映画『ゴーストインザシェル』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

1980年代から日本のマンガは世界化し始めました。「MANGA」は国際共通語となり、世界中の若者たちがその世界観に魅了されてゆくのです。近未来のSFをテーマとする作品の系列で、初期の代表的な作品には大友克洋の「AKIRA」があります。そして、1990年代後半を代表する作品が士郎正宗の「攻殻機動隊」です。

原作の漫画からTVや映画の動画作品が制作されましたが、2017年に公開された映画「ゴーストインザシェル」は、ハリウッドが制作した実写バージョンになっています。この記事では、見どころや感想の紹介とともに、無料配信についても状況を説明します。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ゴースト・イン・ザ・シェルをU-NEXTで見てみる


今すぐ見たい!映画「ゴーストインザシェル」のおもしさは?

原作と劇場版はジャパニメーションの代名詞

映画「ゴーストインザシェル」は、原作のマンガ版「攻殻機動隊」をベースに制作されています。この原作は、複数の監督によりアニメーション化されているのです。

劇場版には、第1作が1995年に制作された押井守監督の3作品があります。また、テレビシリーズ版には、神山健治監督による「STAND ALONE COMPLEX」と名付けられたものや、黄瀬和監督の「ARISE」シリーズがあります。

そのなかでも、押井守の劇場版「攻殻機動隊(1995年)」は、日本のアニメーションのポテンシャルを世界に示した作品と言われているのです。

実際、他の動画作品制作のさきがけやヒントになっていて、ウォシャウスキー姉妹の「マトリックス(1999年)」への影響は有名です。

たとえば、オープニングとエンディングに見られる、グリーンの文字が流れるように表示されるマトリックスのコードは、攻殻機動隊から引用されています。

電脳空間に入るために、後頭部にあるソケットに電極をプラグインするところも同じです。全身を溶液に浸して生体能力を維持・回復させたりするシーンも両者で共通点が見られます。

最新技術で原作の世界観を実写化

これまでの原作マンガを元に制作された映画は、実写はなくアニメーションでした。日本のアニメーション表現は芸術表現の域に達しているとの評価があります。

ただし、攻殻機動隊の世界観やディテールは実写での表現は難しかったということが、アニメーションが使われていた理由の1つといえるでしょう。

その意味では、実写版である映画「ゴーストインザシェル」は記念すべき作品といえるのです。攻殻機動隊は近未来の世界を描いているのですが、それは「バラ色の未来」からは程遠いものです。

技術は発達しているのですが、世の中全体が清潔で安全な場所になっているわけではありません。なんとなく猥雑な路地裏が連続して都市化しているような描写が見られるのです。このような場面では、現実と非現実の交錯したような微妙な表現が求められます。

映画「ゴーストインザシェル」では、最新のコンピューターグラフィックス技術を使うことで、リアリティを持った映像制作が可能になりました。このような映画を制作するには、ハリウッドの人材と技術と資金力は最適といえるでしょう。

本作の主人公は「義体」と呼ばれる機械の体に脳を移植された存在として描かれます。実はこの映画自体も同じ構造になっています。つまり、日本で誕生したコンセプト(脳)が、アメリカの技術と表現(義体)によって新しい可能性を獲得しているのです。

原作を知らなくても楽しめる!

この記事で紹介するハリウッド版の「ゴーストインザシェル」は、原作を知らなくても十分に楽しめるような構成になっています。なぜなら、原作のマンガやTV版や劇場版で追及されていた哲学的なテーマをあまり強調していないからです。

「人間とは如何なる存在なのか」や「自分とは一体なんなのか」、また「機械と人間の境界線はどこにあるのか」などが攻殻機動隊の基本的テーマとなっています。

この種のテーマを追求すると最終的に難解な結論になってしまいがちです。アニメーション版では、多少その傾向が見られます。

本作では、そうした面を抑えて、主人公の自分探しの物語を全面に押し出しています。隠された記憶をたどって、過去の人間関係を再発見していくストーリーになっているのです。

