映画『96時間/リベンジ』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

映画「96時間/リベンジ」は、公開されると同時に見応えのあるアクションが受けて話題沸騰となった人気作品です。前作「96時間」を見た人なら、その衝撃的な内容に目を奪われた人も多いのではないでしょうか。本作は、前作のスケールを遥かに超えたストーリーとアクションで、より完成度の高い作品に仕上がっています。

今回は、まだ映画を見ていないという人のために、実際に見た感想とともに見どころやあらすじなどを詳しくまとました。動画配信サイトで無料で見る方法についても紹介していくので、お得に動画を見たい人はぜひ参考にしてみてください。

96時間/リベンジを見てみる


パパ最強?「96時間/リベンジ」ってどんな映画?

「96時間/リベンジ」は、主人公ブライアンが元妻と一緒に誘拐されてしまい、誘拐犯を倒しつつ脱出を試みる映画です。最強パパであるブライアンが誘拐されてしまうのにまず驚きますが、本作でもっとも驚かされるのがブライアンの娘がパパを救おうと頑張るところ。

1作目の「96時間」を見ている人であれば、前作と設定が真逆であることに気付くでしょう。そうです。本作は前作とは真逆の設定なのです。

前作は誘拐された愛する娘を助けるために、ブライアンが悪と戦う話でした。その奮闘ぶりは凄まじく、娘を助けられるのなら何をしてもかまわないという非人道っぷり。

どれだけ人を殺そうが許される設定は、もはやストーリーとしては無茶苦茶で、アクションとしては最高でした。ブライアンの圧倒的強さに惚れ惚れした人も多いことでしょう。

そもそも、本作でなぜブライアンが誘拐されてしまうのかといえば、前作でのブライアンの行動が原因となっています。ブライアンが拷問の末殺した男性の親類たちが復習のために誘拐するわけです。

前作を見ている人ならわかるでしょう。ブライアンが電気で拷問するあの惨いシーンです。あのシーンで殺されてしまった男の父親ムラドが犯罪組織の親玉として復讐しに来るのです。

ということは、題名の「リベンジ」は敵側の復讐にあることがわかりますね。ムラドの息子はブライアンの娘を前作で攫っているため、ブライアンにしてみれば逆恨みされている状況になります。

しかし、ブライアンのほうも正気の沙汰とは思えない酷い拷問をしているわけですから、復讐されてしまうのは自業自得と見ることもできます。しかし、このシリーズの面白いところは、細かいところは気にせず常識や良識も存在しないところにあるのです。

本作で誘拐される側となったブライアンとその元妻。ブライアンは元妻を守るために、過去に自分がしたことはまったく顧みずに犯罪組織たちをバッタバッタとなぎ倒していきます

自分が拷問したことは棚に上げ、あくまでもムラドの息子は自分の娘に危害を加えたことを強く主張するわけですね。正直、ツッコミどころはたくさんあります。しかし、このシリーズの醍醐味はなんといってもブライアンが物語の中心で最強という点にあります。

一般的なルールはブライアンには通用しないのです。96時間シリーズではブライアンのすることはすべて許されるのがセオリー。前作では、どんな犠牲も厭わず娘救出のためにブライアンがハチャメチャな行動をしていました。

思わず正気を疑ってしまう電気での拷問シーンや、元同僚の奥さんを銃で撃つ非道なシーンなどなど。そこに正義なんて綺麗な言葉は存在しません。あるのは頭がイカれた極悪非道なオヤジだけです。

それでも最終的には娘が助かって、めでたしめでたしで終わるのです。犯罪組織のメンバーがかわいそうに思えてきてしまいますね。

今回も、前作に負けないくらいブライアンの尋常でない行いをこれでもかというほど見ることができます。前作のように96時間以内に娘を助け出さないとといったタイムリミットが本作にはないため、ハラハラ感はそこまで強くありません。

