映画『ゴッドファーザー PART3』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

あまりにも有名な「ゴッドファーザー」のシリーズゴッドファーザー PART3は、もともと「マイケル・コルレオーネの死」というタイトルがつけられるはずでした。このエピソードからわかるように、ゴッドファーザー PART1~2の後日談という位置づけの作品です。

そんなゴッドファーザー PART3の魅力や見どころはどこにあるのでしょうか。ここでは、視聴者の感想も紹介しつつ、映画の見どころや、どんな人におすすめの作品なのかを紹介します。また、ゴッドファーザー PART3やシリーズを無料で見たいという人には、動画配信サービスがおすすめ。主要な動画配信サービスの配信状況もまとめました。

↓↓Huluで2週間無料トライアル中!↓↓

ゴッドファーザー PART3をHuluで見てみる


栄枯盛衰!映画「ゴッドファーザー PART3」でマイケルの死を見届けよう

ゴッドファーザー PART3は、フランシス・フォード・コッポラ監督によって製作されたアメリカ映画。前作の製作から16年の歳月が経過した1990年に公開されています。

ゴッドファーザー PART3は、コルレオーネ家のドンとなったマイケル・“マイク”・コルレオーネ(アル・パチーノ)の晩年を描いた作品です。

主人公マイケルはアメリカの功利主義を体現する男といわれ、コッポラ監督のコメントによれば「アメリカが滅びることはないが、マイケルには破滅という帰結しかありえない」と表現された登場人物です。

ただし破滅といっても、激しい暴力シーンは前作に比べて抑えられています。映画で暴力が積極的に描かれるようになったのは、ゴッドファーザーがきっかけであるなどともいわれているほどですが、本作では必要なシーン以外は抑え目です。

そのため、ゴッドファーザー PART1~2がマフィア・ギャング映画の金字塔と評価されているのに対し、ゴッドファーザー PART3は濃密な人間ドラマとして製作されているところに特徴があるといえるでしょう。

ドンの役割によって精神が崩壊していく過程や、誰からも愛を受けられなくなった初老の男の寂しさなどが見事に描かれています。

舞台は1980年ごろのニューヨーク、映画のなかでマイケルの年齢はすでに60歳以上という設定です。

ファミリーのドンとして組織運営を行うマイケルは、違法なビジネスから手を引き、合法的に組織を運営しようとしていました。「ヴィトー・コルレオーネ財団」を通じた多額の寄付により、バチカンから殊勲を受けるほどになっていたのです。

かつて、ゴッドファーザー PART2では「裏の世界で生きる」ことを決意したマイケルでしたが、兄フレドの殺害、離婚などに対する悔恨に苦しめられ、体の衰えを感じていました。栄誉ある人間として、表の人間に戻りたいという気持ちもあったのでしょう。

バチカンとのコネクションを得たマイケルは、この機会に合法的な組織への転換を完了させようとします。しかし、何事も順調に行かないのがマフィアの世界。次第に組織の抗争に巻き込まれ、自身や家族に危険が忍び寄ってきます。

映画では、バチカンで実際に起きた金融スキャンダルを題材にしています。1978年のヨハネ・パウロ1世の謎の急死や、世界を揺るがす大スキャンダルとして記憶されている1982年に発生したロベルト・カルヴィ暗殺事件など、実在の事件がほぼ忠実に描かれているのです。

それだけに、リアリティがあるとともに、社会風刺、文明批判といった要素からも動画を鑑賞でき、大人が楽しめる映画として定評があります。

また、先述したように、もともと、この映画は「マイケル・コルレオーネの死」というタイトルが付けられる予定だったといいます。つまり、ゴッドファーザー PART1~2の後日談的なエピソードとなっており、前作を視聴した人は、必ず見ておきたくなる映画といえるでしょう。

ゴッドファーザー PART3は、ゴッドファーザー PART1~2のように豪華俳優陣を揃えたというよりは、若手の俳優が目立ちます。

しかし、有名なテーマ曲でおなじみのニーノ・ロータの音楽やオペラ音楽と自身の映像世界を融合させたコッポラ監督の作品は、オペラと比較されるような芸術性の高さを評価されています。