さらに、これまでに制作された作品群の世界観を表現した場面の「いいとこ取り」をしたような映像を見ることができます。

攻殻機動隊の原作を基にしたアニメーションは、3人の監督が担当しており、登場人物は共通ですが、それぞれ設定が微妙に異なっているところもあります。

ハリウッド版の「ゴーストインザシェル」は、それぞれの作品の最良の部分を抜き出して、攻殻機動隊のエッセンスを美しいビジュアルで表現した作品といえるのです。ですから、攻殻機動隊の作品群を楽しむための入門編として最適です。

ちなみに、本作と最も関連が深い作品を1つ挙げるとすれば、押井守の「攻殻機動隊/Ghost In the Shell(1995年)」といわれています。

必ず押さえよう!映画「ゴーストインザシェル」の3つのポイント

おすすめポイント1:ディストピア的近未来の世界観

映画「ゴーストインザシェル」の描く未来は、ユートピアではありません。技術の発達が、人々の幸福を増大させるという楽観的で美しい未来とはほど遠いものです。

例えば、1970年に大阪で開催された日本万国博覧会では「人類の進歩と調和」がテーマとされ、明るい未来都市のイメージが提示されました。これは、ユートピア的な世界観を期間限定で実現したものといえます。ユートピアとは理想郷のことで、楽観的な未来を志向しています。

これに対して、1982に公開されたリドリー・スコット監督の映画「ブレードランナー」では、真逆の世界が示されるのです。

劇中の背景となる2019年のロサンゼルスは、環境破壊が進んで酸性雨が降りしきる暗い都市です。人類の大半は宇宙の植民地に移住していて、残った人々は超高層建築の乱立する超過密都市で生活しています。

高層ビルの壁面には巨大な電飾広告が輝き、車の地上走行は禁止され、空中を飛んでいるのです。そして、遺伝子工学技術により作られたレプリカントと呼ばれる、サイボーグが人間と共存しています。

このような世界観はディストピアと呼ばれています。19世紀の小説家ジュール・ヴェルヌH.G.ウェルズの作品群に源流を持つ、理性や科学が人間の幸福につながっていない世界です。

映画「ゴーストインザシェル」の描く近未来の世界は、このブレードランナーの都市像をそのまま引用しているように見えます。都市の風景はブレードランナーの描くイメージに酷似しているのです。つまり、本作は19世紀以来続くディストピアの現代的な表現といえるでのです。

おすすめポイント2:テクノロジーと身体が融合する未来像

主人公のミラ・キリアンは、高度に「義体化」された存在です。本作の中では、脳以外はすべて人工的な機械部品によって構成された最初の成功例となっています。義体とは、人間の身体機能を外部化したものです。

日常生活ではあまり意識されることはありませんが、このような機能の外部化の歴史は意外と古いのです。例えば、眼鏡やコンタクトレンズは視覚を補助するための部品を身体に装着しています。

自転車や自動車は、歩行という機能を機械部品を使って外部化しているのです。自動車などは人間の身体能力をはるかに超えるスピードで移動できることを考えると、機能的にはサイボーグといっても良いでしょう。

違いは、身体がそのまま残っていて、それを補助する機械が外付けされているので、すぐに分離することが可能な点です。つまり、テクノロジーと身体が融合していないのです。

映画「ゴーストインザシェル」では、身体そのものがテクノロジーの産物となっています。キリアンは全身が義体化されていますが、映画の設定では身体のパーツを部分的に人工器官に交換して、健康を維持・増進することが一般的に行われています。

整形外科の治療法として、骨格を補助するために金属パーツを埋め込むことがありますが、これが近未来に発展したものといえるでしょう。映画「ゴーストインザシェル」では、このようなテクノロジーと生身の身体が融合した世界が描かれているのです。

