映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

ハリー・ポッターと秘密の部屋」は、子どもから大人まで幅広い世代に支持されている「ハリー・ポッター」シリーズの第二作目です。イギリスの児童文学作家であるJ・K・ローリングが1998年に発表して、2002年に映画化されました。

子ども向けファンタジーでありながら、個性あふれる登場人物と独特の世界観が「ハリー・ポッター」シリーズの大きな魅力です。シリーズ2作目である「ハリー・ポッターと秘密の部屋」では、2年生となったハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が「秘密の部屋」に関する謎を解決していきます。

ここではそんな「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の感想と、動画配信サイトで無料で視聴する方法について紹介していきます。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ハリーポッターと秘密の部屋をU-NEXTで見てみる


映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の魅力は?

原作は累計部数4億5000万部以上の人気シリーズ

「ハリー・ポッター」シリーズは、イギリスで最も有名な作家の1人であるJ・K・ローリングによって生み出されました。全7巻からなる書籍は73の言語で翻訳されて、世界中で発行されて累計部数は4億5000万部以上になります。

指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)と並び、世界中で愛されるファンタジー小説といえるでしょう。

「ハリー・ポッター」シリーズは、2001年に公開された「ハリー・ポッターと賢者の石」をはじめ、2011年の8作目「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」まで、全8作が映画化されています。

「ハリー・ポッター」シリーズは、回を重ねるごとに文章量が増えたため、最終作である「ハリー・ポッターと死の秘宝」はPART1、PART2からなる二部作でした。

今回紹介する「ハリー・ポッターと秘密の部屋」は、この大人気シリーズの第2作目にあたります。

映画にスパイスを加えるユニークな憎まれ役キャラクターたち

ハリー・ポッターと秘密の部屋は、2年生になったハリーたちが、ホグワーツ魔法学校の「ある事件」について巻き込まれていくストーリーです。

ミステリー的な要素も強く、前作とは違ったユニークなキャラクターがたくさん登場することも、この映画の魅力です。

第1作目で、主人公のハリー・ポッターは魔法学校であるホグワーツに入学しました。ホグワーツには、ハリーのライバルであるドラコ・マルフォイや、ハリーを敵対視しているスネイプ先生が登場します。

第1作目よりもパワーアップした憎まれ役のキャラクターに注目することで、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を、より楽しむことができるでしょう。

ファンタジーとミステリーが融合した新感覚のストーリー展開

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」という映画において欠かせないキャラクターが、屋敷しもべ「ドビー」です。緑色の目をした小さな生き物で、決して愛らしい容姿ではありません。

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」には、マンドレイク、ピクシーなど、空想上の生き物がたくさん登場します。

子ども向け映画でありながら、これらの生き物は生々しく描かれています。こういった空想上の生き物のリアルさも「ハリー・ポッター」シリーズの大きな魅力といえるでしょう。

物語のはじめに出てくる屋敷しもべのドビーは、汚らしくどこか信用できない印象です。ドビーは何者か、敵か味方か、そもそも屋敷しもべとは何なのか、といった疑問が頭の中をグルグルしている間に、物語はどんどんと動いていきます。

友人のロン・ウィーズリーとその双子の兄であるフレッドとジョージが空飛ぶ車に乗って、部屋に閉じ込められたハリーを助け出すなど、刺激的な展開尽くしです。

この大家族ウィーズリー家は、「ハリー・ポッター」シリーズには欠かせない存在です。

1作目の「ハリー・ポッターと賢者の石」では、ハリーの親友ロンが大きな役割を果たしました。2作目の「ハリー・ポッターと秘密の部屋」でも、ウィーズリー家は物語のカギを握っています。特に、双子の兄フレッド、ジョージ、そして妹のジニーに注目してみると楽しめるはずです。

さらに、ハリーが通うホグワーツは魔法学校だけあって、その雰囲気はどこか不気味です。ただ、その非日常感を味わえる点も「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の魅力でしょう。

ホグワーツで登場するのは、生徒や先生だけではありません。管理人のフィルチやその飼い猫、寮の創始者やゴーストまで、いろいろなキャラクターが登場します。

また、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」では「スリザリン」という寮が物語のキーとなります。スリザリンには、ハリーたちとは対立関係にあるドラコ・マルフォイをはじめ、個性的なキャラクターが揃っています。

総じて嫌な奴ですが、どこか人間臭く憎めない印象です。スリザリンは狡猾な生徒が多く、マグルを嫌い純血の者だけを魔法族として認める選民思想主義者が多いため、スリザリンの生徒が、ある事件を起こしているのではないかと疑われます。