ちなみに、ファッションアイコンとして、人気映画監督として知名度があるコッポラ監督の娘ソフィア・コッポラコルネオーネ家の1人として登場しています。

徐々にさまざまなものを失っていくマイケルの姿は、平家物語の「驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢の如し」さながら、栄枯盛衰の無常さを感じさせ、動画を見た人に深い悲哀を感じさせることでしょう。

特に、ゴッドファーザー PART1のはじめでは理想的なアメリカの青年であったマイケルが、結局は父のビジネスに引き込まれていく過程を知っている人にとっては、寂莫感もひとしおです。

本作は単独でも楽しめますが、やはり、ゴッドファーザー PART1~2を視聴してからのほうがよいことは間違いありません。

そうした意味では、最近の動画配信サービスは便利です。ゴッドファーザー PART3が配信されていれば、ほぼ確実にゴッドファーザー PART1~2が視聴できるでしょう。いずれも長時間の映画ですが、たとえば、秋の夜長にじっくりと鑑賞したいような作品です。

エンタメ要素と芸術的要素のバランスが絶妙なゴッドファーザー PART3。まだ見たことのない人は、一度視聴してみてはいかがでしょうか。

ゴッドファーザー PART3はココが面白い!見どころを3つ紹介

おすすめポイント1:バチカンで起きた実在の事件を題材にしていてリアル!

ゴッドファーザー PART1で絶賛されたシーンは、マフィアの血で血を洗う殺戮シーン教会での洗礼シーンを同時進行で流す演出でした。このモチーフはゴッドファーザー PART3でも使われています。

今回は前作に比べ、教会の仕掛けは大きくスケールアップしています。なぜなら、映画の題材となっているのはバチカンで1970~80年ごろに発覚した実際の金融スキャンダルがもととなっているからです。

そのため、ゴットファーザーのシリーズでおなじみである、このコントラストが効いたシーンでは、1978年のヨハネ・パウロ1世の「急死」を想起させる内容になっています。

実在の事件は他にも取り入れられており、ロベルト・カルヴィ暗殺事件など、実在した事件をかなり忠実に再現しています。そのため、作品に非常にリアリティがあるのもゴッドファーザー PART3の魅力といわれています。

イタリア移民とアメリカの歴史を描いたリアルさは、シリーズ共通です。ゴッドファーザー PART3でも、これらはしっかりと描かれているので、なぜマイケルがビジネスを合法化させようとしたのかなど、いろいろな角度から考えさせられる作品となっています。

ちなみに、マイケルのモデルとなっているのはジョゼフ・ボンナノというマフィアという説が有力です。ジョゼフ・ボンナノは30年以上も組織のボスを務め、麻薬売買や売春ビジネスから手を引くことに尽力した人物でもあります。実在の人物と比較してみるのも面白い見方かもしれません。

おすすめポイント2:アル・パチーノが渋すぎる!

ゴッドファーザー PART3は、いろいろな楽しみ方ができる作品ですが、映画を視聴した人の感想で最も多いのは「男の哀愁がたまらない」という内容です。

映画のなかのマイケルはすでに初老です。ゴッドファーザー PART1の若々しさはもはやなく、ゴッドファーザー PART2の冷酷さ、頭の切れもやや鈍ってきており、敵や身内からつけ込まれてしまいます。

コルネオーネ家の三男であったマイケルは、もともとビジネスライクな人間で、血の気の多い兄弟たちとは異質の存在でした。いままでは、これが功を奏して組織を拡大させてきましたが、徐々に周りからは穏健すぎると不満が出てくるのです。

このあたりは、たとえば、会社でたくさんの部下を持つ地位にいる人などは、マイケルに共感できるところがあるのではないでしょうか。あるいは、年齢を重ねるにしたがってエネルギーの衰えを感じている人も、マイケルに自分を重ねることがあるかもしれません。