おすすめポイント3:深読み可能な哲学的コンテンツ

映画「ゴーストインザシェル」は、限りなく深読みができるテーマを扱っています。

攻殻機動隊シリーズ全般にいえるのですが、テクノロジーの結晶である機械的人体パーツが身体に置き換わってゆくことが時代の趨勢として描かれます。たとえば、自分の脚を義体化して、オリンピック選手並みのスピードで走れるようになることも自然な流れであると考えられているのです。

そこでは「ゴースト」と「シェル(義体)」という2つの要素が描かれます。ゴーストとは、生命が生命であるために不可欠な要素と定義できます。ゴーストは義体に置き換えることはできないのです。霊的なものや、自我や意識と言い換えてもよいでしょう。

この二分法は、哲学的には17世紀の哲学者デカルトの提起した「心身二元論」を思い起こさせます。心身二元論は、最先端の生命論でも解決が難しい問題をはらんでいて、映画「ゴーストインザシェル」のメインテーマもそこに直結しています。

こういう人は絶対見よう!映画「ゴーストインザシェル」がウケるひととは?

サイバーパンク小説にはまっている人に

文学には「サイバーパンク」というジャンルがあります。主にSFの分野で、ロボット工学的な技術と身体の融合(サイバー)と、既存の社会に対する反発(パンク)がテーマとして描写される作品群です。

その世界観では、個人はグローバルなデジタルネットワークにアクセスすることで情報のやり取りをしています。そして、その際のアクセスにはPCなどの外部化されたデバイスを使わずに、人体に埋め込まれたターミナルを直接ネットワークに接続するのです。

サイバーパンクの代表作としては、ウィリアム・ギブスンの「ニューロマンサー」が挙げられます。

このような世界観をアニメーションで表現したものが攻殻機動隊シリーズであり、実写による迫力の映像で楽しめる作品が映画「ゴーストインザシェル」なのです。

文学作品は文字表現なので、ディテールの描写が難しいことがあります。その点、実写版では、サイバーパンクという概念を、リアリティを持ったイメージとして視覚的に楽しめるのです。

すべての攻殻機動隊ファンに

原作のマンガ版や劇場版、そしてテレビシリーズのファンの間では、映画「ゴーストインザシェル」について賛否両論があります。攻殻機動隊シリーズへのオマージュとして、様々なシーンが引用されていることは認めるとしても、その出来栄えについては厳しい意見が聞かれるのは事実です。

しかし、一方で、ルパート・サンダース監督の攻殻機動隊シリーズへのリスペクトを高く評価する声もあります。特に、エンドロールでの川井憲次の「」のフィーチャーは高評価につながっているようです。

映画「ゴーストインザシェル」に限らず、原作の映画化の際にはさまざまな意見が出てきます。原作を重視するコアなファンほど、映画化の際の少しの改変も許せなくなるでしょう。

実際のところ、マンガ版を動画にするということは、2次元の作品を3次元化するわけですから、全く別物といってもよいのです。ですから、今回の実写化についても、原作の世界観を基本にした、新しい表現の可能性の追及と考えるべきでしょう。

その意味で、旧来からの攻殻機動隊ファンはもとより、本作で初めてその世界観に触れる人も含めた、多くの攻殻機動隊ファンが楽しめる作品に仕上がっているといえます。

建築・都市を学ぶ学生は必見!

