知っておくと安心!ビデオマーケットの解約・退会を分かりやすく紹介

ビデオマーケットは、配信作品が豊富で、見たい映画やドラマがすぐに見つかる人気の動画配信サービスです。加入した後、長らくサービスを続けている愛好者が多いことでも知られています。

しかし、何らかの理由で「解約」や「退会」をしたいユーザーもいます。そんなとき、ビデオマーケットの解約・退会方法は「少し分かりにくい」といった声もあるようです。ここでは、ビデオマーケットの解約・退会の方法を中心に、分かりやすく丁寧に紹介します。解約方法のタイミングなども詳しく説明するので、さっそく見ていきましょう。

ビデオマーケットの解約と退会には違いがある

ビデオマーケットをやめたい、そんなときはサービスを止める手続きが必要になりますが、ビデオマーケットには「解約」と「退会という2つのやめる手続きがあります。では、それぞれの違いや内容について見ていきましょう。

ビデオマーケットの解約とは

ビデオマーケットの「解約」は、簡単にいうと現在視聴をしているサービスを「停止させる」ことです。完全にサービスの利用をやめるのではなく、またビデオマーケットを利用したい場合は、すぐに復活させることが可能です。

もう少し具体的にいうと、ビデオマーケットに登録した個人情報(アカウント)は残し、とりあえず動画の視聴をストップさせる方法です。アカウントは残るものの、毎月の課金を停止するため、料金の発生は一切ありません。有料プランを解約しても、ビデオマーケットでもらったり、購入したりして貯めたレンタルポイントは残ります。そのため、有効期限内であれば、再びポイントを使用して動画の視聴もできるのです。

そのため、解約手続きは「とりあえずいったん動画視聴をやめたい」といったときにおススメです。試験勉強に向けて3カ月ほどサービスを停止したい、海外出張のため2カ月ほど視聴をやめたいといったケースは、解約手続きを行うと良いでしょう。

ビデオマーケットの退会とは

一方、ビデオマーケットの「退会」は、簡単にいうと完全にビデオマーケットのサービス利用をやめることをいいます。入会した際に登録した個人情報(アカウント)も、完全に削除されます。これにより、支払い方法で登録したクレジットカード情報なども消えることになるでしょう。毎月の課金を停止できるため、料金の発生はもちろんありません。

退会手続きは、ビデオマーケットのサービスをもう二度と利用しない人に向いています。「動画配信サービスは利用しない」「他の配信サービスにうつるため、ビデオマーケットを利用する気はない」といった人なら、退会をしても良いでしょう。しかし、時間が経って再びビデオマーケットを利用しようとなると、また1から入会手続きをしなくてはなりません。そのため、少しでもまたビデオマーケットを利用する可能性があるのなら、退会手続きではなく「解約」手続きにしておいた方が良いでしょう。

ビデオマーケットの解約方法を紹介

ここからは、ビデオマーケットを解約する方法を具体的に紹介します。まずは、「クレジットカード払い」の解約方法です。パソコンやスマホなど、利用端末によって解約方法は少しずつ違いがあります。

また、端末機器に限らず、解約手続きを行うと「キャンペーンでもらったポイントは消滅」します。毎月付与されたり、自分で購入したりしたポイントは期限内であれば使うことができますが、キャンペーンポイントは無くなってしまいます。そのため、解約手続きの前にキャンペーンのポイントは使っておいた方が良いでしょう。

パソコンから解約する方法

ビデオマーケットをパソコンから解約する手順は次のようになります。

1:ビデオマーケットのサイトにアクセスしIDとパスワードを入力しログインする

2:ビデオマーケットトップ画面右上「マイページ」をクリックしアカウントを開く

3:マイページの右上または、下部分にある「ユーザーメニュー」で自分が登録をしているコースの選択をする

4:コースの解約ページになるため「利用規約に同意して解除」をクリックする

パソコンから解約手続きを行うのは、手順に沿って従えばできるので簡単です。ただ、注意しなくてはならないのが「ビデオマーケットの課金日」です。

ビデオマーケットの料金をクレジットカードで引き落とす場合毎月1日が課金日となります。ビデオマーケットの料金は、どのコースも月末締めなので、解約日が何日であっても翌月の1日には料金が発生します。例えば、1月31日に退会した場合、2月1日に1月分のコース料金が発生しますが、1月1日に退会しても、同じように1月は利用したとみなされ、2月1日にコース料金が発生してしまうのです。