また、家族の愛を失った男の末路といった面もコッポラ監督はしっかりと描いています。もともと堅気な人間に近かったマイケルが、マフィアのビジネスを長年行うことにより心身ともに疲弊していく姿は、ゴッドファーザーのシリーズでも独自の味わいといえるでしょう。

おすすめポイント3:まるでオペラ!アートな映像世界にしびれよう

コッポラ監督のゴッドファーザー PART3は、まるでオペラのように美しいとよくいわれます。この動画の見どころを1つだけ挙げるなら、やはり、映画のラスト近くのシーンでしょう。

娘メアリーを殺されたマイケル演じるアル・パチーノが悲鳴をあげるシーンがありますが、最後の1回を除いて声はカットされています。かわりに、あまりにも状況と対照的な、歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」の「間奏曲」が流れています。

この間に、家族の顔が1人ひとり挿入され、そこにあらゆる感情が現れるという演出は見事の一言。ある人物はマイケルの精神の崩壊を悟って驚愕し、ある人物はドンとして使いものにならなくなったことを悟り、また、ある人物は憐み、悲しみを顔に浮かべます。

これらは見る人によって、どのようにも捉えられるように演出されています。そのため、たとえば、復讐心が間接的に満たされたなどの感情も読み取れるかもしれません。

とにかく、全編を通じて、あまりにも美しい音楽と映像が融合したシーンです。この数分間を見るだけでも、ゴッドファーザー PART3を見る価値があるでしょう。

この「カヴァレリア・ルスティカーナ」の「間奏曲」は、マイケルの一生を回想するシーンでも流れ、見るものを深い感動にいざなってくれます。このシーンも見どころのひとつです。

ゴッドファーザー PART3をオススメしたいのはこんな人

マフィアスタイルは男の美学?スーツにこだわりがある人

織田裕二主演でリメイクされた「SUITS」や、映画「キングスマン」のイギリス紳士のスーツ姿など、ビシっと決まったスーツ姿はカッコイイものですよね。

ゴッドファーザー PART3は、スーツにこだわりがある人ならば、ストーリーに全く興味がなくても十分楽しめる作品といえるほどです。

円熟味を増しているマイケル役のアル・パチーノのスーツ姿はやはり格好よく、ヴィンセント役のアンディ・ガルシアのスーツ姿も決まっています。

映画の設定上、当たり前ですが、登場するスーツはすべて超一級品ばかり。美しいスーツスタイルに酔いしれてしまう女性もいるのではないでしょうか。

スーツ姿のみならず、豪華なインテリアなど見どころもたくさん。ファッションやインテリアに普段から興味がある人は、試しに動画を見てはどうでしょうか。

パート1は1940~50年代前半、パート2は1950年代後半と1910〜20年代が描かれています。また、ゴッドファーザー PART3は1980年ごろの時代を描いています。

それぞれファッションやスーツのトレンドに違いがあるため、作品ごとに違った魅力を感じるでしょう。当時のスーツや家具を映画に使うなど、リアリティにこだわっているのがコッポラ監督の演出。シリーズを時系列で鑑賞すれば、ファッションの歴史も学べるかもしれません。

ワースト女優!?ソフィア・コッポラを見たい人

ソフィア・コッポラは映画界最強のサラブレッドといわれます。しかし、それは俳優ではなく、監督業としての評価です。

たとえば、アカデミー脚本賞を獲得した「マリー・アントワネット」がありますし、「ロスト・イン・トランスレーション」も人気があります。ポップでキュートな映像世界なので、特に女性からの支持が高くなっています。

実は、そんな彼女が俳優業に挫折したのが、ゴッドファーザー PART3。確かに周りの俳優に比べて演技力もいまひとつでした。また、美貌の面でもそれほど突出していなかったこともあって、総じて極めて不評だったのです。

当時非常に人気があったウィノナ・ライダーの代役だったこともブーイングの的。なんといっても、父親のコネでキャスティングしてもらったことがあって、バッシングもかなり強いものでした

