映画『エージェント・ウルトラ』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

エージェント・ウルトラ」は、2016年に公開されたアクション・コメディ映画です。「グランド・イリュージョン」のジェシー・アイゼンバーグや、トワイライトシリーズのヒロイン役クリステン・スチュワートが出演し話題になりました。

この映画はアクション・コメディといいつつ、全体的にダークなタッチで描かれています。その不思議な世界観から飛び出すギャグは、センスが抜群なので思わず笑ってしまうことでしょう。今回は、そんな「エージェント・ウルトラ」について、感想を交えつつ見どころやあらすじをまとめてみました。動画配信サイトで無料で見る方法も併せて紹介していきます。

↓↓Huluで2週間無料!↓↓

エージェントウルトラをHuluで見てみる


これぞB級!「エージェント・ウルトラ」ってどんな映画?

「エージェント・ウルトラ」は簡単に説明すると、ダメ男のマイクが恋人のフィービーにプロポーズしようと考えていたところ、謎の暗号を聞かされて超人的な能力を覚醒させる映画です。

これだけ聞けばわかる人はもうわかりますよね。そうです、何を隠そうこの映画ずばりB級映画なのです。

「なんだ、B級映画か」 と思うかもしれません。でも、安心してください。「エージェント・ウルトラ」はきちんとしたB級映画です。つまり、駄作ではなくしっかり楽しめるA級に近いB級映画なのです。

本作は、稀に見るダメ男のマイク・ハウエルが主人公。なぜ付き合えたのか不思議なくらい美人で優しい恋人フィービーも出てきます。そんな彼女に最高のプロポーズを決心するマイクでしたが、ダメ男の彼は何をやってもうまくいかずに毎日を無駄に過ごすのです。

このうまくいかない根本的な原因がクスリをやっていることにあるため、とにかく見ていてツッコミどころ満載です。

マイクはマリファナとマジックマッシュルームといった現実逃避用ドラッグの常習犯。彼女のために料理を作ろうとするまではいいものの、マリファナをふかしながらというのが、まさしくダメ男です。

マリファナで妄想に耽り最終的に火事を起こしかけたり、マリファナを吸った後にドン引きもののポエムをフィービーに詠んだりとどうしようもありません。プロポーズを決心する前に、まずクスリを止める決心をしなさいといいたくなりますね。

B級映画らしい脚本とギャグセンスが、これでもかと詰め込まれている本作。最後までまったく飽きることなく動画を楽しめることでしょう。

ちなみに、本作は8割方コメディなのですが、残り2割でアクションもラブ要素もしっかりと詰め込んでいます。コメディ映画枠だけでは収まらない面白さに仕上がっていますよ。

8割コメディならほぼコメディではないか、と思う人もいるかもしれません。しかし、この映画はマイクの派手なアクションが見応え抜群なのです。

謎の暗号を聞いたマイクが突如能力を覚醒させるというベタな設定により、能力覚醒後に殺人マシーンと化すマイク。普段マリファナでフラフラなマイクが、能力を覚醒してタフガイと呼ばれるアサシンを迎え撃つシーンは鳥肌ものです。特に、ホームセンターでの死闘は本作最大の見せ場となっています。

「エージェント・ウルトラ」を見るなら恋愛要素も見逃さないようにしましょう。アホなマイクを大きな愛で包み込むフィービーとのラブは純粋に楽しめます。フィービーのマイクに対する深い愛に思わずうるっとくる場面も。

この映画はマイクの謎の能力覚醒による秘密と、マイクとフィービーの恋の行方が見どころとなっています。ギャグとアクションシーンが楽しめて恋愛要素にグッとくる映画といえば、もはや見ない理由はないでしょう。

「エージェント・ウルトラ」は、とにかくさまざまな要素が組み合わさって出来上がった最高のB級映画です。コメディ映画やB級映画をこれまで敬遠してきたという人は、この機会に「エージェント・ウルトラ」を視聴してみることをおすすめします。