しかし、それ以上のド派手なアクションと凶悪オヤジの暴走ぶりが描かれているので見応えは十分です。前作同様良心の欠片もない殺戮マシーンブライアンの姿は圧巻です。道徳や倫理観といったものはまったく無視して、自分の信念を貫き通すブライアン。

その一方で、元妻に対して愛し気な表情をみせる場面もあります。そうです。本作では娘と父親の親子愛だけではなく、元妻との関係性にも焦点を当てているのです。そのため、前作よりも深いストーリー展開になっているのも面白いところです。

誘拐されてしまったブライアンと元妻はどうなってしまうのか、家族を救うために娘はどのような行動をとるのか、結末が気になる人はぜひ動画で視聴してみてください。

ちなみに、前作「96時間」を見てからのほうがより本作を楽しむことができます。1作目をまだ見ていないという人は、1作目を見てから続編を見るのがおすすめです。

ここが面白い!「96時間/リベンジ」のおすすめポイント3

おすすめポイント1:パパがとにかくかっこいい

この映画の最大の見どころは、ブライアンのかっこ良さにあります。とにかく強いブライアンの姿を見ていて思わず興奮してしまいます。

ブライアンの強さと狂った思考により、他の映画にはない主人公が完成されているのです。もはや、どんな敵が登場しても安心して見ていられるほど。

本作では、ブライアンが死ぬかもといった焦りを視聴者に与えることは一切ありません。何が起こってもブライアンなら大丈夫、むしろどうやってここを切り抜けるのだろう、といった普通とはちょっと違った角度で楽しめるのです。

他の映画であれば人は殺してはいけない、犠牲は最小限にとどめるといった当たり前のルールが存在しますよね。

この作品にはそういったものはまったくないので、あり得ない展開に度肝を抜かれてしまう人もいるかもしれません。それほどぶっ飛んだ主人公なのです。だからこそかっこ良く、見る人を虜にさせるのでしょう。

おすすめポイント2:なんでもありなストーリー

前作では人身売買組織に拉致された娘を救うために、ブライアンが自分の能力を最大限に活かして大暴れするのが魅力でした。

その内容は、おそろしいほど執拗に敵を追跡し追い詰めた敵を次々と拷問。拷問して聞き出した後は助けるのかと思いきや殺すという非道の限りを尽くすぶっ飛んだ展開でした。

本作も前作同様一般的な枠に収まらないストーリーが、見どころのひとつとなっています。今回は主人公が救う側ではなく誘拐されてしまう側であるため、前作よりは多少勢いがなくなってしまったのは否めません。

娘を助けるためならどんなことでもするといった確固たる目的がないわけですから、それはしょうがないでしょう。

しかし、注目すべき点は自分だけではなく、元妻も一緒に誘拐されてしまったことにあります。緊迫した状況下であらゆる手段を使い元妻を救おうと奮闘するブライアンは、前作よりは狂気的な部分が弱まっているものの、倫理も法律も無視する本質的な部分は変わっていません。

無謀ともいえる行動と迫力満点のアクションは十分に見応えがあるといえるでしょう。むしろ、アクションシーンだけをとってみれば前作を超えていると断言できます。

今回は、街中で車を暴走させたり大使館に突っ込んだりといった派手なアクションシーンが満載だからです。もちろん、その際巻き添えになる市民の迷惑は一切考えません。まさにやりたい放題です。

このシリーズの見どころはあくまでもブライアンの常識外れの行動にあるので、はっきりいってストーリーにツッコミどころが多いのは確かです。なぜ警察に頼らないのか、武器を持っているならもっと早く使えばいいのに、など言い出したらきりがありません。

しかし、そんなことはブライアンの無双っぷりを見ていればどうでもよくなるのです。ブライアンの強さをまざまざと見せつけられれば、誰でも口を閉ざしてそのシーンを食いつくように見ることでしょう。なんでもありなストーリー展開だからこそ、ブライアンの強さが際立つのです。

おすすめポイント3:娘も最強!?