物理的な環境という意味で未来の都市を作るのは、主に建築や都市を学ぶ学生たちです。彼らは大学や専門学校で建築や都市について学び、その知見をもとに現実の建物や道路などのインフラストラクチャーを企画・建設していきます。

20世紀的な教育システムを継承する建築・都市の教育現場では、モダニズムという考え方が基礎になっています。モダニズムは20世紀の初頭に出てきたデザインの考え方であって、21世紀でも有効性は失われていません。

ですが、まだサイバースペースが存在しなかった時代のコンセプトであり、その視点は主にリアルスペースについてフォーカスしています。

つまり、インターネットが世界をつなぐ時代では、人々のライフスタイルを考慮した建築や都市空間のデザインを考えるための必要十分な考え方ではないのです。

さらにいえば、建築や都市は数十年や数百年単位で使われ続けます。そこでは、将来を見越した設えが重要となります。具体的には、リアルスペースとサイバースペースの共存が、建築・都市領域での重要なテーマの1つとなるのです。

映画「ゴーストインザシェル」で表現される建築や都市景観は確かに空想の産物です。しかし、デジタルネットワークが世界をつなぐ環境で、サイバネティクス・テクノロジーが発達した時に、可能性のある未来像の1つを提示しています。

さらに、物語の背景思想として、デカルトに始まる人の心と身体の関係の問題を考えるための格好の教材になる可能性を秘めています。

このような理由から、映画「ゴーストインザシェル」は単なるエンターテイメント作品ではなく、未来の建築・都市環境を学ぶ人たちには必見の作品といえるのです。

映画「ゴーストインザシェル」のお得な無料動画視聴方法は?

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT ○別途料金
Netflix ×
ビデオマーケット ○別途料金
フジテレビオンデマンド ×
dTV ○別途料金
dアニメ ×
auビデオパス ○別途料金
Amazonプライムビデオ ○別途料金
Paravi ×

無料視聴の動画はありませんが、各社の無料トライアル期間中であれば、課金なしで視聴可能です。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」を配信している動画配信サービスたくさんあります。おすすめはU-NEXTで、31日間は無料で見ることができます。「ゴースト・イン・ザ・シェル」を無料で見たいのなら、31日間の無料期間に視聴しましょう。

↓↓U-NEXTで31日間無料トライアル中!↓↓

ゴースト・イン・ザ・シェルをU-NEXTで見てみる

映画「ゴーストインザシェル」のあらすじ紹介※ネタバレ注意


以下の動画あらすじ紹介では、部分的にネタバレしています。注意してください。

ミラ・キリアン少佐の誕生

人間と機械の境界が消失した「ゴーストインザシェル」の描く近未来の世界では、人間は「義体」と呼ばれるパーツ化された人工の身体部品で生身の身体を置換することが可能になっています。

ハンカ・ロボティクス社は、国家の資金援助を受けてこの義体技術を使った軍事利用の研究を行っています。そこでは、人間の脳を義体の身体に移植して、人間と機械の長所を兼ね備えた究極の兵器を作り出すために実験を繰り返していました。

そのような、ハンカ社のオウレイ博士によって進められたプロジェクトナンバー2571によってミラ・キリアンは生まれました。彼女は、脳以外の全身の義体化が成功した第1号とされていたのです。

1年後、キリアン少佐はサイバー犯罪やテロ行為を取り締まる「公安9課」を率いていました。ある日、アフリカの某国の大統領とハンカ社のオズモンド博士の会食で問題が起きます。芸者ロボットが出席者たちを襲撃し始めたのです。

キリアン少佐は公安9課の荒巻部長の止めるのも聞かずに現場に突入して敵を制圧します。その際、芸者ロボットは破壊される前にハンカ社への敵意のメッセージを口走ったのです。

このメッセージは、芸者ロボットを操っていたクゼから送られたものだったのです。公安9課の同僚である、バトートグサイシカワサイトウラドリヤボーマンは、荒巻部長の指示の元でクゼの捜索を開始します。

キリアン少佐は、破壊された芸者ロボットのデータを回収するために、ハンカ社のオウレイ博士の元に向かいます。そこで、最近起こるようになった記憶のフラッシュバックや、過去のことが思い出せない現象について博士に相談するのです。

しかし、博士からはバグだから気にする必要はなく、これから何をするかが重要であると諭されるのでした。

一方、破壊された芸者ロボットからのデータの抽出に手間取っているのを見ていたキリアン少佐はリスクのある決断をします。芸者ロボットの電脳内に、敵にハッキングされる可能性のある「ダイブ」をすることで情報を回収しようと試みるのです。

ここで手がかりを得たキリアン少佐とバトーは「サウンドビジネス」と呼ばれるナイトクラブに向かいます。

クゼの正体は?