ところで、本作最大のキーポイントとなるマイクの特殊な才能覚醒については、日本版の予告ですでに最大のネタバレをしてしまっているので注意が必要です。

謎の暗号を聞かされたマイクがなぜ突如才能を覚醒させたのか、その裏にある隠された秘密など予告編でばっちり説明してしまっています。ネタバレを知りたくない人は動画を見る前にくれぐれも予告編は見ないようにしてくださいね。

本作は、青春ドラマの名作「クロニクル」のマックス・ランディスが脚本を手掛け、B級コメディ「プロジェクトX」で初監督を務めたニマ・ヌリザデがメガホンをとっています。

コメディ要素とシリアス要素が見事にミックスされ、独特な世界観と面白さが際立った映画「エージェント・ウルトラ」。特別な力を手にしたマイクがどのようなプロポーズをするのか、彼が見せる素晴らしいラストシーンをぜひ動画で視聴しましょう。

見れば絶対にハマる!「エージェント・ウルトラ」のおすすめポイント3

おすすめポイント1:キャスティングが最高

「エージェント・ウルトラ」の素晴らしいところは、B級映画なのに実力派俳優・女優が出演している点にあります。

主人公マイク役にジェシー・アイゼンバーグ、ヒロインフィービー役にクリステン・スチュワートをキャスティング。脇役には「インデペンデンス・デイ」「ロスト・ハイウェイ」「イコライザー」など有名作品に出演したベテラン俳優ビル・プルマンが登場。

さらには「スパイダーマン3」で一躍有名になったトファー・グレイス、悪役がぴったりのウォルトン・ゴギンズも出演しています。

海外ドラマで数々の名脇役を演じてきたトニー・ヘイルも出演するなど、映画や海外ドラマ好きにはたまらないキャスティングがかなり魅力的。名前を聞いただけでお腹いっぱいになってしまうほど豪華です。

おすすめポイント2:ダークとコメディのバランスが良い

「エージェント・ウルトラ」は全体の8割がコメディだと説明しました。しかし、実のところ本編は終始ダークな演出にこだわっており、特別コメディ要素が際立っているわけではありません。実際に見た人の中には、これはコメディ映画なのかと疑問を持つ人もいるほどです。

でも、声を大にして言わせてもらうと「エージェント・ウルトラ」は完全なコメディ映画です。マリファナを吸ってきちがいなポエムを聞かされたフィービーがドン引きするかと思いきや泣いて感動するシーン。

ハワイ旅行に行く際に空港でパニック障害を起こしたマイクがトイレで嘔吐し、大丈夫だからとなだめるフィービー。マリファナを吸って料理をするマイクが家事騒ぎを起こした時でも、まったく気にせず代わりに料理を作ってくれるフィービー。

劇中で唯一まともかと思わせる登場人物フィービーですが、実はフィービーもマイク同様、変人の部類に入ります。そもそも、バカでアホなマイクを愛してる時点でもはや手遅れなのです。

変人主人公を壮大な愛で包み込む変人ヒロイン。そんな物語がコメディでないわけがありません。ただ、この映画の最大のネタバレ要素であるマイクの秘密がかなりダーク寄りになっているため、ただのコメディ映画では終わらないように見せているのです。

実は、マイクの秘密は実話をベースに作られています。その実話というのが、冷戦時代に実際にあったMKウルトラ計画。ナチスの実験データをもとに薬物を用いた洗脳実験のことです。

本編はコメディ要素が強く、MKウルトラ計画の壮絶な過去が詳しく語られることはありません。しかし、それを知ったうえで本編を見ると、何か底知れない恐怖にじわじわ追い詰められる感覚に陥ることでしょう。

コメディ要素満載であってもシリアスやダーク要素を感じさせるのはそういった部分が理由です。B級映画にありがちなバイオレンスなシーンもシリアスさに拍車をかけています。

おすすめポイント3:胸を熱くする純愛ストーリー

「エージェント・ウルトラ」はマイクの謎の能力覚醒がメインに描かれていますが、本編でもうひとつ色濃く描かれているのがマイクとフィービーの純愛です。

本編はマイクがどんなプロポーズをしようか悩むところから始まるのですが、プロポーズができないままマイクが能力を覚醒させてしまいます。

そのため、その時点でプロポーズ要素を一旦脇に置いておくのかと思いきや、なんとマイクは戦いながらもプロポーズの事を考えているのです。はい、ただのバカですね。

戦闘中にプロポーズしようとして失敗しているシーンもありました。もはや何も言えません。しかし、見方を変えれば彼はただ一心に彼女を愛しているわけです。彼女が好きすぎてプロポーズのことしか考えられないのです。