ただ、今をときめくソフィア・コッポラの演技を見られるというのは貴重ですよね。ファンならば、やはり必見の作品といえます。

ちなみに、ゴールデンラズベリー賞のワースト助演女優賞とワースト新人賞をダブルで受賞するという快挙も成し遂げているので、少し違った見方でソフィアの演技を楽しむこともできるでしょう。

全ての道はゴットファーザーに通じる!ヤクザ映画が好きな人

仁義なき戦い」や「アウトレイジ」シリーズなど、いわゆるヤクザ映画に共通しているのは、やはり、滅びの美学といえるでしょう。

ゴッドファーザー PART3では、過度な暴力シーンはありませんが、それでも戦って朽ち果てていく男の姿、といったものが描かれていることに違いはありません。

実は、ゴットファーザーのシリーズは、すべてのヤクザ映画の基礎を作ったといわれており、「仁義なき戦い」の深作欣二や「アウトレイジ」の北野武などにも多大な影響を与えました。

つまり、全てのルーツが含まれているのがゴッドファーザー PART1~3なので、ヤクザ映画が好きならば、絶対に見逃せない作品といえるでしょう。

「アウトレイジ」の感想などを読むと、ゴットファーザーのオマージュと思えるシーンがいくつか見つかるということです。そのため、もしかすると、ゴッドファーザー PART3のシーンのオマージュも含まれているかもしれません。

北野映画が大好きという人は、ゴットファーザーのシリーズを見てみてはどうでしょうか。実際、北野武自身も、多大な影響を受けた映画として、マーティン・スコセッシ監督の映画「グッドフェローズ」とともに「ゴッドファーザー」をあげています。オマージュやパロディのシーンが見つかるかもしれません。

ゴッドファーザー PART3が無料で見られる動画配信サービス

配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu
U-NEXT
Netflix ×
ビデオマーケット
フジテレビオンデマンド ×
dTV ×
dアニメ ×
auビデオパス ×
Amazonプライムビデオ
Paravi ×

HuluU-NEXTなどの動画配信サービスでは、1カ月ほど無料で視聴できるお試しキャンペーンが実施されています。これらを利用することで、無料で動画を見ることが可能です。

↓↓Huluで2週間無料トライアル中!↓↓

ゴッドファーザー PART3をHuluで見てみる

ゴッドファーザー PART3のあらすじを紹介※ネタバレ注意

ここではゴッドファーザー PART3のあらすじを紹介しますが、ネタバレを含んでいます。先入観なしにゴッドファーザー PART3を楽しみたい人は読まないほうがいいでしょう。

孤独なドン・マイケル・コルレオーネ

ゴッドファーザー PART3は、1979年のニューヨークのシーンからはじまります。マフィアのドンであるマイケルは、コルレオーネ家のビジネスを拡大させ、ニューヨークで有数のマフィアのドンとして、シマを取り仕切ってもいました。

しかし、マイケルは時代の流れを感じていました。生き馬の目を抜く若きアメリカの姿はもはや消えつつあり、合法的なビジネスで成功するしか生き残る道はありません。

このままでは早晩ファミリーのビジネスは行き詰まってしまいます。そう考えていたマイケルは、慈善事業にも積極的に取り組み、ヴィトー・コルレオーネ財団から多大な寄付を行った功績でバチカンの殊勲を受けるまでになっていました。

しかし、こうした方向転換はビジネスのためだけではありません。兄フレドを暗殺した罪の意識や、ケイからも離婚されたことなどにより、心身の疲労を感じてもいたのです。

近づきがたいマイケルのもとから息子のアンソニーと娘のメアリーも去っていました。誰もが恐れ敬うドン・マイケル・コルレオーネは孤独な初老の男でもあったのです。

裏の世界から表の世界へ!バチカンのコネで合法ビジネス開始を模索

ヴィトー・コルレオーネ財団の寄付の窓口となっていたバチカンのギルディ大司教ある弱みを持っていました。

ギルディ大司教は、長きに渡る横領をしており、しかも、莫大な金額の損失を抱えたために金を元に戻すこともできませんでした。このままでは発覚するのは時間の問題です。

マイケルはその弱みにつけ込み、損失金の穴埋めと引き換えにバチカンとの関係の深い、ヨーロッパで確固とした地位のある投資会社の経営権を要求したのです。これが成功すれば、ファミリーのビジネスの合法化に大きく舵を切れるはずでした。