しかし、疑いの目は次第にハリーに疑いの目が向けられるようになり、数々の謎も出てきます。

その謎をハリーたちがどう解決していくのかを、動画配信サービスを利用して視聴してみてはいかがでしょうか。

ハリー・ポッターと秘密の部屋をおすすめする3つのポイント

「ハリー・ポッター」シリーズは全8作からなる大作です。なかなか手が出ない人もいるかもしれませんが、一度見始めると続きが気になって仕方がない、不思議な魅力がある映画となっています。「いまさら見るのも」と悩んでいる人こそ、ぜひ見るべき名作です。

おすすめポイント1:壮大なファンタジー

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」では、幼い頃に両親を亡くしたハリーが、ホグワーツ魔法学校に入学し仲間と共に成長していく様子が描かれています。

ハリーを迎えに来た森の番人のハグリッド、赤毛の魔法一族のロン、マグル出身の秀才ハーマイオニーをはじめ、登場する生徒も先生も個性的なキャラクターです。

そして、グリフィンドール、レイブンクロー、ハッフルパフ、スリザリンからなる4つの寮や不思議なお店が軒を連ねる「ダイヤゴン横丁」、魔法をつかったスポーツ「クィディッチ」など、世界観も独特です。

作りこまれたファンタジーの世界に、一瞬で引き込まれていくでしょう。映画での再現度も高く、まるで魔法世界に迷い込んだような感覚を味わえるはずです。

「ハリー・ポッター」シリーズが、ここまで世界的に愛される理由に、その作りこみの深さがあります。

ハリー・ポッターの世界は、もちろん空想のものですが、作者のJ・K・ローリングは、それをうまく現実とミックスしています。たとえば、ホグワーツへの入り口であるキングス・クロス駅は実在する駅です。

もしかしたら、本当にこんな世界があるかもしれない」と思えるような距離感で描かれているのです。映画でも魔法という非現実的なファンタジー要素と、普通の子ども・大人としての心情がとても丁寧に描かれています。

「勇者が敵を倒していく」という単純なファンタジーと一味違った壮大な世界観が楽しめる映画といえるでしょう。

おすすめポイント2:大人も楽しめるサスペンス要素

主人公は12歳になった少年ハリー・ポッターです。子ども向けの映画かと思いきや、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」はサスペンス要素がふんだんに盛り込まれているため、大人でも見ごたえがある映画です。

物語のはじめこそ、空飛ぶ車で少年たちが大騒ぎするコミカルなシーンなどもありますが、話が進むにつれて、ダークな場面が徐々に増えていきます。

動物や生徒が石にされ、原因が「秘密の部屋」にあることが噂されるようになると、その犯人捜しがはじまっていくのです。

ハリーたちは、マグル嫌いのドラコ・マルフォイが「継承者」であることを疑いますが、あるきっかけでその矛先はハリーに向かいます

物語は1年間を通じて、少しずつ動いていきます。クリスマス休暇があけても、秘密の部屋の継承者はわからず、容疑者として友人のハグリッドの名前があがりました。

また、秘密の部屋へのヒントとなる黒い日記帳とその持ち主であるトム・リドル、禁じられた森にいる大きな蜘蛛のアラゴグ、学校に出没する幽霊の女の子マートルなど、主要な人物が次々と浮かび上がっていくのです。

舞台は魔法世界ですが、この謎を解いていくストーリー展開は、上質な推理小説そのものです。

さらに、「秘密の部屋」の真実は、主人公ハリーの過去にも関係してきます。最後まで見終わったとき、「ここがそうつながるのか!」と、ある種の感動を味わえる映画といえるかもしれません。

おすすめポイント3:魅力的な登場人物

魅力的な登場人物が多い「ハリー・ポッター」シリーズですが、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」ではキーパーソンが2人います。

1人は新任教師のロックハートです。彼はハリーを贔屓しますが、それが裏目に出てハリーを悩ませる原因になったりもします。

そして、もう1人はロンの妹ジニーです。ジニーは後のシリーズでも、さらに存在感を増していきます。

動画配信サービスなどで「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を視聴するときは、この2人に注目すると、面白さも倍増するはずです。

ハリー・ポッターと秘密の部屋を楽しめる人はこんな人

悩みを抱えている人

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」では、ハリーの心の動きがとても繊細に描かれています。

1作目の「ハリー・ポッターと賢者の石」では、ヴォルデモートの悪の手から生き残った「奇跡の子」としてハリーが登場しました。しかし、2作目では、宿敵ヴォルデモートと自分自身の共通点が多いことに、ハリーは悩み苦しみます。

