!「世界にひとつのプレイブック」作品情報

原題:Silver Linings Playbook

公開年:2012

製作総指揮:ブラッドリー・クーパー、ジョージ・パーラ、ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン

監督:デヴィッド・O・ラッセル

脚本:デヴィッド・O・ラッセル