そんな単細胞なマイクを深い愛で包み込むフィービー。これを純愛といわずして何を純愛というのでしょう。本作はマイクの能力にまつわるストーリーと平行して、マイクとフィービーの恋愛要素も見事に描き切っています。真っ直ぐ過ぎる2人の想いに思わず胸が熱くなる展開は素晴らしいのひとことです。

ずばり!「エージェント・ウルトラ」を楽しめる人はこんな人

B級映画が好きな人

「エージェント・ウルトラ」は王道B級映画の要素がふんだんに盛り込まれているので、B級映画好きならかなり満足できる作品です。

まず、シナリオがB級そのもの。彼女にどうプロポーズしようか悩んでいたただのコンビニ店員マイクは、ある日謎の言葉を聞きます。その後、暴漢に襲われそうになったところ能力が覚醒し、無意識のままスプーンを武器に戦うのです。

これをきっかけに主人公の人生が劇的な変化を迎える展開は、まさしくB級映画のシナリオですよね。

次に、登場人物です。主人公マイクはネルシャツをダラッと着こなしたマリファナ中毒の青年。ヒロインは美形で普通の女の子かと思いきや、マリファナ中毒のマイクを心から愛するやさぐれガールというぶっ飛んだ設定。普通の映画では絶対に見られないようなB級映画にならではのバカップルです。

B級映画らしい演出も忘れてはいけません。「エージェント・ウルトラ」はR15指定のB級映画です。そのため、アクションシーンではこれでもかというほど血が出まくります。

ここまでするか、という血の描写や次々に人が死んでいく様はこれぞB級映画といったところ。

アクションシーンにホームセンターを選ぶところも秀逸です。B級ゾンビ映画やホラー映画などではよくホームセンターが出てきますよね。逃げ込んだり戦闘したりさまざまな用途で利用されています。

「エージェント・ウルトラ」の本編最大のアクションもホームセンターで繰り広げられます。ホームセンターの武器を使ってマイクがどのように戦うのか、B級映画好きなら気になりますよね。

「エージェント・ウルトラ」は最高のB級映画を求めている人におすすめです。B級要素てんこ盛りの素晴らしい作品をぜひ動画で視聴しましょう。

恋愛映画が好きな人

この映画は常識外れのシナリオやシュールなギャグセンスが魅力的な作品ですが、それ以上に忘れてはならないのが恋愛要素です。本編冒頭ではマイクがプロポーズの決心をし、そこから終盤まで彼はいつフィービーにプロポーズをしようか悩むのです。

特別笑えるのが、マイクが常にポケットに婚約指輪をしまっているという事実。そこまでしていたら戦闘中にプロポーズをしようとする彼の気持ちもわからなくはありません。

そんなバカでアホなマイクですが、やるべき時にはしっかりとやります。愛すると決めたフィービーは命をかけて守るという姿勢は、ヒーローとして最高でしょう。

マリファナ中毒者の変人マイクをどこまでも深く愛するフィービーには感動すら覚えます。2人がお互いを思いやるピュアな気持ちに実際に涙する人もいたほどです。

動画を見終わった後にはロマンティック・ラブストーリーなのでは、と思わせるほどマイクとフィービーはしっかり恋愛しています。

ちなみに、2人は2009年の「アドベンチャーランドへようこそ」で共演していることもあり、作中では息ぴったりでバカップルの演技も完璧です。マイクがフィービーに対して最後にどんなプロポーズをするのか、ぜひ動画で確かめてみてください。

アクション映画が好きな人

「エージェント・ウルトラ」の特筆すべき点は、コメディ要素や恋愛要素だけではありません。アクションにも力を入れていて迫力あるアクションシーンは特に見応え抜群です。

主人公マイクは普段は気弱な青年なのですが、能力覚醒後は圧倒的な強さで敵をばったばったとなぎ倒していきます。いつもはマリファナ中毒でゆらゆらしながら歩き、貧乏ゆすりをして視線をそわそわさせるなどこれっぽっちも良い部分のないマイク。

しかし、覚醒後は「気弱モード」から「戦闘マシーンモード」に変貌を遂げるのです。戦い方も相手の動きを先読みして、敵を最適な体勢で迎え撃つなど一切無駄がありません。

そのギャップといったら天と地ほどの差がありますから、マイクを演じたジェシー・アイゼンバーグの演技にはつくづく脱帽します。

ジェシー・アイゼンバーグは、なんと驚くべきことに本作が初のアクションシーンだったそうです。初めてなのに激しい戦闘シーンに臨まなければならなかったため、彼は本作のために東南アジア系の武術トレーニングを集中的に習ったとのこと。

厳しいトレーニングを乗り越えて繰り広げられるジェシー・アイゼンバーグのアクションは圧巻です。「エージェント・ウルトラ」は、アクション映画が好きな人に自信を持っておすすめできる作品です。

動画をお得に見るには?今すぐ動画配信サイトで無料で見られる方法

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu
U-NEXT
Netflix
ビデオマーケット 〇別途料金
フジテレビオンデマンド ×
dTV
dアニメ ×
auビデオパス ×
Amazonプライムビデオ 〇別途料金
Paravi ×

「エージェント・ウルトラ」の動画を最もお得に見るならU-NEXTがおすすめです。U-NEXTでは、初回登録に限り31日間の無料期間が適用されます。まだU-NEXTに登録したことがない人であれば、約1カ月間動画が無料で見放題なのでとてもお得です。U-NEXTに登録して「エージェント・ウルトラ」をお得に楽しみましょう。

↓↓Huluで2週間無料!↓↓

エージェントウルトラをHuluで見てみる

笑いが尽きない!「エージェント・ウルトラ」のあらすじ※ネタバレ注意

あらすじパート1ネタバレ注意

本編はなんと、手錠をはめられたマイク留置所で貧乏ゆすりをするところからスタート。調査員が向かいに座り、マジックミラー越しにも監視されています。

なぜこんなことになってしまったのか、と自問自答するマイク。ちりとり、スプーン、カップヌードル、クマ、フライパンなど、思い返してみればさまざまなことが頭に浮かびます。この悲劇がどこから始まったのか、すべては3日前までさかのぼるのです。

ウェストバージニア州の田舎町リマンで、マイクはコンビニで働いていました。マイクには自分にはもったいないほど美人で一途な彼女フィービーがいます。

ある日、マイクはフィービーのためにバイトで貯めたお金でハワイ旅行をプレゼントすることにしました。そして、そこでフィービーにプロポーズすることを決心するのです。

冒頭の手錠をはめられて貧乏ゆすりをするマイクを綺麗さっぱり忘れることができれば、なんて甘酸っぱい話だろうと思うことでしょう。2人っきりのハワイ旅行をバイトでコツコツお金を貯めながら計画したことを考えると胸が熱くなりますね。

しかし、この映画はコメディ映画なのでそこら辺にあるラブストーリーのように話がとんとん拍子に進むことはありません。

マイクのウキウキな計画が流れた後、次に映し出されたのは空港の出発ロビーでイライラするフィービー。そして、トイレの中で嘔吐するマイクの姿でした。なんと、マイクは町を出ようとすると錯乱状態に陥るパニック障害の持ち主だったのです。

それなのになぜハワイ旅行を計画したのか、誰もがここで突っ込んだことでしょう。そんなマイクに対して、イライラしていたにも関わらずやさしく慰めるフィービーはまさに天使です。

そんな天使と付き合っているマイクの車には、マリファナやマジックマッシュルームなど現実逃避用のドラッグだらけ。マイクは救いようのないアホなのです。

ハワイ旅行でのプロポーズが失敗し、今度はサプライズでプロポーズを実行しようとするマイク。絵がうまかった彼はコミックの中でプロポーズしようと考え、仕事中にせっせと漫画を描き始めました。

すると、店に見慣れない女性客が入ってきます。女性はマイクに呪文のような言葉を投げかけ、そのまま立ち去って行きました。

この時、マイクはまったく気付いていないのですが、その呪文はマイク自身の秘められた能力を覚醒するものでした。そして、その秘められた能力とはなんとCIAエージェントとしての能力だったのです。

あらすじパート2ネタバレ注意

ストーリーの重要な鍵を握る女性の登場により、空港でのバカ騒ぎがぶっ飛ぶくらい驚愕なネタバレが序盤で明かされることになります。簡単に説明すると、マイクはCIAの実験によって脳を改造されていて、特殊な戦闘能力を持った人造人間だったのです。

マイクが被験者に選ばれた理由は、軽犯罪で3回目に逮捕された若者を対象にした実験の適合者がマイクだったから。その実験で被験者が精神を病んだため、即実験は中止され、マイクは記憶を消されてしまったのです。

この時からマイクは常に監視されていたのでした。CIAでは当時の実験責任者だったヴィクトリア・ラセターは降格し、代わりにエイドリアン・イェーツが昇格することに。

彼はCIAの汚点である過去の実験失敗を無かったものにするため、マイクのもとに暗殺者を送り込むのです。

エイドリアンの企みに気付いたヴィクトリアは、直接マイクに会いにコンビニへ。マイクに謎の言葉を残した女性は、マイクを実験していた張本人ヴィクトリアだったわけですね。ヴィクトリアはマイクを死なせないために、能力覚醒の呪文をマイクに伝えていたのです。

ヴィクトリア訪問後、マイクは休憩中に自分の車に悪さをしている男2人組を発見します。注意しようと、マイクは休憩中に食べようと思っていたカップヌードルとスプーンを持ったまま車へ近づくのです。

マイクが男達に声をかけると、突然男達はナイフと銃で襲い掛かってきます。その瞬間、マイクの秘められた能力が覚醒されて、マイクは戦闘モードに。

男に熱湯入りのヌードルをかけ、首にスプーンを突き立てると、銃を奪いいともたやすく2人を射殺するのでした。

自分の過去が原因で愛しいフィービーと一緒にとんでもないトラブルに巻き込まれていくマイク。マイクを執拗に狙うCIAの殺し屋もやってきて、マイクは自分が持つ能力を自分の意志とは関係なく発揮していきます。

そして、そんな危機的状況の中でもプロポーズのことを忘れない変人マイク。マイクとフィービーはどんなラストを迎えるのでしょうか。この機会に、「エージェント・ウルトラ」をぜひ動画で視聴してみてください。

ヒロインはあの人!「エージェント・ウルトラ」の主な登場人物キャスト紹介

【マイク・ハウエル役】ジェシー・アイゼンバーグ(Jesse Eisenberg)

バカでアホな主人公。愛称はマイキー。動画を見ればマイクがどれだけの変人野郎なのかがわかります。

マイクを演じるジェシー・アイゼンバーグは「グランド・イリュージョン」や「ソーシャル・ネットワーク」に出演する実力派俳優です。「ソーシャル・ネットワーク」では、アカデミー賞とゴールデングローブ賞の主演男優賞にノミネートされたこともあります。

【フィービー役】クリステン・スチュワート(Kristen Stewart)

バカでアホな主人公の恋人。本作のヒロインで愛称はフィーブ。フィービー演じるクリステン・スチュワートは、トワイライトシリーズのヒロインベラ役で人気女優の仲間入りを果たしました。

【エイドリアン・イェーツ役】トファー・グレイス(Topher Grace)

CIAのメンバー。登場人物の中で一番のイケメンです。エイドリアン演じるトファー・グレイスは、「インターステラー」「プレデターズ」「スパイダーマン3」など人気映画に多数出演しています。

監督や脚本は誰?「エージェント・ウルトラ」の作品情報

原題:American Ultra

公開年:2016年

製作総指揮:バディ・パトリック、ロバート・オグデン・バーナム、ジョナサン・ガードナー、レイ・アンジェリク、スチュアート・ブラウン、トム・ロック

監督:ニマ・ヌリザデ

脚本:マックス・ランディス