それがわかったのが、新任教師ロックハートが開催した「決闘クラブ」でのことでした。ハリーは多くの生徒が見ている中で、蛇語を話します。

ハリーにとって蛇と話せることは、決して「特別」なことではありませんでした。しかし、魔法界では、蛇語を話せる人がごく少数しかいないことがわかります。

しかも、その1人が自分の両親を殺したヴォルデモートだったのです。蛇は闇の魔術に通じる動物で、それを話せることは「闇の魔法使い」としての素質があることを意味します。

ハリーは入学時の組分けでも、闇の魔法使いを数多く輩出している「スリザリン」になる可能性がありました。それを自分の意思で、今のグリフィンドールに変えたのです。

ハリーは、自分自身が闇に通じているのではないかと悩みます。そして、周りの人間も、ハリーを少しずつ恐れるようになるのです。

「ハリー・ポッター」シリーズは、少年少女に夢と希望を与えるといった、王道ファンタジーではありません。魔法世界という非現実な舞台での、リアルな人の悩みを描いているのです。

その悩みに主人公ハリーが懸命に立ち向かう姿を見ることで、共感できる部分も多くなるはずです。

親子で一緒に楽しみたい人

12歳の少年少女を主人公にしている「ハリー・ポッター」シリーズは、親子でも安心して見ることができます。魔法の杖を使って決闘するシーンは、子どもも大人もワクワクと楽しめること間違いなしです。

ホグワーツ魔法学校には、人間だけでなくさまざまなゴーストが生活しています。ゴーストたちは「ほとんど首なしニック」「嘆きのマートル」といったように、名前が付けられており、どこか憎めないキャラクターです。

途中、巨大な蜘蛛や邪悪な亡霊などが登場するシーンもありますが、ホラー映画のような怖さはありません。子どもがスリルを楽しめるような、ほどよいドキドキを感じられる作品です。

休日に親子でゆっくり過ごしたいと思っている人は、ぜひ動画配信サービスなどで、ハリー・ポッターと秘密の部屋を視聴してみましょう。

ファンタジー映画に挑戦したい人

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」は、ファンタジー映画が苦手な人にこそ挑戦してほしい作品です。

ハリウッド映画のような派手なアクション、日本映画のようなほんわか日常もの、フランス映画のような芸術性の高いヒューマンドラマなど、どの映画にも負けず劣らない魅力がこの映画にはあります。

「魔法」を扱う映画ではありますが、そこだけがすべてではありません。「ハリー・ポッター」シリーズでは、魔法はあくまで要素の1つに過ぎません。

人としての成長、仲間との関わり、過去のトラウマなど、生身のわたしたちが共感できる内容となっています。そして、その完成度が非常に高いことが「ハリー・ポッター」シリーズの特徴です。

第1作目から登場していたハグリッドは、この映画の中で、ある事件の「容疑者」として連行されていきます。それは、彼が過去に行った行為によるものでした。

どれだけ今を誠実に生きていたとしても、人とは違う過去があるだけで、異端と見なされます。ハリーたちは、ハグリッドの疑いを晴らすために奮闘します。

自分が信じる人のために、危険を冒して何かを成す姿に大人も子どももありません。「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の主人公は12歳の子どもですが、この物語の中には、教師や親としての大人世代も数多く登場します。

大人の視点でも描かれているこの映画は、ファンタジーを超えたファンタジー映画といえるかもしれません。

ハリー・ポッターと秘密の部屋の動画を無料でお得に見る方法は?

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu 〇お試し無料
U-NEXT 〇お試し無料
Netflix ×
ビデオマーケット 〇324ポイント
フジテレビオンデマンド ×
dTV 〇お試し無料
dアニメ ×
auビデオパス 〇お試し無料
Amazonプライムビデオ 〇199円
Paravi ×

動画配信サービスの多くは無料のお試し期間で、お得に視聴することができます。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ハリーポッターと秘密の部屋をU-NEXTで見てみる

ハリー・ポッターと秘密の部屋のあらすじは?※ネタバレ注意

2年生になったハリーロンハーマイオニーは、ホグワーツに伝わるある事件に巻き込まれていきます。

事件が起こったのは、ハロウィンの日でした。ホグワーツの管理人であるフィルチが可愛がっていた猫ミセス・ノリスが石になって発見されたのです。

その場はマクゴナガル先生が駆け付けましたが、石になったミセス・ノリスの姿に生徒たちは怯えました。事件はさらに深刻化していきます。

次は生徒たちが、石になってしまったのです。しかも、石になった生徒は、「非魔法族」であるマグル出身の生徒でした。

この事件は「スリザリンの継承者」が現れて「秘密の部屋」を開いたことが原因ではないかと噂されるようになります。ハリーたち3人は、この犯人が、スリザリンのドラコ・マルフォイではないかと疑います。