前作では拉致されて最強パパに助け出されるポジションだった娘のキム。本作では誘拐されたパパとママを救うために奮闘します。

その際、やはり最強パパの娘なのか、と思わせるほど勇気ある行動をとるのです。特に、無免許で街を爆走し派手なカーチェイスを繰り広げるシーンは本作の見どころのひとつ。キムの運転さばきは圧巻のひとことなので、ぜひ注目して見てみてください。

なお、前作ではポジション的に目立った行動が少なかったキムですが、本作は父親と同じくらいハチャメチャな行動を起こします。人の服を勝手に盗んだりタクシーに無賃乗車したりと周りの迷惑を一切考えないところはまさに父親譲りといったところでしょうか。

本編では愛するパパの指示の下、街中で手榴弾を爆発させるキムの姿も見ることができます。「96時間/リベンジ」でしか見られない破天荒に成長した娘の姿をぜひ動画で視聴しましょう。

こんな人におすすめ!「96時間/リベンジ」を楽しめる人の特徴

アクション映画が好きな人

前作では娘が拉致されてから96時間以内に助け出すというタイムリミット・サスペンス要素がストーリーに深みを持たせていました。この96時間というのは、一般的に事件発生から96時間を過ぎると被害者の救出が難しくなってしまうところからきています。

元CIAのブライアンはそこらへんの事情から何としてでも96時間以内に娘を救出すると意気込むわけですね。

本作はといえば、自分自身が拉致される前作とは真逆の設定です。そのため、周りの助けももちろん必要ですが、自分が助かるかどうかは自分次第なのです。そうなってくると96時間以内というタイムリミット要素はほとんどなくなるので、前作にあったハラハラ感やドキドキ感は薄れてしまっています。

しかし、声を大にして言いたいのは、確かにサスペンス要素は薄れたものの、アクション要素は前作を大きく上回る出来に仕上がっているということです。

銃撃戦ではブライアンはベレッタやグロック、タウルスといったさまざまな銃を使いこなし見事に敵を殲滅していきます。接近戦では防御だけではなく、元CIAの力を存分に活かして反撃してみせるなど高度な格闘シーンが見物。

ブライアン演じるリーアム・ニーソンのファイト・コーディネーターを務めたのが、接近戦のファイト・テクニックの先駆者であるアラン・フィグラースです。思わず見入ってしまうほどハードなアクションも頷けますね。

特に、本作の場合は最強パパに加えてその娘であるキムもアクションに参加しているのがスケールをより大きくさせています。

なんといっても本作最大の注目すべきシーンは、ラスト25分の間で繰り広げられる圧巻のアクションシーンです。免許試験で何度も落ちているキムが、無免許のままタクシーを運転し街中を駆け回ります。

その際、街にいる人々に迷惑をかけるのは言わずもがな。そんなことは気にせずにキムは街中を爆走し、助手席にいる暴走パパは迫りくる敵に対して銃で応戦します。

踏切のシーンは誰もが驚愕すること間違いなしでしょう。「96時間/リベンジ」は、アクション映画が好きな人なら文句なく楽しめる作品です。親子が繰り広げるド派手なアクションをぜひ動画で堪能しましょう。

リーアム・ニーソンが好きな人

「96時間/リベンジ」を楽しめる人は、ずばりリーアム・ニーソンが好きな人です。リーアム・ニーソンが好きなら、本作に限らず1作目はもちろん3作目の「96時間/レクイエム」も楽しめます。

なぜなら、96時間シリーズはリーアム・ニーソンのための映画といっても過言ではないからです。リーアム・ニーソンにトラブルが発生し、そのトラブルを解決するために手段を問わず暴れまくるリーアム・ニーソン。

本編ではもちろんリーアム・ニーソン以外も登場しますし活躍します。しかし、最強パパのリーアム・ニーソンに比べればその存在感はどうしても薄れてしまうのです。

リーアム・ニーソンが演じるのは主人公なので目立つのは当然といえば当然なのですが、ここまで主人公の狂気的な行動とそれを良しとするシナリオは他にはないのではないでしょうか。