また、登録したのが仮に25日だった場合、毎月25日が課金日だと勘違いをする人もいます。しかし、クレジットカードの場合は毎月1日がビデオマーケットの課金日となるので注意しましょう。こうしたことを踏まえると、パソコンからの解約は月末に手続きをしたほうが、十分なサービスを受けられるといえます。

アンドロイド端末から解約する方法(クレジットカード決済の場合)

 アンドロイド端末から解約する手順は次のようになります。なお、ここでご紹介するのはクレジットカード決済の場合の解約手順なので、キャリア決済を利用している場合は「ドコモ・au・ソフトバンクでキャリア決済を利用している場合の解約方法」を参照して下さい。

1:ビデオマーケットのアプリにアクセスしIDとパスワードを入力しログインする

2: 左上をタップして「ユーザーメニュー」を表示する

3:「登録解除」を選択し、契約中のプラン一覧の中から解約したいコースを選択

4:アンケートが表示される(回答するかは自由)「次へ」をクリックする

5:「利用規約に同意して解除」をクリックして完了

アンドロイド端末から解約する場合、「ユーザーメニュー」も「登録解除」も、下の方へスクロールすることで見つけることができます。当然ながら、ビデオマーケットとしては解約手続きをしてもらいたくないので、あまり目立たない下の方に選択ボタンがあるのです。

アイフォンから解約する方法(クレジットカード決済の場合)

アイフォンから解約をする方法は、次のようになります。なお、ここでご紹介するのはクレジットカード決済の場合の解約手順なので、キャリア決済を利用している場合は「ドコモ・au・ソフトバンクでキャリア決済を利用している場合の解約方法」を参照して下さい。

まず、アイフォンから解約手続きを行う場合、アプリから解約することはできません。最初に、SafariやGoogle、Chromeといったブラウザを立ち上げ、ビデオマーケットを開く必要があります。

1:アプリからの解約手続きはできないため、ビデオマーケットをブラウザで開きログイン

2:トップページ左上のメニューアイコンを選択する

3:ユーザーメニューを選択する

4:登録解除を選択する(有料コースが表示される)

5:解約するコースを選択する(退会アンケートが表示される)

6:「次へ」を選択し、「利用規約に同意して解除」を選択する

アイフォンからの解約は、最初にビデオマーケットをブラウザで開く必要がありますが、それ以外はアンドロイド端末と同じです。解約の前にアンケートが表示されますが、それに答えなくても特に問題はありません。

ドコモ・au・ソフトバンクでキャリア決済を利用している場合の解約方法

ビデオマーケットは、クレジットカード決済の他にも携帯電話会社の「キャリア決済」が利用できます。これは、毎月の携帯料金の支払いと紐づけてビデオマーケットの料金を支払う方法であり、「ドコモ払い」や「au簡単決済」「ソフトバンクまとめて支払い」などがあります。

キャリア決済からの解約方法は、それぞれの携帯会社が行っているユーザーメニューから手続きを行う必要があります。ドコモ経由での決済は「dメニュー」から手続き、au経由では「My au」からの手続き、ソフトバンク経由での決済では「MySoftBank」より解約手続きを行います。

ちなみに、モバイルキャリア決済の場合、契約更新日は「登録日」となります。クレジットカード払いとは違い、必ずしも1日が課金日ということではありません。登録をした日を過ぎてからの解約は損をしてしまうこともあるので、いつ登録をしたかを考え、その日に合わせた解約手続きをすると良いでしょう。

ビデオマーケットの退会方法を紹介

ここからは、ビデオマーケットの機能が完全に使えなくなる「退会方法」について説明します。ビデオマーケットの退会方法は、端末によって違いがあります。まずはパソコン、そして、それぞれのスマートフォンの退会方法について見ていきましょう。

パソコンから退会する方法

ビデオマーケットをパソコンから退会する流れは次のようになります。

1:登録中のすべてのコースを解約しておく

2:「ユーザーメニュー」から「登録解除」を選択する

3:「ビデオマーケットを退会する」をクリックする

4:注意書きを読んで「利用規約に同意して退会」をタップする

5:「ビデオマーケットからの退会が完了しました」の表示を確認し完了

パソコンでもその他の端末でも、退会手続きにおいては、はじめに「解約手続き」が必要になります。まずは有料コースをすべて解約する手続きを取らないと、退会することはできません。また、ポイントが残っていても退会手続きをすると、すべてのポイントが失効してしまいます。