一方、ニューヨークでは、マイケルの長兄ソニーの私生児ヴィンセントと、新興のボスであるジョーイ・ザザとの緊張が高まっていました。

そのため、かねてからコルレオーネ家から正当な見返りを受けていないと感じていたザザはある計画を実行に移します。

アトランティック・シティのカジノホテルでコルレオーネ家、および親交の深いマフィアたちが会合を開いていたとき、突然ヘリコプターの音が鳴り響きました。コルレオーネ家を殲滅しようとザザが襲撃したのです。

なんとか難を逃れたマイケルでしたが、持病の糖尿病も悪化したこともあり、自らの老いと引退の日が近いことを悟ります。

老いたライオンに群がるハイエナたち

サバンナの王者ライオンも最後には他の動物の餌食となるといいます。まさに、マイケルはこのような状態。頼みの綱の投資会社の経営権取得も、バチカン内の実力者ドン・ルケージによって妨害を受け、暗礁に乗り上げていました

また、ファミリー内もマイケルの力が及ばなくなっていました。ヴィンセントはマイケルの承認を取らずにジョーイ・ザザを殺害してしまいます。また、ヴィンセントとマイケルの娘メアリーは恋仲になっていたのです。

自分の力が弱っていることを感じていたマイケルでしたが、バチカンの事態をこのまま見過ごすわけにはいきません。誰が投資会社の経営権取得の工作を妨害したのか突き止めるようにヴィンセントに指示を出し、裏切り者や黒幕がルケージであることを掴みます。

そして、復讐を行うよう命令を下しました。しかし、同じころルケージはマイケル殺害を殺し屋に依頼していたのです。

マイケルの死と新たなドン誕生

マイケルのもとを離れた息子アンソニーは、オペラの歌手になっていました。今日がそのデビューの日。久しぶりに娘メアリーやケリーとも再開し、ひとときの平安を感じていました。

実は、マイケルは兄フレドを殺害した件などを神父に懺悔し、娘メアリーと別れることを条件にヴィンセントにドンの座を譲ることを約束していました。

すでに肉体の衰えと精神の疲弊はそのピークに達しつつあったのです。オペラの観劇を終えて階段を下りるコルネオーネ一家。そのとき、ルケージが雇った殺し屋たちが銃撃を開始します。

マイケル、そしてコルレオーネ家ははたしてどのような結末を迎えるのか、ゴッドファーザー PART3を動画配信サービスで視聴してみてはどうでしょうか。

ゴッドファーザー PART3の登場人物・キャストを紹介

【マイケル・“マイク”・コルレオーネ役】アル・パチーノ (Al Pacino)

コルレオーネ家の家長で、マフィア稼業であったファミリーのビジネスを合法的に変えようとしています。

映画のなかではマイクは初老という設定ですが、この人物を当時50歳のアル・パチーノが演じています。過去に起こした罪に苦しむとともに、ゴットファーザーとしての能力に衰えを感じている登場人物です。

【ケイ・アダムス役】ダイアン・キートン (Diane Keaton)

マイケルの前妻。ゴッドファーザー PART2で子どもを中絶したことから離婚し、別の男性と結婚したものの、マイケルへの未練が残っている役どころです。

【ヴィンセント・マンシーニ役】アンディ・ガルシア (Andy Garcia)

マイケルの兄であるソニー・コルレオーネの愛人の子です。父親と同様に血の気が多い性格なので、慎重な組織運営を行うマイケルに反発します。動画の最後では、3代目の家長になってドン・ヴィンセント・コルレオーネを名乗るシーンがあります。

ゴッドファーザー PART3作品情報まとめ

原題:The Godfather Part 3

公開年:1990年

製作総指揮:フレッド・フックス、ニコラス・ゲイジ

監督:フランシス・フォード・コッポラ

脚本:マリオ・プーゾ、フランシス・フォード・コッポラ