そんなメチャクチャな脚本を作ったのがあのリュック・ベッソンですから、ブライアンが常識外れなのも頷けますね。

とにかく、本作はリーアム・ニーソンが好きな人であれば文句なく楽しめる作品です。見た目はオジサンなのに、190cmを超える身長とアマチュア・ボクサーだった頃に鍛え上げられた肉体美。それがあるからこそアクションシーンはかっこいいのひとことで、年齢を感じさせることは一切ありません。

リーアム・ニーソンといえば、「愛についてのキンゼイ・レポート」などで繊細な演技も高く評価されています。本編では娘や元妻に対して愛らしい表情を見せることもあり、戦闘時とのギャップに魅せられてしまう人も多いことでしょう。

リーアム・ニーソンがこれでもかと活躍する映画「96時間/リベンジ」。リーアム・ニーソンを思う存分堪能するのにぴったりの作品です。

動画をお得に見るには?動画配信サイトで無料で見られる方法を紹介

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu
U-NEXT 〇別途料金
Netflix ×
ビデオマーケット 〇別途料金
フジテレビオンデマンド 〇別途料金
dTV 〇別途料金
dアニメ ×
auビデオパス 〇別途料金
Amazonプライムビデオ 〇別途料金
Paravi ×

映画「96時間/リベンジ」をもっともお得に見るなら、Huluがおすすめです。Huluでは、初回登録に限り2週間の無料期間が適用されます。無料期間中は「96時間/リベンジ」以外の動画も見放題なのでとてもお得です。Huluに登録して「96時間/リベンジ」を楽しみましょう。

96時間/リベンジを見てみる

驚きの展開に目が離せない!「96時間/リベンジ」あらすじ※ネタバレ注意

あらすじパート1ネタバレ注意

元CIA工作員のブライアンは、一般警備の仕事に就き平和な毎日を過ごしていました。前作でお世辞にも良好な関係とはいえなかった元妻と娘との関係は徐々に改善してきています。

特に、娘に対しては免許取得のため運転の練習をしてあげるほどの溺愛ぶりをみせています。ブライアンはトルコのイスタンブールに仕事で出張しなければならかったため、ロサンゼルスを発つ前に免許を取ることを娘と約束していました。

その日も、ブライアンは運転の練習のために14時きっかりに元妻のいる家へ向かいます。しかし、玄関から出てきた元妻レノアは「キム音楽のレッスンに行ってしまったからいない」というのでした。

ブライアンはレノアがついた嘘にすぐに気が付きます。すると、レノアは白状した様子で「キムは彼氏のところへ行った」と口にするのです。それを聞いたブライアンはショックを隠せない様子。こういうシーンはブライアンのパパっぷりが顕著に表れるところです。

娘に彼氏がいたこと、キムが自分に彼氏がいたのを隠していた事実を知ってショックを受けるブライアンは見ていてかわいそうになってきます。その姿はまるで耳と尻尾が垂れた大型犬のようです。

そんな様子を見かねたレノアがブライアンを家の中へと招き入れます。まだショックから立ち直れないブライアンに対して、「キムは身辺調査されるのが嫌なのよ」といってレノアは笑います。

そんなレノアの様子がどこか無理をしているように感じたブライアン。心配するそぶりを見せると、レノアは言いづらそうに今の旦那であるスチュワートと上手くいっていないことを明かしました。

前作を見ている人であれば周知の事実でしょう。ブライアンは元妻レノアに未練たっぷりなのです。ここぞとばかりに「できることがあればいつでも連絡して」と優しく声をかけるのでした。

その後、娘の携帯をGPSで追跡して彼氏の居場所を突き止めたブライアン。邪魔する気満々で彼氏の家のインターフォンを押すと、怒るキムを連れ出して車の運転の練習を始めるのでした。