アンドロイド端末から退会する方法

アンドロイド端末から退会する流れは次のようになります。

1:退会手続きを行う前に、契約中のすべてのコースを解約しておく

2:すべてのコースを解約し、「ユーザーメニュー」から「登録解除」を選択

3:「ビデオマーケットを退会」をクリックすると退会に関する注意書きが表示される

4:すべてに同意をしたら、「利用規約に同意して退会」をクリックして完了

アイフォンから退会する方法

アイフォンからから退会する流れは次のようになります。

1:ブラウザからビデオマーケットにアクセスしログインする

2:トップページ左上のメニューアイコンを選択する

3:ユーザーメニューを選択する

4:登録解除を選択する

5:ビデオマーケットから退会を選択する

アイフォンからの退会は、アプリから行うことは出来ず、解約と同様にブラウザを立ち上げる必要があります。それ以外は、基本的にアンドロイド端末から退会する方法と一緒です。退会手続きをすると、メールアドレスとパスワードを打ち込んでも、二度とログインは出来なくなります。

電話で解約・退会する方法

ビデオマーケットは、各端末から解約、退会をする以外にも「電話」で解約や退会をすることができます。端末からの操作が面倒だったり、オペレーターによってスピーディーに退会がしたかったりする人は、電話で解約をお願いすると良いでしょう。

ビデオマーケットの問い合わせ窓口は「03-3505-3557」です。残念ながらフリーダイヤルではなく通話料金が掛かります。また、受付時間は平日10:00~17:00までです。土日祝日・年末年始は休業となるので注意しましょう。電話して「解約(もしくは退会)したい」と伝えることにより、オペレーターが解約・退会手続き等を行ってくれます。

電話での解約・退会方法は、簡単であるものの、少々デメリットもあります。まず受付時間が平日のみとなっており、休みの日には対応していません。また、オペレーターがすべての手続きを行ってくれるわけではなく、支払いに使った「クレジットカード番号」「モバイルキャリア決済番号」を電話で教える必要もあります。そういう点ではカードを準備したり、本人確認に時間が掛かったりすることも覚悟しておいた方が良いでしょう。

ビデオマーケットを解約・退会する前に理解しておくべきこと

ビデオマーケットを解約・退会する手続きは簡単ですが、それをする前にいくつかのポイントを抑えておく必要があります。一例として、ビデオマーケットの解約・退会手続きは、行う時期によっては損をしてしまうこともあるのです。まずは、解約・退会する前に理解しておくべきことについて見てみましょう。

初月無料キャンペーンを利用できるのは1回だけ

ビデオマーケットは、初めて利用する人を対象に「初月無料キャンペーン」を行っています。これは、初めてビデオマーケットに入会する人であれば、入会したその月は無料ですべての動画が見放題になるサービスです。

しかし、この初月無料キャンペーンは、ひとりにつき1回のみ有効となっています。ビデオマーケットを利用して解約・退会手続きを行ったあとに、もう一度無料サービスを利用しようと思ってもできません。再度登録した場合は「再契約扱い」となり、すぐにサービス料金が掛かってしまうので注意しましょう。

利用料金は日割り計算ではない

ビデオマーケットは「月ごとに」金額が掛かるシステムです。例えば、1月1日に解約しても、1月31日に解約しても、「1月は利用した」とみなされ、1カ月分の料金が掛かることになります。つまり、何日に解約をしても、1ヶ月分の料金はかかるため、見放題コースに登録している場合は契約更新の「月末まで利用しておいた方がお得になるのです。

また、プレミアムコースの場合は、どのタイミングで解約を行っても「月額料金分のポイント」は手元に残ります。そのため、解約がいつであろうと、料金的に損をすることはないでしょう。

そして、クレジットカード決済の場合は1日締めとなっていますが、ワイモバイルと、ソフトバンクの「まとめて支払い」のモバイルキャリア決済を利用中の場合、契約更新日は「登録日」となります。例えば、登録したのが1月10日であれば、毎月10日が契約更新日となります。そのため、無駄なくサービスを利用してから解約をするためには、更新日前日の9日に解約手続きをするのが良いでしょう。

有料コース解約後にできなくなるサービスがある

ビデオマーケットの有料コースを解約すると、一部のサービスは受けられなくなります。まず、解約後にできないことは次の2点です。

・プレミアム&見放題コースの場合、見放題の視聴はできない

・追加ポイントの購入ができない

プレミアム&見放題コースに加入していて解約手続きを行うと、見放題の動画視聴はできなくなります。また、追加ポイントの購入もできません。これは、作品別ページ「○○円で購入」といったポイントも利用ができないので、注意しましょう。

一方で、解約後でもできることは次の4点です。

・ログインする

・ポイントを利用する(コンテンツのレンタル・購入)

・レンタル中のコンテンツの視聴

・デジタルセルコンテンツ(購入作品)の視聴

解約後でもポイントがまだ余っている場合、そのポイントを使って一般動画を視聴することは可能です。レンタル中の作品や、購入作品であるデジタルセルコンテンツも見ることができるでしょう。解約であればログインもできるので、自分がどの作品を見たのかチェックすることも可能となっています。

退会後はすべてのサービスの使用ができなくなる

「退会」は解約手続きとは違い、基本的にすべてのサービスが使用できなくなります。まず「ログインができない」ため、動画の視聴はもちろん、お気に入り作品の検索や、自分の視聴履歴なども一切見ることができません。また、購入した作品であるデジタルセル作品も利用できなくなります。通常、レンタルではない購入作品なら、自分のものとしていつでもどこでも視聴できるように思えます。しかし、ビデオマーケットは、退会をしてしまうと購入作品も消滅してしまうのです。

このように、ビデオマーケットは退会手続きをすると、自分のアカウントごと全履歴が削除されてしまいます。そのため、もう一度見たかったあの作品が見られない、お気に入り作品が思い出せない、といったトラブルも出てくるでしょう。解約とは違ってできることが一切ないため、退会の際はよく考える必要があります。

ビデオマーケットの解約・退会の確認方法

動画配信サービスに限らず、何かの解約・退会手続きは、行ったつもりでも「実はできていなかった」なんていうケースもあります。

ビデオマーケットは、加入するときにメールアドレスを登録する必要があります。これはサービスを利用している間に、ポイントの失効期限やおススメの新作映画情報などをビデオマーケットが提供するためです。しかし、退会手続きをすると、このメールアドレス情報も消滅します。そのため、退会手続き後に「退会が終了しました」といった案内が来ることはありません。これはアンドロイド端末だからではなく、すべての退会手続きにいえることです。

このように、ビデオマーケットは、解約・退会手続きを終えたあと、本当に辞められたのかメールアドレスを介した確認もできます。ここからは、ビデオマーケットを本当に解約・退会ができたのか、確認する方法について紹介します。

解約の確認方法

ビデオマーケットの「解約」についての確認方法は、「マイページ」から確認ができます。マイページへ行くと、契約している状態では「プレミアムコース」などといった契約コース名が明記されています。しかし、解約後にはそのようなコース名は消えており、「登録コース詳細」という案内だけが出ているでしょう。この状態であれば、ビデオマーケットの解約が無事に行われたといえます。

また、解約の場合は保有ポイントがまだ使える状態なので、ポイントが残っている場合は「所有ポイント:○○」と記載されています。ポイントの保有期間は180日なので、その間に動画を視聴するのが良いでしょう。

退会の確認方法

ビデオマーケットを退会できたかどうか確認するには、「ログイン」をしてみると良いでしょう。まずはビデオマーケットのサイトを開き、ログイン画面にすすみます。そこで登録していたメールアドレスとパスワードでログインすると、「メールアドレスかパスワードが違います」というエラーが出ます。この画面が表示されたら、ビデオマーケットから完全に退会したことになるでしょう。

ビデオマーケットから退会すると、メールアドレスやパスワードといったアカウント情報がすべて消えることになります。そのため、万が一ログインできてしまった場合はまだ情報が残っていることになり、退会できていません。こうした場合は、もう一度解約手続きから見直した方が良いでしょう。

よく考えてからビデオマーケットの解約・退会をしよう 

ビデオマーケットの解約・退会について理解できたでしょうか?上記で紹介したように、ビデオマーケットの解約・退会方法は意外と簡単にできます。ただし、解約しても利用できるサービスは一部ありますが、「退会」をしてしまうと、すべてのサービスの利用ができなくなるので注意が必要です。ポイントが残っていても消滅してしまいますし、自分のお気に入り動画のチェック等も一切できなくなってしまいます。

ビデオマーケットは、基本的には「解約手続き」をしておけば料金が発生することはありません。これから先、もう一度ビデオマーケットを使う可能性があるのなら、退会ではなく解約を検討するなど、よく考えてから手続きを行いましょう。