真相をはっきりさせるため、ハリーたちは人に化けることができる薬「ポリジュース薬」を使ってマルフォイから話を聞きだすことを計画するのです。

そんなある日、新任教師のロックハートは、お気に入りの生徒を集めて「決闘クラブ」を開催します。悪の支配者ヴォルデモートと対決した「奇跡の子」であるハリーは、もちろんロックハートのお気に入りでした。

その決闘の場に、突然蛇があらわれます。生徒たちは蛇を恐れますが、ハリーは蛇語を使って、その蛇を手懐けます。しかし、蛇語を話せる能力は極めて稀なもので、他の生徒たちには「シューシュー」とハリーが怪しげな言葉を発しているように見えました。

スリザリンの創設者であるサラザール・スリザリンも蛇語を操ったことから、ホグワーツではハリーが継承者ではないかと噂が流れました。

そして、天敵であるハリーの両親を殺したヴォルデモートも蛇語を操れたことから、ハリーは悩み苦しみます。

そんなある日、ハリーは女子トイレで古い日記帳のようなものを見つけます。その日記は、トム・リドルのものでした。

トム・リドルは優秀な魔法使いで、50年前に書いたこの日記には、彼の思念が残っていました。ハリーはトム・リドルの日記から、50年前にも同じような事件が起きたことを知ります。

しかし、詳しいことがわかる前に、日記は何者かの手によって奪い去られてしまうのです。

さらに、一緒に事件を探っていたハーマイオニーも事件に巻き込まれ、石になってしまいます。そして、その容疑者として捕らえられたのが、森の番人ハグリッドでした。

ハグリッドはアズカバンに送られ、校長であるダンブルドアも責任をとって停職させられてしまいます。

ハグリッドはアズカバンに送られる前、ハリーに「禁じられた森」へ行くよう言付けます。それに従い、禁じられた森に向かったハリーとロンは、巨大な蜘蛛「アラゴグ」に出会ったのです。

ハグリッドに育てられたアラゴグは、事件について話をしてくれましたが、ハリーとロンを一族に襲わせようとしました。命からがら逃げかえり、再び「秘密の部屋」の真相を探り出します。

そして、ゴーストである「嘆きのマートル」が50年前の事件に深く関係していることに気付くハリーたち。また、石になったハーマイオニーが持っていた紙切れから「スリザリンの怪物」の正体も判明します。

そんな中、新しい犠牲者が出てしまいます。それは、ロンの妹ジニー・ウィーズリーでした。しかも、ジニーは「秘密の部屋」にさらわれてしまったのです。

ハリーとロンは、新任教師ロックハートと共に「秘密の部屋」に乗り込むことを決意します。

入口であるマートルが住む女子トイレから「秘密の部屋」に乗り込んだハリーたちは、横たわるジニーとトム・リドルを見つけました。トム・リドルは一連の事件の黒幕が自分の記憶であり、ジニーの身体を乗っ取って行ったことだと告げます。

さらに、トム・リドルはのちのヴォルデモートであることもわかります。追い詰められたハリーでしたが、ダンブルドアの助けである不死鳥フォークスの手を借りて、蛇の怪物「バジリスク」を倒しました。

そして、バジリスクの牙を日記帳に突き立て、トム・リドルも消滅させたのです。

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」はネタバレがあっても楽しめる映画です。本で読んだことがある人やあらすじを知っている人でも、動画で見ると違った面白さを発見できるのではないでしょうか。

ハリー・ポッターと秘密の部屋の主な登場人物キャストは誰?

「ハリー・ポッター」シリーズの登場人物は、みな個性的です。本から飛び出してきたようなキャラクターを動画でも楽しんでみましょう。

【ハリー役】ダニエル・ジェイコブ・ラドクリフ(Daniel Jacob Radcliffe)

本作の主人公。両親をヴォルデモートに殺されて、親戚の家で暮らしていていました。

【ロン役】
ルパート・アレクサンダー・ロイド・グリント(Rupert Alexander Lloyd Grint)

ハリーの親友。赤毛が特徴の大家族ウィーズリー家の一員です。

【ハーマイオニー役】エマ・ワトソン(Emma Watson)

ハリーの親友。マグル出身の秀才です。

【ダンブルドア役】リチャード・ハリス(Richard Harris)

ハリーたちが通うホグワーツ魔法学校の校長先生です。

【ハグリッド役】ロビー・コルトレーン(Robbie Coltrane)

ハリーたちが通うホグワーツ魔法学校の森の番人です。

ハリー・ポッターと秘密の部屋の作品情報を知ろう!

原題:Harry Potter and the Chamber of Secrets

公開年:2002年

製作総指揮:クリス・コロンバス

マーク・ラドクリフ

マイケル・バーナサン

デヴィッド・バロン

監督:クリス・コロンバス

脚本:スティーヴ・クローヴス