キリアン少佐たちは、クゼに遭遇したのですが、爆発に巻き込まれてしまいます。その結果、バトーは義眼をインストールし、キリアン少佐の義体は大破して修理を受けることになりました。

その後、クゼはハンカ社のダーリン博士を殺害したことで、ハンカ社の極秘プロジェクト関係者の抹殺を図っていることが判明します。

そして、次のターゲットがオウレイ博士であることがわかり、キリアン少佐たちは、間一髪で襲撃されていた博士の命を救うことに成功するのです。

襲撃者を尋問すると、クゼに操られていたことが判明します。そして、クゼの居場所を特定した公安9課はアジトを急襲するのです。

そこで見つけたものは、電脳空間に接続された多くの人たちで、クゼはその人たちの心を使ってネットワークに繋がっていたのでした。

クゼに捕らえられたキリアン少佐は、クゼの正体を知ることになります。彼は、プロジェクトナンバー2571の試作品で失敗作とされて廃棄された存在だったのです。

クゼはこれまでの破壊活動は正当防衛だと主張します。そして、記憶が戻らないのは、オウレイ博士から処方されている薬が阻害していると聞かされるのです。

明らかになるキリアン少佐の過去

自分の過去に疑問を持ったキリアン少佐は、オウレイ博士を詰問します。すると、今の記憶は捏造されたもので、自分もまた実験台の1つだったことがわかるのです。

キリアン少佐は、過去を探るため、ハンカ社に潜入して拘束されます。その頃、ハンカ社の社長カッターはオウレイ博士にプロジェクトの終了とキリアン少佐の「処分」を命じます。

しかしながら、博士はその指示に従わず、真実の過去のデータが入ったメモリーチップを渡して、キリアン少佐を逃してしまうのです。そこで、カッターは博士を殺害して、その罪をキリアン少佐に押し付け、公安9課に圧力をかけます。

しかし、陰謀に気づいた荒巻部長はカッターとの対決を決断します。そして、それに気づいたカッターは公安9課メンバーの抹殺を図るのでした。

一方で、キリアン少佐は自分の過去を少しずつ思い出し始めます。そしてクゼのとの関係も明らかになります。しかし、そこにカッターの魔の手が迫っていたのでした。

キリアン少佐は難局を切り抜けられるのでしょうか。最後の戦いが始まったのです。

映画「ゴーストインザシェル」の主な登場人物とキャスト情報

【ミラ・キリアン少佐 / 草薙素子役】
スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)

主人公であるキリアン少佐は、実は草薙素子が記憶を消された存在だったことが後半でわかります。キャストのスカーレット・ヨハンソンはマーベルの動画「アベンジャーズ」シリーズでアクションもこなす注目の女優です。

【荒巻大輔役】ビートたけし

荒巻は公安9課のトップです。首相官邸との連絡で行動しています。キャストのビートたけしは俳優・監督として世界に知られる存在です。本作では登場人物の中で、唯一日本語のセリフをしゃべっています。

【オウレイ博士役】 ジュリエット・ビノシュ(Juliette Binoche)

義体化したミラ・キリアンの生みの親がオウレイ博士です。キャストのジュリエット・ビノシュは、多くの作品に出演するフランスを代表する女優です。

映画「ゴーストインザシェル」の製作スタッフと作品情報

原題:Ghost in the Shell

公開年:2017年

製作総指揮:石川光久、藤村哲哉、野間省伸、ジェフリー・シルヴァー

監督:ルパート・サンダース

脚本:ジェイミー・モス、ウィリアム・ウィーラー、アーレン・クルーガー