やはりというべきか、本作でも過保護っぷりが異常なブライアンです。娘の携帯をGPSで追跡するなど、期待を裏切りません。

さらに、その後イスタンブールの出張にキムとレノアを誘うことも忘れない計画性の高さも見せるのでした。

あらすじパート2ネタバレ注意

ブライアンの誘いにすぐに応じる姿勢を見せなかったものの、結局娘を連れてブライアンの元へ向かったレノア。その間、ブライアンに一切連絡をしないという大人の駆け引きも見せ、サプライズで登場するあたり、ブライアンより一枚上手な感じがしますね。

突然現れたキムとレノアに喜びを隠さないブライアン。自分が宿泊するホテルへ案内すると、観光を楽しもうと2人を誘うのでした。

その日はブライアンとキムが観光を楽しみ、翌日にブライアンとレノア2人きりでバザールへ行くことになります。バザールへ向かう途中、車の中でブライアンはどうやら尾行されていることに気が付くのです。

尾行しているのはアルバニア・マフィアのボスであるムラド。前作でブライアンに息子を殺された父親ですね。

ムラドは息子の葬儀に参列した際、息子を殺した犯人への復讐を果たすと誓っています。そのため、復讐の相手であるブライアンを仕留めるために、手下を大勢引き連れてイスタンブールへと向かっていたのです。

ムラドはブライアンだけではなく、レノアとキムも標的にしていました。ブライアンは何とか追っ手を振り切ろうとしましたが、レノアを人質に取られてしまったことで逃走を諦めます。

しかし、逃げている最中にキムへの連絡はしっかりと行っており、これから自分とレノアが拉致されること、ホテルからすぐに逃げることを伝えるのです。伝えるべきことを伝えたブライアンは、人質に取られたレノアとともにマフィアについていくことを選択します。

しかし、ここで大人しく捕まっていないのがブライアンです。拉致される際、2人は麻袋を頭に被せられ視界を塞がれてしまいます。その状況下であってもブライアンは冷静さを失わずに、車が走り出してからの移動時間と周囲から聞こえる音を記憶することに専念するのです。

自分だけではなくレノアも捕まってしまった危機的状況の中で、ブライアンはどのように脱出を試みるのでしょうか。

また、最強パパの娘キムもどんな行動を起こすのか気になりますね。ラストまで目が離せない「96時間/リベンジ」を動画で楽しみましょう。

気になるキャストは?「96時間/リベンジ」の登場人物紹介

【ブライアン・ミルズ役】リーアム・ニーソン(Liam Neeson)

凄腕の元CIA諜報員。前作で誘拐された娘を救うために悪党を大勢殺し、本作でも自分と元妻を拉致した悪党を大勢殺します。一歩間違えれば主人公なのに悪役に見えてしまう登場人物。

本作でも元妻への未練はタップリで、娘への過剰な愛も健在です。動画でブライアンの破天荒ぶりを堪能しましょう。

【キム役】マギー・グレイス(Maggie Grace)

最強パパの娘。両親が離婚してからは母親と一緒に生活しています。前作の誘拐事件がトラウマとなっており、何とかそこから立ち直ろうと頑張ります。

キムを演じるマギー・グレイスはティーンに絶大な人気を誇る映画「トワイライト・サーガ」に出演しています。

【レノア役】ファムケ・ヤンセン(Famke Janssen)

ブライアンの元妻。本作では現在の夫スチュワートと上手くいっていないのがきっかけで、ブライアンの出張に旅行がてら行くことを決心します。2人の距離が今後どのように変わっていくのかが気になりますね。

レノアを演じるファムケ・ヤンセンは「X-MEN」や「007ゴールデンアイ」など有名な作品に多数出演しています。

脚本は有名なあの人!「96時間/リベンジ」の作品情報

原題:Taken 2

公開年:2012年

監督:オリヴィエ・メガトン

脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン