人気バラエティ「渡部の歩き方 グルメ王の休日」の感想は?動画配信サイトで無料で見よう

渡部の歩き方 バラエティ

アンジャッシュの渡部といえば、おいしい料理や隠れた名店をよく知っている芸能人というイメージですよね。その渡部がプライベートで行っているという地方の名店に、カメラマンが同行して映像化したグルメ番組、それが「渡部の歩き方」です。

こうして書いてしまうと、ありがちな食べ歩き番組と感じてしまいそうですが、あなどってはいけません。地上波のバラエティとはまったく違います。実はそう思って見たところ、ハマってしまいました。

そこで、渡部の歩き方の感想とおすすめポイントを解説しつつ、無料で視聴できる動画配信サイトも調べてみたので紹介します。「渡部の歩き方 グルメ王の休日」は人気バラエティで、現在、動画配信サービスで配信されています。

↓↓Huluで2週間無料トライアル中!↓↓

渡部の歩き方をHuluで見る

「渡部の歩き方」とは?

渡部の歩き方は、日本テレビが制作している番組です。しかし、地上波での番組としてはほとんど放送されていません。地上波では2018年4月に「渡部の歩き方~ワンランク上の美食旅~」と題したスペシャル番組が1回放送されたというだけです。各地の気に入った名店にふらっと訪れ、おいしい料理を堪能しているというアンジャッシュ渡部。

そんな渡部の一人旅ともいえるプライベートにカメラマンが同行し、動画として記録しています。通常のバラエティとの違いは、テレビ的な演出が一切ないということです。実際に、この動画の制作に当たって渡部が決めた3カ条があります。

まず「ウマい飯のためなら金に糸目はつけない」こと、次に「余計なテレビ的演出をしない」こと、そして「面白い素人さんがいても渡部はイジらない」ことです。この3つを厳守することによって、逆にリアルで笑える部分があるのはおどろきでした。また、それがこの動画の魅力でもあります。

そして何より、渡部自身が発見したお店や、知人の情報から知ったお店ばかりということで、一般のグルメ情報誌とは違うのもハマった点です。テレビ的演出はないものの、目安の費用やお店までの行き方の説明などは、通常のグルメ番組と同じように加えられています。

おすすめポイント3つ

テレビにありがちな演出がない

一番の見どころは、テレビ的な演出をしていないという点です。数名のカメラマンが同行しているというだけで、一般の人が旅行中に動画を撮っているのと同じ感覚で撮影されています。つまり、通常のバラエティやグルメ番組にありがちな大げさなリアクションなどは一切ありません。

スタッフが調査した名店にタレントが出向いてレポートするという番組ではないので、リアルな雰囲気が楽しめます。何より笑ってしまったのは、演出しないことで映像に入ってしまう周囲の一般人です。撮影に気づかず、渡部の横で誰かと通話している人や、路上で荷物を広げてしまう人など、地上波にはない部分がこんなに面白いのは予想外でした。

隠れた地方の名店が分かる

訪問するお店は、実際に渡部自身が何度か行っているところや、知人に聞いて興味を持っていたところばかりです。そのため、実際に足を運んで食べた人にしか分からない名店を知ることができます。都心から1時間ほどで行ける場所もあるので、週末などちょっとした時間でも行ける、お気に入りの名店が見つかるかもしれません。場所によっては、実際に仕事帰りに食べに行くということも可能です。

プロの料理さばきが見られる

テレビ的な演出がないことで面白いと感じたのが、プロの包丁さばきや調理の工夫が見られるという点です。編集して途中の経過をカットしたり、あらかじめ用意されていた料理が入店と同時にバーンと出てきたりということがありません。渡部が普通にオーダーしてから、調理中の様子も撮影されています。

一見すると、だらだらしそうな時間ですが、カメラワークや渡部のしゃべりというプロの技がこのときだけは発揮されるんですね。調理中のシェフや板前の手元をすかさず撮ることで、素人では想像もつかないような食材の処理や、包丁の入れ方が映し出されて見応えがあります。渡部の質問も、本当に好きだからこそ出てくるような的確なもので、家庭でも真似したくなるような情報が上手に引き出されています。

こんな人におすすめ!

リアクションが苦手な人

通常のグルメ番組でありがちなのは、オーバーなリアクションです。特に多いのは、テレビ的な演出によって生まれてしまう誇大表現でしょう。リアクションを参考に行ったところ、そこまでおいしくはなかったという経験をする人は少なくありません。

もちろん、すべてがそうということではなく、実際においしいお店も紹介されます。しかし、どれもリアクションが大きいと正確な情報が分かりにくいのがデメリットです。オーバーなリアクションが苦手という人は安心して視聴できます。渡部の歩き方はリアクションよりも、とにかくどんな料理なのか普通に知りたい人におすすめの動画です。

ひとり旅や食べ歩きが好きな人

渡部の歩き方は、単なるグルメ番組やバラエティ番組というくくりにはまっていません。料理の部分ほど多くはありませんが、ちょっとした旅番組として見ることもできます。しかも、普段渡部がふらっと訪れているというのがポイントです。

1人でも入りやすいお店の情報を知りたい人に向いています。普段から休暇を利用してひとり旅をするのが趣味という人なら、楽しめること間違いないでしょう。地方のおいしいものを探索したいという人なら、なおさらです。また、出張などで各地を巡ることの多い人は、自分の知らない新しい情報がキャッチできるかもしれません。

アンジャッシュ渡部のファン

渡部の歩き方をおすすめしたい人の条件、それはもちろん、アンジャッシュ渡部のファンであることです。動画の撮影方法がプライベートをそのまま撮っているという感じなので、オフの渡部を見ている感覚になれますよ。

カメラマンが同行しているので、撮影しながらの会話もありますが、基本的にはひとり旅を淡々と撮影している状況に近い印象です。または、親しい仲間数人とのプライベート動画といった感じでしょうか。アンジャッシュ渡部のファンで、プライベートで行っているお店を知りたいという人は数倍楽しめると思います。

感想・レビュー

人気バラエティ「渡部の歩き方 グルメ王の休日」はどうでしたか?

渡部の歩き方

とても良い

  • 渡部は食レポ含め、本当に多才だなと思う。コメント力もあり、見ていて飽きない。(20代/男性/正社員/独身)
  • 「渡部の歩き方」、もちろんグルメ王だけに料理に関しての歩き方。しかしそこんじょそこらのグルメ番組とは大違い。美味しいだの、ふわっふわっだの、とろとろだの、まいう~だの、ふざけたコメントや演出は一切無し。料理の美味しさはもちろん、匠の技まで深堀りしていく芸能界きってのグルメ王だけに、手加減しない番組進行。というよりスタッフはただくっついて行き、渡部の歩きを撮りまくるだけ。ヘタなおだてコメントが無いだけに紹介された店はミーハーは行かないと思うので、本物と言う感じ。心の準備をしてからでないと行けないお店という緊張感も。逆にどのような味なのか?自分で確かめたくなる、興味がそそられる店を紹介してくれる、真っ向勝負の番組だと思います。(50代/男性/個人事業主/独身)
  • 嫌みがなく楽しいトークで、食べてみたい!と思うのでこの番組が好きです。(40代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
  • 渡部さんが各地の美味しいものを本気でリポートしてくれているのがいいです。どれもこれも行ってみたいお店ばかり。個人的には北海道の和食VSフレンチがよかったです。(40代/女性/パート・アルバイト/既婚)
  • オーバーなリアクションが一切ない穏やかな番組。食べ歩きが好きな人も、渡部さんが好きな人も、どちらにも興味はないけれどうるさい情報バラエティに飽きた人にもおススメ。美味しいものを求めて出かけたくなる。(20代/女性/学生/独身)

良い

  • 地方の食文化に興味がある人なら楽しめると思います。(40代/男性/個人事業主/独身)
  • さすが「世界の渡部」。日本全国の美味しいお店を紹介してくれる。(40代/男性/正社員/既婚)
  • オーバーリアクションなどテレビ的な演出がない点に好感が持てます。(40代/男性/正社員/独身)
  • 渡部さんが博識でいろいろなことを知っているから面白い。(20代/女性/パート・アルバイト/独身)
  • 渡部さんの見識もとても面白く、参考になる。周りの人にも是非見てもらいたいと思う。(20代/女性/パート・アルバイト/既婚)

ふつう

  • 食通の渡部が本当にいいお店を紹介してくれて為になりました。ただ高級店ばかりで普段は行けそうにないのが残念です。(40代/男性/個人事業主/独身)
  • グルメ番組はいいんだけど、自分が行ける敷居の店ではなさそうだから。(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
  • ただただ渡部さんの食事に同行するという趣旨ですが、やはりグルメ王の行きつけの店は違うんですね。(40代/女性/無職/既婚)

悪い

  • 食べ歩きは知っている場所がないと関心すら持たないから。(30代/男性/正社員/独身)
  • 高級グルメは自分には縁が無いと思ってしまうので、庶民的なお店を紹介してほしいです。(30代/男性/派遣社員/独身)

かなり悪い

  • 美食家なんでしょうが、グルメに関する知識をひけらかしてる感じが好きじゃないので。(30代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2018年03月16日~2018年04月06日
■有効回答数:300サンプル

動画は無料で見られるの?お得に見る方法はこれ!

「渡部の歩き方」を無料で、お得に観るためには、HuluやU-nextなどの動画サービスの無料期間を利用するのがおすすめです。

無料の動画サイトでも見れないわけではないですが、以下のようなデメリットも考慮しなければなりません。

無料動画サイトをおすすめしない理由

無料サイトは違法!最悪捕まるかも

動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

詐欺広告にほぼ100%ひっかかる

そもそも無料で動画を配信してくれるのはなぜでしょうか?善意の場合もあるかもしれませんが、違法の恐れがあってもアップする理由は、広告収入が目的なのです。アダルト広告やゲームの広告など、うざいくらいに出てきます。その広告を知らず知らずのうちにクリックすることにより、無料サイトの運営者はお金を得るというしくみなんです。

無料(タダ)ほど高いものはないとは、まさにこのこと。無料サイトを見る時は、くれぐれも気をつけてください!

作品を探すのが非常にめんどくさい

無料で見れる動画のリンクをクリックしても作品が消されて無かったり、掲載しているサイトを永遠にループしたりするので、見たい動画にたどり着くのが大変です。
探すことにストレスを感じたら、有料動画にした方が時間を有効活用できますよ!

「渡部の歩き方」を配信している有料動画サービス比較

サービス 配信
Hulu
U-NEXT ×
Netflix ×
ビデオマーケット ×
フジテレビオンデマンド ×
dTV ×
dアニメ ×
auビデオパス ×
Amazonプライムビデオ ×
Hulu・UnextなどのVOD比較【動画配信サーチ】
HuluやUnextなどの動画配信サービス無料比較サイト

制作が日本テレビなので、動画配信はHuluのみです。Huluを無料で視聴できる方法があるので試してみましょう。それは、2週間の無料トライアルを利用することです。無料トライアルには、登録が必要になります。この場合の登録は普通の契約と同じで、名前やアドレスなどの入力をしなければなりません。

さらに、支払い情報として決済方法を選択したり、カード情報などを入力したりという作業は必要です。ただし、2週間無料で視聴してみて契約はしたくないという場合は、この登録を解除するだけで引き落としはされません。引き続き視聴したいときはそのまま放置しておけばいいので、その点は手間がかからず、楽です。

2週間ですが、渡部の歩き方を全話見たいなら十分な期間といえるでしょう。2018年4月の時点で全51話が配信されています。1話につき視聴時間は約30分です。一気に見ても、週末など休日を利用すれば全話を無料で試聴することは可能です。

さらに、新しい動画も引き続き見たいときには、Huluを本契約するという方法があります。Huluは月額税抜で933円で、渡部の歩き方以外に約5万本もの動画が試聴可能です。スマホやタブレットでも視聴できますから、旅行先でも確認できます。

渡部の歩き方をHuluで見る

おすすめ理由はコレ!※ネタバレ注意

渡部の歩き方は、渡部が個人的においしいと感じたお店が中心です。ただし、おいしいお店ということで、実は他の有名人が過去に来ていたという事実が発見されることもあります。他にも、有名な美食マンガに取り上げられていたという事実に気づくこともあるのは、渡部の歩き方のもうひとつの楽しみ方かもしれません。

こうした発見は、普段飲食店を利用していれば一般人にもありがちですよね。そんな何気ない自然な流れの動画としてまとまっているのが、一番のおすすめ理由です。渡部の歩き方は、毎回目的のお店に向かうところから撮影が始まります。撮影といっても、ほぼ2人のカメラマン以外同行者はいないようで、実にシンプルです。

この辺りは、プライベートの延長の撮影という配慮ではないでしょうか。目的のお店に到着したら、渡部がオーダーします。その後調理に入るわけですが、調理されている間は、渡部が個人的に気になったことなどを質問する時間でもあります。この流れも、1人で食事をしているときに誰でもありがちな場面ではないでしょうか。

本当にそれほど自然で、演出がまったくないのです。場合によっては同行しているカメラマンの1人も一緒に食べることもありますが、それ以外はプライベート動画と変わりはありません。実際にはどんな場所を訪れて、どんな発見があるのか、配信されている動画の中から紹介しましょう。

第5話の金沢ステーキの旅で訪れるのは「ひよこ」というステーキ専門店です。シンプルな外観に、店名が入った簡素な看板が出ているだけのお店は、本格的なステーキが食べられるという印象はありません。中はカウンター席という小さめの店舗です。オーナーシェフによって用意されるステーキメニューは、ビーフステーキ1万円という1種類のみ。

たったこれだけという実にシンプルなメニューなのですが、それだけに気に入った人はとことん通ってしまうのが理解できます。たった1品のステーキの作り方には、シェフ独特の工夫がされているのです。それは、ある「もの」で肉を漬け込むという方法で、質問する渡部に対して惜しげもなく秘訣を話してくれます。

これも、見ていて思わず真似したくなる人はいるかもしれません。実は、自分でやってみたいと思ってしまいました。まさに、目からうろこです。そして、ひよこでは思わぬ有名人のお気に入りの店だったということも明かされます。

店内に飾れられた写真には、ある有名大御所俳優の姿が!さらに、シェフに語ったというエピソードからは、大御所俳優の人柄まで知ることができて、大きな発見のある放送になっています。

主な登場人物・キャストは?

【出演者】アンジャッシュ渡部

渡部の歩き方の出演者は、アンジャッシュ渡部しかいません。共演者が他にはおらず、延々と渡部が1人で訪れ、お店の紹介をし、食べて感想を言います。そして、個人的に気になったことは、どんどんお店の人に質問していきます。この質問は、たいがい調理中なので、見ている人も調理方法や食材の知識を身につけることができるのです。

質問の内容が的確なことと、やはり聞き方が上手いので、通常のグルメ番組では得られないような裏技まで吸収できるのはさすがといったところでしょう。動画を見ていて一番感心したのは、この点でした。料理に関心の高い人なら、恐らく聞くかもしれないといった内容を、予想を外さずに聞いてくれます。

さらに、その先の「そうだったか」と感心するような話まで引き出してしまいます。芸能界でグルメと言われている人は多く、実際に食べに行った先でさまざまな質問をする人は少なくはありません。しかし、渡部の質問や聞き方はとても的確で、見ているこちらも知りたいような内容を捉えているのは感心しました。

こういった細かい部分に、通常の番組にありがちな演出を省いた良さが出るのかもしれません。また、渡部の人柄がいい意味で出る部分だと思います。行き先々でこのスタイルはぶれることがなく、本当に食べることが好きな人なんだなあという感じを受けます。

その様子は、一般の人が普通に旅先でたまたま見つけたお店や、行きつけのお店のカウンターでの会話と変わりがありません。本当に素の状態です。動画のタイトルを見ると、他のグルメ番組や動画と変わらないだろうという感じを受けましたが、見ると印象が変わります。

単純に食べているだけの動画だと人によっては間延びしてしまいますが、上手に興味を引きつけてくれます。次は何を食べるんだろうと、見ている側を楽しくしてくれるのが魅力ですね。

【同行者】カメラマン

公式な登場人物やキャストは渡部以外にいないため、名前などは公表されていません。初回から同行しているカメラマンのひとりで、主にハンディカメラで撮影していますが、かなり前半の放送分から渡部とともに料理を食べる場面があり、かなりの頻度で登場しています。

ただし、本業はもちろんカメラマンです。そのため、手元の映像やアップでの撮影が必要な場所では撮影に徹しています。そして、ときには渡部にすすめられて一緒に料理を堪能するのですが、そのやりとりや流れが自然で、ほのぼのとした動画の雰囲気作りになっているという感じです。

画面に登場してはいますが、タレント扱いのように安易に名前を出さないのも好感が持てます。渡部との会話や料理の感想などが、さらにプライベート感を引き立ててくれていて、よい味を出している人物です。

「渡部の歩き方」作品情報

シーズン数 1
全話数 51
出演 渡部 建(アンジャッシュ)
舞台 日本各地
制作局 hulu
ジャンル バラエティ・料理

※本ページの情報は2018年4月時点のものです。